<   2014年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2014年 02月 28日
梅は咲いたか
暖かいような、そうでもないような凪のような日々。

それでも咲く準備を着々と整えている花を見ると、ゆるぎない強さを感じる。
体内カレンダーの精巧さがすばらしい。
こちとら今日がナンニチだか、カレンダーを見なけりゃ断言できないというのに。
あやうく明日は29日になるところだ。

数日前から不吉なくしゃみが始まっている。
花が咲くから花粉も飛ぶ。

さて、無知をさらすのも度胸のいることと、まずは弁明したい。
この時期の花、ウメとモモとサクラの区別が怪しい。

コブシとモクレン、ツバキとサザンカもしかり。
クチナシは何度覚えても名前がどうしても出てこず、シナチクもしくはシクラメンと無謀改名してやり過ごす。

うちの母(床屋)は、週1度セットに来る常連のお客さんを20数年「佐野さん」と呼んでいたが、実際は「稲垣さん」であった。
このあたり、完全なる遺伝である。

「桃 切り花」で買ったのでこちらはゼッタイにモモ。
d0182119_17485156.jpg

阿修羅像とのコンビネーションが素晴らしい。

2月アタマごろから咲き始め、極寒の日、大雪の日にも耐えていた。
きっとモモ。
d0182119_17511385.jpg

色味で決めてよいのかどうか。
こちらもモモか。
d0182119_17544214.jpg

剪定の具合もあると思うが、ブレイクダンス系といえばウメだろう。
カクカクの枝と丸い花弁で白か濃赤。ラッキーフードは海苔。
なので、これはきっとウメ。
d0182119_1756259.jpg

つぎがわからない。
d0182119_1814895.jpg

手前の赤白シマのこどもの靴下の落とし物に気がとられてしまったが、この大木の頭上から産毛のような花がチラホラ。
d0182119_1833484.jpg

遠方はるか先にウメっぽい白花が咲いている。
幹はブレイクダンスしていない。
万一サクラだったら大金星だ。

そんなこんなの帰路、近所の文具屋が閉店していたのでオオッと後ずさって外から見る。
学校指定の運動靴や駄菓子と生活用品も少々の、どの地区にもあったよろず屋文具店。
いわゆる「学校前」。

什器に目が釘づけになった。
「煮しめたような茶色」と呼ぶには浅すぎる。
「たまり醤油に40年浸したような茶色」棚什器が何台もあった。

教科別にノートを平積みする段が中にあり、腰から下はオオモノを仕舞う2段箪笥タイプ。
我らが通ったあの学校前、おばちゃんの店の什器。
いくつか空っぽになってたたずんでいた。

ああ、どうしよう。
何かアクションを起こすべきだろうか。

捨てるくらいならもらいたい。でも置き場も用途もない。
でも欲しい。けどいらない。

どうせなら有効活用してくれる業者に引き取ってもらえないだろうか。
通りすがりの馬の骨が大きなお世話だよね。
そんなこと言われなくてもわかっているよね。

いや、愛着の度合いはわからない。
家族からしたら粗大ごみかもしれない。
昭和の宝が、宝が。

だめだ、もじもじうじうじくんが発動してしまった。
君ならどうする?
そっとする?
[PR]

by kerokikaku | 2014-02-28 18:27 | ものすごくその他 | Comments(0)
2014年 02月 26日
こそこそやっていること
わたし、静かですよね。

いよいよ安否確認を求める連絡が入りはじめた。

次なにやるの?
いまなにしているの?
などなどと、まだ入るだけありがたい。

大半の皆さまからは忘れられようとしている。
それもまた。

FBも見やしない、入れもしない、ブログも滞りがち。
すっかりおとなしくしている。

最近は、恥ずかしながら、雪かきと、ラジオと、ソチ録画と、インネ語と、花粉対策と。
それらが日常のメインかと言ってしまえれば、いっそ酔狂で潔い。
どうせヒマならDVDを観たり読書でもすればいいのだが、それもままならない。

