カテゴリ:毎月のインフォルマシ( 193 )

2016年 11月 13日
11月中旬のインフォルマシ
紅葉もいいらしいし、好天気だけれど、特段動かず。

一本違う道を通ったり、はじめてのお店に行ったりだけ。
でもちょっと良い。

20年前に住んでいた街のそのまんまゾーンが懐かしかったり。
畑だった場所が建売タウンに変貌していて、あーあとか。

半径数kmの秋のサイクルトリップ。
自転車探検が大好きだったの、復活。

行き止まりを察知するの得意。
得意というか、だいたい行き止まる。

近い街は、近すぎてよく見えておらず、そして新しかった。
知っている気で知らないことばかりだ。

道草は、なんてぜいたくな草だろう。
たまに食むのもいい。

そうそう。
今朝、スマホに焦点が合わなかった。

ローガンかしら、とスマホを離すけれど、近づけても、どっちも見えない。
で、近眼メガネをはずすと近くが見え、遠くが見えない。
近眼の当然。

日が高くなるにつれて見えてきた。
朝鳥目か、目やにがとれたか、どっちか。
五里霧中の四面楚歌。

きっと、だいたいのところでやっていく技術を身に着けるための一歩だろう。
困ることでもない。

そもそもがテキトーなんだった。
思いのほか気付かれてないだけだった。
気付いているのに指摘しない人々の恩情に甘んじているとか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

calender 2017
2016/11/15(火)-22(火):R(西麻布)

d0182119_13535462.jpg

おお、西麻布RのHPがリニューアルされていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~東南アジア 糸のぐあい~
ティモールテキスタイル
2016/11/15(火)-27(日):ザ・エスノース・ギャラリー2F(日暮里・千駄木)


インドネシア/ ティモール・カリマンタン・スマトラ・スンバワ・ロンボク、
ミャンマー / チン、ラオス、タイの紋織を中心に展示・販売いたします。
原始の小気味よい形も並びます。
d0182119_13563692.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それぞれの手業 Special 2 week :itonosaki(外苑前)

『漆のうつわ・もうひとつのClassic ko』
漆工芸 大下香仙工房
2016/11/16(水)-20(日)

『モダンアートな手織り帯』
藤田織物(京都・千藤)
2016/11/23(水)-27(日)

d0182119_1445086.jpg

2週に渡っての手業展です。
詳細はサイトでチェック下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

生田千鶴 墨色のショール
2016/11/17(水)-26(土):アートスペース繭(京橋)

d0182119_147164.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

musuburi 1週間の生地屋さん vol.8
2016/11/18(金)-22(火):CONTEXT-S(阿佐ヶ谷)


無縫製の「手織りの服」のセーターやカシュクールを
大好きなツイード糸でたくさん織りました。
恒例のport ponponeとのコラボでワンピースや
ジャケットなどのオーダーもお受けします。
今回は5日間になります。どうぞお出かけ下さい。
d0182119_1485830.jpg

[PR]

by kerokikaku | 2016-11-13 13:57 | 毎月のインフォルマシ | Comments(0)
2016年 11月 07日
11月12日前後のインフォルマシ ★ゴリラ情報追記
どうやら今週末の11/12(土)が惑星直列らしい。
ちなみに満月は14(月)です。

台湾行きの切符は手に入れましたか?
わたくし、うっかりしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上野恭子 遊布展⑭
立花正和の竹
2016/11/11(金)-17(木):石川画廊(銀座)


遊布展も、14回目を数えます。
古布は、少しのアイデアで別物になります。
奥深く、面白く、新しい。
今回は、遊布に竹が加わりました。
長年、広告美術に専念していた、立花正和。
その技術は、繊細にして、老練です。

d0182119_1115344.jpg

お待たせしました。
ゴリラの親分こと更紗番長、上野恭子さんの展覧会がはじまります。

古渡更紗帯はもちろんだが、バッグや額装の考え方にいつもハッとする。
用に耐えられる古布は最大限使えるように。
耐えられない古布は最大限愛でられるよう、更紗番長のアイデアが溢れている。

★ゴリラ情報追記
た、た、たいへん! ハギレがたくさん出るそうです。
ゴリラの親分のハギレというと、、、、そう、あのあたりのハギレですぞ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ATELIER MANIS 作品展vol.64
My warm item in my closet
2016/11/11(金)-13(日):Jikonka TOKYO(桜新町)

d0182119_11342849.jpg

すっかりごぶさたしているなあ。
遠くからでもマニスDMとわかるアートワーク。
今もそこかしこで会う方がマニスの服を着ているので、ああと思う。

真鶴「蛸の枕」ともみちゃんのランチがあるようです。
予約した?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

丸山 正  裂ーkireー
【 着物・帯の展示】
2016/11/12(土)13(日):AXIS GALLERY SIMPOSIA(六本木)
【平面作品の展示】
2016/11/12(土)-20(日)Gallery SU(六本木)


11月12日(土)より20日(日)まで、丸山正さんの個展を開催します。
丸山さんが独自の技法で作り出す「裂 ―kire―」の世界を、2つの表現方法、2つの会場に分けてご覧頂きます。
Gallery SUでは平面作品を、AXISビルB1階のSYMPOSIAでは着物と帯を展示いたします(SYMPOSIAの展示会期は11月12日・13日の2日間のみです)。
両会場の距離は徒歩3分ほどですので、ぜひ行き来してご覧下さいませ。
d0182119_11193942.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

