<   2014年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2014年 01月 31日
手前味噌仕込み 2
一晩しっかり大豆を水に浸した。
芯もナシ。
d0182119_1740815.jpg

では、煮ます。多いので2回に分けて。
以前はこのホーロー鍋のまま長時間煮ていたが、空白の3年間に圧力鍋が登場したのだ。
あっさり20分で完了。
d0182119_17425454.jpg

前は何時間煮てたんだっけ。
ガス代を気にしつつ、夜中までの大騒ぎだったっけ。

煮えた大豆をつぶす。
これが大作業。
力も要るし、豆が飛び散る。
大豆をビニルに入れてビンで叩き潰そう、と覚悟を決めたところでハタと気づく。

毎朝のヤミジュース用ハンドミキサーなるものがあるではないか。
d0182119_17443849.jpg

手も汚さず、力も要らないスマート潰し。
3年とはひと昔以上であった。
風情がないのがたまに瑕。
d0182119_17521617.jpg

なんと、隣で圧力鍋がピーピーと非常音を出しはじめた。
d0182119_17531338.jpg

悲鳴と共に鼻ちょうちんも。
d0182119_1753424.jpg

口から泡。
いつ暴発してもおかしくない状況に、引けた腰で近づき火を弱める。

だましだましの20分間。
とりあえず爆発は免れた。

ホジホジ検証の結果、大豆の皮がまさかの大漁だった。
きらいじゃないです、再。
d0182119_18434799.jpg

先に糀と塩を混ぜておき(左)、潰した大豆(右)を合わせる。
d0182119_18335622.jpg

はじめはヘラで恐る恐る、そのうち素手で泥んこ遊び状態へ。
ぬるくて気持ちいい。
d0182119_18333075.jpg

お団子を作り、アルコールできれいに拭き清めたカメに詰めていく。
d0182119_18361856.jpg

どうもおかしい。

お団子が異常にやわらかく、水っぽい。

おじや、オートミール、きのうのシチュー。

いまさら水分を減らすことは出来ない。
あうう。
d0182119_18375596.jpg

不安団子を詰めて、表面を平らして重りを乗せる。

塩を重りにするのが我流。
ジプロックでぐるぐるにしても浸透圧で必ず漏れる。
なのに我流続行とはいかに。
d0182119_18392445.jpg

妹が金魚印ソーメンを入れてきたジプロックを再利用する。
きびしい指摘をすると、前川さんは金魚印じゃないですから。

小さいほうのカメの重りの塩が少し足りない。
あと500g位欲しい。

手ごろな本はないかいな。
「鬼平犯科帳」と「ものぐさ精神分析」が候補に挙がった。

悩んだ末に「ものぐさ」3冊にする。
なんてったて同じものが4冊在庫というミラクル本。
d0182119_1845011.jpg

しかし、カメに文庫本サイズは入らないという悲劇に見舞われる。

見つけた。
マイ必需品、唐辛子ストックが重さも大きさもベストであった。
d0182119_18523358.jpg

なんのこっちゃかわからないまま、まいっかとする。
2つのカメをぴっちりしめて、完了。
d0182119_19252099.jpg

小さいほうのカメは何かはみ出てますけど。

総評として、圧力鍋とミキサーの活躍により、歴代最短で楽ちんな仕込みだった。

それでも2-3時間はかかる。
かけただけの成果はきっとある。
手前味噌は贔屓目も込みで美味しい。

不安団子もきっと。
[PR]

by kerokikaku | 2014-01-31 19:30 | ものすごくその他 | Comments(0)
2014年 01月 30日
手前味噌仕込み 1
へこたれつつ、くじけつつも、やはりしつこい、けろ企画。
さそり座のAB型との関連性は。
インナー企画再編に向け、まだズルズルやっている。

