<   2014年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2014年 09月 30日
しょうのう
打ちひしがれた。完敗だった。

自分をいとへんのはしくれと名乗っていたのもおぞましい。
まったく己の無知を思い知り、無力感でいっぱいだった。
やるせなす。

スピパこと、スピニングパーティ。
会場につくなり、三平師匠よろしく「どうもすみません」、クレイジー師匠よろしく「およびでない」。
危うく失礼しそうになる。

まんまんの来場者、まんまんの糸やら素材やら。
酸欠、圧巻、集団、行列、熱量。

スピ道のいろはのいである、スピンドルさえ使い方がわからない。
ばれないよう、隠れてコマのように回しながら周囲をうかがう。

ああ、わたしはよくわかっていない。

糸や繭や毛や素材を見ても、何もできない。
どこから、なにから、どうしたら。
出来合いの何かがあったなら、きっとけろちゃん、もっと活躍できるのに。

るーるーるー。

真鶴御大とここで出会ったが百年目とばかり、服の端をむんずとつかみ、離さない。

とあるブース前で、塩のカタマリのようなものを指さされた。
さわやかなメントールのような、うっすらつんとする木の香り。
「天然の樟脳だね。でもこれはサンプル。商品は売切れみたい」

「へぇ」と、知った風にやり過ごしたものの、実はいちばんひっかかった。
無知暴露ついでだが、天然の樟脳があることをぜんぜん知らなかった。

プールの底に沈んでいる白いアレに近いものがしょうのうだと思っていた。
男子トイレのアサガオに入っていたアレっぽい、というか。

そういう系には少し抵抗があり、たんすの防虫剤として、きもの防虫香(木チップの入った袋)を使ったこともある。
生協あたりで天然ハーブのなにがしかも試した。

しかし、おばあちゃん家のたんすのような古びたにおいが「なんか違う」と思った。
それ以来「おわり」マークが非情な、ムシューダ的なものを使っている。

天然樟脳について、全くノーマークであった。

クスノキの樹木片を水蒸気蒸留して作られた結晶。
南の木の「楠」も、樟脳の「樟」もクスノキと読む。

調べてみると、国内での生産はもはや九州の2軒とか4軒と言われている。
戦後すぐは日本専売公社で、塩やたばこと同じように専売され、国の財政を支えていたとは。
そんな一大産業だったことも知らなかった。
化学合成品が出現し、それらよりも使用期間が短くお高いこと、製造の手間などにより衰退したようだ。

衣替え時期のきつくて嫌なニオイは、「しょうのう」ではなくナフタリン臭だった。
誤解していてすみません。

へえ。

そして拙宅の玄関前。

むやみに剪定された結果、介助手すりのように曲がった気の毒な樹木(手前)。
クスノキだったりして。
d0182119_13285036.jpg

ちなみに四日市市の市の木でもある。
駅前地下にドンと広がった、くすのきパーキングの評判やいかに。

小金井公園近くの「珈琲館くすの木」はいい喫茶店だ。
樹齢200年のクスノキが鎮座しとります。
d0182119_132905.jpg

天然樟脳ねぇ。
クスノキねぇ。

へぇ。
[PR]

by kerokikaku | 2014-09-30 13:39 | そこそこその他 | Comments(0)
2014年 09月 27日
早ピ
なんかさ
d0182119_1910146.jpg

ピコレット
d0182119_19113694.jpg

早くね。
[PR]

by kerokikaku | 2014-09-27 19:12 | ものすごくその他 | Comments(2)
2014年 09月 26日
スピニングパーティ
いとへんの中でも羊部手偏ワタかんむりのみなさまにおかれましては、平素お疲れさまでございます。
待ってましたの2日間がやってまいりました。