まだシコシコしつこくやっていることがある。

ジャボーン。
d0182119_20383413.jpg

2013年末に「これで!」と出した「けろ企画・インナー制作」の再案が、コストの面で先月頓挫した。

もはやこれまで、と天を仰ぎ「もうやめよう」と心が折れた。
折れたまま夢遊病のように、ダメ元覚悟で再度素材探しの旅に出る。

オーガニックコットンではコストが厳しすぎる。
それすら生地廃番だし。

近い生地を探しまくる。
正直言って、近いものはない。
百歩譲って、それでも綿100にこだわる。
何種か求めてそれぞれを試作する。

デザインもシンプル化に努め、縫製コストを考慮した。
何よりだいじなことはチクビが透けないこと。
完璧はない。ほとんど透けないというところで落ち着く。

胸パッド素材も手を替え品を替え。
成型パッドにコットン100%ってのは世の中にないのだね。宇宙にも。
もしあれば、それを縫い込んで終わりなんだけれど。
蒸レルナ危険なのだ。

降参して、あきらめて、化繊キルト芯を使って泣けてきた。
夏のインナーに保温効果の高い化繊を使おうなんて、けろ企画も地に落ちたものだ。

そのうちオーガニックふとんワタが見つかり、それを試す。
ワタは布ではなく、いわゆる化粧パフ状のものだった。
耐性に不安が残り何度も洗濯実験をする。

この生地×この胸パッド×このデザイン。
恐るべき掛け算の効果よ。

あーでもないこーでもないが加速する。

どんだけのろまなカメなのか。

何でもチャッチャとやりたいタチなのだが、急がば回ってばかりな今企画の渋い経験が、イラチのわたしを否が応でも慎重にさせる。
たったひとつのタンクトップにここまで時間がかかるのは、宇宙的にも珍しいと思う。
慎重なのかどんくさいのかは意見の分かれるところ。

小ロット歓迎と銘打っていても、当然ながらめんどうな極小ロットは歓迎されない。
だからと言って先に営業しようにも実際出来るかどうかわからないモノの注文は取れない。
そんなわけで後にも先にも進めない。

先ほど、とある工場さんに連絡をとり見積もり依頼をした。

すんなり行くとは思えない。
楽観主義はまっぴら。
神様仏様ご先祖様、どうかどうか。

わたしはただ単純に、このTシャツをさらっと着るためのインナーが欲しいだけなんだよ。
d0182119_2171449.jpg

[PR]

by kerokikaku | 2014-02-26 21:25 | BAHAGIA UNDERWEAR | Comments(0)
2014年 02月 24日
v SALE
早くは6月と12月、一般的には7月と1月がSALE時期だ。
言わずもがな、ボーナス期に当て込まれている。

自身はボーナスのボの字も縁のない人生なのに、つい雰囲気に便乗。
大いなる物欲の季節。

思いおこせばイヤというほどSALEに振り回されてきた。
高3の頃、ガッコをさぼって名古屋NOVAのSALE(DCブランドブームだったのですよ)初日へ夏冬とも通ったものだ。
ちびた小遣い内でどれだけ買えるか。
ランチ代を削っての戦いだった。

それから長くSALE病を患ってきたものだ。

その後も、時期が来ると多くの不用品を血眼であさった。
「これはいずれSALEになるんじゃないか」と踏み、何度もお店に足を運び、「まだある」「もうない」と一喜一憂したり。
何かお得で良いものを、と街中をさまよった。
人がたかっているだけで進んで危うきに近づいた。

その結果、半分以上は無駄買いだった。8割かもしれない。
「SALEで買えた」という達成感だけ。
結局は高くつく。

ずいぶん勉強代がかかった。
お勉強のための必要経費だったと思いたい。

ここ数年、ふだんは決まったものばかりをプロパー買い。
とんと世間のSALEになびかなくなった。
これぞというものはギャラリーで求めることが多く、基本的にSALEはない。

