<   2015年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

2015年 03月 31日
そこでしたかい、やってしまいましたかいと、鋭角のカドを製造した事実に大いにへこみ、すっかり意気消沈した日の桜は、いくら満開でも目に入ったようで入ってこない。
d0182119_232268.jpg

やあやあまた咲いたか、ご苦労さんとも思えない。
ほとんど無視して、またうつろに歩く。
小さい器。
それがまたいやになる。

それでも奮起し、恒例儀式とばかり近所の沿線に夜桜見物に行く。
ぶかぶかした桜の玉をふんわりとさわってみる。
d0182119_2344556.jpg

どちらにしても目に入ったとは言えないが、ざわついたこころが一瞬しんと静まる。
早くうちに帰ろう。
早く寝よう。

そんな時、たまたま触れる何気ないひとことやものごとに救われる。

気をつけよう。
そんでもってあんまり気をつけないでいこう。
正解はないのが正解で、ばっちこいスタイルでどっちにも動けるようにしよう。



[PR]

by kerokikaku | 2015-03-31 20:15 | ものすごくその他 | Comments(0)
2015年 03月 30日
4月上旬のインフォルマシ
ぜったい言うまい、そんなの言うなんて野暮天。
と、舌の根の乾かぬ内にそっと言ってしまおう。

早いですね。
もう4月ですって。

桜のお布団がぶっかぶか。
暦ののれんを3枚越えても、まだまだ肌寒く鼻寒い4月になりました。

いわゆるひとつの季節の変わり目。
とうとう花粉デビューかと思ったら風邪だったの、と。
花粉ベテランからすればとりあえず苦笑して生暖かく見守るだけだが、最近よく聞くお話。
どうぞご自愛ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

humoresque
2015 A/W Collection
2015/3/31(火)-4/8(土):humoresque(西麻布)


2015A/Wの展示会を行います。お越しをお待ちしています。

d0182119_20531441.jpg

すっかり、おかげさまでhumoresqueの綴りは完全にマスターした。
ドレ、ドレ、ミソラソ、ドシレドシソラソ、だったかな。
小学校の放課後の合図の曲。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

_cthruit(シースルーイット)|New Jewelry Monthly Store
2015/4/1(水)-4/7(火):伊勢丹新宿店本館1階=アクセサリー/プロモーション

d0182119_20574432.jpg

梅田香奈ちゃんのガラスジュエリー。
365日のうち1/3は_cthruitのコロンとしたガラスを耳につけている。
ガラスのため最初は恐がっていたが、わたしのような粗忽部員でも今のところ問題なく。
透明って、混ざるようで混ざらなくて、なんかいいよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

春待ちsenkiyaにCHICU+CHICU5/31ー月に7日間だけのお店ー
2015年4月1日 OPEN!
同時開催 クロマニヨンのクロマー展@tanabike
2015/4/1(水)-4/7(火):senkiya(東川口)


2015年4月1日、川口senkiyaの一角にCHICU+CHICU5/31 のショップがオープンします。チクチクの定番品の他、セレクトした作家さんの洋服、アクセサリー、雑貨などで展開していく予定です。オープンを記念して、盛り沢山な企画を用意してお待ちしております。
d0182119_2155126.jpg

スペシャルトークイベントが週末にあります。
中村好文さんと森岡督行さん。

たぶん去年の秋までは「川口」と聞いただけで完全に萎えていた。
なのにとある案件で川口詣でに慣れ親しんだおかげで「川口」でも「東川口」でも何川口が来たとしても、さほどアウェイに思えない。
一度行ってみたらばそんなもんだ、と身をもって感じた。

CHICU+CHICUさん、7DAYS SHOP OPENおめでとうございます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小林路子の菌類画 きのこ・イロ・イロ
2015/4/4(土)-5/17(日):武蔵野市立吉祥寺美術館


「ボタニカル(=植物の)・アート」とは一味異なる菌類画のテイスト。
迫真的で幻想的で魅惑的な「きのこ」の森の入口へと皆さまをお招きします。
d0182119_21152953.jpg

