<   2011年 02月 ( 42 )   > この月の画像一覧

2011年 02月 28日
けろう
どうしよう。

楽しみになってきた。

d0182119_1256356.jpg















たろうじゃなくって
けろ企画のこと。
[PR]

by kerokikaku | 2011-02-28 12:57 | けろ企画 | Comments(2)
2011年 02月 26日
講座空転
ようやく重たい腰をあげて
インドネシア講座なるものを受講しようと思った。

チャラチャラとバリで遊ぶ分にはそんなに不都合はないけれど、
それは長年のバリ友に甘やかされているからであって
地べたイ語族がやっと改心した。

ここはひとつ、入門コースでゼロからたたき直してもらったほうが
身のためかと。

でも入門コースはABCからかー。
ひとつ上の初級コースでもいいかな。

なーんてえらそうにフフフのフン、と
上智大学春期講座のパンフを取り寄せてみた。
d0182119_185057.jpg












日程を見てがっかりする。

現時点で13回のうち4回は
すでにシゴトで行かれないことがわかっている。
このあと間違いなく数回は追加で行けなくなるだろう。

2002年頃だったか、ヨガが流行りだした頃にコースに登録した。
10回のうち6回は行けなかった。
気を取り直して別コース。これも半分は行けなかった。

いずれも先払いですけん。
気が萎えてもいいですか?

ふだんは残業しない主義だし、休みはしっかりとっているのだが
イレギュラーが単発的に定期的にぽつぽつあるのだ。

シゴトのせいばかりではないと断っておきます。

けろは忙しいという風説は風説である。
たいがいひまだ。
寝てばっかりいる。
きょうも一歩も外にでていない。

同曜日/同時刻に半年間通うのって
なかなか難しいと思うのだが、そうでもないのかな。

わりとみなさん習い事をしている。かけもちだったりね。
強い意志を持って時間をやりくり確保しているんですよね、きっと。

いいなー、すごいなーと思う。
やっぱわたしは意志が弱いのかもしれん。
そうやって言い訳ばかりしているから
いつまでたってもいかんことも知っている。

そんなんわかっとるもん。

しばらくはCINTAを観て
ひとりで萌え萌えするのだ。

いいもん。
[PR]

by kerokikaku | 2011-02-26 18:32 | ものすごくその他 | Comments(0)
2011年 02月 26日
ぬれた肉
サンフラン在住のイラストレーターさか井美ゆきさんが
1年半に1度帰国される折には、嬉しいことに
たいがい一杯やらせてもらっている。
今回は新宿タカシマヤでのイベントに参加されている。

以前、食べ物の好き嫌いを聞いたときに
「ぬれた肉が嫌い」とのたまわれた。

英語圏にお住まいなので、この日本語訳はダイレクトだ。

たとえば、しゃぶしゃぶ・鍋・スープに入っている肉らしい。
ウエッティなミートである。

たしかに「ぬれた肉」はキョロキョロしていて気持ちが悪い。
そう言われると、わたしも苦手だわ。 いっしょ、いっしょ。

以来「わたしもぬれた肉は苦手」意識が強まり
鍋や煮込みに肉を入れるときには、必ず一回炒めつけて焼き目を入れるようにしている。
そうすると油も抜けてカリカリと香ばしくなり、おいしくいただける。

数日前にさか井さんとタイ飯屋に行った。

トムヤムクン麺に入っていたチャーシュー状の肉を見て
「これぬれてるからけろちゃん食べな」と言われた。

チャーシューって焼豚やし、焼いてあるし。

「でもぬれてるやん。」

ああ。たしかに。

焼いてから、汁にぬらしてあるわ。

「一度焼いて」あれば、てっきりその後はぬらしてもいいのかと思っていたが
そうではないらしい。

完全にわたしの誤訳だった。


ひとの好みには驚くことが多い。

ちなみにわたしはエビが苦手だが味は大好き。
かっぱえびせんもエビエキス満載のラクサも大好物。

カマボコみたいな食感が嫌なので、エビ入りのラクサを頼んでおいて
「トッピングのエビを入れないでください」と伝えると
へんな顔をされる。

そのトムヤムクン麺には見栄えの大エビが乗っておらず
細かいサクラエビがちりばめてあった。

ああ、手間がかかる。
一点豪華なら話が早いのに、経費節減やろうね。
残念ながら、サクラエビはジャミジャミして喉にひっかかるのでもっとダメなのだ。
お好み焼きとかね。

さか井さんは「何ソレ、わけわからへん」と言いつつ
エビを自分の皿へレンゲで全部すくい、こちらへ全焼豚をとりわけてくれた。

好き嫌いが言えているなんて、平和な証拠だ。

わたしは「焼いてからぬらした肉」はダイジョウブなので
きょうも焼いてからぬらすのだ。
d0182119_17132898.jpg
[PR]

by kerokikaku | 2011-02-26 17:26 | 情報として | Comments(0)
2011年 02月 26日
保存再失敗
だから

ちゃんと保存しないと
だめだって

あれほど言ったのに。

センセイ方に教わりながら
上手にむけたウサギとシラサギ。d0182119_12585639.jpg

















一週間たつと
こうなっちゃうってば。
d0182119_12592737.jpg
















タコじゃないんだってば。
d0182119_13214983.jpg















言うこときかないからヨー。

これって
万国共通で出来るよね、と話をした。

だいたいどこにでも皮をむく果物はあるもの。

優秀でむきやすい材質の皮は
日本のみかんがイチバンかも。

どうだろう。

海外在住者さまからの
現地レポートを待つ。
[PR]

by kerokikaku | 2011-02-26 13:09 | ものすごくその他 | Comments(0)
2011年 02月 25日
春一番
関東で春一番が吹いた。

