<   2015年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

2015年 08月 31日
8末のリベンジ
苛烈モードできつく始まった2015年8月が、気抜けた調子で閉じようとしている。

そろそろ冬支度。
こたつの準備に忙しい8月末とは。

オークラ贔屓にすっかり調子づき、いい気になっている。
さてこの夏にやり残したことはといえば、オークラのバーに行かなかったこと、と焦燥する。

あの夜一応入ったものの睡魔がきつく、混んでいたこともありあきらめたのだった。

やっぱ、リベンジしておこう。
野暮がわからぬよう、そおっと、シレっと。

本館営業最終日の1日前。
いそいそと宵の口に再訪する。
d0182119_21535479.jpg

ハイヤーで入りたかったが、諸般の都合で徒歩入館。
d0182119_21545258.jpg

どわーんと多くの方がおいでだった。
中文、イングリッシュ、イタリア語らしき音も聞こえる。
TVカメラも入ってたりして、祭りのような賑々しさ。

みんな写メ撮る、佇む。
たぶん泊まってない、とにかく来たよ、見に来たよって方が7割。

me too。
目くじらを立てる権利を有しない。
d0182119_227388.jpg

ああ、いけない。
ここにビニ傘を入れてはいけない。
d0182119_22164100.jpg

めざすはこちら。
オーキッドバー。
d0182119_22173715.jpg

ビール一杯しか頂けないだろうが、どれほどシルキーな泡なのか舐めておきたい。
襟を正してボーイさんに伺う。
d0182119_22215018.jpg

なんとウェイティング30組の3時間待ちときたもんだ。
お泊まり客ではないので、あっさり敗北する。
d0182119_22342169.jpg

古くて新しいヴィンテージホテルのおしまい。
また来るぜ、と言えないのが口惜しい。
d0182119_22303463.jpg

まあ、まだ別館、あるけど。

それでもなあ。
オリンピックのためってのもなあ。
[PR]

by kerokikaku | 2015-08-31 21:54 | ものすごくその他 | Comments(3)
2015年 08月 29日
9月上旬のインフォルマシ
オークラホスピタリティの夢は、まだ冷めやらぬ。

自身の生活を見直したくなった。

朝一番の焼きたてパン。
お気に入りのスリップ皿に盛り、手作りジャムをつけて。
グリーンサラダに生ハムとカッテージチーズ。
自家製ドレッシングでいただく。

の、つもりだった。
が、つい日々の些事にかまけてしまうものだ。

ずいぶん前にどっかでもらった蒙古タンメン中本のカップ麺で遅い昼をすます。
どうせならカップヌードルSIOのがよかった。
レベルを上げるのは容易ではない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

_cthruit + tmh.
2015/8/28(金)-9/13(日):tmh. & L'INTERIEUR(恵比寿)


8月28日(金)〜9月13日(日)の期間、
tmh. & L'INTERIEUR にて 梅田香奈によるグラスジュエリーブランド
_cthruit (シースルーイット) にフォーカスした展示を行います。

_cthruit のジュエリーの中でもtmh.が特に注目したのが、
水や塩を空洞のガラスに閉じ込めた「Captured」シリーズ。
今回は特別にtmh.のピンシリーズの中でも球体をモチーフにした
“deneb”のピンをガラスに閉じ込めたバングルを製作してもらいました。

存在感がありながら存在感のない、
存在感がないようで存在感のあるアンビバレントな性質のガラス。
その特質をとらえたミニマルでエッジーなジュエリーをぜひお楽しみください。

d0182119_10462150.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Tulla Weavers Studio
2015 Autumn Winter Collection
Fine Textile & from Weavers Studio, Kolkata, India
2015/9/1(火)-5(土):ART・IN・GALLERY(原宿)