どうする、これはもしや、すてきな好物ではないのか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

渡邊紘子個展「スプリング・コレクターの話」
2015/4/3(金)-4/12(日):ブックギャラリーポポタム(目白)

d0182119_22205096.jpg

わぁ、すごくいい、と手に取ったDM。
この春いちばんかもしれない。
この画像じゃちょっとわかりづらいけれど、気分のあがるDMってのはいいものだ。

ヒカリエのDOでちこちゃんとコラボ展をした渡邉さんの展覧会だった。
近くの明日館の桜と合わせてどうぞ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

高 知子
POINT and LINE
Embroidery Work
2015/4/3(金)-4/26(水):モノトヒト(金沢)

d0182119_22245531.jpg

緻密でPOPでラブリーな高ちゃんの刺繍の世界。
金沢はいま新幹線ブームに沸き、お宿が足りないと聞く。
APAも空いてないのかなあ、市内に4軒くらいあったと思ったんだけどなあ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

kocari Spring 2015-Contrast-
2015/4/10(金)-13(月):もくれんげ(高田馬場)

d0182119_2229647.jpg

キッチュでビビッドなkocariカラーと白と黒のモノトーン、そのコントラストがテーマ。
春のもくれんげ恒例、kocari展です。

さあ田村協子さんのお弁当、予約、予約!
[PR]

by kerokikaku | 2015-03-30 22:37 | 毎月のインフォルマシ | Comments(0)
2015年 03月 28日
少々お待ちください
春を通り越して初夏の陽気、とかなんとか言うので、いやいや待てよと疑いつつも、ついぞ恒例勇み足が加速し、セーターなどをせっせとおしゃれ着洗い。

冬物はもういりませんって言ってた。
聞いた、さっき、ラジオで、ぜったい。

そんな先から足元背筋はしんしんと冷え、マフラーぐるぐる巻き。
もう一回灯油は買うべきだろうな、とつけたり消したりのヒーター前でたたずむ。

そんなこと、ありませんか。
春先って時分には。

けろ企画のインナーBAGAHGIA UNDERWEARは、まだ小寒いというのに、まだスタートしたばかりだというのに、サルエルパンツに至ってはSOLDで、ありがたいやら申し訳ないやら。

サルエルパンツは追加に向けて勇み足ではなく、ほんとうに勇んで製作中です。
再入荷まで今しばらくお待ちください。

サルエルブルーもブラックも予約をたくさん頂戴しておりますので、予約の方は先行でお知らせします。
d0182119_15505852.jpg

2番人気は、当初の目的、胸ポチ回避に適したマチョタンクトップ。
肩紐を出すシーンにはまだ季節があるけれど、それでも薄手アウターの中に着るには今とても便利。
長めなので腰までしっかりカバー、それも今ちょうどいい。

いつもゆるめのパンツ(というと二重の意味が発生するのでズボンと呼ぶべきか)なので、中にBAHAGIAのサルエルを履いておくと心丈夫になる。
中で感じるとろっとした肌触りは、自分だけに分かってちょっと嬉しい。

と、手前味噌に感じておりますがいかがでしょうか。

味噌で思い出したが、去年仕込んだ味噌、そろそろ出来ただろうか。
いや、まだ若かった。

うちの縁の下は、醸すのに時間のかかる冷え冷え庫。
次年用にまた仕込みたいが、甕が空かないと仕込めない。
味噌を作りながらも1年ごとに市販の味噌を買っているわけで。

あれだけたくさん市販のインナーを試しに試して試しまくったが、BAHAGIAインナーを作ったのでインナーを買うことは、もうない。

あ、パンツがあった。
ズボンじゃないほうのパンツ。
これだけは買わないと。
d0182119_16184195.jpg

あれれ?もしかして作るのかな。
あれれ?気づいてしまった。

るー。
[PR]

by kerokikaku | 2015-03-28 16:19 | BAHAGIA UNDERWEAR | Comments(0)
2015年 03月 25日
3月下旬のインフォルマシ
3月末から4月にかけて、展示会がむくむくと頻発。
詳細はサイトでご確認下さい。
ああ、いそがしいぞ。

ちこちゃんのSU展も、うかうかしてると終わっちゃう。
ティッシュ箱を脇にかかえ、鼻下を赤く乾燥させ、さあどれに行こうか、行けるか、悩んでいる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

sunuiのSmile market Halo-halo
2015/3/21(土)-3/26(木):shizan(北参道・千駄ヶ谷)