焼き物まつり2016
2016/11/12(土)13(日):FOLK ART GALLERY SABAI(愛知・常滑)


今年は8月でなく11月に開催させていただく事にいたしました「SABAI」の焼き物まつり」
陶器、ガラス、布、素敵な作家作品が並びます。
生活を楽しくする、あなたのお気に入りを見つけに是非遊びにいらしてください。

d0182119_11285889.jpg

けろ企画選・2016年DMアワードの大賞候補。
なにがって、このオリエンタルな白塗ねえちゃんはSABAI店主による切り絵です。
店番中のチマチマ細工に乾杯。

焼き物の画像を使わず、白塗ねえちゃんでガッとハートをわしづかみ。

頭にちゃわん、腕にどんぶり。
ぜったい無視できないよね。
あれ?わたしだけ?

あまりにステキだったので「DMいい!」と、それだけの連絡をSABAIに入れてしまった。

焼き物、すごくお値打ちだって!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

加地学 清水しおり 二人展
2016/11/12(土)-17(木):CONTEXT-S(阿佐ヶ谷)

d0182119_11483097.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

+DECO KAYOKO ARAS
EXHIBITION KILIM+YAMA
2016/11/12(土)-29(火):ギャラリー&カフェ草花舎(島根・益田)


イスタンブル在住のカヨコとメメットが、日本にキリムを紹介してから20数年。これまでに数えきれないほどのコレクションで私達を楽しませてくれました。現在KAYOKOは「+Deco」というブランドを立ち上げ、フランスやNYに向けて制作・発信しています。本展では、その一部をして、100年も前の古いキリムを丁寧にほどいて糸にし、織り直す事で現代に蘇ったキリムや絨毯たち、パッチワークやクッションをご紹介します。定番のアンティーク、オールドのキリムも併せてお楽しみ下さい。
●YAMAはトルコ語でパッチワークを意味します。
d0182119_11511094.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アルパカニット ーPUENTEで冬支度ー
2016/11/12(土)-19(土):fudoki(蓮根)


やわらかな色とあたたかさを持つ、PUENTEのアルパカニット。
冬になると身に着けない日はありません。
今年はペルーより手紡ぎシリーズのベストとセーター。
そして、textile n+の中村夏実さんと一緒にデザインされた、巻き方によって幾通りもの表情が楽しめる手織りショールとマフラーが新登場。温かさだけでなく、デザインでも進化しているPUENTEのニット。ぜひ手に取ってみてください。

d0182119_11581640.jpg

まちがいないです。

PUENTEのモモヒキ、毛糸のパンツ、靴下、ベスト、レッグウォーマー。
これがないと冬が越せない体になってしまった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

蚤の市で見つけたもの 2016秋
2016/11/12(土)-20(日):ギャラリーブリキ星(西荻窪)


全国の蚤の市で集めたもの約500点を展示即売、随時補充いたします/日本の古陶磁、西洋の古陶磁、李朝の工藝、アジアの古民具、職人の道具、鉄や木のジャンク
d0182119_1242468.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

mon sakataの服
2016/11/12(土)-20(日):うつわ菜の花(小田原)

d0182119_1275557.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

sunuiのカンカンバッチ in 台湾
2016/11/12(土)-22(火):你好我好(台湾・台北)


台湾ではじめての展示会をします。
作品集「カンカンバッチ」が出来てから、海外の人にも見てもらいたい。という気持ちが大きくなりました。
いつか台湾で何かしましょう! とお声かけくださっていた青木由香さんのスペースでイベントをさせてもらうことになりました。
青木さんは台湾に惚れ込んで移住して十数年。台湾と日本の架け橋のような女性です。
台湾で出版した本が台湾でベストセラーになったというのだから、すごい!
今回は作品集とカンカンバッチ、そしてアクセサリーを展示販売します。
最初の週末、11/12(土) 13(日)はギャラリー内でLIVEカンカンバッチ制作をします。


d0182119_1212983.jpg

同時期にトラネコボンボンも台湾入りです。
beher生活厨房にて。
中西直子的野菜Partyとは。
[PR]

by kerokikaku | 2016-11-07 11:22 | 毎月のインフォルマシ | Comments(0)
2016年 11月 01日
11月上旬のインフォルマシ
急、急、急。

言ってもせんないけれど言いたい。

急ずぎ、寒すぎ、いきなりすぎ。

冬支度がどうだったのか、自分のルーチンがうろ覚え。
冬様ご一行の急な乗り込みに、慌てる。
リネンの上に半纏を着て、裸足にアルパカ靴下、薄布団を重ね、鍋の具材がわからない。

セーターとえりまきをとり出し、ガラ紡ソックスにアルパカを重ねばきし、冬布団を出し、白菜を買った。
まだ何かあった気もする。

試運転しながら修正し、冬様の襲来に立ち向かおう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Démaé jewellery Caravan 2016@Plain People
2016/11/3(木)~Plain People各店にて開催