インド コルカタのWeavers Studioから日本向けに特別にセレクトした秋冬コレクションを取り揃え、Tullaの展示会を行います。新作ストール・2016年春夏向け生地見本も沢山ご用意しております。期間中は、どちら様も、ご自由にお立ち寄りください。
商談ご希望の方のみ、念のため ご来訪時間をご連絡いただけましたら幸いです。
連絡先 : tulla2014indoux@gmail.com

d0182119_11165720.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

林健二 原朋子「林と原の器づくり」展
2015/9/5(土)-13(日):hase(名古屋) 


瀬戸で作陶するお二人。ここ最近の作品は、立ち位置はキープしながら、二人の暮らしや関係性が反映され、いい感じで影響と刺激を与えているように思います。
そんな二人の今をぜひご覧ください。

d0182119_10493367.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

伊藤 正展
2015/9/5(土)-20(日):ギャラリーSU(麻布台)


岩手県花巻市にて、自ら掘り出した土を素材に作陶する伊藤正氏。
形のイメージは、貝殻の細部を眺めているうちに湧いてくるのだそうです。
自然との対話から生み出される作品を、ぜひご高覧下さい。

d0182119_10533923.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*岩立ミュージアム企画*
創作布の会 2015年 小さなジャケット展
2015/9/6(日)7(月):岩立フォークテキスタイルミュージアム(自由が丘)

※ミュージアムの展示はご覧になれません。

作家:伊藤陽子・後藤羊子・小林順子・佐々木雅子・沢野弓子

今回は一年中着られる袖なしのベストを中心にジャケットや小物が並びます。
5名の作家が素材にこだわり、世界の手仕事の布を用いて創作した一点ものを展示販売致します。

d0182119_1057085.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

柿崎かずみ
2015/9/7(月)-12(土):T-BOX スペースB(東京・八重洲)

d0182119_1104276.jpg

本の挿絵やイラストで活躍しているかっきーの銅版画展。
個展はひさしぶりだなあ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本田あまね展「南米旅行の記録」
hondaamane naverending exhibition 2015
2015/9/9(水)-20(日):ギャラリー夢松洞(鎌倉)

d0182119_113143.jpg

彼のブログ「レリビー日記」では南米をはじめ旅の記録と記憶がいっぱい。
ネバーエンディング旅人。
強いな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by kerokikaku | 2015-08-29 21:49 | 毎月のインフォルマシ | Comments(0)
2015年 08月 28日
ストーブ出してもいいかなと思う
ちょうどいいってことを知らないらしい。
d0182119_225825.jpg

まったく最近の、と。
奥ゆかしさってものを知らない、と。

はて、どこに向かって吠えてやろうか。

まあでもよかった。
BAHAGIAが快適な気候に戻った。
d0182119_2235898.jpg

あれに見えるはダニエル様。
あの非情な酷暑には、どうしてくれようかと思ったことよ。
d0182119_22331100.jpg

ほんの数週間だけ、ほんの一時だけは非対応だが、その他のオールシーズン対応なんだぞと、世界の中心で吠えておきたい。
あの時以外は対応なんだって。

おお、さぶ。
羽毛ふとんは出した。
あとはストーブか。
もう10月だったっけか。

いまのところBAHAGIAのお色はあるだけ。
特にブルーとグレーについては、あのその、ちょっと。

そのあとは新色ってことになりそうで、再リピートは、どうにもなんとも言い難かったりします。

そういうことって、あるよね。
象さんのポット的に。
[PR]

by kerokikaku | 2015-08-28 22:05 | BAHAGIA UNDERWEAR | Comments(0)
2015年 08月 26日
東京だよおっかさん
こちらでお参りがあったため、15年ぶりの上京と相成った。
こんなことでもなければ、もったいながって、おとなしく新幹線に乗って来ない。
d0182119_18383860.jpg

吉祥寺、皇居、浅草、築地、日本橋、赤坂、上野を、旗振りアテンドする。
スカイツリーを世界ツリーと呼び(発音、激似)、築地の路地裏に歓喜していた。
d0182119_1842972.jpg

