カテゴリ:BAHAGIA UNDERWEAR( 39 )

2017年 07月 27日
数℃は大差
30℃の壁を実感している。
いや、むしろ32℃かもしれない。

このあたりの1-2℃。
僅差を確実に見極められる高度なスキルが身についた。

大リーグ養成ギブス風、梅雨明け前モーレツ酷暑のたまもの。
ここ数年の鍛錬の成果。

32℃を下回ると、ホッと幸せをかみしめる。
「夏だねー」と言った口がまんざらでもない。

今朝、寒くて起きた。
28℃位って、寒いよね。
余裕だよね。

渋谷にて。
涼しげとは程遠いウィンドウ。

これも悪くない。
35℃だと立ち止まりもしないが、31℃だと余裕で写メ。

なにごとも余裕が大切。
でも、すぐなくなるのが余裕。
d0182119_18145321.jpg
さすがに数日前はBAHAGIA UNDERWEARが暑かった。

冷感よりも、ふんわりあたたかみがあるオーガニックコットンでは、なにひとつ太刀打ちできない。

ほら、あれだ、どうしても機能性素材ってやつになるわさ。
酷暑じゃ厳しいよなあ、とうなだれた。

しかし30℃を下回り、平安を取り戻したきのう今日は違う。

やっぱええんでない?
うなだれた首を持ち上げたりして。

調子に乗って、パッケージ帯を新調したりして。
d0182119_18230993.jpg
ただいま、タンクトップの丈の短い版を試作している。
ボトムの膝下カット版も、サンプル待ち。

それ、今、ほしい。
だよね。

まだ出来ない。
はよ出来んかな。

季節を先取りの正反対、乗り遅れ気味が玉に瑕。
ひるがえってニュースタイルだと思いたい。

のんびりしてたら夏が終わる。

夏が始まったのか最中なのかは曖昧模糊。
どっちつかずの反復横飛び真っ最中。

BAHAGIAのサンプル、いつ出来るのかな。
吹けば飛ぶよなミニプロダクトにつき、押しも引きもできず、じっとり待つ。

はやる気持ちをなだめて。
まんじり。



[PR]

by kerokikaku | 2017-07-27 18:32 | BAHAGIA UNDERWEAR | Comments(0)
2017年 04月 16日
BAHAGIA UNDERWEAR、サイトリニューアル
BAHAGIA UNDERWEAR・バハーギアアンダーウェアのショップサイトを更新しました。
d0182119_10165987.jpg
春に間にあったか。
いきなりの夏日にジャストミートなのか。

オールシーズンとうたいながら、これから冬前あたりが旬の、BAHAGIA UNDERWEARです。

気温の乱高下にも、シレっと対応したい極薄手オーガニックコットン。
※カーディガンは国産フライスコットンです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NEWカラーとして、ネイビー&モスグレーが加わりました。
d0182119_10022206.jpg
正藍染めではありませんけどね。
d0182119_10021117.jpg
すでにサイトはUPされております。
ちょろ見してみて下さい。

BAHAGIA UNDERWEARhttps://bahagia.theshop.jp/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タンクトップの胸のラインは、すべて2cm下げになりました。
大きすぎない、ほとんどのお胸のおさまりが、これにてなんとかなるのでは、と思っています。

胸位置についての詳しくは、こちらから。
d0182119_15113596.jpg
ロングパンツ・サルエルパンツの膝下は、初期モデルよりタイトになりました。

ゆるゆるとなりがちだったのも、少しおさまりよくなります。
※サルエル・キナリのみ初期モデルです。
d0182119_10035734.jpg
ペチパンツの裾はロックミシンではなくカットオフ、切りっぱなしに。
※キナリのみ初期モデルです。
d0182119_10460801.jpg
いつでも元気いっぱいならいいけれど、そうでもない日もある。

気張りたくない日だってある。

そんな日にこそ、お役にたてると嬉しいです。
d0182119_10175706.jpg
インドネシア語でHAPPYの意味のバハーギア。
そうありたいものだと思います。



