2017年 08月 04日
夏の思い出
生米までが、蒸されて餅にでもなろうかという日々。

夏と梅雨のセット販売。
ほぼバリ島と同じような気候なもんだから、行かずともリゾート気分。

それもよかろうもん。

特筆すべきこともなく、粛々と、淡々と。
蒸されて蒸されて、立派な餅になろうもん。
d0182119_22594627.jpg
ルーチンでチェックしている、とある仏壇屋のほとりにて。

阿修羅像を見ながら、楽しく語らっている家族がいた。
d0182119_23010927.jpg
この阿修羅様、お買い得になっているようですよ。
おひとついかがかしら。

そう背中を押したい衝動にかられる。
d0182119_23060460.jpg
近所の中学校近く。
男女が並んで歩いていた。

そのうち立ち止まり、パッと抱き合い、すっと離れ、余韻もないまま、それぞれ反対方向に歩き出した。

あれれ?
なんだなんだ?

わたしは自転車に乗っていて、彼らをちょうど通り過ごした。

こちらへ歩いて来たのは、どう見ても中1くらいの女の子。
ふつうの私服の中学生女子。
歩きながら、ふんわりとした笑みを浮かべていた。

向こうを行く男子、リュックを背負った私服の雰囲気から、こちらも中1か。
少し歩いた後、振り返って一瞬女の子を見て、角を曲がると途端にワーッと走り出した。

あれれ。

もしかして、いいもん、見た?

じゃあね、の一瞬のハグ。
だったわけね。

誰にも見られてないつもりでしょうが、けろおばちゃんがそっと見守りましたよ。

こちらもついつい、甘酸っぱく蒸し暑い思い出散歩に出かけたい気分になるが、思い出自体がなかった。
ああ、しょっぱい。

しょうがないので、UNOうちわでも作るとする。
深夜未明の大迷惑なスプレー臭。
d0182119_23220516.jpg
去年もいまごろ、おんなじこと、してた。
やれやれ。

甘酸っぱい思い出散歩に出かけてみたい。



[PR]

by kerokikaku | 2017-08-04 23:24 | ものすごくその他 | Comments(0)


<< 大入道      8月上旬のインフォルマシ >>