<   2015年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2015年 07月 30日
貝とかカニとか
こう暑くちゃと、さすがに寝室クーラー導入を考える。
どんな轟音下であっても安眠体質なのに、さすがに寝苦しい。

家電店で見ると最短設置が8/10頃だった。
その頃には少ぅしだけ落ち着いている、と森田さんがおっしゃっていたような。

ならば来年オフシーズンのラジオショッピングまで我慢するか。
命を懸けて我慢するのか。

目だけは涼を追う。

が、スズカケが、ぜんぜんすずしく感じない。
d0182119_2275644.jpg

都内某所にて。
やはり海産物系だよね。
d0182119_2285316.jpg

そうとうキワッキワな絵圖。
d0182119_2291414.jpg

ケンカ売っとる。
体温、にわかに上昇。
d0182119_2210292.jpg

真鶴某所。
これぐらいのクオリティだと涼やかなのだが。
d0182119_22111224.jpg

九十九里浜某所。
海風がそよぐような。
d0182119_22113324.jpg

ああ、焼き蛤とアジのたたきよ。
渋滞込みで往復9時間は、あまりにも遠方。
d0182119_2212133.jpg

日本民藝館の「動物文様の工芸と絵画」展。
虫、動物、植物、鳥など、生きものがモチーフの工芸品が集められている。

今展メイン(だと思う)のカニは見事だった。
司馬江漢先生だもの。
d0182119_22182578.jpg

館内で撮影は不可なので、気になったモノをポケットにあった紙に書きなぐる。
問題としては、後から見たときに解読不可能なこと。
d0182119_2220068.jpg

動物ではないが、朝鮮のハサミに釘づけだった。
鉄製だったか。
ぜったい何も切れないと思う。
d0182119_22213219.jpg

うそじゃないから。
字はヘタだけど、絵はヘタなんじゃないから。
ほんとにこんなハサミだったんだから。

さらに、いちばん心を打ったのはこちら。

朝鮮の刷毛目線彫蟹文蓋。
ようするに土鍋のフタ。
d0182119_22285932.jpg

司馬先生のもカニ。
こちらもカニ。
優越つけられない。

あ、

ほんとだって。
ほんとにこんなカニだったんだって。

絵がヘタなんじゃなくって、逆にこのスケッチ、めっちゃリアルなんだって。
超写実主義なんだって。

見たらわかるって。
けろさんの絵、すごく上手だってわかるってば。

いや、もう、ほんとだって。
[PR]

by kerokikaku | 2015-07-30 22:33 | ものすごくその他 | Comments(2)
2015年 07月 28日
のれんをつくってみた
御大の生地の中でもレアな麻無地。
5月の頒布会で、御大史上初のお披露目だったのはご承知のとおり。
d0182119_21292134.jpg

正藍染めの中国産生平を、玄関ののれんにしようと考える。
たたみのヘリ用としてはまだ畏れ多く。

うちにいる時は、朝昼晩、夏も冬も、大雨以外は玄関をあけっぱ。
風通しの悪いカビ御殿につき、あけっぱがクセになっている。

最近では、ヤマトさんが勝手に入って勝手に集荷してくれる。
時々、荷物がなくなっていてビックリするが、伝票控えが残っていて、あぁと思う。

蚊や不審人物の侵入防止にも、麻ののれんはちょうどいい。

すっかり手も空いたことだし、作ってみるとする。

と、威張った割には、端っこを縫っただけ。
魅惑のスッケスケ。
d0182119_21331266.jpg

御大の正藍生平をふんだんに使い、何とまあぜいたくなことか。
d0182119_21365723.jpg

心なしか気温が下がった気がする。

フラシーボ効果と言うなかれ。
がぜん清涼感が増したんだぜ(けろ企画調べ)。


ところで、のれんを吊るための棒をどうやって調達したでしょう。

天然素材の手ごろな木も縄もない場合。


あったじゃない。
ぴったしじゃない。

でもソレ、どこかで見たような。
d0182119_21414333.jpg

正藍御大から、いちばん遠いところに位置するGSS4。
それがいったい。
d0182119_21444393.jpg

お人形も、鳥かごも、布素材も、みーんな早かったねえ。

遠い昔のようですねえ。

ピンクの提灯やピラピラは什器ですけれど。
d0182119_22233170.jpg

あ。
d0182119_22193810.jpg

酷暑のさなか、神秘的なベストマッチに満足した。

7月田中学校、無事完了。
[PR]