[PR]

by kerokikaku | 2017-04-16 15:12 | BAHAGIA UNDERWEAR | Comments(0)
2017年 04月 14日
BAHAGIAサイト、鋭意リニューアル中
ひさしぶりにBAHAGIA UNDERWEARのサイトをリニューアルします。

まだ新しくなってません。
ただいま、必死のパッチでやってます。
d0182119_15141679.jpg
そのため、数日間、サイトをCLOSEしますのでご容赦ください。

イエイ。
d0182119_15142314.jpg
週末25℃とかって。
ええ?聞いてない。

だから言わんこっちゃない。
春と秋は3日ともたない。

急げ急げ、BAHAGIAシーズンがとうにはじまっていたこと、気付かれてしまう。

がんばるぞ。




[PR]

by kerokikaku | 2017-04-14 15:16 | BAHAGIA UNDERWEAR | Comments(0)
2016年 10月 31日
BAHAGIA UNDERWEAR/胸下2cm下げNEWタイプ
おっぱいがおさまらない。

そんなお声もありました。
d0182119_22362759.jpg

BAHAGIA UNDERWEARのタンクトップは、マッチョとワイドの2種類。

ノーブラ派だけど胸ポチが気になるあなたの味方です。

胸パッドは付属していないので、お手持ちのパッドを入れていただくかたち。
上げたり寄せたりはいたしません。
d0182119_2239929.jpg

おっぱいの位置は、みなさんそれぞれ。
少しでも広く対応できるよう、行きつ戻りつ実験の末、胸下ラインを従来より2cm下げました。

やわらか生地の伸びも考慮すると、大方のおっぱいがおさまってくれるんじゃないかと。

ブラ必須の方はカップを入れず、ブラの上にそのままご着用下さい。
d0182119_22431359.jpg

新色ボルドーのマチョタンクトップ。
おかげさまで、このおっぱいもセーフ。
d0182119_22464918.jpg

ワイドタンクトップは、キナリを。
d0182119_22501668.jpg

ワイドタンクトップの新色ビリジアンも、胸下2cm下げタイプです。
d0182119_2253122.jpg

従来品をご贔屓筋のみなさま。
胸下ラインが2cm下がりましたが、モニタリングでは不具合はないようです。

この2cmが、おさまらなかった方には効果がみえ、おさまっていた方にはあまり変わらずの、ギリギリのラインです。

そんなわけで、2016秋のBAHAGIA UNDERWEARはすこし変わりました。
ぜひサイトをご覧下さい。

BAHAGIA UNDERWEAR➡https://bahagia.theshop.jp/
[PR]

by kerokikaku | 2016-10-31 11:36 | BAHAGIA UNDERWEAR | Comments(0)
2016年 10月 30日
BAHAGIA UNDERWEAR/膝下NEWタイプ
BAHAGIA UNDERWEARは、オーガニックコットン100%。
(ロングカーディガンのみ国産コットンフライス100%)

スパンデックス等の化繊を使っていないので、着ていると次第にゆるゆるしてきます。
しめつけなく、そこが良いところです。

履いているうち、特にパンツ類の裾まわりはてろんとします。
それはそれとし、適当にくるくる折り曲げて楽しんでいました。

しかし、これより先のサルエルとロングパンツは、膝下をタイトにしたバージョンに変更します。

まずは、一番人気のサルエルパンツ。

チャコールグレーのみ、膝下を全体的にタイトにしました。
裾巾で3cm縮まったので、けっこうタイトです。
d0182119_21452442.jpg

それゆえ、履く時はゆっくり足を入れて下さい。
ぎゅっと引っ張りすぎないように。
ダイジョウブ、足はちゃんと入ります。

いわゆるレギンスやスパッツのピッチピチではなく、着ているうちにゆるっとなのは変わりません。
d0182119_22175938.jpg


腰回りがすっきりのロングパンツは、3つのカラーを膝下タイトにしました。

ボトムとの重ねばきで秋冬に大活躍します。

無染色のキナリ。
足が透けて見えるほど薄くなめらかな生地です。
d0182119_21543381.jpg

デイリー向けのチャコールグレー。
d0182119_2156939.jpg

そして新色のボルドー。
d0182119_21552174.jpg

もっともっと寒くなってきら、PUENTEのアルパカももひきと重ねばき。
怖いもんナシの鉄板。
うそは言わない。


そして。

新色ビリジアンのペチパンツのみ、裾ミシンをやめて切りっぱなしにしました。

生地端はくるくるっとなるので、通常扱いでほつれることはありません。
右のブルーは端ミシン有りですが、ビリジアンはカットオフ状態です。
d0182119_2264021.jpg

