<   2015年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

2015年 06月 30日
【正藍型染師 田中昭夫の布】通販サイトCLOSEと、ゲリラ活動終了のご挨拶
では、当該活動の黒幕より皆様へご挨拶です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お陰様で【正藍型染師 田中昭夫の布】期間限定サイトは、すでに完売致しておりますが、
本日2015/6/30を持ちましてサイトを閉じさせていただきます。

お買い上げ頂き、本当にありがとうございました。
お手元に渡った布は如何でしょうか?

この催しの最後に、一文をご紹介したいと思います。

昭和50年、今からちょうど40年前に限定出版された「唐草染布帖」の冒頭の文章です。
d0182119_1336096.jpg

書き手は、三木文庫主事 阿波藍研究の第一人者 後藤捷一さんです。
d0182119_13362326.jpg

皆様が田中紺屋布を お手に取りながら、
お読みいただけたらと、ここに書き写します。
d0182119_13363924.jpg

d0182119_13365325.jpg

そして、これにて昨年来の田中紺屋騒動は終了いたします。
d0182119_13404853.jpg

多くの皆様のお手元と記憶の中に 田中紺屋の仕事が残りましたことに、関係者一同深く感謝申し上げます。
d0182119_13375716.jpg

津田千枝子

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「正藍染唐草模様の復原」  後藤 捷一  昭和50年4月14日

山野の緑が開発の波に奪い去られた今日、わが藍染め界も古い技法は顧みられず、
一途合成藍の還元建乃至天然藍との割建に変じ、またその藍甕は掘起こされて廃物となり、コンクリートのバットに一変した。

斯くの如き藍染界にあって阿波大谷焼の藍甕 <江戸時代以降大谷焼の藍甕は全国藍甕の40%を占めていた> で
純粋の阿波藍を古来の発酵建技法により、藍本来の色を染め上げ、馥郁たる藍香を放たせているひとに田中紺屋がある。
d0182119_1356755.jpg

d0182119_13561895.jpg

田中紺屋は単なる染技法の伝承に止まらず、
その染生地は昔なつかしき手紡手織の木綿であり、麻でもある。
d0182119_1337558.jpg

また染柄は古代エジプトで生まれ、ギリシャとローマで育ち、シルクロードを経て中国に渡り、
更に我国に伝来した唐草模様で、渡来頭初は専ら仏教美術面に限られていたが、その応用は漸次各方面に宏大して庶民に親しまれるに至り、
江戸時代には服飾界に牡丹・菊・桔梗・葵・鉄線・竹・梅などの花文中心の中形染として盛行した。
d0182119_13371769.jpg

田中紺屋はこれらの柄を縦横に馳駆して自ら形紙を刻り、
吾人の祖先が愛用した文化遺産を見事に復原した。
d0182119_13372838.jpg

d0182119_13564196.jpg

私は田中紺屋のこの努力に対し満腔の敬意を表し、
併せてこの製品を一堂に展じて読賢の高覧に供した、企画者三彩工芸に高らかな拍手を贈り度い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


では続きまして、正藍型染師 田中昭夫御大、ご本人より、皆々様へご挨拶です。


d0182119_13383924.jpg

「ども、ありがとうございました」
d0182119_13572387.jpg

※頒布会DM用にと、何度も何度も書き直したサイン
d0182119_13451570.jpg

[PR]

by kerokikaku | 2015-06-30 23:59 | 正藍型染師 田中昭夫 | Comments(0)
2015年 06月 30日
7月初旬のインフォルマシ
早ようクレクレ、とアレにご出展の方々へお伝えした甲斐あって、我が家の足の踏み場はみるみる狭小状態に。
ありがたき、毎度の光景。