ここでご案内することもございませんほど。
もうスタンバイ状態であろうと、お察し申し上げます。

わたくし、ほとんど門外漢の通りすがりなので、ちょっぴり腰がひけているのを隠しきれない。

だいじょうぶかなあ。
羊熱にあたらないかなあ。
はじめてのところは不安だなあ。

出店者のまあ多いことよ。
来場者もえらいこと。※サイトより画像をお借りしました。
d0182119_22205255.jpg

おるんだなあ。
羊好きワタ好きの人って、ようさん、おるんだなあ。

いよいよ未知なる世界ののぞき見へ、一歩踏み出してしまうのか。
はまったらどうしよ。
るーるーるー。

そうそう、ガラ紡の落ち糸販売が、あるとかないとか。
とりあえずガラ紡靴下で来場し、腹を見せる体で伺うのだ。
d0182119_22214224.jpg

Tokyo Spinning Party 2014
新・東京スピニングパーティー2014
「手紡ぎ・手織り・手編みのある暮らし」
2014/9/28(日)10:00-17:00
2014/9/29(月)10:00-16:00

会場:HULIC HALL& HULIC CONFERENCE
ヒューリックホール&ヒューリック カンファレンス(浅草橋・ヒューリック浅草橋ビル)
入場料(運営協力費):当日販売 各日:1,000円(税込)
※各日の1日券のみの販売となります。2日間通し券はありません。
 小学生以下は入場無料(保護者同伴)
※9/28(日)15時ホール内で羊の毛刈りショー同時開催! 
[PR]

by kerokikaku | 2014-09-26 22:16 | 情報として | Comments(2)
2014年 09月 25日
kn:uel
真鶴御大がさすがの洞察レポートでした。
ふむむ、さすが。

ひまなら負けへん。
まねっ子マンボ。

小鼻を膨らませて家中のsunuiをかき集める。
キリがないのでカバンはやめときました。

ちょっぴり友情出演もありましてよ。
nicoだったりstockだったり。
d0182119_21523559.jpg

謙遜でなく、もっとあるかと思ったが、口ほどにもなかった。
おかしいな。
今年になって、ひとつふたつ、展覧会をパスしたツケが急に回って来た感。

ベリーソーリー。
つぎを待つ。

そんでもって、最近取得したフォトショップ術を駆使しようと思い立った。
あの落合駅の「間・kosumi口」のように出来まいか。

うまいことはめ込もうと格闘する。
あれれ、なんか思ったようにできない。

ひと夏苦心して得たフォトショ術。
ちょっと目をはなした隙に、すっかり忘却の彼方なことに愕然とする。
中年て、いやあね。
d0182119_2225496.jpg

うまくいかん。
とり急ぎアナグラムと極小画像でごまかすのが精いっぱい。

えっと、ほんの、お遊びのアレなんで。
当局のお目に留まりませんように。
[PR]

by kerokikaku | 2014-09-25 21:55 | そこそこその他 | Comments(0)
2014年 09月 24日
よみがえる貝愛
ひかりもの、ひかりもの。
生でフレッシュでつるっとして、青くてつめたいお刺身。

ああ、食べたい。
食べたいけど、ここいらではとんと食べられない。

そんなすてきなモノをいただくには、車で往復9時間かかるなんて。
身をもって学習した、つるべ落としの九十九里。

うちを昼に出たのに、こりゃいかに。
d0182119_19322652.jpg

ふだんのスーパーでは「30円高い」とかなんとか言っているのに、途端にお大名になる。

テラテラ光ったやつ、どんと、ぜんぶ、まとめてちょうだいな。
アジのタタキと、なめろうと、それからイワシと。
d0182119_1935119.jpg

「あのー、アジのタタキとなめろうは同じなんですけど」と言われる。
「てやんでい、いいから両方!」と、わけもなく勢いづく。

ライスをほおばるのが惜しい。
ひかりもので全胃袋内を制覇しておきたい。

九十九里に引っ越すことさえ、やぶさかではない気持ちでいっぱい。

あ。
d0182119_193842100.jpg

貝。
d0182119_19405655.jpg

ああ、すてき。
真鶴での貝愛が、九十九里で、今、よみがえる。
d0182119_19413474.jpg

食堂名物「はまぐり焼」をたのまなかったくせに、よう言わんわ。

そしてレジ前で貝飴を発見してしまった。
d0182119_19574924.jpg

残念というか、安堵と言うか、貝風味ではなかった。
ギリギリセーフ。

食堂オリジナル品ではない。
しかし「オラが買わなきゃ誰が買う」との、ゆるぎない使命感で購入。

あの日、貝愛をわかちあった貝友と味わうために。
[PR]