ペチパンツは、スカートや巾広ボトムのアンダーに最適。
膝がすこし隠れる丈なのがポイントです。
d0182119_228719.jpg

次は、胸下NEWバージョンについて。

続きます。
[PR]

by kerokikaku | 2016-10-30 10:10 | BAHAGIA UNDERWEAR | Comments(0)
2016年 10月 29日
BAHAGIA UNDERWEAR/NEWカラーとNEWアイテム
BAHAGIA UNDERWEAR(バハーギアアンダーウェア)。

けろ企画がお届けする、いつものご機嫌なコットン肌着。
ちなみにショーツはナシです。

こちら、雨が降ろうが槍が降ろうが、もちのろんで毎日着ています。
あきもせず。

なかなかな色で、攻撃中。
d0182119_21192419.jpg

タンクトップ類は、Tシャツの下、長Tの下、薄セーターの下に、エブリデイ。
胸パッドは適宜サボります。
d0182119_214879.jpg

さすがに真夏の外出は、パンツ類はパス。
ただし、家ではペチパンツ一丁でうろうろがサイコーです。

それ以外の季節は、履いていないと心もとない。
現在、必須。
d0182119_20515590.jpg

さて。

BAHAGIAの新色があがってまいりました。
ボルドーとビリジアンの2カラー。
d0182119_20201528.jpg

色味があらわしづらいのですが
キウイのシールの色/ザクロの濃い部分の色、です。
d0182119_20202487.jpg

高品質オーガニックコットン、とろりと柔らかいスーピマ綿100%。
冷涼感があるようで、さわるとふわっとあたたかい生地。

ボルドー色は、マチョタンクとロングパンツ。
d0182119_2161338.jpg

ビリジアン色は、ワイドタンクとペチパンツ。
d0182119_20214119.jpg


そして。

NEWアイテムのロングカーディガンが登場です。

ちょい寒に、便利なようにと作りました。
新色2カラー展開です。

オーガニックではないのですが、極薄番手の国産コットンフライス生地を使用。
それを後染めしています。
d0182119_2022495.jpg

ゆっるゆるの、うっすうす。
そしてめちゃ軽い。
d0182119_20225223.jpg

うっかり季節がはずれましたが、
このあと、南の島へ行かれる方へぜひおすすめしたい。

丸めてかばんに入れておけば、心丈夫なおまもりになります。
d0182119_20285213.jpg

朝晩、ぜったいうれしいから。
昼間は日よけ冷房よけになる。

このうすうす加減が、あるようでなかった。

南の島へ、ゆるゆるカーデを持って、いまこそ行かねば。


さらに。

パンツの膝下をタイトにしたバージョンもいくつかできています。
d0182119_20575222.jpg

ちょいちょいわからない程度に、されど、有効な変更をほどこしています。

続きます。
[PR]

by kerokikaku | 2016-10-29 20:10 | BAHAGIA UNDERWEAR | Comments(0)
2016年 06月 03日
試行錯誤という名の その2
先とは別件。