用尺を使うからコスト高に拍車がかかるわけだ。
ならばと思い切ってデザインを変更してみた。
真冬にマッパで試着を繰り返し、まあいいんじゃない、というところに来た。

続いては生地の問題。
素材&組成&番手、ピンポイント検索が災いしてか、見つからない。見つけられない。

ああ、あの生地、やっぱり良かったなあ。
めっちゃ高かったけど、やっぱり良かった。
で、追い打ちで廃番ですかい。

るるる。

と、遠くを見ているうちに、味噌の寒仕込みの時期になった。
毎年せっせと仕込んでいたが、2011年を最後にやめていた。

冷えと湿気がきつい拙宅の構造上、食べられるまでに2年を要する。
その間は間に合わないので、市販味噌でしのぐ。
モチベーションが下がってやめていたが、さすがに2011手前味噌が底をつき始めた。

だめじゃないか。
いま作っても食べられるのは2016年。
むこう2年は市販味噌じゃないか。

るるる。

2016年のわたしよ、待ってておくれ。
d0182119_2042853.jpg

以前は生協で一式を手配していたが、さいきん生協を変わり、そちらでは売っていなかった。
どこでも買えると思っていたが甘かった。
大豆・糀難民。

サイトを調べるとそれなりに出てきた。
味噌屋ごとに大豆・糀・塩の配分がずいぶん違うのだ。
2:2:1だったり、1:2:1だったり。

なんだか分からなくなり、テキトーに味噌屋を選ぶことにした。
テキトーとは言え、アラカルトで販売しているサイト限定(だって、塩はわざわざ買わなくてもあるから)。

テキトーながら、今回の決め手は店名。
この話は最後に。

さきほど大豆と糀が届いた。

今回はちょっと甘目の味噌にしよう。
大豆1kg:糀1.5kg:塩0.5kg=仕上がり約4kgでやってみる。

まず、大豆を浸す大きい容器を用意する。
これには、いわくが少々。
d0182119_20175814.jpg

完全にオフレコだが、このホーローは足湯用。
いえ、あの、今はその用途には使っていません。
1-2回足湯に使い、「てゆうか、このままお風呂に入ったらいいやん」と気づき、無用になった。

無用とは言え、現在は麦とホップの空缶入れ容器だったりして。
あ、ダイジョウブ。
ちゃんとキレイキレイ済み。
d0182119_20265245.jpg

何、このビニルの大豆?
d0182119_20231334.jpg

乾物コーナーに置き去りだった、使いそびれ大豆。
きょうの佳き日に、2014味噌への参加表明するとのこと。

まぜるな危険、でないことを祈ってみる。
d0182119_20241132.jpg

あれ、色だいぶ違うな。
誰も見てへん、わからへん。
えーわ、混ぜたれ。

そして大豆を洗う。
d0182119_20281039.jpg

結構な色のおつゆが出る。
きらいじゃないです。

水を4-5回替えると澄んできた。
d0182119_2029936.jpg

なんだろう、懐かしいこのキモチ。
小学時代の色覚検査が思い出される。

では一晩置いて明日を待つ。

さて、なぜこのサイトに注文したか。
富山の南日(ナンニチ)味噌。
d0182119_20373923.jpg

長野出身だった祖父の旧姓が南日(ナンピ)だったから。
決め手はそんな個人あるある。

ナンピ家はもともと富山だったと聞いたことがある。
富山ナンニチがいつどこで長野ナンピに変化したかはよく分からない。

ともかく、明日を待つ。
[PR]

by kerokikaku | 2014-01-30 21:47 | ものすごくその他 | Comments(0)
2014年 01月 27日
みかんのむきかた2014
以前の投稿を確認すると、2010年末だった。
一大ブームより早や3年。

この冬もむきましたか?