2016年も残すところあと2ヶ月、そしてデマエキャラバン@Plain Peopleの季節です。
今年は11月3日から12月30日の間、全国10店舗を巡回します。
今回はDémaé jewelleryの新作として、ブレスレットが2種登場。
ピアスも大胆な新作をお披露目します。
そして毎度同様、_cthruit、eri,の作品も並びます。
お近くのPlain Peoplenでぜひご覧ください。
d0182119_11374723.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

musuburi +port ponpone 1週間の生地屋さん in 鎌倉
2016/11/3(木)-9(水):ギャラリー招山(鎌倉)


Made in Japan のオリジナル生地を1mよりカット販売します。
生地をセレクトしてport ponponeデザインの服にオーダー仕立てもいたします。
そして「手織り服」や手織りマフラーも。musuburi 長谷真由美さん、3(木).5(土) 在廊予定です。
port ponpone 西荻商店街で人気の洋服屋さんです。旅先の鞄から、くしゃっと洋服を出す感じです。
植木さんは、ふらっと、会期中どこかで在廊します。

d0182119_11455565.jpg

鎌倉は遠いかもなあ、というあなた。
いつもの阿佐ヶ谷CONTEXT-Sで、このあと11/18~22「一週間の生地屋さん」があります。

でも秋の鎌倉もいいよねって方、musuburi長谷さん在廊日にどうぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アルパカと過ごす冬 PUENTE プエンテ
2016/11/5(土)-13(日):shingoster LIVING(つくば)


これほどまでにアルパカがしっとりと馴染み、
真冬の寒空と冷えから身体とこころを守るものと
教えてくれたのはPUENTEでした。

d0182119_11532759.jpg

あら、あなた、寒いのにずいぶん薄着ね
ええ、中にアルパカ履いているんでポカポカなんです

アルパカって、何を履いているの?
ちょっと失礼…この下にモモヒキでしょ、毛糸のパンツとダブルで履くときもあります

へえ、それどこで売ってるの?
PUENTEってお店はなくて、展示会やセレクトショップだけで、ペルーとボリビアで、岡山で、あの…

よくわからないからまた教えてね
ええ、また


というやりとりを、そこらで何度も経験しました。
モモヒキをズボンからひっぱり上げ、その度にお見せしました。
その方々のお名前も教える方法もわからないままに。

今こそPUENTEですよ、と世界の中心で叫びたい。

[PR]

by kerokikaku | 2016-11-01 11:40 | 毎月のインフォルマシ | Comments(2)
2016年 10月 25日
10月下旬のインフォルマシ
ちゃっぷい、ちゃっぷい。
どんと、ぽっちい。

明日は今期さいごの夏日です。
いま現在、超ちゃっぷいので嘘くさいですがホントらしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ひとさまの展示会に出かける時、ふるまいに悩む。

あまり存知ない作家さんやギャラリーだと、透明人間になりそっと拝見し、そろりと帰る。
やってる側からすると「ありゃ誰だ?」と不審だが、まあ、そない気にも留められないだろう、と。

よほどでないと芳名帳もスルーする。
それってどうなの、とも思うけど。

知古の作家さんやギャラリーの場合。
みなさんのお邪魔にならぬよう心がけたいところ。

作家さんやギャラリーさんを独り占めしないつもりが、嬉しくなり、かぶりついて、はしゃぎ終わって、ハッとする。
ただでさえ、ヒト疲れしているであろうに、やっちまった。

早よう帰らんと。
引き際さっぱり、大人っぽくしたいのに、いまだ鼻たれ小僧である。

それで帰路ずっと、あーすれば良かった、あんなこと言わんだら等々、くよくよ思う。
寝る前も思い出し、されどグースカピー。

それの繰り返し。
なんの学習もありません。

もしわたしが開催側で、知ったお客様がすぅーっと帰られたなら、それはそれで「気を悪くしたかな、おもしろくなかったかな」と追いかけたくなる。

追いかけたこともある。
つかまえた挙句しゃべり倒したりして。

おい、どっちだよ、と我ながら難しい。
あほだな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

熊谷幸治 土器茶碗展
2016/10/21(金)-25(火):桃居(西麻布)

d0182119_1027557.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

柏木圭|柏木千繪 展
2016/10/22(土)-31(月):OUTBOUND(吉祥寺)

d0182119_10295563.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

秋野ちひろさんのアクセサリー展
2016/10/27(木)-11/1(火):IO GRAPHICSHOP and GALLERY(駒沢大学)

d0182119_10332283.jpg

IO GRAPHIC特設サイトにある紹介ページをどうぞ。
つきしまかるかや、そうだよなあ。と。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ひろせべに作品展
「鯛の鯛 tai no tai」
2016/10/29(土)30(日):甲子きのえね(江古田)

d0182119_10381762.jpg

やばいです。
べにさん展が2日間限定であります。
甲子きのえねという、元お蕎麦屋さんの蔵造りのスペースで。
d0182119_10392660.jpg

でかっ。
サイトがないので、こうするしかない。

毒イチゴで謎なひろせべに。

DMは何度ながめても謎。
オールのようなものは、蕎麦の箸か。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3 seeds worksvol.2
2016,autumn & winter market
C.P.KOO/galerie non/scale
2016/10/28(金)-30(日):haus&terrasse 2F(渋谷・表参道)