by kerokikaku | 2014-09-24 19:41 | ものすごくその他 | Comments(2)
2014年 09月 22日
vol.70 33P
苦手な本屋に、きばって出かけ、お買い上げ。
いやあ、本屋ってねえ。

ひさしぶりにku:nelを手に取る。
d0182119_21181815.jpg

だって祝・表紙記念号だもの。
そりゃ、きばりますよ。

そんでもって、首の北斗七星的なものが、けっこう近いなあなんて。
d0182119_21192596.jpg

ずうずうしさ全開で、ナシを食べながら拝読中。
[PR]

by kerokikaku | 2014-09-22 21:23 | 情報として | Comments(0)
2014年 09月 18日
激辛2ndステージ
もの好きというなかれ。
ひまじんというなかれ。

たまたま通りがかったわけで。
ぐうぜん。

わざわざ迂回して来た、という言い方も、出来なくはないけれど。

新大久保からは、思いのほかあったな。
コリアンストリートもなんだかすっかり。
やっぱ西武新宿駅からが近かったな。

途中のセブンで勝手知ったるアレをナニして、と。
拙ブログもグルメ化で、こりゃーまいったまいった。

平日昼間、わりとがらんとした激辛グルメ祭り
d0182119_2054157.jpg

残暑厳しかろう予測が大幅に外れた9月半ば。
寒くて寒くて、クロマーの大判でぐるぐる巻きになる。
屋外イベントって難しいな、出店しているかき氷屋はえらいことだな、とお察ししてみる。

どうしても主食がほしく、ガパオ飯中辛600円(セブン550円)。
ぜんぜん並ばない。
d0182119_20523616.jpg

運動はしないが食欲だけは常にヤングアスリート並という、非常にざんねんな燃焼率。

一品で帰ろうとすると、福音が聞こえてしまった。
「ハッピーアワーは生ビール300円でーす」

あらたいへん。

踵を返し、ラープガイ中辛(会場食券機で600円)とハッピー生。
寒すぎたので、口をすぼめてチューっと飲む。
d0182119_20534799.jpg

本日は、油分VSさっぱり感バランスのとれた絶妙セレクトであった。

やっぱりね、ほんとのスパイスはたまらんちゃね。
生の赤玉ねぎって、こういうのじゃないと食べれんね。
パクチー鬼盛りオプション、ほしかったな。
中辛でこれだったら激辛でもいけたな。

ていうか、結局、単にふつうにタイ料理を、寒空の下で、簡易食器で食べただけっていうか。

ともかく。
なんのかんの言っても、きっちり先日のオトシマエをつけた自分を誇らしく思う。
ヤムウンセンとラープガイで悩んだが、どちらもさっぱりハーブ系なので、よしとする。


この強固な意志を、なにがしかに有効活用したい。
[PR]

by kerokikaku | 2014-09-18 21:08 | 情報として | Comments(0)
2014年 09月 17日
9月下旬のインフォルマシ
四季のうちでもいちばん気持ちのいい季節だ。

たしかに、爽やかだし、ぺろりとした服1枚で過ごせ、天気も悪くない。
こう暑くも寒くもない好日は年でほんの数日かもしれない。

わたしは猛烈に朝が弱い。
激烈に。

起きてしばらくの足取りはよちよち、口もろくにまわらない。
どれだけのビューティフルデーあろうとも、朝はお可哀想に「ゲェ、最悪」なのだ。
危険回避のため、朝食には包丁を使わないことにしている。