健脚でどこまでも歩きたいタチなのに、地下鉄の上り下りに難儀していた。
隅田川水上バスでは、とうとう足が疲れて正座していた。
年をとったのだなあ。
d0182119_1910346.jpg

ついでのついでに、宿をオークラにとってみた。
安いパックがあったから、と強引を通す。

大改装前のギリギリセーフ。
たいへんな分不相応である。
d0182119_1911935.jpg

往年の007の舞台にありそうな、正統派オリエンタルなホテルで一時のリュクスを味わおうと企む。
d0182119_19133297.jpg

コースは素泊まり。
まさか朝食が別途4,000円近くすると知れば「そんなものいらん」と言うのは目に見えている。
嘘も方便、秘密工作を仕込む。

ピンポーン。
カラカラカラカラ。

豪華なワゴン2台が、朝9時ジャストに届いた。

レストランでの朝食オーダーのつもりが、ルームサービスと間違えてしまった。
どえらいたまげた。
やっちまった。が、まいっか。
d0182119_19153892.jpg

貴族になったつもりでしずしずと頂戴する。
あの高価フレンチトーストにジャムをつけ足したのには閉口したが、朝食込みコースと信じ、美味い美味いと平らげていた。

もうね、オークラ様。
非の打ちどころがないですね。

まだじゅうぶんエッジでイカしているのに、来る東京五輪のためにぶっ壊すなんて理解しがたい。

流行とは無縁な、独自路線の伝統意匠としつらえもタマランチだ。
d0182119_19181184.jpg

ここんちの子になりたいと思った。
母の子ですけど。
d0182119_19215861.jpg

TVで見るのさえ希な、羽根帽子でドレスな方々も見た。
敷いてある絨毯がうちの玄関にぴったりなので一切れ欲しいと何度も言うが、けろ企画が全力を傾けたとして、希望が叶えられるはずもない。
d0182119_19282663.jpg

でも、いい東京だよおっかさんになった。
[PR]

by kerokikaku | 2015-08-26 18:42 | ものすごくその他 | Comments(2)
2015年 08月 22日
8月下旬のインフォルマシ
お盆ひっかかりの先週、15日あたりから続々と展覧会がある。

殺人的な酷暑シーズンを通じて地道に準備されていたかと思うと、この時期に開催される作家には敬意を表してやまない。
いつだって表現者に対してはやまないが、特にやまない。

あんたら、えらい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「家をめぐる物語」
2015/8/15(土)-8/30(日):ギャラリーNoir/NOKITA・STUDIO FRONT ROOM(伊豆長岡)

参加作家
石神照美(陶)今井和世(絵)江籠正樹(木彫)佐藤克耶(コンクリート+)
鈴木恵美(絵)水田典寿(造形)MELLOW GLASS(ガラス)


家と森の不思議な物語
さまざまな素材を使った小さな家とモノ。
森の風景、道ばたの草花 動物たち
互いに共鳴し合い物語が始まる・・・
d0182119_1365320.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

用の図と地Ⅲ”Tool-Object Duality"
熊谷幸治|冨沢恭子|渡辺遼 三人展
2015/8/15(土)-8/31(月):OUTBOUND(吉祥寺)


私達の普段の暮らしを取り巻く物が、その最小単位では粒子としての性質と波動としての性質を両方持つとされている様に、日常の尺度において、物は全て用途を前提としているかどうかに関わらず、具体的な働きを起こす「機能」と、抽象的なもたらしを及ぼす「作用」の双方を胚胎すると考えます。それらは重なりあった状態であり、図と地の関係の様に相補的かつ反転し得る関係と言えるかもしれません。

器と器でない物、又は鞄と鞄でない物、或いは広く道具と造形物、二相隔て無く物作りに取り組む三者の作り手の仕事を、是非ご覧下さい。

d0182119_1324323.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

下 和弘 作品展
マイカップに出会う。
2015/8/15(土)-9/6(日):ギャラリー&カフェ草花舎(島根・益田)

d0182119_13104079.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夏の繭展
コレクションの愉しみ
2015/8/20(木)-8/29(土):アートスペース繭(京橋)