作り手との縁を感じる「ずっと愛着のもてるモノ」を通して
ヒトとモノ・モノとモノ・ヒトとヒトがつながる愉しみを
お届けする場を提案したい。そんな思いから合同展にて意気
投合した3ブランドの種蒔きがスタートします。

d0182119_10493212.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

山中とみこ×吉沢小枝
White×Black
2016/10/28(金)-11/1(火):fudoki(蓮根)

d0182119_10565783.jpg

4つの「おいしい便」はサイトでご確認を。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あなたとわたしの備忘録
~まだやってるし、とあぐらをかいていたら終わってたという悲劇にあわないために~

・倉敷アチブランチ「ボロとかばん(冨沢恭子柿渋かばん)展」は10/27(木)まで。
d0182119_11134345.jpg

・H.P.Eラオス谷由起子の布、西のN家展は10/28(金)29(土)30(日)の3日間。
d0182119_1115655.jpg

岩立フォークテキスタイルミュージアムの「アンデスの織物と中南米の衣装展」は11/12(土)まで。
d0182119_11114017.jpg

日本民藝館の「柳宗悦・蒐集の軌跡」は11/23(水祝)まで。
d0182119_11111341.jpg

as it isの「沖縄パナリ焼展」は12/4(日)まで。
d0182119_11112485.jpg

[PR]

by kerokikaku | 2016-10-25 10:17 | 毎月のインフォルマシ | Comments(0)
2016年 10月 13日
10月中旬のインフォルマシ
ひと晩うんうん唸って、ひらめいた。

GSS5で、常滑SABAIの放出グッズの中からオトナ買いした、アレがあった。

リス族のポンポンヒモ。
これが使えないものか。
d0182119_1321512.jpg

グッドマッチなのかミスマッチなのか、不明のまま、これにて座布団問題をしめたい。
d0182119_13242767.jpg

今週末は、やっとこさ好天の土日とか。
年間でもベスト5に入るって、予報士さんが太鼓判を押していた。

工房からの風もあるし、各地イベント関係者のみなさま、お喜び申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

勢司恵美の竹かごとSuno & Morrisonの布
2016/10/8(土)-20(木):シンゴスターリビング(つくば)

d0182119_13285030.jpg

ギャラリーKEIANさんで「竹細工職人 廣島一夫の仕事」展を拝見し、竹細工への目線を広げてもらった。

勢司さんは竹かご、Suno & Morrisonはガラ紡やカディを使った布もの。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A plus viewing 01
For the city of heritage|美術家からの提案
2016/10/15(土)-11/12(土):国登録有形文化財 旧田中家住宅(川口元郷)

d0182119_13373294.jpg

案内地図には「十二月田」の交差点が出ているし、川口だし、田中だし。

すわ、川口の御大ん家で、何か!?

早やとちってはイケマセン。
って、わたしが一番早とちりしました。

埼玉県下有数の本格的洋風住宅・旧田中家住宅は、大正時代に建てられ、現在は有形文化財として公開されています。

旧田中家住宅「国登録有形文化財」登録10周年記念事業として、モダンアート展を開催します。芝園にある「アプリュス芝園スタジオ」で活動する29名の美術家たちが、旧田中家住宅でそれぞれの力作を展示します。大正ロマンとモダンアートの融合をお楽しみ下さい。

「十二月田中学校」バス停を越え、しょっちゅう御大の元へ行っている身としては、一度押さえておきたい。

だからさ。
「じゅうにがつたなかがっこう」じゃないからね。
「しわすだちゅうがっこう」って読むのね。
もっぺん言っておきますけど、ここで降りても正藍型染師の御大ん家は無いですからね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

成田久展『青山でヘンタイ』
2016/10/17(月)-22(土):ギャルリワッツ(表参道)

資生堂のアートディレクターであり、自身もアーティストとして活動を続けるきゅうちゃんこと成田久氏。生地にひたすらミシンをかけ立体化していく。
ワッツで4回目となる今回は、彼の名作でもある『ヘンタイ(ネクタイ?)』が100本(全て違うデザイン)アーティスティックにワッツの空間を飾る。
「今回の コンセプトとしてファッションの地、THE青山を背負い語るにはギャルリーオーナーである川崎淳与さんしか考えられませんでした。約20年醸成してきたワッツのこの空気感と、ヘンタイとのビジュアルコラボレーションポートレートから実現し、スタート。
美しい❤是非、御試着しに御来場ください(Cue)」

d0182119_13552720.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

陶×木展
スズキサト(陶) 村上圭一(木)
2016/10/20(木)-26(水):ギャラリー空箱(恵比寿)


スズキサトさんの愉快な器。お馴染みの動物柄に加えパンやクッキー柄まで登場しました。さて今回はどんな動物達が集まってくれるのでしょうか。
村上圭一さんの木の器は自然に入った割れ目や削片を活かし、虫食いの痕さえも景色に変えてしまう力強さを感じます。皆様のお越しをお待ちしております。

d0182119_13592429.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

think sew
ibuki minori exhibition 2016
縫い繋いだもの、衣・袋など
2016/10/21(金)-26(水):ぎゃらりー無垢里(代官山)

d0182119_1422611.jpg

じつは、行く気まんまん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

文様を織る 吉野 綾
2016/10/22(土)-30(日):間・Kosumi(落合・東中野)