むきませんでしたね?
忘れていましたね。

かくいうわたくしも、ふつうにむいてポンと口に放り込んでおりました。

"きみは、まだむくだけでまんぞくなのか!"
今となってはこのキャッチコピーに恥じ入る思いだ。

むきかたワークショップにも参加し、「あたらしいみかんのむきかた:小学館」を二冊も購入し、しかも著者・編集者共のサイン本にもかかわらず。

さて、さきほど伊豆よりみかんが届いた。
d0182119_104226.jpg

上から、だいだい・ネーブル・レモン・黄色いのがはるか・下段はふつうのみかん。

久しぶりに腕が鳴る。

むき器を使って、ていねいにむいた。
d0182119_1046911.jpg

どーよ。
まだまだ若いもんには負けません。

と、いうのはウソ。

奇跡的なタイミングで、きのういただいたのだ。

何を?って。
みかん皮ストラップを。
d0182119_10473485.jpg

ウワサには聞いていた。
ミラクルなリアルさでみかん皮の質感が再現されている。
d0182119_10491647.jpg

これだと菌が繁殖せず安心だ。
[PR]

by kerokikaku | 2014-01-27 10:59 | ものすごくその他 | Comments(0)
2014年 01月 26日
HPE News 号外 2013.Dec
ラオスの谷さん直筆のエアメール、HPE News 号外 2013.Decが届いた。

切手トリップ。
水牛の角でグビグビっと高床。
d0182119_2033638.jpg

そもそもHPEはホームページもなく、もちろんツイッターたらFACEBOOKたらいうSNSもしていない。
DMとファンの口コミだけの古式ゆかしい販促活動。

時代に逆行というより、時代を無視。
なんでやらないの?せっせとやらなきゃだめよと、散々言われてきたことだろう。

そんな時間があったら作りたい、そういうの苦手だし。
対外的にはそんなところ。

きっと谷さんは、今のやり方以外(以上)のことに興味があまりないのだ。
やれと言われたら「舌かんで死んだほうがマシ」くらいの放り投げっぷりだと思う。
もし違ったなら超失礼。

でも今のやり方で正解なんだろうな、と思う。
こうやって直筆のエアメールがたまーに届く。
小粒でピリリなアプローチがにくい。
やたらにアプローチをしないアプローチ。

モノがいいのは大前提。
それを求める熱量の高い皆様が、ジリジリとアンテナを張って待って、探して、見ている。

だからこそ、次もいいモノを作る。
けっして裏切らないその努力たるや。

シンプルな構図。

わたしの目の黒いうちは勝手に販促活動してよろしいか。
公認からはずされんようにせんといかんですな。

さて、日本は寒いです。
HPEの服はまだ着られないですが、布巾とコースターと風呂敷(反物を買って手縫いした)は年中ヘビーローテーションです。

春の展示会をまた楽しみにしています。
」の続きもジリジリ待っとります。

HPE News 号外 2013.Dec
往く年2013 来る年2014 に向けてのごあいさつ

d0182119_1953433.jpg

タイトルをクリックすると、画面がこんな風に変わります。
HPE News 左上の印の虫眼鏡ツールを使ってお読みください。
d0182119_20193615.jpg

[PR]

by kerokikaku | 2014-01-26 20:16 | H.P.E | Comments(0)
2014年 01月 25日
へこみインナー
どう、最近、何やっているの?と問われれば、
うん、最近、へこんでる、と答えるだろう。

例の、例の、けろ企画インナー制作
真夏対応の薄手生地、ブラなし対応、胸が透けないタンクトップ型。

ちまたの化繊ブラカップが蒸れるので、コットン製で考えた。
洗濯のたびに見失わないよう、元生地へ貼りつけ方式にした。

牛も亀も見捨てそうな歩みではあるが、1年近くかけて生地をあれこれ試し、カタチも試し、こんなん作りたいという見本を自作。
それを元に、工場へサンプル依頼というところまで来た。
それが昨年末。

そろそろサンプルが上がり、OKならばモニター用に複数作り、その後製品化かと。
d0182119_9412267.jpg

工場さんより電話が鳴った。
サンプル、出来たかな?

いや、違った。
確認の電話だった。

このまま行くと、コストが結構なことになると。
そしてこの生地、実は廃版になると。

生地はあれこれ試しただけあって、ついつい最高のものを選んでしまった。
生地の素晴らしさとコストは比例し、需要は反比例。売れにくいらしい。

ただし、染めていない生機(キナリ色)なら継続すると言う。
インナーと言えども、肌着然とした見栄えは考えていない。
染め生地が欲しいとなると、数反制作のコストはこちら持ちになる。

それでも大丈夫ですか?と問われた。

工場さんも大いなる不安を感じ、サンプルに入る前に連絡をくれた。
浮世離れした万円超えのインナーになってしまうのだ。

けろ企画さん、そんなインナー、売れるんですか?