by kerokikaku | 2015-07-28 21:47 | 正藍型染師 田中昭夫 | Comments(3)
2015年 07月 25日
cox
つくばのシンゴスターリビングに、新しく「食事棟」が出来た。
「カフェ」とうたわないところに意志を感じる。

行ったことのある方なら、蔵作りのシンゴスターに入る前の駐車場、そこのスペースにOPENしたと言えば分かるだろうか。
道路から見て、手前に庭、その左奥に蔵、右が駐車場、さらに奥はお墓、でしたね。

おおよその予想をして出かける。
白木のおしゃれ建物を、勝手に想像する。

つくば市街は街路樹の緑でもうもうとし、夏休み感でいっぱい。

大通りから1本入り、くねる細い車道を抜ける。
森の手前に、シンゴスターリビングの蔵が見えてきた。

やぁ、お懐かしい。
2年、いや3年ぶりか。
トラネコ&冨キョン展以来だろうか。
d0182119_2210329.jpg

道沿い、こんなところから出入りが出来たっけかな。
d0182119_23183048.jpg

この奥はいつものシンゴスター。
d0182119_22135535.jpg

うらやましい程の緑の庭。
草木を通ってそよぐ風は、なぜに心地よいのか。
d0182119_23184261.jpg

うちにも柿の木はあるのだが。
d0182119_23185775.jpg

もういちど道路に戻り、元あった駐車場の方へ。

方へ、って。
d0182119_23191416.jpg

はいぃ?
d0182119_23193085.jpg

引いて見たところで、もいちど、はいぃ?
d0182119_23194488.jpg

おそるおそる、だいじょうぶですか。
この道でよいのですか。
d0182119_23195881.jpg

よかろうもん。
d0182119_2320142.jpg

中はいったい。

どうぞ入ってのお楽しみ。
角度も建材もニュアンスも、とてもよく考えられた空間設計で、うーんと唸った。

サーブされるのは、きちんと丁寧に仕込まれたライトミールと自家焙煎コーヒーとビオワイン。
ゴルゴンゾーラ入りのキッシュはちょっと感激した。

早朝から夜までと、気軽でもありスペシャルでもある空間だ。
是非とも三多摩地区にも進出して頂きたい。
d0182119_22591126.jpg

まだまだ未完。
これから建物の脇には土を盛り、屋上には菜園を作るという。
地元に密着し、遠くからのお客様もすべて受入れる気持ちの良い空間。
10年20年先を見据えての、やわらかでエッジな計画が始まった。
d0182119_22353611.jpg

coxという名のシンゴスターリビングの新しいスペースです。

いやー。おどろいた。
要塞のようだが、中に入ると納得する。
何がって、外観でおどろかせるつもりではないのがよく分かる。

画像を載せないで、行ってのお楽しみがほんとは良かったのかもしれず、お先に失礼。
d0182119_23203975.jpg

駐車場は、道路を挟んで向かい側になりました。

次なる機会にはメロンファームも突撃したいと思う。
d0182119_23212369.jpg

27(月)まで、c.p.koo(セーペルクー)の夏服展を開催中。
d0182119_22482276.jpg

はは、おずぼん買っちゃった。
[PR]

by kerokikaku | 2015-07-25 22:24 | 情報として | Comments(0)
2015年 07月 21日
7月下旬のインフォルマシ
グラデーションのない白黒ぱっきり気候にも慣れてきた。