長い工程を経て織りあがった布からは
気の遠くなるような作業の積み重ねは見えません
ふんわりとした暖かさで包み込んでくれる一枚の布が
ただ優しく存在しています。 

カシミヤ で織られた
ショール、バッグ、多様に使える「ひときれ」、など
秋から冬に嬉しいアイテムが揃います。

d0182119_1441926.jpg

全国の綾さんファンの皆様、お待たせしました(笑)。
東京での個展は久しぶり、間・Kosumiでも10年ぶりです。

織物の詳細は綾さんのFBでチェキラ。
[PR]

by kerokikaku | 2016-10-13 13:44 | 毎月のインフォルマシ | Comments(0)
2016年 10月 05日
10月上旬のインフォルマシ
32℃のぬるま湯陽気にはたまげたね。
あっちいあっちい、ピコレットがそろそろ終わる、はよ帰って麦とホップを飲まないかん。
顔面からじわりと吹き出る脂汗をぬぐった昨夜。

我に返り、いま8月だっけ、10月か、と確認した。
森田さんも苦笑いの、毎日が記録更新だ。

反復横飛びがわりと得意なので助かった。
暑い&寒い、君たち、来るなら交互に来たまえ。
回るお寿司でも、永遠にびんとろ&アジなんで、反復横飛びには慣れている。

あしたはいよいよ栗駒DAYですね。
フライングと乗り遅れに、どうぞお気をつけて。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

秋支度第二弾
「ところの」いろと、「つきのいろ」
2016/10/5(水)-16(日):itonosaki(外苑前)


いろのしなやかさを纏い
いろの欠片を飾り
いろに遊ぶ

秋のお支度第二弾は
日本の色から生まれた「ところの」無地紬
美しい情景を映した「つきのいろ」シルバージュエリー
素材そのものを素直に活かして表現された「絹」と「銀」との
優しい装いの秋支度展

d0182119_10335771.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ATLAS antiques l'automne 2016
2016/10/7(金)-9(日)12:00-19:30:R(西麻布)

d0182119_11114411.jpg

いっしょうけんめいHPをさがしても情報はUPされとりませんが、気にしてはいけない。
めっちゃ欲しくなるアンティークの白い皿に要注意。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

吉岡萬理 陶展 yoshioka banri
2016/10/7(金)-10/13(木):石川画廊(銀座)

d0182119_10395145.jpg

ばんちゃんのハチャメチャ度満載の器展。
約500点って、ふえぇ。

好きにシーサー、のシーサーの話もどうぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

冨沢恭子 ボロとかばん展
2016/10/8(土)-27(木):倉敷意匠アチブランチ(倉敷)

d0182119_10574678.jpg

うぐぐ。
倉敷はなんでうちから遠方なんだろうか。

ここに載ってる藍のトミーかばん、裏工作でどうにかならんですか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日々 綴る。
石神照美(陶)高橋和枝(絵)二人展
2016/10/8(土)-23(日):ギャラリーnoir/NOKITA(伊豆)


僕が以前 東京のギャラリーで拝見した展示が
とても素敵だったので、お二人にお願いして
今回の展示が実現できました。
そらはたびいろ
ゆっくり ゆっくり お二人の世界をご覧ください。

d0182119_1046350.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

坂村岳志 花講座
2016/10/15(土)16(日):DEE'S HALL(表参道)


今回は中西洋人展に先がけて挿花家 
坂村岳志さんの花講座をギャラリー内で開催します。
中西さんの作品や「さかむら」の骨董品を花器として使う贅沢な講座です。
秋の草花の一輪の美しい表情を引き出す坂村さんの技と感性を丁寧な指導の中で
しっかり学んでいただけます。ご参加をお待ちします。

d0182119_10524370.jpg

参加お申し込みはこちらから⇒

・・・・・・・・・・・・・・・

中西洋人 展
2016/10/17(月)-24(月):DEE'S HALL(表参道)


回を重ねるごとに中西洋人の世界が広がる。
もっと自由に、もっと深く、そして力強く。
新しい試みの展覧会が始まります。
協力 坂村岳志

d0182119_1053174.jpg

DEE'S HALLでお待ちかね、メンズ企画が、趣向を変え二手に分かれての開催です。
花講座の申し込み決心はお急ぎ下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さらに気になるのは、鎌倉の東慶寺吉岡コレクション2016 絞りと板締め展
d0182119_11144754.jpg


アンド、こちらへも必ず。
「日之影の竹細工職人 廣島一夫さんの仕事」展:ギャラリーKEIAN(白山)
d0182119_11164041.jpg

期間中 木、金、土、日 のOPENです。
贔屓筋よりの情報はこちらから⇒

ゼッタイ、図録、買うんだ。
[PR]

by kerokikaku | 2016-10-05 10:28 | 毎月のインフォルマシ | Comments(0)
2016年 09月 23日
9月下旬のインフォルマシ
いい加減、9月下旬をどげんかせんといかん。
手元にあるDMをスキャンし、画像を整え、さあUPしようかなと。

ふと、布茶ブログを拝読。

9月下旬のお勧め」が、わたしの準備した内容とダブりダブり、プラス多く上回っていた。
よって、布茶情報をそのまま「けろ企画の9月下旬インフォルマシ」のリンクとさせて頂くことを、各方面へご容赦ご理解を伏してお願いの上、決行致します。