売れません。
わたしも買えません。

やっちまったか。

もう一度、適正な生地探しから。
もしくは企画自体の洗い直し。

だって、世の中に無いんだもの。
難しいから無いのか、要らないから無いのか。
[PR]

by kerokikaku | 2014-01-25 10:11 | BAHAGIA UNDERWEAR | Comments(2)
2014年 01月 23日
1月下旬と2月上旬のインフォルマシ
ほんとうだろうか。
週末は春の陽気とは。

風がなければ日差しは確かに暖かく気持ちがいい。
うちの柿の木はまだ禿頭だが、きっと中では何かがもぞもぞしているんだろうな。

2月上旬にかけてのインフォを。
ギャラリー詳細は各リンクでご確認下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

蚤の市で見つけたものⅤ
花の器 食の器
2014/1/18(土)-2/1(土):うつわや(代々木上原)


恒例の大隅剛さんの一人蚤の市です。会社員時代の35年間、毎週市に通い、骨董屋を巡り集めた品々は骨董からジャンクなものまで幅の広さが特徴ですが、いづれも「大隅さんの眼」が生きています。
今回は「花と食の器」を中心に●西洋の古陶●李朝の工芸●アジアの古民具●職人の道具●鉄のジャンクなど数百点展示致します。是非お出掛け下さい。

d0182119_144740.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ストールとブローチ 濱野太郎&秋野ちひろ
2014/1/25(土)-1/29(水):ひねもすのたり(阿佐ヶ谷)


ますます色使いに深みと広がりを見せ「一幅の絵画」のような濱野太郎さんのストールに、
真鍮を使い形と表情が魅力ある「身につけるオブジェ」を作る秋野ちひろさんのブローチ。
組み合わせの妙をお楽しみください。

d0182119_1482669.jpg

秋野ちひろ、ちこちゃんの案内ブログはこちら⇒

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

w/s ―冬から春へ―
2014/1/25(土)-2/1(土):Gallery SU(元麻布)


各国の古美術・古道具を扱うオンラインショップ「Bon Antiques」と、奈良にて実店舗「古美術 中上」を営む中上修作さんによる、3回目の展示会です。
d0182119_14124755.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

SALE
2014/1/25(土)-2/2(日):GARAGE(国立)


店内の器、古器、古道具、ずいぶん久しぶりのSALEです。
また皆様にお会いできますのを楽しみにしております。
ぜひお越し下さい。

d0182119_1417053.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ノマドのラグ展 vol.Ⅴ
2014/1/25(土)-2/8(土):FUCHISO(外苑前)

d0182119_1422195.jpg

さて、表面のラグですが20c中頃のイラン、バクティヤリ族のキャメルバッグとして使われたもので袋状のそれを開き、近年 ラグ(敷物)に仕立てたものです。
パイル/スマック/キリム など 複数の織りの技法やノマド(遊牧民)の願いや祈りの表現でもあるモチーフ達が魅力的なラグ。
作られて半世紀を経た今、本来の用途から離れても目と心に語りかけてくるようなその生命力は、どこからくるのでしょうか。

期間中限定展示販売
■ バクティヤリ族のキャメルバッグラグを中心にアナトリアオールドキリム各々、無染織キリムの玄関ラグ等々
◯ 会期中はオールドラグ中心の展示となり、古道具は少なめになります。
◯ 2013A/W FUCHISOオリジナルバッグをSALE価格にて展示即売致します。


FUCHISOさんのサイトに「敷きたいスペースの採寸をして来て頂けると、よりスムーズです」とあった。
そうね、そうよね、と巻尺を出していそいそ。
危険地帯に踏み込むのか。
[PR]

by kerokikaku | 2014-01-23 14:25 | 毎月のインフォルマシ | Comments(0)
2014年 01月 22日
裂帖の道 その5
裂帖の道はまだ遠い。