この太巻きリネンは、いまだ手つかず、ぼんやりと置きっぱ。
d0182119_1027132.jpg

みなさん、すごいね。
持ってるね。
たまげたね。

それらを救出し、悪魔かつ天使な価格をつけ、求める方面へキラーパスする。
そんな佳き日は、2015年7月中旬になるらしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小原聖子個展「夏の粒子」
2015/7/2(木)-14(火):okeba gallery&shop(茅ヶ崎香川)

茅ヶ崎okebaでは2年半ぶりとなる個展です。
夏の海にもぴったりな軽やかな真鍮のアクセサリーが集います。
今展に合わせ、シルクやコットンを使ったピアスのほか、オブジェもゆらゆら浮かびます。
熊澤酒造のクラフトビールや美味しいご馳走とともに、ゆっくり茅ヶ崎にいらしていただけたら嬉しいです!
パン屋さんもあるよ~

d0182119_10404418.jpg

WORKSHOP「トンテンカン!真鍮のピンバッジ作り」が7/5-6にあります。
もう満員かな、どうだろう。
サイトよりお問い合わせ下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

pottery andglaswaer
鷹尾葉子 波多野裕子
2015/7/4(土)-12(日):間・Kosumi(落合・東中野・中井) 


荒削りなタッチで描かれた絵画のような陶の器
煙るような色のトーンが美しいパート ド ヴェールのガラスの器
素材の違いが際立つ二人展です。

d0182119_10462549.jpg

間・Kosumiの落ち着いたしつらえに合う二つの器展。

コアな方におかれましては、まずこちらへ行き、その数日後がどうなってしまうのか、ビフォーアフターをご堪能されたし。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

遠足テーブル展 スズキサト
2015/7/7(火)-8/2(日):ヒッコリースリートラベラーズ(新潟)

d0182119_1101077.jpg

d0182119_1101892.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とびだせ!ぼくらの! SUMMER JAMBOREE
トラネコボンボン・・・フード
sunui・・・バッグとアクセサリー
冨沢恭子・・・柿渋染かばん
2015/7/10(金)-14(火):fudoki(板橋蓮根)

d0182119_1124325.jpg

たたた、たいへんです。
豪華3種盛りイベントがやってくる。

トラネコボンボンのJAMBOREEカレー屋台が出ます。
そんでもってsunuiのプリントワークショップでTシャツも作れます。
詳細はサイトをチェキラ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

秋野ちひろ展「ブレスレットインザボックス」
2015/7/11(土)-20(月):hase(名古屋)
d0182119_1185693.jpg

今頃ちこちゃん、秋野ちひろさんのお尻が火事であることは想像に難くない。
わたしはいい大人なのだから、初日に新幹線でちゃっと登場し、SAYハローして颯爽と消えたいのだが、こちらの尻も火事につき、そうもいかないのが非常に遺憾。
[PR]

by kerokikaku | 2015-06-30 11:28 | 毎月のインフォルマシ | Comments(0)
2015年 06月 29日
またカットって、
あれは今月、6月あたまのこと。

必死のパッチで御大の布をカットした。
大事に大事に気をつけてカットし、そしてカットし、さらにカットした。

おかげ様でそれらも終わった。

たった数日で年季の入ったカット用@50cmゲージのテープをはがした。
なんとも感慨深かった。
d0182119_137412.jpg

なのにまた、ゲージのテープを貼ることになるとは。
6月の別称は布切月なのだろうか。
d0182119_1382042.jpg

某日、都内某所。

とある染織有力者よりお声がかかり、ノコノコとお邪魔する。

そこにはおびただしい布・布・布。
インドシルクを中心とした、お宝布素材系がごっちゃり。
これはほんの一部。
d0182119_1384845.jpg

さいきん、どこかで。
そうね、埼玉川口あたりでの記憶が新しいような。

ひとんちの家探し盗賊ふたたび。
それらを持ち帰り、カット人生がはじまった。

これは気取った図。
d0182119_13121047.jpg

ほんとはこんくらい、えらい騒ぎ。
d0182119_1313419.jpg

ヒーフー言いながら、測りも測り、切りも切った。

地平線が見えない。

これも気取った図。
ほんとはもっとある。
d0182119_1317189.jpg

けろちゃん、いま何やってんの?と聞かれれば、「測って切ってる」と言うしかなかろう。
これに限らず、測らないモノも続々と集結している。

カンの良い方はそろそろピンときましたかな。
そう、だいたい当たりです。
アレね。

あんまり暑くない日だといいね、とだけお伝えしておこう。

あとしばらく、震えて待て。
[PR]

