<   2011年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2011年 01月 28日
sedap malam
シヤシンスが長持ちさんだと知り
こんどは白いのを。

シオシガリ。

シツマブシ。

新潟津南生まれの母は
「エ」と「イ」の発音があいまいで
色鉛筆は「エロエンピツ」だ。

チューベローズの白も買ってみた。
d0182119_23224551.jpg












だーから早く撮っておかないと
茶色くなっちゃうってのに。
あーあ。

バリ島に行くと、そこかしこでこの香り。
エキゾチックで妖艶で甘い空気。

いろいろどうでもよくなってしまう魔法の花。

チュンパカやフランジパーニよりも濃い。
夜になるとさらに強く香る。

玄関が一瞬で南国の入り口になった
大寒翌日。
[PR]

by kerokikaku | 2011-01-28 23:24 | ものすごくその他 | Comments(0)
2011年 01月 28日
うろ覚えと10辛
毎度、
ご存知グルメブ・・


あ、さて。

ふだんでもあやしいのに
飲んだ席でのことはなおさら当てにならない。

たまたま御茶ノ水駅で地上乗り換えとなった。
その時ムワっと記憶の煙が立ちのぼってきた。

先日の飲みで同席した方が
再びはまっているという神保町のカレー屋のこと。

このあたりだったよなー。
なきゃないでいいや、と。

《うろ覚えデータ》
●水道橋界隈から南下
●なんちゃら大学の先
●クロサワ楽器横
●エジンバラっぽい国名

あ、あった。

《現実データ》
●御茶ノ水から南下
●明治大学の先
●クロサワ楽器向かい
●エチオピア

惜しかった。

インド風カリーなのにエチオピア。
ややこしい。

覚えていたのは辛さの倍数。
1から70倍まであり、彼女は一段ずつ上がり
やっと10まで行ったそう。

ならば私も10倍で。

口に入れた瞬間はまだまだいけると思うのだが
徐々に口中がひりひり来る。痛くはない。
涙目の数歩手前。
8倍くらいでよかったか。

苦っ辛いのはゴメンだが
こちらのはしっかり煮込まれたルーで
滋味深く食欲をそそる。

うちで使っている茶碗の3倍量のライスにたじろんだが
結果的にルーとライスのペース配分も成功。
d0182119_2254995.jpg












じゃがいも一個もついてくる。
きれいに平らげた。

その後がおだやかでない。

店を出てすぐ
「あー小腹減ったなー」と
エチオピア最寄りのコンビニに立ち寄ってしまった。

それはもう、無意識に。

コンビニ内でハタと立ち止まる。
あれ?さっきテンコ盛り10辛カレー食べたんだっけ。

なのにペコペコだ。

店内最高カロリーっぽい
きな粉ねじねじ棒1袋を買い
すぐに空ける。

10辛だから瞬間的に代謝が良くなったのか。
胃袋が新しい境地へと跳んだのか。
何の意味だか、効果覿面だった。
[PR]

by kerokikaku | 2011-01-28 22:58 | ものすごくその他 | Comments(0)
2011年 01月 27日
ヘラ、どこ?
どうも。
ご存知グルメブロ・・
d0182119_21562144.jpg









タテヨコななめ、
もうこれ以上こそげられない。
[PR]

by kerokikaku | 2011-01-27 21:58 | そこそこその他 | Comments(2)
2011年 01月 27日
粗食公開
ザ・朝食な晩ごはん。
ご存知グルメブログ:けろ企画です。d0182119_21354675.jpg













パリパリに炙った「はんば海苔」に少し湯を足してやわらかくした後
おかかをまぶして醤油をたらし熱い飯と一緒にかき込む。
磯の香りがぷんと鼻に抜ける。
「この時期にこれを食べないと気がすまない」
と、伊豆っ子は言うそうな。

汁はあげと豆腐と舞茸。
三鷹村の生協屋からの九条葱も放り込む。

十日町の乾燥ぜんまいの煮たの。
吉祥寺村の姑の漬けた白菜漬け。
「麦とホップ」が彩りとなる。
大寒の御納戸色の空に雲が流れていた。


すっかりお気づきだろうが、ただいま読んでいるのは
ザ・池波「剣客商売」。

テキトーに読んでいるので
大治郎が三冬に出会う前だったり、
小兵衛とおはるが新婚ほやほやだったり。

60越えた老剣士小兵衛が
40ちがいのおはるを相手にやにさがっているのが、
なかなか良いのだ。
[PR]

by kerokikaku | 2011-01-27 21:32 | ものすごくその他 | Comments(0)
2011年 01月 26日
ラッパ
情報として
本日のスカイツリー。
d0182119_20101199.jpg












