2017年 07月 27日
数℃は大差
30℃の壁を実感している。
いや、むしろ32℃かもしれない。

このあたりの1-2℃。
僅差を確実に見極められる高度なスキルが身についた。

大リーグ養成ギブス風、梅雨明け前モーレツ酷暑のたまもの。
ここ数年の鍛錬の成果。

32℃を下回ると、ホッと幸せをかみしめる。
「夏だねー」と言った口がまんざらでもない。

今朝、寒くて起きた。
28℃位って、寒いよね。
余裕だよね。

渋谷にて。
涼しげとは程遠いウィンドウ。

これも悪くない。
35℃だと立ち止まりもしないが、31℃だと余裕で写メ。

なにごとも余裕が大切。
でも、すぐなくなるのが余裕。
d0182119_18145321.jpg
さすがに数日前はBAHAGIA UNDERWEARが暑かった。

冷感よりも、ふんわりあたたかみがあるオーガニックコットンでは、なにひとつ太刀打ちできない。

ほら、あれだ、どうしても機能性素材ってやつになるわさ。
酷暑じゃ厳しいよなあ、とうなだれた。

しかし30℃を下回り、平安を取り戻したきのう今日は違う。

やっぱええんでない?
うなだれた首を持ち上げたりして。

調子に乗って、パッケージ帯を新調したりして。
d0182119_18230993.jpg
ただいま、タンクトップの丈の短い版を試作している。
ボトムの膝下カット版も、サンプル待ち。

それ、今、ほしい。
だよね。

まだ出来ない。
はよ出来んかな。

季節を先取りの正反対、乗り遅れ気味が玉に瑕。
ひるがえってニュースタイルだと思いたい。

のんびりしてたら夏が終わる。

夏が始まったのか最中なのかは曖昧模糊。
どっちつかずの反復横飛び真っ最中。

BAHAGIAのサンプル、いつ出来るのかな。
吹けば飛ぶよなミニプロダクトにつき、押しも引きもできず、じっとり待つ。

はやる気持ちをなだめて。
まんじり。



[PR]

by kerokikaku | 2017-07-27 18:32 | BAHAGIA UNDERWEAR | Comments(0)


<< たなばた      直前に丸亀うどんを腹いっぱい食... >>