by kerokikaku | 2015-06-29 13:26 | GSS | Comments(0)
2015年 06月 24日
6月下旬のインフォふたたび
あぶない。
6月が終わりそうだ。

真鶴では黄金週間が始まるらしい。
いやはや、たいへんな熱量の集合体、メコンデルタ風。

世界にだって広めようと言っている。
d0182119_2265343.jpg

あの初訪鶴より早や1年。
d0182119_22201134.jpg

わたしがあまラー(懐)から、まなづラーになった日。
現在サルエラー
d0182119_2274839.jpg

真鶴町立遠藤貝類博物館には、わたしが手に入れるべき「貝類圖絵」はまだ残っているのだろうか。
SOLD OUTになったとか、SALE価格が定価に戻っているなんてことは、まさかね。
d0182119_228021.jpg

奥歯に貝がはさまったきり、また1年経ってしまった。
d0182119_22202031.jpg

くだくだ言うより、こっちでチェケラ。
布茶レコメン店にて干物を買うのもお忘れなく。
d0182119_2281052.jpg

そして森岡書店の銀座店で、CHICU+CHICU 5/31の展覧会。
茅場町じゃないほうね。

6月下旬のインフォとして追記いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『古い布でつくる』
ーアンティークリネン、柿渋、テント生地ー 
素材をいかしたものづくり
山中とみこ(CHICU+CHICU 5/31)著 主婦と生活社刊
2015/6/23(火)~6/28(日):MORIOKA SHOTEN & CO.,LTD.(新富町)


長い年月を経過する中で意図せずに生まれた
古い布のほつれ、ほころび、縫いの跡、すり切れた布の表情
無作為のデザインをなるべく生かしながらつくる
そんなアイデアをまとめた書籍を出版しました

当日は、書籍販売と掲載作品の展示に合わせて、
古い布でつくった作品の販売も予定しております
みなさまのお越しを心よりお待ちしております

CHICU+CHICU 5/31 山中とみこ

d0182119_21575441.jpg

[PR]

by kerokikaku | 2015-06-24 22:08 | 毎月のインフォルマシ | Comments(0)
2015年 06月 23日
BAHAGIA UNDERWEAR、新色できました
薄いトップスの下に、ブラなしでぺらりと着られるタンクトップ。
ゆるゆるガードルにもなるペチパンツや、そのまんま出かけちゃうサルエルパンツ。