あは。
新しいね。

他力本願。
間違った用法の方のね。


さて。
うどん県ではないほうの、きしめん県にて。

こういった、しもた屋遭遇時に限って定休日とはこれいかに。
d0182119_21205781.jpg

以前、某有力者よりGSS時にこんなすてきなモノをいただいた。

すてきかどうか。
檻に囚われのパンダちゃんではありますけど。
d0182119_21221723.jpg

この店、におう。
d0182119_212349.jpg

きっと、ある。
パンダちゃんがいるはず。
d0182119_21232588.jpg

イターーーー!
d0182119_21234449.jpg

囚われていない、自由の身のパンダちゃん。

とは言え、けっこう逡巡した結果、結局、買わんと帰ったとさ。

9月下旬のパンダちゃん情報は以上です。

スタジオさんへお返しします。
[PR]

by kerokikaku | 2016-09-23 21:37 | 毎月のインフォルマシ | Comments(0)
2016年 09月 15日
9月中旬のインフォルマシ
先だってのスピニングパーティで、とあるお店のヘルプをした。

ちょうと店主が席をはずしている時、ニコニコしたお客さんが「ちょっと教えてもらえると嬉しいな」と、商品素材の説明を求めてきた。

分かる範囲でいいから、と言う。
わたしではわからないこともありますが、としどろもどろで話す。

するとその方は、わたしの説明が甘いと見ると、素材についての詳細な知識をたたみかけるよう朗々と披露してきた。
何を言っているのか理解不能、わたしにはレベル違いの次元の知識。

試されたのだった。
こちらを叩きつぶす勢いで、止まる気配がない。
おそろしさすら感じた。

他のお客さんがどんどん入って来ているブースの脇で。
今、わたしたちは何なんでしょう。

あ、ちょっとすみません、と他のお客さんの方を向くと、去った。

なんとも言えない。
無責任なヘルプだったなあとか、やられたなあとか。

いちおうへこみ修正は済んだが、まあ、何か意味のあることなのだろう。

さて、週末から連休がはじまります。
各サイトでご確認の上お出かけ下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「いい日になりますように」
R・ECHO(帽子/かばん)・オガサワラマサコ(陶)2人展
2016/9/10(土)-19(月):irodoriya.(渋谷・神泉)

d0182119_11341250.jpg

あらやだ、昼間っから、と建物に出入りするカップルをうっかり横目に、円山町の隠微な路地を、迷子覚悟でお出かけ下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「出雲織一門展」
門下生とともに三十六年
2016/9/14(水)-18(日):イトノサキ(外苑前)



綿花を育て、
糸を紡ぎ、
またそれを藍で染め、
そして、織る。

すべての工程を一人で行い、
一度は消えていた用の美を蘇らせた
青戸柚美江さん
その素朴で大らかな美しい織りの手仕事を
次の時代へと繋げている門下生の方々が一堂に会す初めての展示会

『昔から山陰地方では自家用として機織がありまして、
たえず暇さえあれば機織の音が聞こえていました。
戦後、物が多く出回る様になり、働きに出て買えば何でもある様になり、
おいおい織をしなくなりました。

私は織をすることが好きで農業の合間に織っていました。
そうしているうちに教えてほしいと訪ねて来る人があり、
指導する様になり36年が経ちました。

弟子から一門展との声が出始めて今日に至る事になりました。
一門展をご覧いただきまして皆様のご意見などをお聞かせくださいます様お願い申し上げます。』 
出雲織・青戸柚美江     *本展案内状より引用

d0182119_1140530.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

彼方の手 此方の手 vol.6
Og + kocari

2016/9/14(水)-18(日):蔦サロン(表参道)


タイやベトナムで布作り 服作りをしている Og 小倉猛斗さんと
インドの手が作る布などを紹介している kocari の私。
ふたつのブランドによる企画 「彼方の手 此方の手」

彼方のクニの 彼方の手で作られたものを
此方の手に渡すことを生業としているふたりが立ち上げました。

今回の会場は 表参道駅から程近い 蔦サロン。
古い一軒家で 前回までの会場「もくれんげ」同様
靴をぬいで ゆっくりご覧いただけます。

この展示会が kocariとしては この秋最初の展示会です。
秋冬に向けてお使いいただきたい
シルクやウールのものを中心にご覧いただきます。
…kocariブログより引用
d0182119_11435047.jpg

きゃあ、はじまってます。
日曜までです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Arigatou Fair
C.P.KOO at Kichijoji
2016/9/17(土)-19(月):WHITE BRICK(吉祥寺)

d0182119_11485755.jpg

C.P.KOO(セーペルクー)が連休の3日間、吉祥寺中道どおりで限定ショップをOPEN。

この春夏コレクションは麻とカディがめちゃよかった。
秋冬はウールかな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ロベール・クートラス展
2016/9/17(土)-10/2(日):ギャラリーSU(六本木・麻布十番)


ロベール・クートラスの主要な作品を網羅した2冊組の作品集『ロベール・クートラス作品集 ある画家の仕事』が、今春エクリより出版されました。
刊行を記念し、ロベール・クートラス展を開催いたします。
晩年取り組んでいた幾何学的な模様のシリーズなど、珍しいモチーフのカルトを中心に展示します。

d0182119_11572610.jpg

三島のビュフェ美術館展を見逃した方に朗報。
巡回展が12月~3月、京都で開催です。
やったー!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「月光値千金」展
2016/9/17(土)18(日):東青山(表参道)