梅雨のカードをめくると次は酷暑。
それをめくると一気に秋を越して冬なのだろうか。

むせかえる暑さのあとの夕焼けの美しさに、うすら怖さを感じる。
黄色いカラコンでもはめたような夕方もあった。
数日前は虹も見えたそうだ。

ちょっと立ち止まって見入るほどの夕焼け。
d0182119_22304640.jpg

そして、おふろの王様のアカスリコーナーがわたしを呼んでいる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

動物文様の工芸と絵画  
2015/6/30(火)-8/23(日):日本民藝館(駒場東大前)


当館には、大津絵や絵馬を始め、陶磁・染織・漆工などに、動物をモチーフとした造形が豊富に所蔵されています。本展ではそれらに加え、室町時代の水墨画や、中国南宋の動物画の流れを汲む朝鮮半島や中国の精緻な動物画など、柳宗悦蒐集の絵画を展示します。工芸と絵画に表された動物たちの豊かな表現の数々を、ご高覧下さい。
d0182119_22335034.jpg

チラシ裏面にカニ。
d0182119_2241273.jpg

カニ。
d0182119_22422856.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ラタンプールのババグーリ」 
ヨーガン レールのジュエリー展
2015/7/17(金)-8/2(日):ババグーリ(清澄白河)


ババグーリとは、インドのグジャラート地方、ラタンプールで採れる瑪瑙のこと。その唯一無二の美しさに夢中になったヨーガン レールが、長い時間をかけ探し集めた石からつくられたジュエリーをご紹介いたします。それぞれの石の個性を存分にいかしてデザインされたジュエリーは、自然の世界と手わざとを掛け合わせたもの。ヨーガン レールの天然素材と手仕事へのこだわりは、自然への畏敬の念と、その摂理に従うためでもありました。これまでのジュエリーのコレクションも併せてご覧いただけます。ぜひお運び下さい。
d0182119_2245353.jpg



おとなもこどもも考える「ここはだれの場所?
2015/7/18(土)-10/12(月祝):東京都現代美術館 企画展(清澄白河)

ヨーガン レールが制作したプラスティックゴミのランプがこの夏、東京・清澄白河ババグーリ本店からほど近くの東京都現代美術館で展示されます。
八重山諸島にある海辺の家に暮らしたヨーガン レールは、近年、大量のプラスティックゴミに汚染されゆく浜辺の姿に懸念を抱いていました。
その深刻な現実へ、少し遊びごころをもった方法で多くの人々に目を向けてもらえるよう制作されたランプの数々。
漂着したゴミから、美しく実用的なものを作りあげ展示をするという試みは、ヨーガン レールの最後の仕事となりました。この機会にぜひご覧ください。

d0182119_22491916.jpg

ヨーガンレールさんの展覧会、同じ清澄白河でふたつ。
ババグーリと現代美術館、ふたつ合わせて歩いて行かれます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フレームの向こうで唇が動いている それだけはわかる
立花英久塑像展
 レアリテと僕との間で
2015/7/18(土)-7/27(月):東青山(表参道)

d0182119_2253930.jpg

東青山のサイト上にあるコラムのようなステマのような記事がよかった。
販売している日用品のことがつづられていて、商品説明と合わさっている。

なんだか読んでしまった。
そして欲しくなった。
ステマ命中だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三谷 慎
寓話の中の動物たち
2015/7/23(水)-8/1(土):アートスペース繭(京橋)

d0182119_2342197.jpg

いま現在、繭のサイトはUPされていなくて、7/15に終わった展覧会が載っている。
アフリカの布展だったんですね。
プショング、草ビロード。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はいいろオオカミ+花屋 西別府商店
pop up store in hase
2015/7/25(土)-8/2(日):hase(名古屋)


