2017年 10月 12日
10月中旬のインフォルマシ
今しがた、リバマことリバーマウス川口より戻った。

ひーはー。

なぜ十日も置かず行くことになったのか。
田中御大に、何かあったのか。

何か、あったんです。
それについては次回。

さっき、いい図が撮れた。

豪儀な布団が秋空の夏日の下、干してあった。
ふかふかですな。
d0182119_16352122.jpg
この時期でも朝顔、まだ咲くんだって。
d0182119_16385760.jpg
種をとってまた咲かせるんだって。

かわいがっている風でない、無造作具合を良しとするタチか。
d0182119_16444644.jpg
秋も深まり、って暑いけど、よい展示が続きます。

詳細は各サイトをうんぬん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

松永恵梨子 小紋染展
-着尺、帯、小物‐
2017/10/12(木)-16(月):
itonosaki(外苑前)
d0182119_16100785.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

林友子 額 -余白を味わうー
2017/10/14(土)-29(日):
Gallery SU(六本木・麻布十番)
d0182119_16120450.jpg
行ったほうがいいです。

林さんの額、すごくいいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小前洋子作品展
「サプリメント」
2017/10/17(火)-24(火):
DEE'S HALL(表参道)
d0182119_16171422.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

福光屋の煖酒
スズキサト・中町いずみ 二人展
2017/10/13(金)-29(日):SAKE SHOP 福光屋 玉川店(二子玉川)
d0182119_16181743.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

冨沢恭子「赤 ピンク×柿渋染め かばん」
2017/10/21(土)-27(金):
ババグーリ(清澄白河)
d0182119_16202064.jpg
トミー、まさかの赤ピンク。
やるね。

拙宅の柿の木はぶった切ってしまいましたが、川口方面で採取した季節の画像をお楽しみください。
d0182119_16550419.jpg
ぜったい渋だぜ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

奥田 早織 展 
「collection」

2017/10/21(土)-29(日):
poool(吉祥寺)
d0182119_16224939.jpg
早織ちゃん、会期中うちに泊まりに来るって言ってたの、ほんとかなあ。
布団、干しとかんといかんなあ。

5月に注文した夏物ズボン2枚、まだ届かん。
会った時で、まいっか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

津田千枝子 型染めの布と帯
2017/10/21(土)-29(日):
箱根菜の花展示室(箱根湯本)
d0182119_16271839.jpg
我らが黒幕、津田パイセン、箱根の菜の花で2回目の展覧会。

1回目は2014年で、リバマ御大ゲリラ案件が始動した頃だった。
自分の仕事で大忙しの中、黒幕はゲリラ活動を仕切ってくれたのだ。

そんな中、いまだにふんわり明言を避けていること。

諸般の事情というか、実はわたしは箱根の津田展に行ってない。

まわりが当然のように「行った」話をしてる傍ら、そっと静かにごまかし続けている。
この場を借りて深くお詫び申し上げます。

藍染のミャンマー蓮布、出ます。


ちなみに。

今や拙ブログで当たり前のように使用している「リバマ」。

「なんだい、リバマって」という質問を受け付けないまま今に至る。

正藍型染師 田中昭夫御大は、埼玉県川口市在住。

川口なので「リバーマウス」。
略して「リバマ」。

リバマって名付けたの、わたくしではありません。
こちらの津田さんです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

谷由起子がてがけたラオスの手仕事。
2017/10/24(火)-11/5(日):菜の花ヴィレッジ
菜の花 暮らしの道具店(小田原)
d0182119_16295132.jpg
で、谷さんラオス布展は、小田原ハルネの菜の花暮らしの道具店にて。
箱根の津田展後半と少しかぶるので、2把一絡げも可能。

西のN家展は明日13(金)から15(日)。
東のN家展は来週17(火)18(水)。

どちらもチェキラにて、なにとぞ。


[PR]

by kerokikaku | 2017-10-12 16:27 | 毎月のインフォルマシ | Comments(0)


<< 要領を得ないリバマ      心意気 >>