ある朝、家人が玄関を開けてわたしを呼んだ。
ふらんふらんで行く。

「バリの朝みたいだよ」

ハッとするほどすてきな表現だった。
明け方の雨がやみ、鳥がさえずり、少し濡れた地面に陽の光がキラキラとまぶしかった。

ああ素晴らしい、ほんとにバリの朝だわ。
向こうから、UBUDの町の喧騒が聞こえてきそうな。

出の悪いシャワーを浴び、窓を開けて青々としたヤシの木を自在に行きかうリスを眺める。
パパイヤとパイナップル、バリコーヒーと、ブンクスごはんと、それからそれから。

と、思ったものの、ろれつがまわらない。
「ウゲェ」と小さく唸り、玄関を閉めた。

すみません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『まといのDNA』
MITTAN&uskabard
2014/9/19(金)-9/26(金):Routes*Roots(京都)


世界に遺る衣服や生地、天然石やビーズ細工。遠い時間や場所に思いを馳せながら、独自の解釈や手仕事で現代に蘇らせるMITTANの衣服、usukabardのアクセサリー。
着物や半纏の利点をパターンに落とし込んだコートや、糸からつくりあげたジャケット等見応えのあるコレクションを御用意しております。
今季からアウターなどレディースのサイズもより充実しています。
MITTANとuskabardが織りなす「まといのDNA」の美しい二重螺旋をぜひご覧ください。

d0182119_11515171.jpg

わお、レディース。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

西荻サーカス
2014/09/19(金)-09/28(日):みずのそら(西荻窪)
 
d0182119_12374744.jpg

みずのそらのテントの下に、西荻でものをつくり販売している仲間たちが集まりました。
旅する布屋musuburiは、1mから布をカット販売し、手織りストールも取り揃えお待ちしています。
その布を使ってportoponponeは、洋服を仕立てました。
菓子売りのカナムは、サーカスのために特別なお菓子をつくりました。
そこに花男と奏で屋がやってきました。


西荻サーカスって?ハテナ?
musuburiさんが玉乗り綱渡りをしながらこちらでこたえています→

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

江波戸玲子の「おとなの半幅帯」
2014/9/20(土)-9/27(土):fu do ki(板橋蓮根)


草木染めの布を組み合わせたオリジナルの半幅帯。ラオス、カンボジアの手織着尺とあわせ、おとなの装いを。
いつでも便利な万能布クロマーも秋からの着物日和に大活躍です。

d0182119_11561382.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Better Life
2014/9/20(土)-9/28(日):間・Kosumi(落合東中野)


岡本さんがセレクトした古いヨーロッパの家具や雑貨
うえだの焼き菓子は生活する上で必 需品ではありません
でも 今の暮らしをより良く、充実した気持ちにさせてくれる物
幸せを運んでくれるお菓子、そんなものたちを集めた展示会です
d0182119_1212394.jpg

「MICHIO OKAMOTO WAREHOUSE/ミチオ オカモト ウェアハウス」
1950年~60年代の北欧を中心としたヨーロッパのビンテージ 家具・雑貨を展示販売します
「御菓子屋うえだ」
クッキーを中心にクラシカルな御菓子からオリジナルまでバラエ ティにとんだ焼き菓子を販売します
「boulangerie Salle de Bains/ブーランジュリー サルドゥバン」
*21日(日)のみ特別参加
フランス リヨンで学んだパンを数量限定で販売します。


このDM、色調が素晴らしく合っていて、各々の大きさが違うことにしばらく気づかなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