久方ぶりに望んだらば

アタマにラッパが乗っていた。
[PR]

by kerokikaku | 2011-01-26 20:11 | ものすごくその他 | Comments(0)
2011年 01月 26日
はんば
グルメブログの様相を呈してまいりました
けろ企画。

伊東から届いた
ぱっと見、そんなにスゴそうには見えないもの。
d0182119_20154166.jpg












調べてみると、どうやらこの時期の逸品らしい。
好きな人にはたまらんらしい。
こちとら、お初です。

アブって揉んでパラパラにしておかかと醤油をひとたらし。
のちほど検証といたしましょう。

「けろ」はできましたら平仮名でお願いいたします。
[PR]

by kerokikaku | 2011-01-26 20:06 | そこそこその他 | Comments(0)
2011年 01月 26日
うまいもの
苦手なものは、うまいもので克服。

たとえば「わたしエビきらい」というと
「けろは美味しいエビを食べたことがないからだ。 いっぺん美味しいの、食べてみ」と
よく指南された。

そのたびに、アラ、何でしょう。
うっすら、ほんのり、じわっと、ムッとする。

ええ美味しいの、食べたことございませんけど、何か的な。
そういう思考がそもそもあほなんですけど。

で、「だまされたと思って食べてみ」も
何度も何度も「だまされ」て。

だいぶ大きくなって、
人の言うこともまぁまぁ素直に聞けるようになり、
いや、ちがうな。
そうじゃない。

期待せずに入った金沢の一杯飲み屋で
フツーに「とりあえず生」。

そしたらば、
フツーの生が超美味かった。
なんちゃらプレミアムじゃなく、ごくフツーのビール。

注ぎ方だった。 
驚くほど味が違ったのだ。

くわえタバコでTV見ながら注ぐ大将ひとり。
汚なシュラン3ツ星以上、カウンター7席のその店で。

まずは小鉢をつつく。

ありゃりゃりゃ。
あたくしってば、名店に入ってしまったのかも。

意を決し、けろの大冒険。
エビ様なんてものを、生涯初、自ら頼んでみる。
油っこくて苦手な寒ブリの刺身も頼む。
ぜったい食べないサヨリもいっちゃう。
かつて何度も後悔させられたレバ刺しも、ここでいっとこう。

以来金沢へ、もし2泊だったらそこへ2晩。
3泊だったら3晩とも通う。
またぁ?と呆れられたとしても。
保守追求派。

メニューは日によって10品かそこら。
反復横とびは、ここでは嬉しい運動だった。

いかん、唾がたまる。

去年そこのカウンター越しで「はじめまして」をした
朝ちゃんの弟さんのお店、西荻窪のらぼう。

とんでもなく素晴らしいです。
d0182119_19562557.jpg













野菜ってこんなに美味しいんだ。

野菜も魚も肉も米も、どれも生産者の顔のわかる新鮮な食材。
おなかがはちきれそうなのに、いやな満腹感はない。
どんどん入る。
昨夜ラストの炊き込みご飯2杯はどこへ入るのか。
その後の甘味も。

お店のみなさん全員、気遣いも細やかでありがたい。
なんでこんなにすがすがしく気持ちの良いオシゴトぶりなんだろう。

こちら、西荻窪のらぼうさん、
野菜の好きな方にはもちろんだけど
野菜嫌いな人にいいかも、と思った。

目の色変えてもりもり食べるよ、きっと。
[PR]

by kerokikaku | 2011-01-26 20:04 | 情報として | Comments(3)
2011年 01月 26日
2DAYS
そしたらまぁあろうことか

いや、あっていいんですけど

表参道でずらり並ぶポスターを発見。

まさかこんなメジャー風取扱いだとは、
失礼ながら思いもよらず
朝から腰を抜かして出勤した。
d0182119_19233239.jpg












帰路で渋谷駅でも発見し、腰、抜け抜け。

そうですか、談春さんのお隣ですか。

談春さん、誰かに似ているとずっと気になっていて
わかった。

ウチの鍼灸のセンセイだ。

マイナス15kgくらいのところで。
[PR]

by kerokikaku | 2011-01-26 19:29 | 情報として | Comments(1)
2011年 01月 24日
王と玉
久方ぶりに菊地様のブログを拝読したら
神社の話が載っていた。