Halo-haloとはフィリピン語で「ごちゃまぜ」
フィリピンの島々から集まってきた古布と
アジア諸国を旅して集めたパーツを
合わせて作ったアクセサリーやバッグ
春のはじめの smile market Halo-halo
フィリピンの民芸品もにぎやかに並びます
是非遊びに来てください

d0182119_1740024.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ベンガルのたなごころ カンタ 彼女たちの針仕事」展
2015/3/6(金)-4/22(水):ATELIER MUJI(有楽町 無印良品 2F)
d0182119_17421139.jpg

去年秋、日本民藝館で大好評だったカンタ展。
いわずもがな岩立フォークテキスタイルミュージアム、岩立広子氏のコレクション。
あれは素晴らしかった。
ATELIER MUJIでも岩立コレクションより別の角度からのカンタ展示。
4月末よりラジャスタンのブロックプリント展へと続きます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2015/3/20(金)よりリニューアルオープン
金沢新竪町 GALERIE Noyau ギャルリノワイヨ


昨年末、貰い火により一時休業しておりましたが
この度、平成二十七年三月二十日(金)より
以前の店舗よりほど近い場所にて
営業を再開させていただく運びとなりました。
d0182119_17532219.jpg

二軒隣のtaffeta高ちゃんから、ノワイヨれい子ちゃんのお店のことを聞いたとき、心臓がバックリあおった。
だいじょうぶなのかと、ただおろおろした。
北陸新幹線で色めく2015春、ショップ移転リニューアル。
前と同じ新竪町しょうてんか、やったー。
おめでとう。今度は陸路で行くからね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

富田有紀子展
2015/3/31(火)-4/12(日):PARADA(吉祥寺)

d0182119_188658.jpg

あれ?なぜ富田さんのことをヨミタさんって呼んでいるか、言いましたっけ?

以前、韓国料理屋で「富田で予約しています」と言ったが通じない。
ちゃんと予約したのにおかしいな、と思ったら「ヨミタ」で通っていた。
そんなわけで以来ヨミタさんとお呼びしている。

ちなみに別の機会、わたくし(菊田)が予約するが予約名がない。
「ヒグタ」で予約されていた。
まさかの「ヒグタ」。
わたしの別名がヒグタだと知る人は少ない。

さらに時任さんが予約した時のこと。
もちろん「トキトウ?予約ないよ、だれ?」と言われた。
「ホキト」で通っていた。
それ以来、時任さんはみんなから「ホキト」と呼ばれている。

面白がって、予約してはヘンな名前をもらった。
その韓国料理店はとっくに閉店した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

中西洋人展「木と花と」 挿花・坂村岳志
2015/3/26(木)-4/2(木):DEE'S HALL(表参道)

d0182119_18203982.jpg

すっかりおなじみ、お約束、春のはじめの男二人展、DEE'S。
ほぼくまモン化されたであろう、元西麻布さかむら、現熊本さかむらの花人・坂村氏も全日お出張りされて花をいけるそうです。
中西さんの木器に花をいける先から、という、あの伝説のライブ再び。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「小さな彫刻と中国茶会」
安藤雅信展
2015/3/27(金)-3/31(火):R(西麻布)

d0182119_18272158.jpg

お茶席があります。
詳細はサイトでご確認下さい。
同時開催:安藤雅信個展 桃居(西麻布)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2015田中真美子・春夏のニット展
2015/3/28(土)-4/4(土):fudoki(蓮根)

d0182119_18303191.jpg

ちょうどfudokiの庭の桜が満開のころ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

MARU「寝袋マンとイロイロ」展
2015/3/9(月)-3/31(火):CHUM APARTMENT(目黒)

d0182119_18325533.jpg

さっき、仕事の電話中「えっと、けろ企画さんはカタカナでケロでいいですか?」と言われる。
相手はわたしの書いた「けろ企画」という文字を見ながら話しているのだ。
耳を疑うというか、夢でも見ているようだった。