C.P.Koo about the living
a language of stich=原点回帰 vol.1
3人展-秋へのよそおい、旅じたく-
2014/9/22(月)-9/28(日):青山スパイラル1Fショウケース(表参道)

d0182119_1262453.jpg


「三人展 〜秋のよそおい、旅じたく〜」では、3つのブランドの秋の装いがあなたの旅のワンシーンをお手伝いいたします。
「c.p.koo(セーペルクー) about the living」は、季節の変わり目を彩る秋の服と布小物。
「鶫 tsugumi 銀小物製作所」は、おでかけをさりげなく飾る大人のシルバーアクセサリー。
「yukunia(ユクーニャ)」は旅情を誘う、世界各国の切手を使った切手シリーズをご紹介します。
旅の入り口を探しに遊びに来てください。 


同じころ、スパイラルガーデンでは「小林賢太郎がコントや演劇のためにつくった美術」展 2014/9/19(金)-10/5(日) もやっています、よ。
d0182119_12132728.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

彼方の手 此方の手 vol.4
2014/9/26(金)-9/29(月):もくれんげ(高田馬場)


人の手は 実によく動く。 そして生み出す。 彼方のクニで 手が作り出したものたち。 
それを運び 此方のクニで その結びをほどく。 そこから聞こえる 彼方からの声。 その声を届かせたいと思う。 此方の手に届かせたいと思う。

d0182119_12162582.jpg

OgkocariFUCHISO、高田馬場ではもうおなじみの展覧会になりました。
今回はOg + FUCHISO  kocari + FUCHISOのコラボアイテムが登場します。
カフェももちろんあり。詳細はサイトでご確認下さい。
帰りはバインミーも押込みたし。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

加藤希久代展「In the forest」
2014/9/29(月)-10/4(土):ギャルリーワッツ(表参道)


In the forest
騒がしい季節が過ぎ去った後にやがて訪れる静寂
忍び寄る冷気を遮るように身にまとうのはたっぷりとした外套
古い映画のように  おとぎ話のように     KIKUYO. K
★着心地、パターンがすばらしい希久代さんの秋冬の衣です。
d0182119_12252148.jpg

DMのガウンコートのような外套を見るだけで、パターンの素晴らしさはわかっちゃう。
きっくうセンパイだもの、まちがいない。
[PR]

by kerokikaku | 2014-09-17 11:35 | 毎月のインフォルマシ | Comments(2)
2014年 09月 15日
激辛グルメ祭りに行ってみた
家人が一切スパイシーを受け付けないので、自宅ではセルフ唐辛子の憂き目に遭っている。

ひとり外食時は基本的にうどんやそばなど軽いもの。
マイ唐辛子を一振りするのがせいぜい。
常に辛味に飢えている。

そんな夏の終わり。
しつこくまだ夏ってさ、セプテンバーな本日のことですけども。

「激辛グルメ祭り」があると聞きつけ、選ばれし使命感によりいそいそ出かける。
d0182119_18132914.jpg

どんだけ。

祝日早目の時間帯に、いかな御仁が激辛に駆けつけるものかと、たかをくくっていた。

いるんだね。
あたちを含め。

激辛だけど超うまい!激辛グルメ祭り2014
前期:2014/9/9(火)-15(月祝) 
後期:2014/9/17(水)-24(水)
11:30-21:00/新宿歌舞伎町特設会場(大久保公園)

西武新宿駅・新大久保駅からすぐ

今日が前期の最終日だった。
タイ・インド・中国・ベトナム・メキシコ・韓国・日本、計17店舗の激辛の雄が美味さと辛さを競う。
ね、だからインドネシア料理は入らないでしょ。

会場の周りはぐるぐる長蛇の列だった。
危うくなえそうになる。

よく見ると、店の列というより食券機の列だった。
食券システムなのだ。

「セブンイレブンですでに食券を購入の方は、並ばなくてだいじょうぶでーす」
叫び声を聞き、列を離れ、すぐさま数十m先のセブンへと急ぐ。
そんな同士も多数。

セブン内でもマルチコピー機を囲みの長蛇だったが、50円引きで買えたのでまあよしとする。
立派なパンフレットを眺めつつ、何を頼むのが正解か、究極の選択を行う。
d0182119_18151722.jpg

