<   2016年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

2016年 08月 30日
型染師に無地染めを依頼する-その2
電気屋さんは夕方にならないと来られないと言う。
暗闇アイロンは出来ない。

仕方あるまい。
電源を求めて、エアコンのない板場へ移動する。
d0182119_1285533.jpg

我々の作業ツナギ姿も、いよいよ板についてきた。
d0182119_1272510.jpg

どうやらこの蚊帳生地。

手績み、手織りということから推測すると、明治以前の大麻の布。

私たちが知っている緑色の蚊帳生地とは別モノのビンテージ。
まさに骨董布。
d0182119_12132127.jpg

紡績糸が出現してきた、昭和・大正時代ではないと見る。
江戸時代であっても不思議はない。

一枚ずつ、作り手が違う。
糸の色も、織り味も違う。
違うと言うのは、触ればわかる。
良さが違う。

日本昔話のようなおばあちゃん達が、農閑期に作ったのだろうなあと夢想。
おばあちゃん、と決めつけてもいけないけれど。

売るためなのか、自分ちのためなのか。
d0182119_12113361.jpg

よく見ると、ところどころ糸飛びがある。
どこかへ売るためのB反C反にもならず、放られた布かもしれない。

古民芸もりたさんを経由し、田中紺屋に届き、ずっと寝かされ、100年以上経って日の目を見る瞬間だ。
d0182119_12263758.jpg

せっせとアイロンし、新着の芯棒に巻き、ひいふうみい。
d0182119_12172630.jpg

お宝布、29反ございました。

ひーはー。
なんでも仰山、お持ちなんですね。
d0182119_12125256.jpg

型染師に藍無地を頼むのは、フレームが売りのメガネ屋でフチナシメガネを頼むようなことだろうか。

いや。
それとは違う。

藍無地と言っても、そんじょそこらの、ただの藍無地ではない。

阿波蒅たっぷりの、田中紺屋「紺定」の正藍無地染め。
生地は、江戸時代かという手績み手織りの蚊帳生地。

何の問題があろうか。

藍無地に染め上がったことをイマジンし、ほくそ笑む。
d0182119_1225021.jpg

さて、その前に、端ミシンをせねばなりませんな。

ロックミシンの準備をしてもらおう。
d0182119_12271452.jpg

「わたしがやりますから」と言う割には、いつだって御大が働いている気が。
d0182119_1228176.jpg

電気屋さんにブレーカーを直してもらい、いつの間にか日が暮れかかる。
端ミシン仕事は、あらためて出直すことにする。

そうそう。
蚊帳生地の横にそっと置いてあった新作帯地。
d0182119_12435273.jpg

御大は「出来たから、見て」とは決して言わない。
我々が気付くところにそっと置き、黙っている。

ちゃーんと気付いてましたってば。

おお。
d0182119_12324637.jpg

今回のは、なかなかいいじゃない。
今回のも、だけどね。
d0182119_12332617.jpg

型も違い、染めもその度同じではないし、気候も、そしてさすがに体調も。
その中で一定の高クオリティを保つ。

これなんか、帯になったらステキだよね。
d0182119_1236087.jpg

よしよし、上出来ですな。

と申し上げたら、ニヤニヤした。
d0182119_1237153.jpg

また近いうちに端ミシンに来ます。

そしたらさ、ホンモノの蚊帳生地を、ホンモノの正藍無地に染めて下さいな。
d0182119_123842.jpg

[PR]

by kerokikaku | 2016-08-30 17:56 | 正藍型染師 田中昭夫 | Comments(0)
2016年 08月 29日
型染師に無地染めを依頼する-その1
川口の御大こと正藍型染師 田中昭夫。

岡崎木綿のでっかいロールをおろして切って精錬して。
d0182119_113132.jpg

染下を100反用意している81歳。
d0182119_11312680.jpg

いつお邪魔しても仕掛かり品がぶらさがっている。
着々と帯地の型染めを進めている。
d0182119_11324498.jpg

ちょ、ちょっと待て。
d0182119_1141720.jpg

降っても晴れても、まだ暑い日々。
御寵愛のバラさえも枯山水。
d0182119_11335083.jpg

染めたいお気持ちは重々理解だが、やりすぎは体に毒です。

たまにはこんなのどうですか、と。
ブレイク推奨の意味も込めて、謹んでご提案。

ねえねえ、古民芸もりたさんで大昔に求めたという蚊帳生地、あったでしょう?
冬に一度見せてくれたでしょう?
d0182119_11342331.jpg

大風呂敷に満タン。
丸まったまま、手つかず数十年のお宝生地。
d0182119_11345850.jpg

あれを無地に染めるって、どおですか?
d0182119_1135592.jpg

型染師に「無地を染めて」って。
この一言を申し上げるのに、どんだけ躊躇したことか。
d0182119_11372039.jpg

「型染めもやって、蚊帳生地の無地染めもやったら、カラダがもたないよ」と、たいそうブツブツおっしゃっていた。
だから、型染めを暫時ブレイクして、と申し上げているのだが。