毎年恒例の展示会のお知らせ。秋の夜長を愉しむため、京都の大吉さんと東京のさる山さんが、酒の器と道具を列べます。初日夕刻には、展示の器でお酒も振る舞いますので、ぜひにお立ち寄り下さい。お待ちしております。
d0182119_120316.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もみじ市2016「FLOWER」
2016/9/17(土)18(日):調布市多摩川河川敷(多摩川)


10周年のもみじ市は「FLOWER」をテーマに、
100組を超える崇高なる作家が集います。
ものづくりびとの最高の舞台、多摩川河川敷へ。

d0182119_1223841.jpg

7月から毎週配布されるDMを9枚ためると、、、なんだったか、えっと、健忘。

「FLOWER」のテーマに合わせた、イベントの統一デザインがお見事です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カンボジアの働く布「クロマー展」
2016/9/17(土)-25(日):日々の食と道具のお店364(西荻窪)


クロマーとはカンボジアの暮らしに根付いている工芸の一枚の布。
多くは木綿を素材に、織物だったり、染め物だったり。
現地では汗を拭いたり、腰に巻いたり、
結んで荷物を入れたり、時には子供のゆりかごにも。
生地がくたびれてきたらお掃除に使って。。
オシャレであるという前に、この布、【道具】なのです。

使い方によって一枚の布が、用途を変えて七変化です。
私たちの暮らしにも鞄に1枚スッと入れておけば
役立つとき、結構ありそうです。

今回も定番のクロマーとともに新作もの、
またこの展示会前、まさに今!主宰している森田わかなさんがカンボジアに
行かれているので、ならば!と、カンボジアの暮しものや食材など
少しだけお楽しみが増えそうです。
トランクに詰め込んで364へ展示会ギリギリに届きます!

少しづつ気候も涼しくなり、クロマーが欲しくなる季節。
お散歩がてら是非お立ち寄り頂けたら嬉しいです。

d0182119_12101864.jpg

ご存知、クロマニヨンのクロマー展。
綿というのが、首巻きとしてけっこう使えるんです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

humoresque
2017-S/S Collection
2016/9/20(火)-24(土):humoresque(西麻布)

20-23日 BUSINESS DAY/24日 FRIENDS DAY
予約制ですので、ご希望の日時を9/15までにメールでご連絡下さい。
d0182119_1214210.jpg

humoresqueのステキ度上昇が止まらない。
[PR]

by kerokikaku | 2016-09-15 11:40 | 毎月のインフォルマシ | Comments(2)
2016年 09月 03日
9月上旬のインフォルマシ
「なんべんやっても9月は夏」との、誰かの発言に100%賛同していた。
だって9月はぜーんぜん秋じゃなかった。

しかし去年の8月。
お盆過ぎから夏があやしく、36度酷暑から一気に初秋になったと記憶する。
腹を出してガーガー寝ていた翌週は、羽毛布団をかぶっていた。

グラデーションの幅が急すぎ、と誰に訴えようか。
明朝は今日の日中より15度位下がるところもあるとか。
どうぞ朝冷えにご注意を。

さて、代官山蔦屋書店。
右の白い壁面。
TSUTAYAの「T」を組み合わせた造形は、観光客が記念写真を撮る名物スポット。
d0182119_1681954.jpg

どうしても私には「ケケケ」に見える。
d0182119_1685368.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

柳宗悦・蒐集の軌跡 
-日本の工芸を中心に-
2016/9/1(木)-11/23(水祝):日本民藝館(駒場東大前)

d0182119_14522836.jpg

ひとの集めたもの。
それも柳宗悦の集めたものとくりゃあ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

高木克幸 木家具展
2016/9/2(金)-15(木):shingoster LIVING(つくば)


目が合い、蒐集してきた古道具を「うつす」。
そしてうつし出される自分自身。

d0182119_14574648.jpg

木家具展って。
シンゴスターの正式名称にはLIVINGが入っているってことに、時々気づかされる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Tulla
2016 Autumn winter Collection
Fine Textile from Weavers Studio, Kolkata, India
2016/9/6(火)7(水)8(木):ART・IN・GALLERY(原宿)


秋冬物の新作およびTullaオリジナルのデザインを取り揃えました
“Tulla”はインドのテキスタイル会社・Weavers Studioが、
日本向けに特にセレクトした商品ブランドです

今回は、Weavers Studio のオーナー・Ms. Darshan Shah が会場に出向き、
皆さんにインドの布をご紹介します。

d0182119_1521442.jpg

新作ストールだけでなく、カディをはじめ生地見本も取りそろえ。
個人の方、テキスタイル関係の方、どちら様もOKの3日間。
詳細はTullaのサイトでご確認下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いまだあるもの
PHOTOGRAPH BY HIROYUKI NAKANISHI
PUBLISHED BY LILY1ST VINTAGE
2016/9/6(火)-11(日):森岡書店(銀座)

d0182119_1593254.jpg

LILY1ST VINTAGEは服をつくるのでなく、服をえらぶブランドです。
既存の古着を再選択し、一着の服としての価値を再考、再提案しています。


とあるように、世界各地を自分の足で巡り、意志のある目で、意志ある古着をセレクトしているLILY1ST VINTAGE。
写真家中西博之と出会ったことで写真集の製作に至ったことはこちらから。