昨年、あちこちのミニシアターで好評のため再演が続いたドキュメンタリー「ハーブ&ドロシー」という映画がある。慎ましく生きる美術好きの夫婦のコレクションの軌跡を描いたもの。この一見華やかさのない映画がどうしてそんなロングヒットになったのだろう。
子供のころのビー玉やお菓子の景品集め・・・人は誰でもコレクターの資質を持っている。
ギャラリーを始めたころ、尾崎正教という方が、わたくし美術館の勧めを提唱して日本中を回っていられた。3点自分の好きなものを持ったらコレクター、わたくし美術館だと。
30年近くギャラリーをやっていて感じることがある。自分が引き寄せたアートは自分を写す鏡なのだと・・・。口の上手い業者に乗せられるのではなく、素直に自分で選んだものはその人そのものだと・・・。
だから3点だろうが1000点だろうがコレクションは面白い。ギャラリーはコレクションを見せる場ではないが、でも人間がやっていることだから、それぞれギャラリーの癖がある。それがまた自ずと集まる人たちの顔ぶれが決まってくる一つの要因になる。
たかがアート、されどアートなのだ。
映画のシーンのように壁一杯に絵やオブジェを飾って遊んでみようと思う。もちろんお買い得価格にて。お待ちしています。(繭)

d0182119_131218100.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

sunuiと冨沢恭子のsmile market
2015/8/21(金)-25(火):ロバの本屋(山口)


元気でキッチュなsunuiの手づくり雑貨は見てると楽しくてワクワクするし、
柿渋染めのざっくりした冨沢恭子ちゃんのかばんは大きくておおらかで素敵なのだ。
夏の終わりに元気をもらいたい人、ぜひ遊びに来てくださーい!

d0182119_1327765.jpg

こそっと行ってやろうかとしていたが、暑さのせいで、ご無礼御免。

20年近く「最寄り駅は吉祥寺」と言っていたが、実際のドアtoドアは堂々の徒歩40分。
さすがに気おくれし、最近では西武線沿線を最寄駅と言うようにしている。

ロバの本屋、最寄バス停まで徒歩35分。

うちから吉祥寺よりも近いじゃないか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Afa/Lifeafa
真砂三千代 衣展
2015/8/22(土)-8/31(月):菜の花 暮らしの道具店(HaRuNe小田原 菜の花ヴィレッジ内)


心地よい風を感じる季節。 さらさらとした感触の綿や手織りの絹、オーガニックコットンの素材で、ゆったりしたブラウスやパンツを作りました。綿麻で作ったロングワンピースやログウッド染めのストール、ヨモギで染めた二重織りガーゼのチュニックなど爽やかな着心地をお楽しみ下さい。
d0182119_1336388.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Nidi gallery Presents
渡邉紘子個展
shadows
2015/8/27(木)-9/2(水):Nidi gallery(渋谷)


布や糸を使って制作された繊細で緻密な立体作品、可憐な世界観が詰まったインスタレーションで人気を集めるアーティスト、渡邉紘子の個展を開催いたします。

多様な象徴性を持つ“影”をテーマに、私たちを独自のファンタジーの世界へ誘います。
また、初の作品集「スプリング・コレクターの話」(Totodo)の発表、販売も行います。どうぞご期待ください。

d0182119_13403114.jpg

すごーく気になるアーティスト。

京都で出会ったleft over universeとも重なる。
おなじく京都のひろせべにさんもしかり。

そうか、ファンタジーでドリーミーで毒、が好物なのだと分かった。
[PR]

by kerokikaku | 2015-08-22 14:03 | 毎月のインフォルマシ | Comments(0)
2015年 08月 22日
ちーっす
さぁきょうも働こう
d0182119_8314382.jpg