食指が動かない。ブレーキを利かせる必要もない。

加齢と物欲の関係性。
経済も大きな理由。

完全に無視して通り過ごせる。

いい感じに悟ってきた。
ありがとう、今までの学習よ。

しかし、君子はともかく君子モドキは時に危うきに近づく。
昔取った杵柄、で合っているのか。

ビバ、物欲。
暴れ太鼓のお出ましだ。

vacantさんのサイトを年末にチラ見した。
するとSALEなるものを開催していた。

いかんいかん、見てはイケナイ。
すぐにサイトを閉じた。

二か月経った。
「まだあるかしら、まさかね」と、期待をしないふりの期待まんまんでサイトをチェック。

いやんばかん。
まだあった。

ジャン。
d0182119_2003642.jpg

特大のしいかでも入っていそうな梱包を、ずるり。
d0182119_2013134.jpg

ゲッツ!
d0182119_2015497.jpg

やったぜベイビー、チョコベイビー。
欲しくて欲しくて、ずっと我慢の子だったのだ。

あはは、うふふ。
SALEって、やっぱいいよね。

おお、あぶない。
見落とすところだった。
d0182119_2072561.jpg

vacant梱包にはいつもこのシールが貼ってある。

それをシコシコ剥がし、有効活用するのも楽しみだったりして。
d0182119_2081662.jpg

[PR]

by kerokikaku | 2014-02-24 20:24 | 情報として | Comments(0)
2014年 02月 18日
2月中旬のインフォルマシ
この道は海かしらん、というような雪解けを経て都心はようやく歩きやすくなりました。

物流の混乱はまだ続いている様子。
コンビニやスーパーの食品が品薄気味。
これを見てあの時を思ってしまうよ。

また降るんかな。
かわいらしいのが年1-2度くらいだと、有難味もあるのだけれど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「模様」展
ティモールテキスタイル岡崎真奈美
2014/2/13(木)-18(火):ババグーリ(清澄白河)

d0182119_21303130.jpg

思わず見入ってしまうような緻密な刺繍や織りの模様が施された布。
中国、ベトナム、ラオス、インドネシア、インド、パキスタン、ペルー。
様々な国や地域から、岡崎真奈美さんが時間をかけて特別に集めたそれぞれに独自な魅力のある手仕事の数々を、ぜひご覧ください。


ぎゃぼっ。

ひらあやまり。
伏して伏して、あやまれあやまれ。

のんきに雪でおでんを作っていたりするものだから、こんな重大な失態をする。
終わっちゃいました。
ごめんなさい。ごめんなさい。
せめてリンクだけでもご覧になってくださいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


豆な器と箸置き展
2014/2/11(祝火)-23(日):器といろいろ にこにこや(大阪)

d0182119_213933.jpg

スズキサトさんの作品も並びますよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三苫修 陶展
2014/2/15(土)-23(日):hase(名古屋)

d0182119_21534144.jpg

名古屋のhaseさん。
2階もなにやら。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さかいあつし 個展 / circle
2014/2/19(水)-24(月):うつわ楓(南青山)

d0182119_21472518.jpg

太陽、月、水平線、丸もち。
近頃、丸い弧線に目が向かいます。
スプーン、トレイ、時計など丸い線で作りました。


わたしは近頃丸めがねが気になっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小前洋子展「つぼ」
2014/2/20(木)-27(木):DEE'S HALL(南青山)

d0182119_21563368.jpg

つぼの口元を作り終えた瞬間、粘土の塊が凛と立ち上がり存在感を
放ち始める…つぼを作ることに夢中な小前さんの言葉。
初個展になる今回、大きいつぼ、小さいつぼ、ユニークな形のつぼ、
個性豊かな作品が集まります。どうぞゆっくりとご覧ください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

over the rainbow
by_cthruit / kana umedaJewelry Exhibition
2014/2/21(金)-3/2(日):ギャラリードゥポワソン(恵比寿)

d0182119_2202534.jpg

光と影、輪郭を形にしてきたガラスジュエリーブランド、シースルーイットから虹の向こうに広がる景色をイメージしたカラーシリーズが新登場。
したたる光と色のグラデーションをぜひお手にとって感じてください。


いいタイトルだなあ。
ついあの曲を口ずさんでしまう。

無彩色がカラーだった香奈ちゃんのガラスのカラーシリーズとは。
オープニングも行きたいよう。でも行かれないよう。
[PR]

by kerokikaku | 2014-02-18 21:33 | 毎月のインフォルマシ | Comments(0)
2014年 02月 15日
雪調理
昨晩、壊れたスコップでいちおうの雪かきをしたが、朝、あっさり埋もれていた。
d0182119_1340890.jpg