いつものオーガニックコットン、マチョタンクトップのマイナーチェンジ試作版。
d0182119_19718100.jpg

なにが違うかというと、試作のキナリは胸下ラインが2cm下がりました。
d0182119_22452511.jpg

「重力に従っている、もしくはたっぷりサイズのお胸が、ゼンゼンこの中におさまりきらんち」
という貴重なご意見にお応えし、胸パッドのラインを下げてみる。

これにて多くの方にご賛同いただけるといいのだが。
いずれにせよ、寄せて上げて固定、はできません。


それと、ロングパンツのキナリも試作。
攻めカラーのムラサキが、まさかの在庫僅少と言う奇跡はそっと置いといて。

キナリが欲しいと言うニーズにお応えしての試作。
d0182119_1995760.jpg

見た目ぜったいわかんないマル秘マイナーチェンジとして、裾巾を2cmタイトにしました。
生地が薄くゆるいため、履いているうちに裾は伸びる。
洗濯すると何となく戻る。
だもんだから、最初からキムキムの、ぴたっとタイトに仕上げてみました。


そして、こちら問題作。
襟元広めのワイドタンクトップ。
d0182119_1913205.jpg

マチョタンクトップは、Tシャツの襟元から肩紐をのぞかせる想定だが、ワイドタンクトップはその逆。
アウターの襟元から肩紐を見せたくない仕様。

何度も申し上げている、TOPSの最重要コンセプトは
「ノーブラで過ごせるよう、胸パッド用ポケット付」
なんですが。

「どうしたってブラはするんだよね。」
「でも肌着は着たいんだよね。」

わたくし想定外のご意見を受け、画像右が「胸パッド用ポケット無し」版。

なーんもない、ベリーシンプルな、タンクトップ。
最重要コンセプトからのあっさり離脱。
d0182119_19225378.jpg

まじか。
そのまま着たら胸ポチ丸見えですけど、いいんですね、ブラをされるから。

なるほど。
ご意見が、ひとりやふたりではなかったことを大事と受け止める。

素材については間違いなく、ワイドな襟元だし、腰も安定の長さだし。
なかなかあるようで、ないもんですしね。


と、いうわけで。

あーでもこーでもやりつつ、どれを量産するかに頭を痛めつつ、今夏に向けてすっかり出遅れたいま。
全部でなく、試作のうち、どれかを発注かけとります。
d0182119_1928786.jpg

猛暑までには上がってくるでしょう。
鋭意制作中です。

現行の定番品につきまして。
ショップサイトのみで鋭意販売しているのをご存知かしら。
BAHAGIA UNDERWEAR

いくつかSOLD OUTもありますが、あるものはあります。
ないものはすみません。
d0182119_21501943.jpg

操作が厄介、クレカ持ってない、口で言いたい、聞きたい等々。
ショップサイトがご不便なみなさまにおかれまして。

アンダーグラウンドな方法でけろ企画にアクセスしていただければ、随時対応させていただきます。
問合せメールもひとつでございましょう。
d0182119_19381143.jpg

最近、ブログ機能の一環らしく、アクセスの多い上位3位記事のお知らせが、ご丁寧にもある。

拙ブログ内で、どの記事が上位だと思いますか?

正藍型染師田中昭夫?
このバハーギアアンダーウェア?
最新記事?

否。
d0182119_21494361.jpg

不動の1位は、なんと。
パセリのカレー」記事。

はい、おどろいているのは誰よりわたくし。

何年も前の聞きかじりのレシピだし。
でも、聞きかじったお相手がお相手だからねえ。

みなさん、日々のメニューをお探しなんですかね。
こりゃまたどうも。

載せておいてなんですが。
レシピを覚えておらず、作るたびに自分の過去ログをひもといているのも事実。

画像はイメージです。
d0182119_2150389.jpg

[PR]

by kerokikaku | 2016-06-03 21:38 | BAHAGIA UNDERWEAR | Comments(0)
2016年 06月 02日
試行錯誤という名の その1
BAHAGIA UNDERWEAR、おかげさまでデビューから1年ちょっと経ちました。

