カテゴリ:ものすごくその他( 968 )

2018年 01月 17日
切なる夢
今日こそは、明日こそはと、停滞ブログを気にしつつ。
あれやこれやとフル稼働。

からだじゅうががちがちだ。

うっかりインドネシア大使館で、えらい人らしき方と世間話。
ジョグジャからのお客様が行くって言うんでお連れしたら、どさくさ同席。

帽子ってとらんでも良かったのかな。
d0182119_22042708.jpg
ある日はおしゃれタウン青山で反物担いで大汗をかく。
冬って暑いね。
d0182119_22085489.jpg
いまの夢は、てもみん60分です。

[PR]

by kerokikaku | 2018-01-17 22:15 | ものすごくその他 | Comments(0)
2018年 01月 11日
いいわけ
お返事しないゆえに、年々順調に減りゆく年賀状。
机の奥に置き、目の端に入れつつ。

てか、目の端に入れないようにしつつ。

ご丁寧にすみません、ありがとうございます。
このご恩は何かの折に、という気持ちでいっぱい。
ほんとにほんと。

お返事すりゃいいとわかっちゃいるけど、先送り。
とりいそぎお年玉くじが発表される日まで。
当たった日にゃバチもついでに当たろうもん。

いつもの人からいよいよ年賀状が来なかった場合。
「何かやらかした?」と、日ごろの不徳を考える。

返事をしてない、という明快な理由だけならいい。
伏してお詫びの平身低頭で、返事をしない。

こうやって世間から順調に薄まっていく。
そよ風のようにさりげなく。

ここ数年は、リバマ方面より草加せんべい大箱が送り付けられていた。
今年は届かなかった。

届くと「うひゃあ、こんなに食えねえ」と。
アタマを抱えてしまう量なのだ。
来ないと「ありゃま、ぼけたかな」と。

いいんです。
まったく問題ありません。
リバマ的大容量せんべいは食えない。
食えるもんか。

せんべいこわい。
麦とホップはもっとこわい。

明けてしまえばなんとやら。
昨今は三が日さえ正月っぽくなく、そのくせ連休だなんだでいつまでも正月風味。

些事の積み重ねで、日が暮れ、年が暮れ。
2018年の1/24くらい終わりました。

やれやれ、例のアレでもやるべかな。
今春か、そこら。
機が熟しはじめた予感。

各方面に招集かけんといかん。
腰を浮かして待っとるメンツもおるしな。

しかし「やる人ばっかで来る人おるんか」と。
不安神経症でブルーになる自分の姿が目に浮かぶ。
d0182119_22250481.jpg
ちょっと日が伸びましたな。


[PR]

by kerokikaku | 2018-01-11 22:25 | ものすごくその他 | Comments(0)
2018年 01月 08日
よろすぐ
年末、実家で恒例の。

人肉の生を発見。

運良く、なのかどうか、中身は空。

すでに食べたらしい。
d0182119_18004547.jpg
生がどうした。

ゆでたら良かったのか。

塩漬けはどうか。

はてな。


2年前に作ったクライミングホームUNO宣伝用垂れ幕。
d0182119_18005118.jpg
あの頃に比べて、クライミングだのボルダリングだのの、認知は広まった。

おかげさまでと言うべきか。

今だにわたくしが、登ったことのない。
d0182119_18182688.jpg

2年のあいだに、曲がり角の目印である「サークルK」が「ファミマ」になってしまった。
d0182119_18010049.jpg
やれやれ、と言いつつの工作開始。

お姉ちゃんの、そんなに嫌いじゃないお仕事のひとつ。

白ガムテとカッティングシートとPPテープを駆使の。

貼り終わるところまでの完全納品をしたかったが、間に合わず、郵送。
d0182119_18010593.jpg
耐久性に不安を残すものの、初仕事が完了。
d0182119_18011078.jpg
でらいまさらだけど、こどすもよろすぐ。





[PR]

by kerokikaku | 2018-01-08 18:16 | ものすごくその他 | Comments(0)
2017年 12月 25日
イブにしたこと
今年もあと1週となり、大掃除はしないが小掃除をしてみようと、大ゴミ袋をふたつ用意する。

そこいらに当座で置いた様々なブツを仕分けする。
右のものを左に。
上のものを下へと。

強い気持ちで。
情がわかないように。

結果、不穏なすき間を発見してはブツをすかさず差し込み、角を揃え、みちみちになった。
ゴミ袋に半分もたまらない。
質量変わらず、密度が増した。
d0182119_10475438.jpg
整理の目的は達成したが、取り出すのが困難なステージへと変容。
これが正しいのかどうかを考えるのはやめ、昼から麦とホップ。

