2017年 11月 19日
11月下旬のインフォルマシ
ああどぼちよう。

港で釣り上げかけている大物案件について。
d0182119_13030502.jpg
様々な文殊賢者にも相談しよう。
そうしよう。

てなわけで、こういう感じでいかがでしょうか。
いやいや。
それでは不本意で、こうしたい。

ああそうですよね。
じゃあ再考します、そうします。

心棒がいまだグラグラで、あっちウロウロ、こっちウロウロ。
右往左往で帰宅し、麦とホップに癒しを求めるあまり、冷えが止まらない晩秋。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
d0182119_13025849.jpg
色あせつつも豪儀な面構えがたまらない。
夢のように昭和なジャンボ。

パチンコはしない。
しかし20代の頃、無理くり誘われて1度だけやった。
1000円しか使わないと決め、わけもわからず台の前に座った。

ほんの10数分で2万位になった。
恐ろしくなって中座し、その足で飲んでチャラにし、それっきりこれっきり。
だからって、何の教訓もあれもございません。

リバマに電話が通じない。
伝書鳩を用意すべきか。

詳細は各サイトをうんぬん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ソピアップ・ピッチ展「desire line」
~2017/11/20(月):
8/ART GALLERY/TOMIO KOYAMA GALLERY(渋谷ヒカリエ8F)
d0182119_13171585.jpg
世間とかかわりの薄いわたくしの、社会の窓口のひとつが渋谷ヒカリエ。
わりと好きで、定期的にパトロールしている。

8階D&DEPARTMENTでは「群馬展」だった。
思わず手にした篠原様。
d0182119_13234417.jpg
中身はふつーに桐生市の観光パンフ。
d0182119_13235036.jpg
表紙とのギャップが激しすぎてあっぱれだった。

ようでけてるわ、と感心した日。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

芹沢銈介コレクション 
インドネシア 島々の絣
2017/10/3(火)-2018/2/1(木):
東北福祉大学芹沢銈介美術工芸館
d0182119_12595328.jpg
静岡でなく、仙台ね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小さいもの好き
ーベビヰドヲル&ルーペ
2017/11/23(木祝)-12/3(日):
Loupe(西荻窪)
d0182119_13024195.jpg
小さいとか繊細とか、わたし苦手なんや。

と言い聞かせているくせに、なぜだかLoupeさんが好きである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

岩井窯 山本教行
2017/11/23(木祝)-12/3(日):
工芸 器と道具SML(中目黒)
d0182119_13004753.jpg
気になる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スズキサト
2017/11/25(土)-12/1(金):ギャラリー上屋敷(目白・池袋)
d0182119_13021990.jpg
25(土)26(日)スズキサトさん在廊です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アフガニスタンの手仕事
tribe
2017/11/28(火)-12/10(日):
the ETHNORTH GALLERY(日暮里・千駄木)
d0182119_13020451.jpg

vol.1とvol.2と、会期中に休みをはさみ、展示が変わります。
詳細はサイトでご確認を。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

衣の原点
ー南太平洋諸島の樹皮布、編布など
2017/11/30(木)-2018/3/17(土):
岩立フォークテキスタイルミュージアム(自由が丘)
d0182119_13010299.jpg
岩立先生のファッションチェックも込みで、伺うのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あこがれの明清絵画
~日本が愛した中国絵画の名品たち~
~2017/12/17(日):
静嘉堂文庫美術館(二子玉川)
d0182119_13015729.jpg
来週のアートシーンでやるみたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

世界を変える美しい本 
インド・タラブックスの挑戦
2017/11/25(土)-2018/1/8(日):
板橋区立美術館(下赤塚・西高島平)

南インド・チェンナイの出版社「タラブックス」。1994 年に設立され、ギータ・ウォルフとV・ギータという二人のインド人女性が中心となって活動しています。タラブックスといえば美しいハンドメイドの絵本が知られています。ふっくらとした風合いの紙に、民俗画家による絵を版画の技法で印刷し、1冊ずつ職人が糸で製本しています。インド各地には、多様な民俗画家たちが存在し、壁や床に絵を描いたり、民芸品をつくったりしています。そのような、生活の中で営まれてきた表現活動を、タラブックスは出版に結びつけました。…
d0182119_13023584.jpg
これもね、とても気になるよね。




[PR]

by kerokikaku | 2017-11-19 13:01 | 毎月のインフォルマシ | Comments(2)
Commented by kema at 2017-11-20 10:42 x
けろ様

月日荘さんでいただいた菊の帯、満を持しての着用。やっぱり糊際が凄いですよね。はぁ、持って帰ってきて良かった。
それにしても、最近の御大のご様子が気になります。でも、けろ様も一歩離れて見守るの姿勢ですものね・・
Commented by kerokikaku at 2017-11-20 17:08
kema様
菊の帯、いま時期にちょうどですねえ。
糊際すっきりは秋の日にも気持ちのよいことです。
お求め頂きありがとうございます。

赤の他人で藍の奇人。
いまだ白黒つけられない関係性のリバGこと田中さんについて。
近いうちに近況投稿いたします。


<< 11月田中学校-その1      天高く >>