[PR]

by kerokikaku | 2015-08-22 08:32 | ものすごくその他 | Comments(0)
2015年 08月 20日
美山のちいさな藍美術館ー3
気さくな西の御大に甘えて、すっかり長居をしてしまった。
d0182119_15131244.jpg

カラスが鳴くから帰らなきゃ。
d0182119_14485173.jpg

ちいさな藍美術館、ミュージアムショップ。
奥様作のシンディゴグッズがずらり。
d0182119_1441548.jpg

ちいさな藍カバンも。
d0182119_14423122.jpg

どうも長々とお邪魔しました。
御いとまを告げているとき。
d0182119_1457253.jpg

新道先生が、やおら液体を運び、上澄み液を地面にこぼし始めた。
わたしにはちんぷんかんぷんだが、まわりの皆は沸いていた。
d0182119_14502860.jpg

つくったんですかー。
d0182119_1451415.jpg

へぇー、わぁー、ふーん。
d0182119_14512164.jpg

などなど。
d0182119_1452328.jpg

やんやと沸いている横で、勇気を出しておそるおそる「なんですか、これ」と尋ねた。
d0182119_14531043.jpg

藍錠(あいじょう)。

蓼藍の生葉でつくる藍染め用の染料。
いわゆる泥藍のこと。

もうしばらく沈殿させて出来上がる。
d0182119_14534258.jpg

だってホラ、わたしくらいになっちゃうとさ。
東の御大の、阿波蒅の正藍染めしか見たことがないもんだからさ。

そういえば、入口に茂っていましたな。
d0182119_1544142.jpg

これからはこういうのもやってみたいんだ、と。

「ハイドロでやったらきれいに染まるぞ、はっはっはっ!」
と、西の御大。

瞬殺でまわりから、どっかんどっかん突っ込まれていた。
限りなくブラックに近いインディゴジョーク。

今回、伺えてほんとうによかった。
d0182119_15382225.jpg

いつか孤高の東の御大を、ゲリラ的にビューティフルマウンテンへお連れしてみたい。
仲人業務をめでたく敢行したい。
d0182119_1511476.jpg

拝啓、西の御大様。

震えてお待ち下さいませ。
[PR]

by kerokikaku | 2015-08-20 11:23 | 情報として | Comments(9)
2015年 08月 19日
美山のちいさな藍美術館-2
リバーマウスの御大・80歳作の正藍型染め科布を、ビューティフルマウンテンの御大へ。