ともあれ正月前にさっぱりするのは気持ちがいい。
正月に東京に居たことはないけれど。
d0182119_10474867.jpg
同年代である某名古屋着物ギャラリーの姉妹が「ピンクレディ対決」を挑んできた。
断る理由がない。

年明け早々、名古屋のカラオケ酒場に集合となった。
いとこがやっている店の仕事始め一番を予約した。

ピンクレディズバリ世代なので、歌も振り付けも暗記している。
右手か左手かが怪しいだけ。

でもまあ、ぶっつけ本番は失礼だ。
練習しておいたほうがいい。
マイクスタンドがない場合の対処法も考えよう。

YouTubeで映像を確認する。
当時モノも、現在(まさかの還暦)モノも、たっぷりある。

感心したこととして、振りはだいだい覚えていた。
ビデオのない時代の七不思議。

台所で踊ってみる。
すると、イメージ通り踊れないことに愕然とした。

画像を見ながら上半身でふんふん踊る分には9割方イケる(と思う)。
立って、となるとヘッポコという、悲しい現実を突きつけられた。

そしてピンクレディのレベルの高さをあらためて知る。
踊りが大きいのだ。
イメージをはるかに超えて。

ギンギンにカラダを伸ばして縮んでいる。
現在のほうがキレッキレって、何がどうなってんだか。

はるか小学生時代のチャラ踊りでは勝てない。
うろ覚えの右手左手ではだめだ。
ちゃんと立って踊らないと。

腕を伸ばせば電灯にあたり、足を出せば椅子に小指激突。
左右にとらわれ、よろけて危険。

イメージと現実の差が激しかった。
ぬう。

鉢巻きに鳥の羽根を差し、いっそビジュアルから攻めるか。
衣装で攻めないのが我ながら賢明。
筋を痛め、青タン必至だがやるしかない。

YouTubeを自動再生していると、そのうち明菜ちゃんになり、聖子ちゃんになり、ルビーの指輪になって、いつしかダンシングヒーローを踊っていて、ハッとする。

はて、わたしは今、何の練習をしているのか。
d0182119_12260055.jpg
小掃除して、踊ってあちこち散らかし、ほこりをたてたが、いいイブだった。


[PR]

by kerokikaku | 2017-12-25 11:13 | ものすごくその他 | Comments(0)
2017年 12月 23日
みかん
あと数日しか命がない人がいて、数週前にお見舞いしたもののもう一度行きたくなり、恐る恐る出かけた。

ほんとうに恐る恐る。
ご家族に断らずの、いわゆる無断で。

前のときは、簡単に食べられるものと保湿クリームやらを持って行った。
しゃべりにくそうだったが、それなりに声は張っていた。

肌なんか以前よりよっぽどつるりとしていた。
お土産の封をガサゴソ開けて、嬉しそうにしてくれた。

もうそんな状態ではないだろうな。

いま何かを持って行くのはむずかしい。
悩んだ末、ポッケにみかんをひとつ忍ばせた。

個室に移っていた。
そうか、やはり。

暖房がんがん、音のない、人気もない、日当たりばかりよい、広い個室にひとり。
深く考えないようにする。

そっと覗くと、これ以上ちいさくなれない程ちいさくなっていた。
ああまずい、と思った。

帰ろうとしたが、思い直し、声をかけてみた。
2回目でゆっくり目をあけた。

つらそうだった。
会いに来たと言うと、ありがと、と動かしにくそうな口が動いた。

どっか痛いかを聞くと、ぜんぶ痛い、と小さく答えた。
手をさすってみたが、恐る恐るのへっぴり腰につき、何のマッサージにもならない。
どうしていいかわからない。

みかん持ってきた、と顔の近くに置くと、ゆっくり手を伸ばして頬にあて「冷たくて気持ちいい」と言った。
しばらく頬やおでこにあてていたが、すぐに力がなくなりポトリと落とした。