けろ企画がお送りしている、いわゆるひとつの【BAHAGIA UNDERWEAR】。

シーズンごとにアイテムやデザインを変えたりしない、じんわりとロングセラーを目指す、いつものインナーでありたいのです。

サルエルパンツのブラック色&ブルー色がSOLD OUTになっておりましたが、ようやく再入荷しました。
d0182119_1324118.jpg

今時分は、こうやって
d0182119_1325512.jpg

大きめアウターやワンピースを、スポンッとかぶるのも、悪くないと思います。
d0182119_1332076.jpg

そして。

どさくさのスキマに、新色をつくってみました。

マチョタンクトップ・ワイドタンクトップ・サルエルパンツの3アイテムに、新色グレーが加わりました。
d0182119_12575991.jpg

ブラックとの色の差はこんな感じ。
d0182119_1314041.jpg

インナーとしてとても優秀な色目かと思いますがいかがかな。

外から見えにくい、最優秀な組み合わせはこちらとも言えますね。
d0182119_13224549.jpg

さらに。

「肌着感の出ないエッジなカラー」とうたっておきながらの
d0182119_1342299.jpg

超絶、肌着色。

サルエルパンツにも、キナリ色を追加しました。
染色していないだけあって、色のあるものより一段やわらかい肌触り。

靴下もキナリにしてみると
d0182119_1351095.jpg

仲本工事っぽくなります。
非常にいい意味で。

DEAD SERIOUS。
d0182119_13114668.jpg

「涼しくてあたたかくて、ちょうどいいよ」と、どっちつかずなお言葉を頂戴しています。

まあ、たぶん褒められているんだと思います。

とりいそぎ、今のところ、あるだけ御免の
DEAD SERIOUS。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

詳細はサイトにてご確認下さい➡【BAHAGIA UNDERWEAR
[PR]

by kerokikaku | 2015-06-23 13:32 | BAHAGIA UNDERWEAR | Comments(0)
2015年 06月 23日
なにが
d0182119_1011410.jpg

[PR]

by kerokikaku | 2015-06-23 10:11 | ものすごくその他 | Comments(0)
2015年 06月 19日
6月の中と下旬のインフォルマシ
じつは。
黒のなにがしは再入荷しておりまして、すでにサイト上ではお求め頂けるようになっている。

どうぞようこそ、いらっしゃいませ。
d0182119_12395388.jpg

しかし、色ナシのなにがしも作ってしまい、そちらの編集がまだでして、はてさて、大っぴらにお知らせしたものかどうしたものかと。
d0182119_12405793.jpg

ここだけの話、別カラーのなにがしもあったりして。

今しばらく、震えてお待ち下さい。


さて、今週来週にかけて、続々とインフォがございます。
お足元に気を付けて、サイトで詳細をご確認の上お出かけ下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フィリピンのかごと布展
2015/6/16(火)-6/21(日):器とカフェ ひねもすのたり(阿佐ヶ谷)

40年来に渡ってフィリピンのカゴと布をコレクションした方が、ゆえあってお好きな方に使っていただきたいと手放すことになりました。
沢山の島々からなるフィリピン、編み方や織り方も多様です。
こんなに素敵なカゴや布があったなんて!i驚くこと間違いなしです。さらにとてもリーズナブル!
ぜひ、お手にとってみてください。通常より1時間早く開店します。ご来店お待ちしています。

d0182119_12521624.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

漆 杉田明彦 PAINT IT, BLACK
6/16(火)-6/23(火):Sundries(表参道)

d0182119_1256366.jpg

器だけでなくいろいろなものにPAINT IT, BLACKのようです。

秋野ちひろさんの金属もちびっと並びます。
彼女が「杉田くん」と呼ぶ位だから、若い作家さんなんですかね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


民族の布「模様の意」 ティモールテキスタイル
2015/6/18(木)-6/22(月):ルーサイトギャラリー追分・油屋旅館分室(軽井沢)


動物模様に幾何学模様、どちらもおおもとは自然の意気をよりどころにしています。
ワニの神様、聖なる白い鶏、水牛の角・・・ティモール島の布を真ん中に、自然と人、人と人との大切な約束を印したアジアの布をご紹介いたします。

d0182119_1324226.jpg

イカットのワニ人間のあいだ、真ん中たてのカラフル紋様は紋織。
宇宙と交信中。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

buanobi Exhibition by Etsuko Fukushima
2015/6/19(金)-6/21(日):インペリアルギャラリー(横浜 元町中華街)


3日間だけのbuanobi SHOPを横浜山下町にオープンいたします。
新作をいろいろとご用意して皆様のお越しをお待ちしております。
d0182119_13123152.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

PONNALET + クロマニヨン
7days Exhibition at PLAIN PEOPLE
2015/6/19(金)-6/25(木):プレインピープル青山(表参道)