一昨日から家に病人が出た。
急激な高熱により「すわ、インフル?」と疑ったが、そうではなかった。

38度を超える熱が二晩続く。
今朝から小康。
丸二日ポカリだけで生きていた。

お粥かスープは食べられるかと聞くと「イチゴが食べたい」という。

えらいこっちゃ。
雪をおして朝いちにイチゴ刈りに出かける。

街は車道も歩道も大わらわ。
足元もだが、水はねの恐怖におびえる。
d0182119_13423268.jpg

目指した八百屋は絶賛雪かき中。開店どころではなかった。
その先のミニスーパーは本日のイチゴ便が未着。

ぐっと先にある大きめスーパーを目指すことにする。

道路は雪とシャーベットと溜池でぐちゃぐちゃ。
d0182119_13331222.jpg

多くの方々が公道の雪かきをしてくれて、頭が下がる。
有難いことです、ほんとに。
d0182119_14364665.jpg

排水溝へ流れるよう、ミゾを作ってくれている。
d0182119_13485364.jpg

無事にイチゴを確保し、病人へ与える。
そろりそろりと二口三口、腹に入れて、またウトウト。

さて、雪が積もったらやってみたかったことがある。

一晩寝かせるほうが美味しくなるものを作りたい。
例えば、タイやインドのではなく日本のママカレー。
寝かせるかわりに、雪に埋もれさせ、浸透圧で味を浸み込ませる。

しかしカレーはうちの病人にはまだ早い。

そこでおでんを思いつく。
せっせと具材を仕込み、軽く煮込んでからの、

ジャボーン。
d0182119_14385651.jpg

なかなか素晴らしか。
ひとり悦に入る。

「おでん、作ったで、食べられるか」と聞くと、いやな顔をされた。

とんでもない。
香りだけでまだムっとするという。

なべ一杯、作ってしまった。
d0182119_14392164.jpg

そうだ。

雪かき隊への炊き出しにすれば「ごちそうさん」だ。
め以子か、け呂子か。

できるかな。


ぜったいようしやんな。
[PR]

by kerokikaku | 2014-02-15 14:59 | ものすごくその他 | Comments(0)
2014年 02月 14日
傘パン地蔵
d0182119_12452864.jpg

[PR]

by kerokikaku | 2014-02-14 12:45 | ものすごくその他 | Comments(0)
2014年 02月 13日
仁城さんの器
先週末は雪で行かれなかった。
今週末も雪だとか。

どうりで冷える。
スコップ壊れているぞ、困ったぞ。

富ヶ谷の日日へ伺う。仁城さんの漆器を拝見に。

毎日毎日、明けても暮れても使ってしまう。
煮物もサラダもポテチもそうめんもやってしまう。

たぶん、たぶんですが、漆器業界のことをよくは存じませんが、仁城さんの器はお手頃だと思う。
なんたってわたしが使えているのだもの。

よその値札を見て、ヒィーっとなることしばしば。
ほぼ毎日使うし、安全なものだし、直せば一生もの(ファッション分野などでこの文句の怪しい場面が多々あるが、漆器に関してはいけると思う)。
使い勝手もたたずまいも良い。

レンジでチンこそしないものの、ダイナミックに使わせてもらっている。
割れにくいからと、しょっちゅう手を滑らせカランコロンしている。
うちの床が大理石じゃないのが助かる。