森岡書店ではじめての写真集をはじめて展示。
LILY1ST VINTAGEの服も、もちろんあります。
わたしも行かなきゃ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ひとり民族ヌノ
~細部に宿る精霊~
2016/9/8(木)-19(月):布う(大磯・平塚)

d0182119_1555851.jpg

ティモールテキスタイル岡崎さんから
…夏の間はインドネシアに布を探しに出かけました、
…熱帯の太陽の下、最初の数日間は日焼け止めを塗りながら若くはない肌を思いやりもするのですが、村で織りをする老いた女性たちの顔を見ているとそんなことはどうでもよくなってきます。人の美しさの物差しは暮らす風土との調和により生まれ、だからこそ布は美しいのだと。…


お出かけ前に、岡崎さんの在廊日をチェックしてどうぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

秋野ちひろ個展「植物と石」
2016/9/8(木)-13(火):CONTEXT21.8(札幌)

d0182119_165740.jpg

札幌です。
ちょっびっと遠方です。

阿佐ヶ谷じゃありません。
[PR]

by kerokikaku | 2016-09-03 23:13 | 毎月のインフォルマシ | Comments(0)
2016年 08月 24日
8月下旬のインフォルマシ
おやおや、と見上げると
d0182119_1592351.jpg

みるみるうちに雲行きが。
d0182119_1593980.jpg

ジャボーッと降って、またやんだ。

日々不穏な南国仕様。

ゴム草履でのお出かけもご一考下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

as it is 個人コレクション展10 前期
大輪眞之写真展
菜の花・高橋台一収集/黒田泰蔵白磁作品
~2016/9/4(日)会期中金土日祝開館:as it is(千葉・茂原)

d0182119_1514383.jpg

この展示の次、高橋台一コレクション後期として沖縄パナリ焼展です。

2016/9/9(金)-12/4(日)
沖縄パナリ焼展

d0182119_15174896.jpg

後先になりますが、箱根の菜の花展示室でもパナリ焼展、今週末まで。

PANARI パナリ焼き展。
2016/8/20(土)-28(日):箱根菜の花展示室(箱根)

d0182119_15202957.jpg

自分中心とすると、なにもかも遠方。
しかし行きたい、そして会期も気になる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

世界の刺繍
~2016/9/8(木):文化学園服飾博物館(新宿)

d0182119_15232147.jpg

サイトを拝見すると、先だって渋谷文化村で開催の「西洋更紗トワル・ド・ジュイ展」が郡山にツアー中らしい。

マリー・アントワネットも愛した美布
西洋更紗トワル・ド・ジュイ展
~9/11(日):郡山市立美術館

d0182119_15304461.jpg

あの日、文化村に後ろ髪を引かれながら、ついぞ秘宝館展に行ってしまったのだった。
なのでトワル・ド・ジュイ展、未見。
それが正しかったのかどうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

辻和美+factory zoomer|"red"|
2016/8/17(水)-29(月):OUTBOUND(吉祥寺)


情熱、生命の始まり、権力の象徴、魔除け、禁忌の印…。
我々の身体の内部を循環する色でありながら、どこか非日常を連想させる、「赤」。
この「赤」を主題に据え、OUTBOUNDにて6年振りとなる辻和美+factory zoomerの展覧会を開催致します。
会期中は、様々なトーンの赤いガラス作品と、辻和美さんが選んだ赤い物、OUTBOUNDが選んだ赤い物が並びます。
夏の盛り、多種多様な在り方の赤を是非ご覧下さい。

d0182119_15374386.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

MARUちゃん展
2016/8/21(日)-9/5(月)雑布きんじ(谷中)

d0182119_1682858.jpg

Tシャツの前後を間違って着ることがありますよね。
ないですか。

5本指靴下は、さらに左右も怪しい。
小指のところに、親指をムリクリ入れそうなこと、ないですか。

じゃーん。
d0182119_16115210.jpg

直観的、明快加減が有難い。
d0182119_16123478.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

暮らしの中の古民窯展 Part 8
2016/8/21(日)-9/4(日):べにや民芸店(表参道)


江戸から昭和にかけての古き良き時代に製作された日本各地の古民窯の生活雑器、約100点余りを展示即売いたします。沖縄の陶器をはじめ、暮らしの中で用いられてきた、地域色豊かな品々が並びます。ぜひお楽しみください。
協力:諸国民窯・古民芸たつの(姫路)

d0182119_15412459.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夏の繭
道具は美しい 手織の道具特集
夏の綺麗! 楠本陽子の夏のシャツ+西方京子の夏のショール
2016/8/22(月)-31(水):アートスペース繭(京橋)

d0182119_15451581.jpg

手織りの「道具」、お好きでしょう?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「naoco」2016 A/W
カシミヤコレクション販売受注会
2016/8/24(水)-9/4(日):itonosaki(外苑前)

d0182119_15472678.jpg

そうは言っても、あとひと月もすれば、肌寒い日がはじまり、カシミヤが要る頃になるんだなあ。

厚手のコートはここ数年着ていない。
カシミヤやウール&まきもの系で、真冬も間に合っているという事実。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さか井美ゆき
Darling Machine vol.26
2016/8/25(木)-9/5(月):art&product Laboratory tsubaki kyoto(京都)

d0182119_15532454.jpg

ミシン刺繍のイラスト、ダーリンミシン展はなんと26回目。
続けることに頭が下がる。
[PR]

by kerokikaku | 2016-08-24 15:23 | 毎月のインフォルマシ | Comments(0)