ご家族の話やいろいろを少し。
みんなに感謝してるんだ、と言った。
やさしい顔だった。

自分の状態は棚に置き、家族のことをこれからもよろしくね、と。
恨みがましさも何もなくて、真っ白で、きれいすぎて、困った。
これがこの人のほんとうなんだと思った。

握手していいかと聞き、手を握らせてもらう。
これほど力のない握手もなかった。

目をつむったので、さよならした。
うんうん、とちいさく頷いたので、終わりにした。

すごーく近いわけでもなく、もう何年も会ってなかったけど、良くしていただいた御恩の忘れられない人。

こんな時に行くもんじゃないとか。
身内でもないのにとか、誰かいたらどうしようとか、もういなかったらとか。
逡巡したが、行ってよかった。
自分本位だけど。
d0182119_17371959.jpg


[PR]

by kerokikaku | 2017-12-23 17:32 | ものすごくその他 | Comments(0)
2017年 12月 20日
お歳暮
いちおう、毎年暮れにはお姑さんに肉を贈っている。

松阪牛では胸やけだろうという高度な配慮の下の国産牛。
同じ予算で量も多いしよかろうもん。
それが正解かどうかは聞いたことはないけれど。

問題は実家の母へのお歳暮。

贈答箱に入ったビールや洗剤や菓子はいらない。
毎年元気に帰省、が一番だろうが、手ぶらと言うわけにもいかない。
一般的な「お歳暮」でなくていいのだ。

肉は近所で調達できるし、どうせ食べるのは私だ。
カニも近くで安く買える。
米は新潟コシヒカリがいつもあるし、酒の味はわからない。

母本人の役に立ち、喜ばれるものと考えると頭が痛い。

以前、エステ券をあげたが「もういらん」と言われた。
口紅も、唇何個分もあげた。
ブレンダーもマキタの掃除機も一度でじゅうぶん。

数年前のPUENTE靴下もまだ新品同様。
毛のものはさんざんあげた。
そして使っているのを見たことがない。
身に着けるものは難しい。

帰省中に、初売りファンヒーターを「お歳暮」としたこともあった。
電源を入れる前に甥の青空くんが上にのって(バカ)、へこませた。

IKEAの羽毛布団は喜んでくれた。
軽くて暖かく、これはいいと。
なのに、わたしが帰省の折に使う布団となっている。

東京銘菓も一度たりとも喜ばれない。
人気店に寒風に並んでみたり、保冷材まんまんで運んだりした。

また欲しいとリクエストがあれば、甲斐もあるってもの。
それはない。
上等のオリーブ油は炒め物に使い、お味は不明だったらしい。

ホームで慌てて買った「東京ばなな」と「崎陽軒のシウマイ」が思いのほか好反応なことが、どうにも悔しい。
頂きものを横流しした「高知の芋けんぴ」、あれは美味かったといまだに褒められるのも。

試されている。

くれとも言われないが、何かあげたくて、しかも喜ぶもの。
自己満足世界の最難問。

多少はぐうの音を出させたい。
つゆほども出さない。

そろそろネタ切れだ。
d0182119_21062022.jpg
スーパー銭湯の「アカスリ券」はどうか、って?

そんなん、とっくに拒否られてます。
「今はいらん」と。
ご自分のタイミングがあるらしい。

西銀座で宝くじ、ってのも済んでます。


[PR]

by kerokikaku | 2017-12-20 21:23 | ものすごくその他 | Comments(0)
2017年 12月 19日
寒い時に寒いもの
灯油が切れた。

指を鳴らせば瞬時に届くシステムでもなく。

凍えすぎて鳴らす指がかじかむ。

ひーはー。

キンキンに冷えた居間で、麦とホップで途方に暮れる。
わたしは今どうしたら。

早よ買えよって話。

そうそう。

あまりに麦とホップを連呼するので「けろちゃん好きでしょ」と麦とホップを差し入れて下さる方がいるが、それはちょっと違う。

いい機会なのではっきりさせておく。

ほんとに好きなのはビールです。
いわゆる第1のビール。

だから発泡酒と比べて倍近くしまけれども、ふつうのビールを差し入れて下さればよろしい。
銘柄は問いません。
第1ならよか。

経済を考え、第3のビールを自宅では愛飲しているまで。
その中では、のとごし極麦その他一切認めず、麦とホップと申しているまで。

わざわざ金麦を下さるのは、たいへん言いにくいことですが、間違いです。

ありがたく飲み干しますけど。

と、ゆうたところでせんなきこと。
d0182119_19002508.jpg
ちなみに母は、ビールが濃すぎるため、あえての発泡酒とか。
薄味好き。

わたしは違うんで。

とか、埒もないこと言ってないで、どげんかせんと。

ひー、ぶるぶる。
d0182119_18562620.jpg
はなもたれてきた。


[PR]

by kerokikaku | 2017-12-19 19:01 | ものすごくその他 | Comments(0)
2017年 12月 18日
楽園なのか
めずらしく中野に降りたので、そうだブロードウェイでも、と。
d0182119_09542870.jpg
その門前、駅から伸びるメインから1本はずれた小道も衝撃的であった。