とりあえず端切れを全て洗い、カテゴリ整理をしたところまでが裂帖の道 その4

どんなに小さくても見れば出自は分かる。
そう豪語したものの、ワカランチ布がいくつか出現した。

そこでゴリラの親分にSOSする。

目黒と銀座で長く古渡更紗の店「ゴリラクラブ」。店主のゴリラの親分こと上野恭子さん。
現在はお店を閉め、更紗帯やバッグ作家として各地での展覧会ベースへシフトしている。

更紗のことはゴリラに聞け。

さて、いくつかのワカランチ布を手にゴリラ宅へお邪魔する。

質問の前に一杯ちょうだいする。
ツマミは古渡更紗軍団。この上ない至福である。
d0182119_12253987.jpg

泡の液体がスルスルすすむ。

去年の織田有さんでの展覧会でも大好評だったミニ裂帖軍団。
d0182119_12263412.jpg

ゴリラの親分は、例の五島美術館「古渡更紗展」にインスパイアされ、すぐさま制作していた。
素早かった。
表紙を漆で仕上げたものもある。

最終的に裂帖へ記すかどうかは別として、ワカランチ布の出自は分かった。
ヨーロッパと思ったものが和更紗だったり、和と思ったものがインドだったり。
修行が足らんかった。

さて、わたしの裂帖。
台紙が悩みどころ。

蛇腹方式でなく、A4かB5サイズのペラに貼っていき、箱に納める方式にするつもり。
和紙の風合いで、黄色味がかった紙がいいと思っていた。

この雰囲気。
d0182119_12275468.jpg

理想は和紙の「鳥の子」だが、経済との兼ね合いが難しいのだ。

ちなみにゴリラ式ではナチュラル色の洋紙を使っている。
洋紙でも合うものがあればと、様々なサンプルを取り寄せてみた。
端切れを乗せて様子を見たりして。
d0182119_12432029.jpg

希望の厚さで洋紙を探すと、あら不思議。
和紙「鳥の子」と変わらない、もしくは高コストになることが分かった。

なーる。

どっちにしてもならば、初志貫徹か。

台紙がふんわり決まったところで、貼るレイアウトを決めて必要枚数を出そう。
これまた悩ましくも楽しい作業である。
週末以降にゆるゆるやることにする。

さてと、ゴリラ宅の箪笥を拝観。
そしてちょっい見せ。
d0182119_12551131.jpg

5月に銀座で展覧会があるとのことで、更紗帯をつくりためていた。

遥かなる夢は、谷さんラオスの絹地で着物を作り、ゴリラの更紗帯を合わせること。
ぜんぜん着る予定はないのだけれど、いいの、夢だから。
[PR]

by kerokikaku | 2014-01-22 13:08 | 更紗 | Comments(0)
2014年 01月 20日
寒川詣り
毎年いまごろは寒川さんへ詣る。