カンボジア・ラオスの手織りの魅力をデザインするポンナレットは、毎日の暮らしをもっと楽しくさせる日々の着物と帯を、クロマニヨンは、カンボジアで手織りした、デザインもサイズも様々な、万能布・クロマーをご紹介します。ぜひこの機会に私たちの布に触れ、纏ってみて下さい。
d0182119_1316321.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いわもとあきこ展 ーさきおりさささー
2015/6/19(金)-6/28(日):ヒナタノオト(日本橋・三越前・人形町)

d0182119_13202075.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

竹籠 船橋正則 
林久美子 オリジナルデザイン扇子
2015/6/20(土)-6/28(日):間・Kosumi(落合・東中野・中井)

用途を思いながら編まれた竹の籠は、暮らしに溶け込み、使い込むほどに味わいを増して行きます。
林久美子さんはガラス器の絵つけ、バッグ、服地などのテキスタイルデザインを手がけています。
今回の展示では、植物をモチーフにした涼やかな扇子をご覧下さい。

d0182119_1323314.jpg

カゴやザルは永遠だなあ。
用途さえパシッと合えば、もう手放せない。

来る7月に、ここ、間・kosumiで、なにかがあるとか、ないとか。
なんだろう。
[PR]

by kerokikaku | 2015-06-19 13:25 | 毎月のインフォルマシ | Comments(0)
2015年 06月 16日
黒×金文字からの
とあるパスタ製造屋の奥。

メニューはひとつ。
塩コショウとチーズとオリーブ油で和えたパスタのみ。
d0182119_22332984.jpg

それしかない。
d0182119_22382060.jpg

潔すぎて、敷居が高いような、そうでもないような。

同席者が「お店と同じ味がしますね」と名言を吐いた。
いかにも。

わたしはお店を持ちたいと思ったことはないが、もしなにかの間違いでお店を持ったら(てか何屋だ)、かならずガラスにロゴを金×黒文字で書きたいと思っていた。

こちらはその文字だった。
d0182119_22421446.jpg

きっと年月が経てば、剥がれたり汚れたりで、もっとよくなる。

夏の福生でみつけたレタリング。
d0182119_22405720.jpg

しびれるねえ。
d0182119_22434520.jpg

その数軒先。

すてきすぎて失神だ。
d0182119_22452689.jpg

衣裳をようく見よ。
イカリ肩。

そして
d0182119_2246442.jpg

こっちは、さらに100億倍、失神だ。
[PR]

by kerokikaku | 2015-06-16 22:44 | ものすごくその他 | Comments(2)
2015年 06月 14日
【正藍型染師 田中昭夫の布】通販サイトSOLD OUT
黒幕遠方不在にて、とりいそぎ代行参謀より申し上げます。

【正藍型染師 田中昭夫の布】期間限定・通販サイトにつきまして、2015/6/13現在の状況をご報告致します。
d0182119_1622161.jpg

おかげ様で、販売していた染布はすべてSOLD OUTとなりました。

多くの皆々様にご支持いただきましたこと、感謝でいっぱいです。
御大の染布、それぞれいいところへ渡ってゆきました。
ありがとうございました!

端布でもいい、ほんの少しでもいい、次の販売のお知らせが欲しい、田中紺屋へ行ってもよいか等々、名残りを惜しむお声をたくさん頂戴しております。

すでにオオカミ少年化しており、はっきり言いにくいような複雑な心境で少し口ごもりがちです。

しかし只今の考えとして、これで一旦実行部の活動は終了です。
※ちなみに2015/6月末まで通販サイトはそのままにし、その後CLOSEします。

この後しばらく、田中御大にはゆっくりして頂こうと思います。

長板中形は引退でも、小さな染めは細々とやっていくようです。
それらをどのようなカタチで、ということさえ未定です(実行部が関わるかどうかも含め)。
田中紺屋は御大個人の仕事場であり、見学を受け付けているわけではありません。