バハーギアアンダーウェアとは、けろ企画の作っているちいさな肌着ブランドのこと。
肌着とはインナーですね。

ノーブラで過ごせるよう、胸ポチ回避のパッド挿入用ポケットのあるタンクトップ2種&ゆるゆるパンツ3種。

コレぽっきり。
カラーは限られたいろいろ。

薄手の高品質オーガニックコットン。
肌ざわりもゆるゆる。
d0182119_21535472.jpg

BAHAGIA UNDERWEAR一式で、肌着はまかなえるんじゃないかと、まあ、どうなんだろう。
リピーターさんが多いのも、ありがたいこと。

ちなみに未染色キナリは、カラーものに比べてぬるぬる増し増しです。
d0182119_17523970.jpg

昨夏の猛暑もバハーギアでOKだった。
汗も吸うし、がんがん洗って、また着た。

でも正直、酷暑にはきびしかった。
呼吸さえもしんどい、体温以上の気温が数日ありました。
なにもかも、着たくなかった。

一案として。
年に数日は何をどうやっても暑いので、気付かなかったことにする。

もう一案。
酷暑対応版を作る。

ハードル高さブブカ並。
現行の薄手オーガニックコットンより薄い生地を探す。

オーガニックではないが、おじいちゃん肌着を彷彿の、極薄フライスの白生地にたどり着く。
シャリ感のある高撚糸で、生地伸びのいい綿100%。

生地が違えば伸びも変わり、それで型紙も変えた。
あーでもないこーでもないをし、タンクトップとペチパンツを試作した。
d0182119_182497.jpg

この春、有力なモニター各位に依頼し、試着してもらった。

が「着心地、暑いかも」というご意見が多数寄せられた。
なんのこっちゃ、本末転倒。

酷暑に試さないとほんとの結果は見えん、と負け惜しみをつぶやく。
d0182119_1871426.jpg

それ以前の問題が前景化。

胸パッドを入れるとパッドの重みで生地がでろんと落ち、胸環境ガサガサ。
不安定極まりないことが判明。

せっかくの極薄生地がうらめに出た。
あかん、構造的にあかん。
d0182119_1872577.jpg

攻めカラーのムラサキも試作したが、問題はそこではない。
d0182119_188844.jpg

夏場の肌寒回避カーディガン。
どっか製の15年モノ薄々カーデを持っており、夏はまるめてカバンに入れて常備し、危機管理に役立てていた。

それのBAHAGIA版を試作した。
d0182119_18155327.jpg

肌着なのか上着なのか不明のブツだが、この試作が気に入って、寝る前や朝冷えに重宝がっている。
下がスケスケになるけど、それでいい。
d0182119_18171622.jpg

袖元をキュッキュにしたので、これを酷暑にどう感じるか。
来たるべき酷暑を指折り数え、現場検証したい。

というわけで、今年の酷暑には間に合ワンチ決定。
d0182119_18195774.jpg

いわゆるアパレルでは考えられない、のんき商売と言われてもしょうがない。

事件はいつだって机上でなく、現場で起きると信じている。
しつこいんだ、わたし。
あきらめる時は、超っ早だけど。
d0182119_2153386.jpg

続きます。
[PR]

by kerokikaku | 2016-06-02 21:54 | BAHAGIA UNDERWEAR | Comments(0)
2016年 04月 24日
BAHAGIAの
d0182119_20241424.jpg

BAHAGIA UNDERWEARの、いまさらながらフライヤー的なものをつくろうと思い立つ。

なんせ宣伝らしきこと、ほとんどしておりません。
それもどうかと思い、ようよう改心する。

ご存知ない方に。

「BAHAGIA UNDERWEAR」とは、ぬるりととろりとやわらかでくたくたなオーガニックコットンの薄手のインナーでございます。
わたくし、けろ企画が作ってサイトのみでご案内しています(国内で縫製)。

バハーギアアンダーウェア、言いにくい、覚えにくい、そこはご容赦願いたく。

胸ポチ回避のタンクトップがコンセプトだったのに、その限定はさっくり飛び越え、どちらかといえばボトムのモモヒキタイプがおなじみのようです。


フライヤー用に並べて撮ってみよう、と某所へ。

バリ島のWIDYAバティックに特注で頼んだナナメのシマシマ布を敷き布に取り出す。

ピンク×ブルーで頼んだにも関わらず、赤×紺で仕上がってきて、開いた口がふさがらなかった布。
しかも頼んでいない白線も入っておる。
d0182119_20482840.jpg

