2017年 04月 19日
4月下旬のインフォルマシとGW前半ちょろっと
数日前、リバマこと川口へ、例の御大のもとへ伺った。

安否確認のような、制御活動のような。
d0182119_11464952.jpg
慌ててはダメですよ。
きちんと藍が思う色になってから、丁寧に、慎重に、お願いしますよ。

これまで、口がキューキュー酸っぱくなるほど申し上げてきた。

が、辛抱タマランチ組合の名誉会長は、辛抱できんかった。
できるもんか。
d0182119_11460513.jpg
リバマ近況については、あらためてご報告します。

って、どの立ち位置からか。
知らぬ存ぜぬの仲になったのではないのか。
誰にもヨクワカランチ。

では、4月後半からGWにかけてのインフォを少々。

ようやく間違えずに「2017」と打てるようになった。
なんべん「2016」と打ったことか。

いよいよ、夏が来ましたね。
はて。

このまま安定の夏かと思わせての、どうなのか。
スプリングコートをどうするのか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東亨 個展 「香具師の標具」
2017/4/15(土)-24(月):
outbound(吉祥寺)

路上で採取した銅板やブリキ片、錆びた鉄といった都会の漂流物を素材として、街場の呪具の様な造形物を制作する1988年生まれの作家、東亨の初個展を開催致します。

近頃は香具師(やし)の暮らしに興味があるという彼が「てっかり」と呼ぶ一連の造形物は、どこか儀礼用の札や御幣などの標具(だし)を連想させます。

本展ではこれらの作品群の他、「塩釜の指輪」と題された銀を腐蝕させたジュエリーも登場予定です。

d0182119_11545547.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

十人十傘展 part7+セミオーダー会
2017/4/22(土)-30(日):
FUCHISO(外苑前)
d0182119_12001538.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小野哲平展
「塊」は「魂」
2017/4/22(土)-30(日):
ギャラリーうつわノート(川越)
d0182119_12024497.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2017年春夏 よもぎ工房展
2017/4/22(土)23(日):東光庵(香川)

d0182119_12030661.jpg
3月の月日荘展、閉場間際のある日。
どこかでなんどかお見かけした、でもご挨拶をしたことのない、ご夫妻が来てくれた。

2015青山展も、なんとGSSにもお出かけとのことで、このたびも仕事を早じまいして、高速をすっ飛ばし、神奈川から名古屋へ来てくれたという。

お召のシャツが谷さんレンテン生地なのを見逃さず突っ込むと、奥様が縫ったとのこと。
お二人とも鍼灸師という。
どうりでいい気が放たれている。
草木染め服の発表もしているとのこと。

けろ個人的ご贔屓シュライン、寒川神社の近くだって。

この藍染コート、いいですね。
なぜ気づくと、スプリングなコートに引っ張られるのだろうね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

VACANT×atelier kato kikuyo
Pop-up Store
『2人デ』
2017/4/26(水)-5/1(月):Gallery SABINEKO(吉祥寺)

アトリエ・カトウキクヨの「2017春夏ワードローブ」と
ヴェイカントの「フクロモノ」にフォーカスした
Pop-up Store『2人デ』開催シマス。

d0182119_12220746.jpg
キターーーーーー

VACANTときっくうパイセン、平均身長170cm超えのファンキーマウンテン。
わたしと並んだら、鈴鹿山脈も真っ青の屏風岩。
d0182119_12333462.jpg
貼られた切手にも高感度大。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

葉山芸術祭「水玉縞格子」展 
- 水縞の文具とポンナレットの縞格子着物 -
2017/5/1(月)-7(日):PONNALET葉山の家(逗子)

d0182119_12541274.jpg
いまさらとか、思うところもなきにしもあらずの水玉と縞。
でもやめられない。

先週末のみどりのクラフト、うっかりしたなあ。
軽く大きな裏切り、TOMMYのかばん。

そうきたか。
d0182119_12554277.jpg
ああ、サッポロ、行きたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

banryoku 2nd exhibition
2017/5/3(水)-9(火):
homspun stripe room(代々木公園)
d0182119_13030984.jpg
なるべく冷静にしていたいが、このbanryoku展が、また開催なのがうれしくて、たのしみで、初日にいかれないが、最終日まで何か残っているかなとか、もやっとしている。
むらっと、でもある。



[PR]

by kerokikaku | 2017-04-19 11:55 | 毎月のインフォルマシ | Comments(0)


<< OH!KINASAI?      BAHAGIA UNDERWE... >>