はいいろオオカミ+花屋 西別府商店は「古」と「生」、対の要素が共存するちょっとかわったショップ。
今回はオリジナル作品とロシアから持ち帰ったばかりの古道具を中心に展示販売致します。

d0182119_23174822.jpg

7月下旬のインフォは動物に縁があった。
一時、動物新聞の取扱をしていたけろ企画だが、じつは動物がむずかしい。というかさわれない。仲良くなれない。
人間だけでも精一杯。
ウナギは別。
[PR]

by kerokikaku | 2015-07-21 22:55 | 毎月のインフォルマシ | Comments(0)
2015年 07月 19日
GSS4おわりました
終わった途端に梅雨が明け、いよいよ2015夏、Heat Waveの到来。

いかがお過ごしですか。
ヒーハーしていませんか。

この度もお出かけいただき、ありがとうございました!
おかげさまで終了しました。
d0182119_2231732.jpg

猛烈に鬼価格な布軍団がそろい踏みだったGSS4。

出展者に「鬼価格、つけますけど」と確認をとったところ、「いいよ、ナマハゲ価格にしちゃって」とのこと。

いいって言った。
言ったの、聞いた。

だからそうした。

非情ナマハゲ仰天プライスにしてやったり。
おびただしい白生地・無地素材・パーツ・グッズが飛んでいきました。

その他、kocariさんのナマハゲ、stockさんはじめ、出展者一同ナマハゲ。
d0182119_21581386.jpg

効くときはめっちゃ効きすぎ、効かない時は全く効かないエアコンを、上げたり下げたりヒーハーしながら、スタッフ&サポーターもこの祭りに沸かせていただく。

「おかしいな、一番キャッチーな逸品なのに」と、木のやかんを撫でくり回し続けた最終日。
すると閉場15分前に「子供のおもちゃに」と旅立つ。

そして終わりました。
d0182119_22182065.jpg

サポーター御一行の迅速で愛ある搬出積込み作業により、その後2時間でガチャガチャ会場はいつものおしゃれな間・kosumiに戻った。

あれだけの量が出たはずなのに、行きと帰りの差が見えない。
なんでだろ。

はて。
d0182119_2224294.jpg

ともかく、みなさん、ありがとう、ありがとう。
おかげさまで終わりました。

でも次はいつとは言えません。

ナマハゲ様が「布好きはいねがー、なんか作る子はいねがー」と遠くからやって来た佳き日に、GSS-5は開催かと思われる。

それまでみなさまご機嫌よう。
元気に楽しい夏をお過ごしください。


そして。

我が家の原始的な扇風機は、今日という日に壊れた。
非情な夏、到来。
d0182119_2239991.jpg

以上、BGMは、EW&Fのブギーワンダーランドとポールモーリアのオリーブの首飾りでお届けいたしました。
[PR]

by kerokikaku | 2015-07-19 21:58 | GSS | Comments(0)
2015年 07月 17日
GSS4はあした7/18(土)17:00まで
風雲荒々しいとのうわさの中、降ったりやんだり。
なんとか持ち越した感のGSS4は、初日と2日目が過ぎ、最終日を残すのみ。

おかげさまで初日は大賑わい。
見る人が見れば「おおっ」な素材が、ミラクル価格でもりもり旅立ちました。

三角ピンク旗に偽りナシ。
d0182119_2224885.jpg

2日目になるともりっと感が薄れ、ちょっと試着でもしてみようか、奥も広げてみようかという気になる。
そんなふんわりタイム発生により、主催者であるにも関わらず、わたくしがどのお客様よりも大量の買い物をしてしまったこの事実。

けろ企画がけろ企画に対し、ツケで買い物をしております。
ああ、支払いがおとろちい。
d0182119_22245176.jpg

でもおかしいな。
木のやかんは、みなさまのお好みではないのかしら。

お湯は沸かせないけれど、だからどうした、と申し上げたい。
d0182119_22252714.jpg

お問い合わせの多かったフィリピンのヴィンテージ籠につきまして。

初日は布モノ商品を入れていた関係で影が薄かった。
というか什器にしか見えなかった模様。

2日目の今日、レイアウトを変えたのでほぼ旅立ちましたが、赤矢印のデカ籠だけがございます。

ラスト1名様限定の一品になりました。
今もって什器として会場内に紛れ込んでいます。
早いもん順、お見逃しのないように。
d0182119_22292726.jpg