が、なんだかんだ言って気に入って、あちこちで便利に多用している。
その事実を、WIDYAにだけは口が裂けても言いたくない。
d0182119_2053773.jpg

ここんとこ、撮ったり、編集したり、いじくったり、そんなことばっかりやっている。
トライアルの日々。

何につけ、いつだってトライアル中。
トライアルばっかりやっているうちに、毎度の野良犬拳法ばかり身につく。
役に立つのか、身を助けるのか。
d0182119_2116251.jpg

毎度の別件として、さいきん、ピントが、ほんとに合わない。
近視の進行だと思いたい。
[PR]

by kerokikaku | 2016-04-24 21:17 | BAHAGIA UNDERWEAR | Comments(0)
2016年 04月 01日
自転車工作その2
続きまして。

太いマスキングテープを半分に切って、まーきまき。
d0182119_1222790.jpg

いい感じの角度を探す。
d0182119_122995.jpg

さらに養生する。
きょうの新聞紙、読んでもいない。
付き合いでとっている新聞なので仕方がない。
言いたいことはここでは言わない。
d0182119_125090.jpg

ほんとはペーパーをかるくかけておくと食いつきがよいのだが、まあいいでしょう。
d0182119_1261879.jpg

黒いバーに白いスプレー、ぴーひゃらら。
d0182119_1263438.jpg

白いバーに黒いスプレー、ぴーひゃらら。
d0182119_1264593.jpg

待つ。
d0182119_127283.jpg

待てない。

乾いたかな。
d0182119_1274443.jpg

だからいわんこっちゃない。
d0182119_1275995.jpg

我慢できない。
いやな予感は必ず的中する。

マスキング道には何か大いなるコツがあるのだろう。
ぜったい、いっつもしっぱいだ。

もっとぴっちり押さえるべきだった。
それで合っているのか別の秘策があるのか不明。
d0182119_1281937.jpg

スプレーが中にもれている。
d0182119_1293023.jpg

やれやれ。
タレている。

あまりなダメ箇所を直す。
d0182119_129546.jpg

綿棒にシンナーをつけてちょいちょいするが、あんまりきれいじゃない。
いつもこうだ、またやってしもうた。
d0182119_1210696.jpg

さてどうするか。

どうもしない。
d0182119_12103835.jpg

じーっと見ないことにする。
d0182119_12124468.jpg

とはいえ、スプレー液を筆にとって修正をかける。
d0182119_121351.jpg

これをやる度「マスキングをする意味って何だろう」と気が遠くなる。
最初から筆でやったほうがと思ったりもするが、それについては次回考える。
d0182119_12132587.jpg

ちょいちょいっと。
d0182119_121350100.jpg

養生も甘かった。
d0182119_1214640.jpg

ふきふきする。
d0182119_1214186.jpg

なんとなく、どうだろう。

クリアラッカーを最後に吹いて終わらせる。
ま、遠目には、いいでしょう。
d0182119_12143549.jpg

近くで見てはいけない自転車ということにする。

これにて一目瞭然工作、完了。
広い満車な駐輪場にあって、さすがに見つけられるだろう、わたしよ。
d0182119_20231390.jpg

めったに出さない、くれとも言われない、必要時に持ち合わせていない、持っているだけで激レアなけろ企画の名刺も、このシマシマだったりします。
d0182119_12264622.jpg

このブログのロゴ画像もそろりと変えておきました。
よろず屋感満載の軽トラ、けろ企画イメージ図。
自動車免許を有しない、他力本願な助手席仕様も事実。
d0182119_18494740.png

そう、このナナメ縞。

BAHAGIA UNDERWEAR・バハーギアアンダーウェアのメインデザイン。
d0182119_12273483.jpg

こうなると、ステルスマーケティングなような、ただのマーケティングなような。

おかげさまでぼちぼち好評です。
どうですか?ゆるゆるですか?
d0182119_122932.jpg

BAHAGIAのフォトブック、作っています。

どこかで誰かにお見せできるといいのですが。
[PR]

by kerokikaku | 2016-04-01 12:18 | BAHAGIA UNDERWEAR | Comments(0)