洗う時も、間違ってスポンジの反対のタワシ部分でこすったりして超ドイヒー。
ま、こんな荒い使用にも耐えるという、実地調査を勝手に買って出ている。

さすがに欠けのようなキズが出てきた。
作者仁城さんが在廊されているとのことで、お見せしてみる。
とても穏やかで優しい目の素敵な方だった。

大事っ子を表するために、自慢布で包んでみたりして。

あら、谷さん布を手縫い。
どなたが縫ったのかしら。
d0182119_22284131.jpg

ぴろりん。
d0182119_2229113.jpg

あの、吸い口のところ、ちょっと欠けていて。
d0182119_22203925.jpg

ものすごく近寄ってご覧になっている。
見えないらしい。

そこ、ホツみたいな、欠けみたいな。
d0182119_22223669.jpg

ああ、こりゃダイジョウブ、こんなのまだまだ。

お直しの風上にも置けないミニホツのようであった。
「きれいに使ってもらって」とまで言われ、壊れたスコップで穴を掘りかける。

会場で撮らせていただこうとしたが、ほかのお客様もいたので遠慮した。

東京の日日はこの3月で閉めることになっており、今後は京都の日日での取扱い。
いつでも見られる買える、とあぐらをかいていた。

ちなみにお直しは京都日日で受けてもらえる。
今よりもっと激しくやらかした際には、ぜひお願いしたい。

今回は平皿の大と小をいただくことにする(画像の南北)。
d0182119_22352286.jpg

これで長く患っていたアジ開き&餃子のタレ問題が解決した。
どんだけ毎日焼くだけ調理なのか。

毎度悩むのが応量器(厳密には応量器に準じた入れ子器)。
フライヤー右下。マトリョーシカの大元ですね。
d0182119_22452010.jpg

今回も「またこんど」にしてみた。
永遠の「またこんど」。

が、いま現在、グズグズとまだ悩んでいる。
ああ16日(日)まで。

わーん、週末、雪だって。

スコップ買うほうが先だよなあ、やっぱし。
[PR]

by kerokikaku | 2014-02-13 23:20 | 情報として | Comments(0)
2014年 02月 10日
似て非
なんだかなあ。

選挙特番を見聞きし、そう思ったのはわたしだけだろうか。
いいのかな。
これが都民の期待なのだとすると、むむむ。

こんな冷めた日にはシチューだろう。
シチューしかありえない。

せっせと準備する。
d0182119_1982656.jpg

何かが違う。

何か、似て非なるものがあるような。

ないような。
d0182119_199463.jpg

「こくまろシチュー」って、ありえそう。

あってもいい。

けど、違う。

「こくまろカレー」。

あああ。

お醤油だったらお隣さんに借りられる。
二軒長屋だもの。

いや、お隣さんはこの正月休みに前触れなく引っ越してしまった。
後触れもいまだにない。

ラララ、無人くん。

なんだかなあ。

鍋の火を止めてスーパーへ走る。
d0182119_1914417.jpg

やっぱ、すごく似てるよね。
[PR]

by kerokikaku | 2014-02-10 19:17 | ものすごくその他 | Comments(0)
2014年 02月 09日
実測不可
さあ、雪かきだ。
d0182119_1525567.jpg

と、見ると、すっかり溶けていた。

お天道様による自動雪かきシステム作動。
自然に道が出来ていた。

昨夜の計測地点での測定不可能。
d0182119_15124752.jpg

しゅん。

都知事選挙の投票率が低いらしい。
かくいうわたしもまだ行けていない。

まだ部屋着でぐだぐだ中。

めんどくさいな、寒いしな、雪だしな、という不埒な気持ちを振り切る。
雪だしな、の理由は溶けてしまった。

やりたい放題してやろうとしている勢力の思うつぼにさせて、あとからブー垂れるのはどうなの。
行くよ、もちろん。
[PR]

by kerokikaku | 2014-02-09 15:17 | ものすごくその他 | Comments(0)
2014年 02月 08日
現在実測15.5cm
d0182119_21123073.jpg

夕方、あたくしのやった作業は、完全なる無駄足と化しました。
d0182119_20565923.jpg

d0182119_20492926.jpg

勇み足と無駄足の二足歩行。
考える足になりたい。

ついつい雪に浮かれてやっちまいました。

別地点での計測。
20cm超え。
d0182119_2112489.jpg

豪雪日本一地区出身の母親からすれば、ちゃんちゃらおかしいらしい。

ああ、静か。

AMをがんがん聴きながら、時にマッパになりながら、まだしつこくインナー模索中。
マッパ試着はさすがに寒い。
ラジオは大雪情報祭り。

カップ部分のクッションは綿100にしたいが、どうにもこうにも見つからない。
布団屋の綿100キルトワタを取寄せ中だが、どうやら用途として洗濯に耐えきれないらしい。

とりあえずポリエステル不織布で試作中だ。
夏場のインナーなので、暑さでいったいどれだけ蒸れるのかが大問題。

しかし只今の気候では検証不可能。
るるる。

暖まるために餅でも焼く。
d0182119_2161184.jpg

カビはとる。
[PR]

by kerokikaku | 2014-02-08 21:13 | ものすごくその他 | Comments(0)