そして。

これで終わりなのに「へえ、今日から始まるの?」的なボリュームを抱えております。
賢明なみなさまにおかれましてはご承知の通り。
それがGSS。

最終日ともなれば、思うところもございます。
ぜんぶではありませんが、モノによってはこのバッヂを付けたスタッフにネゴシエーションすると、何かが起こるかも知れません。

但し、何にも起こらない可能性もございますこと、ご容赦下さい。
わたくし個人は起こしたいと思っています。
d0182119_22452826.jpg

次はいつなのか、次もあるのか、これが最後なのか、毎年やるのか。
誰にも明言できないGSS。

安定の橙灯レーコー屋台は今回シュワ系ドリンクが大人気。
こっそりリコメンドはホットレモンだったりします。

さて、明日7/18(土)は17:00きっかりに蛍の光が流れます。
どなた様も、チェケラベイベ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Welcome Heat Wave 2015 planning by けろ企画
GARAGE SALE SHOW vol.4
アツアツフリマと橙灯のレーコー屋台
d0182119_10161914.jpg
7/16(木)12:30-18:30
7/17(金)12:30-18:30
7/18(土)12:30-17:00
会場:間・Kosumi(落合・東中野・中井)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by kerokikaku | 2015-07-17 23:03 | GSS | Comments(0)
2015年 07月 15日
GSS4、あした7/16(木)から
風雲急を告げてる、と思うんですけど。

不穏な風雲のさなか、GSS4はあした7/16(木)から7/18(土)まで3日間開催です。

ほんまに降るんかいな。
おっとっと90%かい。

会場「間・Kosumi」は、使える力を全力で使い、みなさまが決して雨に濡れないために、その一心で、東西線 落合駅 2b出口を開設した。
2b地上出口、目の前、直結です。

d0182119_2181666.jpg

通称コスミ口
通称とはいえ、駅係員に「コスミ口はどこ?」と聞いてはいけません。
ハテナと言われるだけです。

途中で落っことさないか見い見い、満杯のブツ。
d0182119_21494541.jpg

ひとキレも落とさず到着。
d0182119_21431156.jpg

その後、サポーター各位のご尽力のたまものにより、立派に設営された会場風景。
あまりのことにつき、いつものようにモノクロ画像でお届けいたします。
d0182119_21451321.jpg

思いのほかシリアス名品が多く、もう一声、GSSらしいおバカ風味を加えたいところ。
明日までに、なんとか抜け感を演出いたします。


OPENは12:30きっかり。
タイミングとして、下の「うどん澄」でお昼をつるりとやり、そのままスライドでお上がりになるのも一興です。

橙灯のレーコーもシュワシュワも、ばっちこいでご用意しています。
d0182119_21473951.jpg

お足元に気を付けて、きらめき価格にも気を付けて、どうぞお出かけ下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Welcome Heat Wave 2015 planning by けろ企画
GARAGE SALE SHOW vol.4
アツアツフリマと橙灯のレーコー屋台
d0182119_10161914.jpg
7/16(木)12:30-18:30
7/17(金)12:30-18:30
7/18(土)12:30-17:00
会場:間・Kosumi(落合・東中野・中井)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by kerokikaku | 2015-07-15 21:52 | GSS | Comments(0)
2015年 07月 13日
GSS4まであと3日
バリ島へ行くと、自分土産に必ず「カレンダー」を買う。
ここ2年はご無沙汰につき、バリカレンダーがないのが不便。