無事にミッションを終え、ちいさな藍美術館1階土間にある藍染工房を拝見する。

これがあのシンディゴ絞り機だ。
d0182119_140576.jpg

息子さんが作業をされていた。
d0182119_1402687.jpg

新道先生のインディゴ染めなので、シンディゴ(笑)。
d0182119_145943.jpg

両手にひっかき道具を持ち、カチカチ音をたてながらドラムに巻かれた布にギャザーを寄せていく。
d0182119_140546.jpg

細かく細かく、寄せて寄せて
d0182119_141691.jpg

どんどん寄せて
d0182119_1415810.jpg

最後にぎゅっと引き寄せてからの
d0182119_1422230.jpg

本体へ合流。
d0182119_13345023.jpg

ハンドルをギーッと回し、つぎの布をドラムに巻きあげ、また細かく繰っていく。
この作業を延々1反分続ける。
d0182119_12132029.jpg

そして藍に染めたドラムのロールがこちら。
d0182119_1425360.jpg

藍に染めるったって、簡単ではない。
このドラムは相当な重量につき、手動クレーン滑車を使うという。
d0182119_1337982.jpg

ぎゅっと絞られているので、白地の多く残った絞り染めになる。
d0182119_13374760.jpg

出来上がりはこちら。布茶様から画像を拝借。
d0182119_13413298.jpg

シンディゴ絞りについての詳細も、ぜんぶ布茶が教えてくれるから⇒

ギャラリーエリアには、新道作品が展示されていた。
d0182119_1346766.jpg

ご自宅エリアにもお邪魔させて頂く。
同行者の面々は、お弟子さんへ注文を始め、にわかに藍染発注会となった。
d0182119_1492976.jpg

畳に目をやり、ハッとする。

おーい、みんな来てみてー。
いたよー、ここに!
d0182119_13465463.jpg

畳のヘリを藍染布で作ってるひと、ほんとうにいたよ!
d0182119_14105298.jpg

東の御大邸の畳のヘリも、未確認ながら藍染布だという。
しかも上等の韓国手引き麻とか。

いたねぇ。
東西、どっちもゆずらないねえ。
d0182119_14121711.jpg

あと少し、続きます。
[PR]

by kerokikaku | 2015-08-19 12:27 | 情報として | Comments(3)
2015年 08月 18日
美山のちいさな藍美術館-1
あれは先週。
37℃予報だった、ある酷暑日のこと。

やんごとなき理由で京都に入る。

メインイベントは美山行き。
ちいさな藍美術館へ初訪問だ。
d0182119_2374443.jpg

世界的に有名な藍染アーティスト、新道弘之氏の私設ミュージアムが京都美山にある。

緑豊かな小さな集落・南丹市美山町。
かやぶきの里として、多くの観光客が訪れる地。
d0182119_23133349.jpg

TGこと田中ゲリラはじめ、あの界隈の方々は既に訪問済み。
末席けろ企画のみ未訪なのが、ずっと気がかりだった。

誰が呼んだか、藍染め世界、東の田中昭夫・西の新道弘之。

なんせ新道先生。
田中昭夫のファンだと公言する西の御大。

怒涛の田中紺屋ツアーにも、マスコミ秘密裏に参加され、名品を2反お求めだったのだ。
そのどちらも美術館のコレクションに加えて下さっていた。
詳細は布茶に任せる⇒

ツアーの折、せっかくの機会にも関わらず、東の御大とは一言も交わさずにお帰りになったと聞く。
我の仲人能力の低さを悔やむばかり。

いやー、惜しかった。
d0182119_071925.jpg

東西藍染め放談が叶わなかった。
d0182119_073477.jpg

こちらがコレクションしていただいている、フグの花弁ではなく、菊の花弁の帯地。
d0182119_23363631.jpg

あの日、同じ型の科布があるのを見逃さなかった。
d0182119_23275853.jpg

そのてっさ科布を見つけるやいなや、わたしの目は光った。

この布こそ、西の御大へ渡すべき布。
当然の東西スライド。

と、例によって例のごとく、未承諾ままキープし、温めていた。
いちおう「このてっさ科布、いつか新道先生にお渡ししときますからね」と、東の御大には小声で言っておいた。