「そのままひらがなで」と言ったが、相手の感度がどうも怪しい。
全部ひらがなの「けろきかく」とか、想定外があり得る、用を得ない雰囲気。

「いえ、ひらがなで」と再度伝えるもまだ「カタカナですか?」って。
どうしたものか。
これ以上どうしようもない。
ケロッピ化は避けたい。

MARUちゃんにも以前きいたことがある。
「まるとかマルとか書かれない?本当はMARUだって伝わる?」と。
すると「うーん、どっちでもいいよ」と明るく答えた。
おっしゃる通り。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

邊見泰子 Botanical Art + Something展
2015/3/29(日)-4/29(水):ギャラリー&カフェ草花舎(島根・益田)

d0182119_18431122.jpg

ボタニカルアートが好きで、特に造詣が深いわけでもないが、博物館的な絵図に惹かれる。
それと同時に、あの貝の絵のような、これも素晴らしく好物。
d0182119_18551119.jpg

いさりびの貝も。
d0182119_1856656.jpg

ボタニカルアートと一緒にしたらダメなのかな。
d0182119_18563498.jpg

どういったらいいのだろう。
写実に近づけて、一心に見て描かれたもの、それにグイッとひかれるのだ。
[PR]

by kerokikaku | 2015-03-25 17:55 | 毎月のインフォルマシ | Comments(4)
2015年 03月 24日
2015春のH.P.Eの虫眼鏡
先のインフォ、全般的に文字が豆つぶ、キヌア大なのでウェブアルバムにUPしました。

福岡での展示会、谷さん立ち合いは今日だけ。
4月の小田原菜の花さんでは会期内4日間いらっしゃるようです。

おお、こちらはこのままでも読めるかも。

HPE News 号外 2015.Mar
2015春 HPEの会ご案内

d0182119_16523977.jpg


タイトルをクリックして、左肩の虫眼鏡ツールを操作していただくと読むことが出来ます。
d0182119_19473674.pngこんなマークです。

こんな形状で届きました。
d0182119_16534690.jpg

刷って切って製本して、ああどこまでも手の仕事。
HPEの住所はいまだかつて見たことのない極小フォントサイズ。
ただでさえ怪しくなりつつ、それを認めたくないわたしの目が、目が、目が。
d0182119_16541033.jpg

小さいノート型。
d0182119_16543183.jpg

こんな有難いものをメモに使えるのだろうか。
いや、使ってしまおう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ラオスHPEの仕事展
2015/3/20(金)-22(日):あまねや工藝店(福岡)
2015/3/24(火)-28(土):朝日屋酒店(八女)
24日(火)は谷さん在廊
d0182119_9145643.jpg

上のタイトル「ラオスHPEの仕事展」をクリックするとこのテキストを大きな文字で読むことが出来ます。
d0182119_16561585.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
谷由起子の世界
2015/4/4(土)-4/12(日):うつわ菜の花(小田原)

d0182119_9164850.jpg

こちらも上の「谷由起子の世界」をクリックし、左肩の虫眼鏡ツールを操作してご覧下さい。
d0182119_19473674.pngこんなマークを探してどうぞ。

お、おっと、iphoneからだと個別にリンクしない模様。
こういうの困っちゃうなあ、まったく。

下の3つが今回ご覧頂きたい虫眼鏡テキストです。
d0182119_19574582.jpg

その場合の虫眼鏡は右肩です。
右だの左だのって。
d0182119_2032366.jpg

よし、がんばろう。
[PR]

by kerokikaku | 2015-03-24 17:06 | H.P.E | Comments(0)
2015年 03月 22日
2015春のH.P.E
開花に合わせて、谷さんの、H.P.Eの布の春がやってきました。
H.P.E.の季節が、また当たり前のように巡ってきて欲しいと思うばかりだが、思うだけなら簡単だ。
季節は巡り、変わる。

詳細はサイトでご確認下さい。
DMに書かれたテキストが細かいので、後日ウェブアルバムに載せて読めるようにします。

ラオスHPEの仕事展
2015/3/20(金)-22(日):あまねや工藝店(福岡)
2015/3/24(火)-28(土):朝日屋酒店(八女)
24日(火)は谷さん在廊
d0182119_9145643.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
谷由起子の世界
2015/4/4(土)-4/12(日):うつわ菜の花(小田原)

d0182119_9164850.jpg

[PR]

by kerokikaku | 2015-03-22 22:19 | H.P.E | Comments(3)
2015年 03月 20日
「正藍型染師 田中昭夫の布 頒布会」への道-4.0 精錬大釜
なにか景色が違った。
d0182119_23313937.jpg