満月新月もわかるしバリの祝日もわかる。
それが何?という見解もあるけれど。
ただ見慣れているのだ。

慣れたものでないと、見るたびに「ああ」とジクジク思い、これが一年続くのは面白くない。
半年の辛抱の末、いよいよ機密ルートをつかって取寄せた。

ジャン。
d0182119_1805124.jpg

贅沢にも7月までの半分を、すぐさまブッチぎる。
ほぉ今週ガルンガンなのねと、何の影響もないけれど、気分は悪くない。
d0182119_1811179.jpg

さて、GSS4。

ヴィンテージのカレンダークロスもご用意しました。
コットンとリネンでいくつか。
気になる年製のものはありますか。
d0182119_17452269.jpg

もし101歳の方がいたら、ありますよ。
1914年のリネン。
え?ほんもの?
d0182119_17462441.jpg

GSSって、エスニック&布ものばかりね、と高をくくっておられるなら、それはどうかな。

オーベー物もあるんだから。
USAやおフランスからもいらっしゃった。
木のやかんでお湯が沸かせるかどうかは、現場にてどうぞ。
d0182119_17141817.jpg

測りモノもお任せ下さい。
目盛つきのシャワーキャップもございます。
d0182119_17154616.jpg

民藝分野からもヤキモノ、来たよ。
d0182119_17175682.jpg

エスニック分野からインド木版チームも追加でご到着。
d0182119_1719058.jpg

誰もの腰を砕けさせる、経堂の名店stockさんは、只今鋭意パッキング中とのご報告です。
d0182119_2011060.jpg

砕けましたね。
d0182119_2013461.jpg

粉砕ですね。
d0182119_2014776.jpg

暑いのか、寒いのか、雨なのか、豪雨なのか、荒れる気なのか、なんなのか。

さっきのマジックアワーはすごかった。
d0182119_2053882.jpg


気象状況に合わせて、橙灯のレーコー屋台は、シュワ系ドリンクのメニュー調整中。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Welcome Heat Wave 2015 planning by けろ企画
GARAGE SALE SHOW vol.4
アツアツフリマと橙灯のレーコー屋台
d0182119_10161914.jpg
7/16(木)12:30-18:30
7/17(金)12:30-18:30
7/18(土)12:30-17:00
会場:間・Kosumi(落合・東中野・中井)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

同時期に、西荻窪のPLAZA FRAUでvacant選手の展示もあったりして。
d0182119_18353772.jpg

SO, WHAT?
[PR]

by kerokikaku | 2015-07-13 20:06 | GSS | Comments(2)
2015年 07月 12日
GSS4まであと4日
タッサー、ギッチャー、ナッシー。

ジバニャン、ひこにゃん、ふなっしー。

二行目内では、断然ふなっしーをお慕い申し上げる。

野蚕タッサーシルク(ムガ蚕など)の生糸はつるっと美しく高級感のある糸。
d0182119_23213679.jpg

クリーム色で木目のような自然のすじの入った布になる。
いわゆるタッサー生地。
d0182119_2323814.jpg

タッサーのクズ繭から紡ぐ不均一な糸がギッチャ糸。
顔からしてギッチャ。
d0182119_2324363.jpg

これを織ると、風合いのあるワイルドな布になる。
d0182119_23243775.jpg

次いでナッシー。

ナーシ(nasi)ともいうらしいが、記載からするとやはりナッシー。
どれかというと、蚕から伸びているヘタのようなヒモのようなもの。
d0182119_2336422.jpg

