2017年 07月 02日
ブラ寒川
はじめての相模線。
吉祥寺からだと井の頭線で「下北沢駅」乗り換え、小田急線「海老名駅」でまた乗り換え。

単線の相模線で南下し、数駅目の「宮山駅」。
無人駅でずいぶんのんびりとした佇まい。

ここは相模國の一之宮、寒川神社の最寄り駅だ。
d0182119_22440771.jpg
信心レベルは高くないが、どうせならの一之宮びいき。

武蔵國在住にもかかわらず、ある時から寒川さん推しになり、事あるごとに訪れている。
クルマのときは、茅ヶ崎のボージャンまで足を延ばし、絶品カレーをいただくのがならわし。

電車での詣では初。
d0182119_22445718.jpg
金工作家小原聖子ちゃんが2つ先の「香川」駅、okebaで展覧会だ。

相模線、十把ひとからげ。
せっかくなので寒川さんも参っておきたくなった。

正月から立春は激混みにつき、お参りもお祓いも数時間待ちの大行列の人気神社。
お祓いバリュー感が、恐れながらやや薄く。

いま時分はすっきり清々しく参れるだろう。
d0182119_23525010.jpg
橋が大きいか小さいかは、主観でいい。
誰がなんと言っても大きい橋なんだっていう。
d0182119_22534862.jpg
雨が上がり、急激に日が差し蒸しはじめ、歩いていると汗がにじんできた。

おお、見慣れたあの杜は。
d0182119_22550558.jpg
ぬ。
d0182119_22585916.jpg
あれま、どうしたことか。
d0182119_22575688.jpg
何度もお邪魔しているのに、この正門というかメイン鳥居をくぐったことがなかった。

今まで知らずにケモノ道を通っていたことに気付いてしまった。
d0182119_23035792.jpg
いいですね。
すてきですね。
邪気まみれのからだにしみるよね。

昨日6月30日は大祓。
夏越の祓(なごしのはらえ)、茅の輪くぐりが行われていた。

一日遅かったが、まあしょうがない。
ワンワン。
d0182119_23060519.jpg
小学生女子が楽しそうにおみくじを結んでいた。
d0182119_23154836.jpg
は。
d0182119_23064274.jpg
あった。

茅の輪がまだあった。

イエーイ。

無限大、八方8の字、大喜びでまわっておく。
d0182119_23094547.jpg
大祓の形代を預け、お札を頂戴した。
d0182119_23161172.jpg
さっきの女子たちが、お弁当を広げていた。

いいね。
休日に弁当持参で寒川さんに集まるなんて、ステキすぎておばちゃんは嬉しい。
d0182119_23193572.jpg
さあ、いざ聖子ちゃん方面へ。

降りた「宮山駅」に戻らず、少し遠いが次の「寒川駅」から乗ることにする。
1km位歩くのは、なんてことはない。

青々とした田んぼの向こうに鳥居が見えた。
広い杜があるところに神社あり、だ。
d0182119_23242421.jpg
国道沿いに、続々と人が吸い込まれる一角を発見。

JAさがみ「わいわい市」。
地元市場のようだ。
d0182119_23262356.jpg

位置関係はこんなかんじ。
d0182119_22502205.jpg

胸騒ぎがする。

今入ってはイケナイ気がする。
危険かつラッキープレイス。

寒川さんの思し召しだが、行き道に寄るところではない。
徒歩だし、自宅は遠方だし、絶対寄ってはまずいゾーンだ。

で、衝動を抑えられずの。
d0182119_23331632.jpg
とりあえず、スイカ大玉1,000円はやめておこう。

手前のスモモ200円はカゴに入れた。
d0182119_23351316.jpg
あかん。

ぜったい、あかん。
d0182119_23360017.jpg
売れてスキマが出来ると、生産者自身が野菜を追加投入。

ぐいぐい攻めてくる。
d0182119_23363268.jpg
新鮮おしゃれ野菜がプチ価格。

買わないという選択肢がどこにも見当たらない。
d0182119_23370258.jpg
夏日だが、保冷材なしでがんばれる範囲で。
熟慮を重ねる。

肉はあかん。
プリンもあかん。

とりあえず、うちの近所で買えるものはパスする。
涙目であきらめる。

キャベツはやめとく。
d0182119_23451989.jpg
コメもあかん。
d0182119_23372805.jpg
パンは一個だけならいいことにした。
d0182119_15475728.jpg
タマゴはだめですか。

どうしてもだめですか。
d0182119_23400547.jpg
青唐辛子は、いいよね。

フレッシュで辛くていいの、なかなか手に入らない。
d0182119_23465223.jpg
きのこはどうしよう。

どうしたらいいのだろう。
d0182119_23564145.jpg
だめだ。

これ以上ここにいてはいけない。

手にしているのはワイルドな甘酸っぱさのブラックベリー、5粒で120円。
d0182119_00030841.jpg
フレッシュでリーズナブルな市場が近くにあるって、なんと豊かなこと。

生活の豊かさがうらやましすぎる。

また来るぜ。
こんどはクルマで、クーラーバック持参を誓う。
d0182119_00051925.jpg
「寒川駅」へ急ごう。
d0182119_00153532.jpg
念のため、ぼんぼんしておく。
d0182119_00161470.jpg
おや。

鈴木英人イラストか。
d0182119_00165139.jpg
たまらない名店を発見してしまった。

店名にもしびれたが、グッとがまんの子になる。
d0182119_00175582.jpg
駅前ってものは、ハダカのおねえちゃんが必ず立っている。
d0182119_00184104.jpg
「寒川駅」から一駅乗り、隣の「香川駅」から徒歩10分ほど。

明治5年創業の熊澤酒造がある。
d0182119_00260282.jpg
敷地内を有効にリノベーションし、レストラン・ベーカリー・ギャラリーの複合施設になっている。

その中のokebaは、元桶場を利用したギャラリーショップ。
d0182119_00212975.jpg
こちらで聖子ちゃん展、絶賛開催中。

リス族のシックな紐で、新たな広がりを見せる詳細は、こちらでチェック!⇒
毎度の空間レイアウト力にもひれふす。

いい場所に来られた。
なにもかも、豊か、豊か。

うらやましいぞ、湘南地区。
三多摩地区も負けないぞ。
がんばれ武蔵國。
d0182119_00225762.jpg
でろりとたてながのアジサイ。
d0182119_00264935.jpg
ぼんぼんしておく。
d0182119_16450257.jpg
帰路、「香川駅」へテクテク、道すがら。
d0182119_15524374.jpg
本来ならば、真鶴行きもセットにしたかった本日であった。
神奈川、十把ひとからげは無謀につき断念。

真鶴で貝を愛で、刺身をつつくのは次の夢としたところで、この自販機。
d0182119_15542378.jpg
真鶴と言えば
d0182119_15555904.jpg
逡巡の末、「だって、貝味じゃないし」という理由で買わなかった。
貝味だったら、どうしたのか。

うちに着く頃はすでにマジックアワー。
d0182119_15571053.jpg
夜、寒川野菜たっぷりのサラダを作った。

野菜が苦手で味もわからない家人が「これはうまい」と大盛で平らげていた。
じつは違いのわかる男であった。
d0182119_16545568.jpg
寒川界隈、ビバ相模國。

[PR]

by kerokikaku | 2017-07-02 16:55 | 情報として | Comments(1)
Commented by gongxifacai at 2017-07-03 00:24
ああ、秦野の「じばさんず」にもお連れしたい!
http://ja-hadano.or.jp/jibasanzu/
ぜんぜん負けてないよ!


<< 黄色だったら      7月上旬のインフォルマシとしつ... >>