ぬくたい一日でした。

固まっていた筋肉もゆるみました。

一気にたんすの毛モノが目障りになり、
「今週末は衣替え!」キブンが盛り上がりましたね。
勇み足倶楽部に入部したくなりましたね。


待て。

部長から言わせると、そりゃシロウトの勇み足ってもの。
春一番のあとは、ふたたび冷えるのが定説。

もそっとお待ちなさい。

気持ちは春でいいんです。
光も春。
新たかでいいものだ。

ただもう少し、がまんなされ。
悪いことはゆわん。
毛糸のパンツもまだそのまま置いておきましょう。
d0182119_22421126.jpg















ただし、花粉対策だけはしっかりと。
[PR]

by kerokikaku | 2011-02-25 22:45 | ものすごくその他 | Comments(0)
2011年 02月 25日
ニャンゲッツ
ニャンドゥティ

言えた言えた。

あしたまで覚えていられるかニャン。

バーニャカウダ。


中でもいちばんすばらしいものを

なんのためらいもなく

ゲットさせていただく。
d0182119_22252289.jpg
[PR]

by kerokikaku | 2011-02-25 22:26 | 情報として | Comments(0)
2011年 02月 25日
ちょいみせ2
なにをやるのか
けろ企画。



わたしにも、見えません。



軽トラが見えます。

無免許運転に、見えます。
d0182119_2220744.jpg
[PR]

by kerokikaku | 2011-02-25 22:21 | けろ企画 | Comments(0)
2011年 02月 25日
毒蝮情報
ヨミ画伯からのご投稿。


江東区佐賀町会館掲示板より。

三ちゃんからババアとあえて毒づかれたい皆々様、
必見必聴。

月曜、10時27分、きっかりに
お越しください。

吉野商店は佐賀町にあるお米屋さんです。
d0182119_22133971.jpg
[PR]

by kerokikaku | 2011-02-25 22:16 | 情報として | Comments(2)
2011年 02月 23日
贈答品
わたくし、2月という月は忙しい。

実家のみなさま6人中4名様の
誕生日が2月半ばに超集中。

うち2名様が男子なのでVDも考慮。

いまや全国の誰一人わたしの誕生日を正確に覚えている人も少ないご時勢ですが
(お気遣いのうえご祝辞いただいたとしてもビンゴの方は1%に満たず。
日にちどころか月さえ違うこともあり、これでは年中おめでたくなること多々でありがたすぎる)
わたしは林家的に人の誕生日を忘れない。
いっそ忘れても忘れてくれてもいいんだけど。
ほかのことに有効にメモリを使わないと、いよいよ本格的に危険水域でまずい昨今なのだが。

そんなわけで毎年お祝いの品に悩む。
悩んでもしょうがないので、お子様たちにはダイレクトにたずねる。

「クライミング用の液体チョーク」といった、
なんのことやらさっぱりな大変マニアックなリクエストにも
最近はネット検索により応えられるようになった。
d0182119_23225415.jpg















母が困る。

モノはいらない。あげても使いきれない。旅行もさんざん行っている。
お祝いの手紙だけっていうのもなんだか。

そこで今年は趣向を変えて用意した。

エステ。

日にちの予約がいるので先に母に伝えたところ
「ひえー、いらんいらん、そんなすごいの、よう行かん。」とたじろがれ固く断られた。

お試し価格いまなら3900円。とってもライトなコースなのである。
遠慮には価しないし、1時間だけ、最寄の駅ビル内、もう予約しちゃったし、と
カマをかけたらシブシブ受け取ってくれた。

ほんとうに行ったのだろうかと、当日妹に確認すると
「わざわざ昨日パーマをかけにいき、今朝も早くから出て、もう家には居ない」そうな。

にやり。

終了後、母から電話があった。

高い化粧品や回数券を買わされることもなく上手に逃れ、
鈴鹿山脈を望む高層階にて極上の悦楽を十二分に満喫したようだ。

エステ後、何も知らない友人宅へそのままのスッピンで行ったところ
「あらーさすがいつも若いねー。肌がツルツルやねー」と言われ
まんざらでもなかったらしい。
というか、たいへんな喜びようだった。

そりゃまたタイミングのいいコメントを享受したものだ。

費用対効果としても満喫成果としても、ひとまず最大級である。

毎年コレ、と思ったが
残念ながらこのお試しコースはお一人様人生で1回こっきり。

そりゃそうですわね。
[PR]

by kerokikaku | 2011-02-23 23:32 | ものすごくその他 | Comments(0)
2011年 02月 23日
ゆしま
寒いけど

暖かくもあり

暑くもあり。

都内って暑い。

建物とか駅とか電車とか、
やたら汗をかきかき移動の春待ち寒中。

梅も咲いたし

絵馬もたわわ。
d0182119_22432224.jpg
[PR]

by kerokikaku | 2011-02-23 22:44 | ものすごくその他 | Comments(0)