一杯飲み屋が、これでもかとひしめいていた。

鼻の利かぬわたしさえ当たりと確信の持てる中華系。
ここ、うまいはず、ぜったい。

時代も国籍もようワカランチの路地裏。
20世紀の台湾か香港か軍艦島か。
絶賛営業中で廃墟でなく。

これまでノーマークだったことを反省する。
d0182119_09522763.jpg
後ろ髪ひかれまくった小道を抜け、閉店間際のブロードウェイへ急ぐ。

と思ったのはゲーセンで、2周して間違いに気づき仕切りなおす。

蛍の光が流れるビル内。

まず、何階なのかがわからなくなった。
そして、入ってよかったのかが不安。

細長い複合商業施設の真ん中に階段があり、両脇に通路があり、その通路がところどころ枝分かれし、各階まんだらけだらけ。
シャッターの閉まった店も多く、1階からの吹き抜けも混乱を増長させる。
d0182119_10223227.jpg
一度方向感覚をなくすと、トイレにたどり着くのさえ一苦労。

とりあえず自国。
迷子でもなんとかなる。
d0182119_10121201.jpg
わたしのような部外者と、本気の層との差が激しすぎた。
空気が別物。

本気の層は、大きな荷物をひきずり、一点を目指して汗をかきかき小走り。

もしくは手ぶらで、焦点はあさっての方角。
ゆらりと斜めに揺蕩う、本気層たち。

数十円のレトロ玩具から4桁万円の高級時計まで。
ひそやかにぎゅうぎゅう店もあり、何屋かわからない一見お断り店もあり。

通りすがりとして、どこからもお呼びでない感じが、かえって清々。

入口に「わからなければおじさんに聞いて」張り紙の店。

無駄に思いあぐねるより、さっさと聞いて、買うなり帰るなりせよ、と。
翻って親切だ。
ピンクレディの未開封パズルは、聞かなくてもわかった。

そしてまんだらけ王国の進化には目を見張った。
ここへは20数年ぶり。

マニアなカテゴリをさらに因数分解。
しかも美品にしつらえ済。

ビル内の何コマかは事務所。
スタッフが、全国から届いたらしき段ボールを整理してるのが見えた。

こんなものやあんなもの。
あるってことは、いらなくなった人がいるってこと。
そして、こんなものにはニーズがあるってこと。

自分の浅さは自覚している。
しかし、ひと様やよそ様って人たちは、マントル到達ほど異常に深いらしい。
おしなべて、深すぎる人は嫌いではなく、むしろ尊敬している。

ああすごい。
すごすぎて、ほんの数十分で満腹になった。

通路でキャピキャピじゃれていたおじさま達を背に、脱兎のごとくビルを出る。
だめだ、もうお腹いっぱい。

宝とゴミ。

無用と有用の楽園だった。
そうと聞いてはいたものの。

あるソリューションのかたち。

そこかしこで現在起こっている由々しき案件。
レスキューしてキラーパス、それから。
d0182119_10451800.jpg
何かの教訓になったかどうかは、考えない。


[PR]

by kerokikaku | 2017-12-18 10:05 | ものすごくその他 | Comments(0)
2017年 12月 08日
運用ぶれ
気に入らない、もしくは改訂など。

なにかの理由により、仕事をやり直すことは多々ある。

多々というより日常茶飯事。
恒常的。

逆に、1度でフィニッシュ出来ることはまれ。
無駄とも思われる、誰にも理解されない修正を重ねまくった末、自分の中でやっと良しとする。

いじくりすぎて、美しくなくなる。
結局なんのこっちゃ。

要領が悪いとも言う。
わたしの場合、悪すぎる。

治したいが薬がない。
なんぼ学習してもあかん。

サクサクやる風に見えて、修正多く、要領最悪。

下手にいじらなくてよかったんだよ、あんた。
はっきり言っちゃうと。

時間があると堂々巡りで終わらない。

一番の薬は納期。
どうしたって納めなくてはならない。
リミットがあることで、いいも悪いもとりあえず納り、あきらめもつく。

昨日出会ったこちらのお仕事について。

他人ごとではない。
まるでわたしの仕事みたいだ。

作業者の気持ちが、わかりすぎるほど分かる。

仕上がりなんて、どうでも良かったでしょ。
そんなの、問題じゃなかったでしょ。

気持ち、分かる。
ハグした後でとうとうと説教したい。

一度、俯瞰しろ、と。

自分との謎の闘い。
その成れの果て、なんでしょ。
d0182119_22453446.jpg


[PR]