いずれ何か動きがあるようでしたら、拙ブログ・FBでお知らせいたします。
何もなければお知らせしませんので何卒ご容赦下さい。

いよいよ、机に貼った@50cmのゲージのテープを外します。
d0182119_16374318.jpg

たった数日の出来事だったのに、ずいぶん年季が入りました。

御大にも通販サイト(積み忘れ反!)の完売について、報告済みです。

喜んでいたと思われますが、やはりそれについては言葉少なく、シャイな「うん」でした。
ほかの藍仕事の話に終始し、ここんとこ、忙しかったな、と。

お礼状を皆さんが喜んでいた旨も伝えました。
「うんうん」と嬉しそうでした。

電話を切る段になって、ぼそぼそと「ども、ありがとうございます」と。
ちょっと弾んだ声でした。

なんか、泣きそうになりました。
まだ御大、生きているのに、これはまずいな、と思いました。

誤解なきよう。
お元気です。

皆様のおかげで、末っ子80歳・正藍型染師の寿命はグンと延び、元気度も増したと思います。
心よりお礼申し上げます。

まあこれからは、決して決して焚き付けることなく、言っても聞かない御大の好きなようにやってもらえれば、と。
みなさまもそうですよね。
御大のことなんで、永遠にマイペースでやるのでしょう。

黒幕参謀より、とりいそぎのお礼とご報告まで。


田中昭夫の布 通販サイト 
販売代行 けろ企画
[PR]

by kerokikaku | 2015-06-14 17:01 | 正藍型染師 田中昭夫 | Comments(0)
2015年 06月 13日
週末のキッチュ
どうも。

だいぶんと落ち着きまして、いつもの流れが戻って参りました。

その割にはさっき、夕方までは、必死やったな。
けろたん、ようがんばった。
いい具合にがんばらせていただいた。

全世界の皆々様へ、この度はおかげさまでございました。
感謝の言葉もございませんほど非常に恐れ入っております。

ご贔屓筋におかれましては、どうも、こんちは。
なんの教訓も意味もない、ライトでちょっとしょぼい拙ブログ。
毎度ようこそ、いらっしゃいませ。

ま、意味はある。

わたしの実家の床屋からすると商売敵ながら、こんなすてきなトコヤを曲がると
d0182119_23215255.jpg

V様、君臨。
d0182119_2322480.jpg

明日6/14(日)まで、吉祥寺から徒歩5分。
V様がおっしゃるように、ブログを2つやる意味はいかに。
d0182119_23154579.jpg

そして経堂、ベトナム帰りのstockさん。

いつもながらの
d0182119_23265784.jpg

安定したしつらえは
d0182119_23251378.jpg

間違いない。

絶対二度と買ってはならぬと自戒していたポストカード群に釘づけで、ついついゲッツ。
d0182119_23471835.jpg

うちには唸るほど困った系のポストカード群があるというのに。

そして青空君がネパールで1枚1枚吟味して買ってきた、困ったポストカード群も最近追加されたというのに。
d0182119_23483967.jpg

ともかく、stockのベトナムカードが気になった。

「けろさん、今はぜんぜん違いますよ。こんな感じじゃないです。もうスタバとかフツーにあるんで」
d0182119_23515992.jpg

そうだよね。
もはやバリ島だって新宿みたいだもの、なんだかなーだよね。

21世紀前夜のウォンカーウァイ映画のような、レスリーチャンの出る感じではないらしい。

「でもこれはまだありますよ」だって。

ビバ、青空床屋。
d0182119_2353198.jpg

帰り道。
経堂スズラン通りで2度見し、後じさり、3度見には写メを撮っていた。
d0182119_2328087.jpg

撮るよね。
d0182119_2328138.jpg

まぼろしか、まやかしか。

それとも哲学なのか。
[PR]

by kerokikaku | 2015-06-13 23:16 | そこそこその他 | Comments(4)