聞こえただろう。
たぶん。

東の御大から西の御大へ。
ちょっと間があいてしまったが、ラブリーギフトの宅配業者として任務を全うしたい。

このたびのお礼がてら。
夏の元気なご挨拶に。
d0182119_23383755.jpg

ようやく訪れることが出来た、美山のちいさな藍美術館。
d0182119_1185869.jpg

まずはコレクションエリアからお邪魔する。
d0182119_0151218.jpg

ちいさな藍美術館FACEBOOKに各々の布の詳細は載っています。
d0182119_0154339.jpg

と、FBにぶんなげてみる。
d0182119_0155856.jpg

同じ染めのネッカチーフ、すてき。
こういったミニ資料が各所にヒモ付けしてあるのがありがたい。
d0182119_035376.jpg

シリア。
d0182119_0161735.jpg

中国。
d0182119_0163428.jpg

藍夾纈布とその版木。
d0182119_0164955.jpg

おお、鳴海。
幻の嵐絞りがこの状態で。
d0182119_017492.jpg

これ、ほどくと、ぜったいもとに戻せないから。
d0182119_1113348.jpg

美しい。
d0182119_0173080.jpg

ここだ、あった、あった。
d0182119_0174811.jpg

そのとおり、間違いない。
d0182119_11131630.jpg

20Cとは昭和ってこと。
d0182119_0182373.jpg

ね、同じ型でしょ。
d0182119_0184058.jpg

いまさら顔を隠してみたりして。
d0182119_0185555.jpg

縁側に佇む、西の御大にお声をかける。
d0182119_019279.jpg

まいど~、けろ急便です。
ハンコお願いします。
d0182119_0194014.jpg

こうして東西配達業務は無事に完了。

続きます。
[PR]

by kerokikaku | 2015-08-18 11:19 | 情報として | Comments(5)
2015年 08月 17日
クライミングホームUNOの壁ー3
自主検討の結果、外から見て有効なのは、正面左の扉。

限られた時間内で効果的な仕事をしたい。
ここに店名、、クライミングホームUNOの文字を入れたい。

入れるべし。
d0182119_1131613.jpg

うっかり暴走作業がオーナーにばれてしまったが、よいとしよう。
d0182119_2358736.jpg

どやってトレースすべきか、脳みそフル回転で考える。
チョークを使って、カーボン代わりにする。
それを更にマスキングテープに写し取り、切り抜く。
d0182119_23585934.jpg

よしゃ、出来た。
けっこうさっくり出来たことで、また暴走に拍車。
d0182119_23595688.jpg

右も、行っとく?

と思ったら、筆が勝手に走っていた。
d0182119_024483.jpg

大きくなったら映画の看板職人になりたかったことを思い出す(むかしはロードショー前夜に職人が手描きしてたの、覚えてます?)。
わたしもじゅうぶん大きくなりました。

省略シゴトとして、青いなみなみだけにしとこうか。
それとも、白い人型まで行っとくか。

ぶっつけ本番、フリーハンド。
のこり2時間でどこまでやれるか。

危ない!
オーナーが顔を出した。

が、右扉にまで手を出しているとは気づくまい。
d0182119_04627.jpg

完全にばれる前、日の暮れる前に、こっそりやっつけてやった。
d0182119_054435.jpg

いまさら事後報告中。
d0182119_063336.jpg

とりあえずいっか、ってことになった。

事前承諾なし。
クライミングホームUNOの正面メイン扉。

頼まれもしないのに、勝手に塗ってしもうた。
d0182119_20581094.jpg

またしてもゲリラの香りがプンプン。

手前の鉄骨も、クルマぶつかり防止に塗っておいた。
四角い3枚は後日屋外に設置予定。

わたしに激似の姪っ子。
受験生ながら、壁のパテ塗りに駆り出された釧路湿原。
d0182119_081973.jpg

一家総出で絶賛作業中。
まさかこんな夏休みだなんて。
d0182119_014085.jpg

基礎パイプ立ても最終段階。
パネルを貼り、ホールド岩を付けて、部屋やカウンターも作り、徐々にジムらしくなるだろう。
d0182119_0172443.jpg

ときどきはよじ登って、うさ晴らし兼シミュレーションをしてくれたまえ。
d0182119_0382182.jpg

作業、残すは3割とは。
あと1か月か、2か月なのかは、未知との遭遇。
d0182119_20585388.jpg

牛歩ながらも進んでいるのは確かだ。
ようやった。
d0182119_2059461.jpg

では、わたくしはこれにて失礼。
ここ、お客さん達の写メポイントになりそな予感。
d0182119_010715.jpg

そしてOPENはいつ?とはまだ聞かないで。
そこんとこよろしく。

今回金魚印どころではなかった。

けろ企画的には、プライス表や、ポイントカードや、会員証や、名刺や、ショップはんこ等々。
そういったグラフィック系、CI関係、印刷関係が気になって仕方がない。

このままではまずかろう。
[PR]

by kerokikaku | 2015-08-17 21:04 | クライミングホームUNO | Comments(2)