その数週後「こんにちはー」とお邪魔する。

返事がない。
d0182119_1133313.jpg

じゃーん。
d0182119_11414396.jpg

やってくれたじゃない。

蚊帳生地が精錬してあった。
d0182119_11424060.jpg

その時はブツブツ言っても、その後腑に落ちてくれれば、必ずやってくれる。
頑固一徹、でも柔軟なのがチャームポイント。

生地端のピロピロを切っていた。
d0182119_11422464.jpg

すかさず「ゴミ箱に入れたピロピロ、捨てないでください」と申し上げる。
d0182119_11443928.jpg

8月初め、藍染めハギレをアイロンがけした時。
生地を巻く芯棒がなく、そこらにあった厚紙で芯棒の代用としたのだった。
d0182119_11441889.jpg

「200本、注文しておいた」って。

やることなすこと、豪儀なんです、この御大。
染下白生地100反も視野なのか。
d0182119_11474657.jpg

芯棒に巻いてはみたが、デコボコ蚊帳地はそのまま染められない。

「アイロンで平らにして、ピロピロが出ないよう端ミシンもかけなきゃなんない」って。

やります、やります。
無地染めして頂けるなら、アイロンでもミシンでも、喜んでやります。
d0182119_11543875.jpg

わたしと黒幕2人、アイロン2台にスイッチを入れた途端。

停電。

万事休す。
d0182119_11541738.jpg

続きます。
[PR]

by kerokikaku | 2016-08-29 11:14 | 正藍型染師 田中昭夫 | Comments(0)
2016年 08月 24日
8月下旬のインフォルマシ
おやおや、と見上げると
d0182119_1592351.jpg

みるみるうちに雲行きが。
d0182119_1593980.jpg

ジャボーッと降って、またやんだ。

日々不穏な南国仕様。

ゴム草履でのお出かけもご一考下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

as it is 個人コレクション展10 前期
大輪眞之写真展
菜の花・高橋台一収集/黒田泰蔵白磁作品
~2016/9/4(日)会期中金土日祝開館:as it is(千葉・茂原)

d0182119_1514383.jpg

この展示の次、高橋台一コレクション後期として沖縄パナリ焼展です。

2016/9/9(金)-12/4(日)
沖縄パナリ焼展

d0182119_15174896.jpg

後先になりますが、箱根の菜の花展示室でもパナリ焼展、今週末まで。

PANARI パナリ焼き展。
2016/8/20(土)-28(日):箱根菜の花展示室(箱根)

d0182119_15202957.jpg

自分中心とすると、なにもかも遠方。
しかし行きたい、そして会期も気になる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

世界の刺繍
~2016/9/8(木):文化学園服飾博物館(新宿)

d0182119_15232147.jpg

サイトを拝見すると、先だって渋谷文化村で開催の「西洋更紗トワル・ド・ジュイ展」が郡山にツアー中らしい。

マリー・アントワネットも愛した美布
西洋更紗トワル・ド・ジュイ展
~9/11(日):郡山市立美術館

d0182119_15304461.jpg

あの日、文化村に後ろ髪を引かれながら、ついぞ秘宝館展に行ってしまったのだった。
なのでトワル・ド・ジュイ展、未見。
それが正しかったのかどうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

辻和美+factory zoomer|"red"|
2016/8/17(水)-29(月):OUTBOUND(吉祥寺)


情熱、生命の始まり、権力の象徴、魔除け、禁忌の印…。
我々の身体の内部を循環する色でありながら、どこか非日常を連想させる、「赤」。
この「赤」を主題に据え、OUTBOUNDにて6年振りとなる辻和美+factory zoomerの展覧会を開催致します。
会期中は、様々なトーンの赤いガラス作品と、辻和美さんが選んだ赤い物、OUTBOUNDが選んだ赤い物が並びます。
夏の盛り、多種多様な在り方の赤を是非ご覧下さい。

d0182119_15374386.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

MARUちゃん展
2016/8/21(日)-9/5(月)雑布きんじ(谷中)

d0182119_1682858.jpg

Tシャツの前後を間違って着ることがありますよね。
ないですか。

5本指靴下は、さらに左右も怪しい。
小指のところに、親指をムリクリ入れそうなこと、ないですか。

じゃーん。
d0182119_16115210.jpg

直観的、明快加減が有難い。
d0182119_16123478.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

暮らしの中の古民窯展 Part 8
2016/8/21(日)-9/4(日):べにや民芸店(表参道)