新宿の鬼王神社。

「神道も仏教も、半ばインターネットみたいなところがあります」というくだり、
ストンと納得した。
d0182119_19475842.jpg
















めったに足を踏み入れることのない
にぎにぎしいかな、あちら方面にでかけたので
せっかくなので寄って拝んできた。

鬼の王様。
ヒュー、どらかっこいい。

最初は鬼「玉」と読んでいた。
「のりたまみたい」と無邪気に思っておったぜ。
現場で確認。鬼王(きおう)神社。

渋谷の金王さまも、「王」と「玉」をまつがえて読み
えらい恥をかいたことがある。

トラネコボンボン刊の動物新聞内4コマまんが「百獣の玉タマ」は
「王」でなく「玉」なんだな、これがまた。

区役所どおり、道すがらのバッティングセンター。
平日昼間にもかかわらず
パコーンパコーンと快音がなっていた。
d0182119_19505438.jpg












構えている選手が、誰だかよくわからないが
時代的に張本っぽい。
喝!

この地域に最高に似つかわしい、相棒。
d0182119_1952755.jpg












ミッチーけっこう好きです。
わたしもベイビーに入れとくれ。
同年代として勇気を感じる。

話戻って、
菊地様の年初の御言葉はすばらしい。

奇麗で粋で野蛮な馬鹿にアッパレ。
[PR]

by kerokikaku | 2011-01-24 20:01 | そこそこその他 | Comments(2)
2011年 01月 23日
出前鍼灸
他力メンテは
よろしい。

青梅街道ひょいとわたった中国整体ゴキゴキや
東シナ海をわたってバリ島ボカシスパ。

アカスリも、
ぺっとり塗り固まった角質の除去なので、メンテか。

爪ケアも、
ガサガサに粉を吹いてしわがれた指先を整えるので、メンテか。

こう並べたてると、カラダにお金と時間を相当かけてるみたいで
セレブリティなにおいがしますが、しないですか?

成果がこんな按配なことですし
否定しませんが肯定しにくく。

本日は鍼灸。

出張鍼灸師のセンセイが来てくださる。
都内近郊ならどこへでも。

一緒にとろろ汁でごはん3杯流し込んだあと、
ベッドに横たわりなされるがまま。
d0182119_2293891.jpg












2時間ちかくカラダをいじってもらいつつ四方山話という時間も
これまたいいものだ。

長年診ていただいているので
「ここのエクレアが」とか「ブラックホールが」などと符牒で箇所を示せる。

鍼からひっぱり出される邪気のことを
「いまパスタ出たの見える?」「きしめんじゃないの?」とか。
オカルティックだが、どうかな。そうかな。

こう弁明すると余計にうさんくさいですが
ぜんぜんこわくありません。
むしろかわいい。やわらかい。くまちゃんっぽい。
見た目の話。

急激にいきなりシャキーンと治るってもんでもないけれど
なんか気が晴れるような、すっきりするような。
翌日からがラクになるような。

体が固まってくると「あ、鍼、鍼」と思うので
やっぱり効いているんですよ。


人さまの邪気を拾いあげてメンテし歩く商売なんて
寿命が縮みそうだな、と常々思う。

自分はどやってメンテしているのか。

お祓いだそうだ。

あぁ、納得。
神様に祓ってもらうのが
そーだよねー、いいよねー。

彼は神社フリークでもある。
主要な神社には日本全国詣でている。

この正月は三重の椿大社へ。
なんだー、ゆってよー、近所におったやないの。

お伊勢さんは神様の総本店だが、
椿さんは伊勢ノ国でイチバンえらい本店。

相模ノ国の本店である寒川さんで「八方除」のお札を求め、にわか神棚に飾っていたら
「うーん、これはちょっとちがうかも」ってダメ出しされた。

天照とか神社のお札は神棚に、
八方除は柱とかに、だって。

えー。神社のお札、買わなかったもん。
そうすると神棚空っぽになるもん。
気はココロだってばー。

じゃ、まいっかだって。
おゆるしいただいた。

そうだ。
けろ企画で鍼灸イベント、ありかな。
お試し15分1000円とか。

だれかやるかな。
やろうよ。
[PR]

by kerokikaku | 2011-01-23 22:28 | 情報として | Comments(2)