by kerokikaku | 2017-12-08 14:31 | ものすごくその他 | Comments(0)
2017年 12月 02日
不便

4-5年前だったか。
ミシンが壊れ、パソコンが壊れ、洗濯機も壊れ、TVも掃除機もダメになったあの頃。

うっとりするほどの物入り。

ちょっとした中古の軽トラが買えるってお話。

優先順位が全部すぎる。

どれからやっつけるべきか。

むせび泣きつつ、一気に全部をどうにかし、途方に暮れたあの頃。

d0182119_21040520.jpg
でもまあ、終わってしまえば、あんな時代もあったねと、それっきり。
不便を楽しむ選択肢はなかった。

数日前のこと。

水道料金の請求額に目を見張った。

なんのこっちゃ。
いつもの3倍。

見た目には蛇口きっちり。
しかし耳をすませば、はるかかなたで清らかな水音が聞こえる。

壁の向こう。
涼やかなせせらぎ。

ダダ漏れであった。

ダーダーの漏れ漏れ。
滝行のごとく。

いっそのこと、我が背中にへばりついた邪気も流してほしかった。

漏れとわかったその日から、お湯の出ない生活を余儀なくされる。
あとは工事の日を指折り待った。

お湯のない冬って、けっこうアレだね。
皿の油って落ちないね。
水風呂ってつめたいね。

不便を経験し、便利にあらためて感謝した。
当たり前すぎていまさらだが、経験してはじめて身に染みた。
d0182119_21174687.jpg
同じ頃、大家様のご意向により、プロパンガスから都市ガスへ変更のお知らせ。
まったく異存はない。

高いプロパンから安価な都市ガスへの大改革。
ご厚意に喜ぶ。

しかし、よくよく伺うと、都市ガス専用コンロは店子自身で購入せよとのお話。
d0182119_21205620.jpg
急転直下。

あたいは買ったさ。
少したるみの出た太い自腹で買った。

なんでも言われたら、へーへーするさ。
どんな話もごくんと飲むよ。

この数日でインフラ整備に右往左往。

やるときゃやるぜ。
なめんなよ。
d0182119_22041674.jpg
拙宅は、冷え冷え御殿で暖房設備があやしい。

居間にエアコンてものはなく、石油ファンヒーターは節約事情により点けたり消したり、大忙し。
PUENTEアルパカ完全防備は言うまでもなく。

在宅日はヤマトさんと生協さんとしか出会わないことが前提。
基本はツナギで過ごす。

秋冬は、極寒地向けのもこもこ防寒ツナギで過ごす。
おしゃれとは無縁。
とか言って、青山とかも行ってしまう勇気と厚顔。

でも防寒ツナギは本気で役に立つ。
いままで何人に薦め、買わせたことか。
d0182119_22091459.jpg
加えて20年前のチョッキ。
年季が入りすぎて、フリースがすれて無残だが必須アイテム。
d0182119_22114369.jpg
さらに首巻。
d0182119_22122835.jpg
そして手かせ。
d0182119_22131392.jpg
アンド、足かせの重装備でチンとすまし、自宅仕事をこなす。
d0182119_22413574.jpg
インナーは某BAHAGIA UNDERWEAR装備でオールシーズンね。
すません、これはステマで。
d0182119_22500790.jpg
ここで問題。

おトイレ問題、大浮上。

そのたびに、全部脱ぐ。
便所の前に脱ぎ捨てる。

脱ぐのもそれなりに面倒だが「今そこにある間に合わない危機」との熱き闘い。
死闘的な。

日に数度おとずれる。
ギリまで我慢する我も我。

いろいろが億劫な年頃につき。

全身、かなぐり捨ててのお便所タイム。
せっぱつまると、ほんとにやばい。

レッグウォーマーとBAHAGIA以外、まるっと脱がなあかん。

お見せできない。
見たないやろけど。
d0182119_22272277.jpg
ほっこりもこもこ、あったか装備で過ごす冬。

あらら天然生活。

と、見せかけての不便。

見えないか。


[PR]

by kerokikaku | 2017-12-02 22:28 | ものすごくその他 | Comments(0)