田中翁が反物を干している、その手前。

藍場の前に大きな窯があったっけ。
反物の布を精錬するための五右衛門窯。
d0182119_23372923.jpg

ブロックで囲んだ、大きな窯があったはず。
d0182119_23375711.jpg

証拠画像は辛うじてある。

さあ、どうだ。
d0182119_23385258.jpg

なんもない。
すっきりがらんぽん。
d0182119_23391831.jpg

市だが県だかの条例で、煙を炊くことができなくなったらしい。

ふうん。と向こうに転がる黒いものを見る。
d0182119_23425038.jpg

あれなんですか?
「窯だよ、精錬する窯。もう使えないから放ってある。あとで取りに来る。」
d0182119_23411510.jpg

ふうん。誰か知り合いが使ってくれるんだ。
有効活用してもらえるといいな。
あれだけの立派な大釜だもの、貴重なものだし。

そして半月後。
あれ?ない?

「鉄クズ屋が取りに来たヨ。」
d0182119_23452533.jpg

取りに来たのが鉄クズ屋だとは言葉がなかった。

この時点で、わたしがどれだけ悔やんだか。
悔やんだところで引き取る術もないのだが、とりあえず大いに悔やんだ。

分かっていただけますか。

「精錬は出来なくなったけれど、糊を作る小さな窯場は作った」って。
d0182119_23495426.jpg

長板は引退だが、まだこっそりやる気の御大。
d0182119_23515823.jpg

左の切られた木。
これ、桜です。

アトリア川口の匠展での映像にも映っていた、あの桜。
これも市だか県だかの何がしで切ることになったらしい。

ひょうひょうとした御大を前に、わたしひとりがグズグズ。

分かっていただけますか。
[PR]

by kerokikaku | 2015-03-20 23:57 | 正藍型染師 田中昭夫 | Comments(0)
2015年 03月 18日
「正藍型染師 田中昭夫の布 頒布会」への道-3.95 風景が違う
田舎の親戚の家だと、いつ行っても、それが10数年ぶりに行ったとしても、変わらずに「ある」ものが多い。

「懐かしいなあ」
と、こちらはノスタルジーだが、当人たちは全く気にせず、たぶんその後10数年経ったとしても1mmも動かずにそこにある。
置物だったり、道具だったり、しつらえだったり、景色だったり。

もしわたしが試しに10cm動かしたなら、それは10数年後も10cm動かされたまま、そのままそこにあるはずだ。

と、見くびっていた。

川口は田舎でもなく、ましてやわたしの親戚でもない、田中紺屋。

勝手に田舎の郷愁を感じていたのが間違いだった。
つい、のんびり構えてて「あぅぅ」となった案件がある。

今度来た時によく聞いてみよう、手配するのは今度にしよう。
d0182119_22191012.jpg

詳細は後日。

あーあ。
田中紺屋は、いまも、常に動いているのだった。


[PR]

by kerokikaku | 2015-03-18 22:09 | 正藍型染師 田中昭夫 | Comments(0)
2015年 03月 17日
かふん
しめしめ、そんなでもないかも。
もしかすると、けっこうゆるいとか、もはや反応しない体になったか、今年。
d0182119_2224720.jpg

完全に裏をつかれた。

ひどい、ひどすぎる。
[PR]

by kerokikaku | 2015-03-17 22:05 | ものすごくその他 | Comments(0)
2015年 03月 15日
よさをつたえきれない
実際はすっごくいいんです。
d0182119_2171645.jpg

わたしのほかにも、あと二人くらいは気づいている人がいると思います。
d0182119_2183364.jpg

きっちりすぎず、雑すぎない、刈り主の美意識。

こっちも。
d0182119_2114508.jpg

あかん、今日はうまいこと撮れやへん。
出直します。
[PR]

by kerokikaku | 2015-03-15 21:10 | ものすごくその他 | Comments(0)