相模国一之宮の寒川神社は八方除の守護神。
オールマイティに全方位なところが気に入っている。

中央フリーウェイ。
右に競馬場、左にビール工場、真ん中は富士山。
d0182119_183325100.jpg

そしてこの時期のお祓いは激混みだ。
休日は2時間待ちが平均だろうか。

祈祷は200人程のかたまりで受けた。
それ×一日何十かたまり。
ソロバンをはじきたい右手を何とかなだめる。

控室での居眠りピーク頃に呼び出され、白いチョッキを被り、手を清め、いざ本殿へ。

太鼓と鈴が鳴り、神様にアクセス。

祓詞の後、1人ずつの住所氏名と祈願の内容も奏上される。
「東京都武蔵野市吉祥寺町1-2-3 けろ田けろ子 家内安全」のように。

神主さんお1人で読み上げたなら日が暮れてしまう。
じゃんじゃんバリバリ回して行かにゃならぬ。

するとサブの神主さんが2人追加された。
都合3人の神主さんによるスーパー早口輪唱が、総ヒノキの本殿に響き渡る。

さて、どこかに似ている。
蝉がミンミンジャージャー鳴いているような。
眩しさと暑さとでくらくらする真夏の森のような。

恍惚。

いくら耳を澄ませど自分の番は聞き取れなかった。
d0182119_1833253.jpg

どういう仕掛けか、サブの2人の読み上げはピタッと同時に鳴りやんだ。

鈴か鳴り、神様アクセス終了。

あ、真冬の神社内だった。

玉串奉奠。
ありがたくお札をいただく。

帰りは門前の直売所で、極太ダイコンをニケ100円にて求める。

また来よう。
[PR]

by kerokikaku | 2014-01-20 18:33 | ものすごくその他 | Comments(0)
2014年 01月 18日
イヤホン
d0182119_1654634.jpg

イヤホンをしている人は概ね不注意になりがち。

混んだ所など、ぜひとも気配を察知していただきたいのに彼らは悠然としている。
こちらが左右カニ歩きに譲歩して横を通り過ぎなければならない。
ヒトと話をする時などは言語道断。

失礼でやーねーと日頃思っているくせに私もイヤホンをする。
ラジオっ子病が進行してしまい、買物中にイヤホンをしているのだ。

どうしたものか、いままさに聞きたい内容の時にレジの順番が回ってきたりする。
聞き逃してもたいしたこともなかろう。

さっとジャックを外すだけだが、それを忘れる。
ザ・横着。
サボると公言するだけの度胸はない。

更紗裂帖の用紙探しに数件の紙屋を回る。
神保町のとある紙屋に到着。

連量やサイズや断裁料など、店員さんに聞きたいことがいくつもある。

ラジオvs店員さんに問合せ。
優先順位は明らかだ。
と言うか、言わずもがな。

ギリギリまでしていたイヤホンを外し、紙の問合せをする。
しかしこの店には無いことが分かり、すぐさまイヤホンを再装着した。

そしてためらいなく、電車に乗る。
ラジオライフを平和に復活し、別の紙屋の場所を車内で確認する。

なんたるチア。

別の紙屋も神保町だったとは。
もう電車に乗って、乗り換えまでして自宅駅が近い。

ザ・散漫。

逃した紙はデカかった。

不注意に注意したほうがいい。
[PR]

by kerokikaku | 2014-01-18 16:44 | ものすごくその他 | Comments(0)
2014年 01月 16日
てれてジンジン
重い引戸で小指を詰めた。
瞬時には、ま、大丈夫やろ、と思った。

しかし5秒後に猛烈な痛みが走った。
顔が自然と般若になった。

夢のように痛い。
指が潰れたかもしれない。
だめかもしれない。

恐る恐る小指を見るが、なんら変わりなかった。
ただジンジンしている。

無かったことにして過ごす。
忘れるふりをする。
しかし痛い。

数分後、さらなる不意打ちに遭う。

ガラス戸にアタマ全体で正面衝突した。
まさかそこにガラス戸があるとは思わずに突進したので、マンガのような星が飛んだ。

運良くガラスは割れなかったが、脳しんとう寸前だった。

ああ、わたしはこのまま死ぬんだ。
死因が何だかわからないうちに間違って死ぬんだと思った。
三途超えなんて、そんなもんだろうな、などとつまらぬ考えをする。

タンコブは出来なかったが、オデコを押すと甘く痛い。
どんだけ満身創痍かよ、と己の粗相ぶりに情けなくなった。

麦とホップで自己癒しタイムの頃には忘れていた。
朝起きたらすっかり過去だった。

触ればそれなりだが、そんなでもない。
自然治癒力って素晴らしい。

痛いの痛いの飛んでいけ呪文の効果もてきめん。
うそ。
呪文は今思い出しました。

高代謝体質に感謝しよう。
d0182119_2084239.jpg

平和だな。
[PR]

by kerokikaku | 2014-01-16 20:21 | ものすごくその他 | Comments(0)