にわかに信じがたいが、このヒモをぎょうさん集めてほぐして紡ぐのだという。

ふなっしーと縁のある風貌からも親近感がわく。
ま、全体的にはタッサーなんですけど。

白くて小さいのは家蚕のオカイコさん。
黒くもけもけした糸はナッシー糸。
d0182119_23364084.jpg

触っても、見ても、コットンかウールのようだが正真正銘のシルク。
d0182119_23412877.jpg

なーんて。
これ以上続けるとボロが出るので退散するが、この珍しいナッシー生地もカットで出ます。

うっとり汁ブシャー。

もちろんタッサーもギッチャもようさん。
全て原産国インドからよっこらしょと運ばれた正しい布ばかり。

どうすんの。
かなりいいんですけど。

あまりにリュクス。
うまみ成分満載。

プロから素人さんまで、悠然と受け入れる心優しき仕入れ会場になろうかね。
いやほんと、仕入れにいいかもですけど。
領収書、用意しときますけど。

前回GSS3はバッグ祭だったが、GSS4はかなりの布祭になる。

否、全容はフタが開くまで把握しきれないのだった。
なんせ奴らは、当日はもとより最終日さえもせっせと追加納品してくる。

抜き差しならねえブラボー軍団に支えられているGSS。

奴らに敬意を表し、職権乱用で前ゲットしたインド布にひと仕事してみた。
結界用のカーテン制作。
d0182119_016137.jpg

ヒマ人なのか、ご多忙なのか、どっちだっけ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Welcome Heat Wave 2015 planning by けろ企画
GARAGE SALE SHOW vol.4
アツアツフリマと橙灯のレーコー屋台
d0182119_10161914.jpg
7/16(木)12:30-18:30
7/17(金)12:30-18:30
7/18(土)12:30-17:00
会場:間・Kosumi(落合・東中野・中井)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by kerokikaku | 2015-07-12 11:30 | GSS | Comments(0)
2015年 07月 11日
GSS4まであと5日
親の仇もいかばかりかと、家中をひっぺがして洗濯しているのは、皆さんと同じ。
やれるときはやる。

敷物も、かぶせ物も、かぶり物も、何もかも洗ったった。
わーい。

その最中、アナウンサーが「来週の木金土は台風11号接近。不要不急はうんたらかんたら」と連呼する。
もうダンボな耳がマヒしてきた。

不動心、どこで買えますか。
GSSで取扱いたいんですけど。
心臓にはリアップ。


さて、みんな大好きkocariさんのお品も、うやうやしくご到着。

ザ・kocariカラーの布、フロムINDIA。
シルク・綿・ウール・リネンと幅広い。
d0182119_18114179.jpg

インドで求めたという洋服もたくさんある。
d0182119_18135579.jpg

1mチョイの爽やか綿ストライプもご用意。
小物などのちょこっと用にナイスサイズ。
d0182119_18161816.jpg

kocariサンプル品・訳あり品も大放出。
何につけ、出血価格です。
d0182119_18183868.jpg

血まみれプライス。
kocariさん、ようやりはった。
d0182119_18172880.jpg

ヨーロッパがほのかに香るインディア。
下のロールはサリーの端っこ、ザリは素材としてお使い下さい。
d0182119_1819588.jpg

続きまして、いよいよ太巻きカットに入るとする。

こちらは別方面より先月届いたもの。
以来、拙宅玄関で鎮座まします太いやつ。
d0182119_18294884.jpg

ポーランドだったかその辺り産のリネン生地。
d0182119_1830386.jpg

ざっくりとした厚手が手芸やインテリア向き。
出自説明もざっくり。
わざわざお取寄せしてから20年は経っているとのことで、自動ヴィンテージ化済み。

いくぜ。
d0182119_18323013.jpg

2mごとに、えっさほいさ。
d0182119_18325659.jpg

がんばれがんばれ。
だいぶ細くなった。
d0182119_1834761.jpg

ジャン。
d0182119_18342864.jpg

生地耳に多少汚れがあるのは、ご容赦ご容赦っと。
d0182119_18354617.jpg

爪まで黒くなる非情価格を予定しております。
それに関しては不動心で間違いない。

ああ、こんなに晴れているのに、台風宣告で熱でそう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Welcome Heat Wave 2015 planning by けろ企画
GARAGE SALE SHOW vol.4
アツアツフリマと橙灯のレーコー屋台
d0182119_10161914.jpg
7/16(木)12:30-18:30
7/17(金)12:30-18:30
7/18(土)12:30-17:00
会場:間・Kosumi(落合・東中野・中井)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]

by kerokikaku | 2015-07-11 10:52 | GSS | Comments(0)