よく聞けば、メニューは現場で決定すればいいらしい。
まず、600・800・1000・1200円券のどれかを買っといてね、ってこと。

おつりは出ません、払戻し不可。
これまた難しい選択。
何を頼むか決めていないのに、なかなかなこと。

そこで、600円券と800円券を買っておくのがアベレージだろうと踏む。
しめて1400円分のところ、支払1300円也。
うっすら嬉しい。

めまいを伴うめんどうなひと手間をかけ、食券機の列を横目に、中へするりと入る。

こういうイベントではいろんな味を楽しみたい。
なのにいかんとも。
少な目で提供していただけると有難いのだが、大人の事情でそうもいかんのだろう。

数人でシェアがベストってわけか。
おひとり様、俄然不利。

4-500円の小盛で2-3食いけたなら、だんぜん楽しいのに。
ねえ、そうだよねえ。
ちっ。

バリウム検査日和のごとく、空っぽ胃袋で準備万端。
炭水化物系は必須だろう。
カロリーをがっつり摂取しよう。

悩んだ末に、メインディッシュはグリーンカレー麺、800円也(セブン食券だと750円)。
保守的選択という批判は受け付けない。
タイ料理ってさ、間違いないよね。

辛さに段階があったが、ここはあえて中辛にする。
激辛を選んで味がワカランチでは元も子もない。

トッピングの赤緑唐辛子がキラキラまぶしい。
d0182119_18225877.jpg

そして、本格インドタンドリーチキン。
600円也(セブン食券で550円)。
d0182119_18234482.jpg

どちらもマイルドな辛さかつヘビーな熱量で、飢えたカラダが喜ぶ。
胃袋がいい感じにヒリリと痛痒い。

しかし、空腹時セレクトによる過ちか。
結果的に油分過多であった。

あー、ここにソムタムもしくはヤムウンセンがあれば完璧だったのに。
酢で中和したいが、もう胃袋スペースに余分がない。
残念無念。

これにてわたしの2014夏フェスは幕を閉じた。
ちなみに後期はあさって9/17(水)から。
秘かにヤムウンセンをリベンジの用意は、あったりする。

思うに、高田馬場のバインミー(ベトナムサンドイッチ)はよくできている。

肉&野菜&もっちりパン(このパンが出来に多大な影響を与えている)。
レタスの他に紅白なますが入っており、こいつが陰ながら素晴らしい仕事をする。

もっちりしっかり、辛くてさっぱり、肉入りでかなり満腹。
一品で完璧な充足感だ。

もしや完全食かもしれない。
きっとそうだ。

できれば持ち帰らないことをすすめたい。
出来立てフレッシュをその場で無言のガブリエルが正しい。
ドリンクは近所のファミマかどっかで調達。
小腹対応のミニサイズもある。

あー、あれはいいね。
バインミーはすてきだよね。

ふー。

本日は、激辛祭りに満足したかのような。
なのにうっかり油でもたれた胃をさすり、はるかベトナムへと思いを馳せてみたりして。

行ったことないけど。
[PR]

by kerokikaku | 2014-09-15 18:12 | 情報として | Comments(4)
2014年 09月 10日
日本橋タカシマヤ8FとたぶんB1F
ぼんやりしていた地下鉄車内でハッとして、まわりのプライバシーに配慮しつつ、撮る。

撮るよね。
d0182119_2044255.jpg

-用の美とこころ- 民藝展
2014/9/10(水)-23(火祝):日本橋高島屋8階催会場


お隣のホールでは生誕120年記念 デザイナー芹沢銈介の世界展 入場料:一般800円


情報として、階はたぶんB1Fだと思うのですが、中津川「すや」の栗きんとん、取扱あるでね。
秋のダイヤですね、言うならば。

秋って認めてしまったっぽいですけど。
[PR]

by kerokikaku | 2014-09-10 20:19 | 情報として | Comments(0)