江戸から昭和にかけての古き良き時代に製作された日本各地の古民窯の生活雑器、約100点余りを展示即売いたします。沖縄の陶器をはじめ、暮らしの中で用いられてきた、地域色豊かな品々が並びます。ぜひお楽しみください。
協力:諸国民窯・古民芸たつの(姫路)

d0182119_15412459.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夏の繭
道具は美しい 手織の道具特集
夏の綺麗! 楠本陽子の夏のシャツ+西方京子の夏のショール
2016/8/22(月)-31(水):アートスペース繭(京橋)

d0182119_15451581.jpg

手織りの「道具」、お好きでしょう?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「naoco」2016 A/W
カシミヤコレクション販売受注会
2016/8/24(水)-9/4(日):itonosaki(外苑前)

d0182119_15472678.jpg

そうは言っても、あとひと月もすれば、肌寒い日がはじまり、カシミヤが要る頃になるんだなあ。

厚手のコートはここ数年着ていない。
カシミヤやウール&まきもの系で、真冬も間に合っているという事実。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さか井美ゆき
Darling Machine vol.26
2016/8/25(木)-9/5(月):art&product Laboratory tsubaki kyoto(京都)

d0182119_15532454.jpg

ミシン刺繍のイラスト、ダーリンミシン展はなんと26回目。
続けることに頭が下がる。
[PR]

by kerokikaku | 2016-08-24 15:23 | 毎月のインフォルマシ | Comments(0)
2016年 08月 19日
科布ハギレの整理を承って、それからどうした-2
できることからコツコツと。
d0182119_229717.jpg

ローガンを怪しみつつ。
オリンピックさえ忘れて。

毎晩少しづつ、端っこを綴じまくり、ようやくミッション完了。

御大がかけたロックミシン部分はそのままとする。
d0182119_22104170.jpg

これだけでは終わらない。
完成までだと、千里の道の2歩目くらい。

これらをつなげる必要がある。
d0182119_22154913.jpg

やり方が合っているのかがわからない。
d0182119_22115848.jpg

とりあえず見本を作り、川口の御大に見せてみよう。
d0182119_2213432.jpg

あのですね。
d0182119_2214949.jpg

この前、持ち帰った科布のハギレなんですけど。
d0182119_22172862.jpg

小さいのをつなげてみたんですけど。
型付けして染めてもらえますか?
d0182119_2214414.jpg

御大は、困ったような、苦笑いで答えた。

「継ぎ目のスキマに糊がはいって、やりにくいな」
「出来なくないけど、スキマの穴を埋めなきゃだめだ」
d0182119_22183732.jpg

ははーん。

さすがに無下には断れない様子。

「出来なくない」って言ったね。
「出来る」ってことですね。

埋めます、埋めます、埋めますとも。

スキマを埋めるって、こういうことでしょうか?
スキマ委員会設立。

らーん。
d0182119_22212647.jpg

現段階ではステキ度が最低レベルだが、見た目は二の次だ。
d0182119_2237068.jpg

型染め後の完成予想図はこちら。

当スキマ委員会は、これらのミニミニ版を夢想します。
d0182119_22321125.jpg

てか、敷いてあるこの染布だって、レスキューしたんだもんね。
d0182119_22473996.jpg

我々はレスキュー眼に自信がある。
d0182119_22475170.jpg

救う神あれば、染める神あり。

上等の生平麻、ぜんまい布、そして科布のハギレ、一旦完了。
では現場にお返しします。

御大は、染めを断る理由が見当たるまい。
d0182119_2248759.jpg

ここだけの話。

ヤール幅の岡崎木綿。
帯地反物を切り取って、のこったハギレ。
画像手前の細いヒモの山のこと。
d0182119_22512665.jpg

気まぐれで、これらが正藍染めしてあるのを見逃さなかった。
用途未定、と御大にカクニンした。

レスキュー魂が再燃。

誰も救ってほしいって言ってないけど、いいとする。
d0182119_2393646.jpg

ポッケから溢れんばかりガバッと持ち帰る。

「お借りします」といちおう了解済み。
なので、後日返します。

但し、同じ形状で返すとも限らないが、いいとする。

わるいようには、いたしません。
d0182119_22564487.jpg

酷暑のアイロンがけには意味がある。

我々は、これらを有効どげんか活用する自信がある。
いい仕事をしている予感でいっぱい。
d0182119_22593655.jpg

御大だけは、何もしらない。
d0182119_23273050.jpg

[PR]

by kerokikaku | 2016-08-19 22:22 | 正藍型染師 田中昭夫 | Comments(4)
2016年 08月 18日
科布ハギレの整理を承って、それからどうした-1
帰省しない盆こそ、保留案件をやっつけるチャンス。

歯医者の予約をとるとか、部屋の片づけとか、スケキヨ様にお目にかかるとか。
ああ、忙しい。
d0182119_21282147.jpg

6月末。
自主承りした科布案件も、いい加減どげんかせんといかん。
d0182119_21284965.jpg

川口の御大宅で、完全に家探し強盗まがい。
レスキューしてきた、科布&生平麻&ぜんまい布のハギレ。
d0182119_21455919.jpg

我らが救わず、誰が救う。
d0182119_21462334.jpg

アイロンはかけました。
d0182119_21293264.jpg

しかし、ここのペロペロを
d0182119_2140174.jpg

せめてこうしないと、御大に染めてもらえない。
d0182119_21304114.jpg

泣いても笑っても、これにて科布は終了。
超ミニミニ科布ハギレ。

このように染めてもらえるよう、レベルUPしたい。
d0182119_2132687.jpg

あー、困った。
ぎょうさん、あるがな。
d0182119_21342249.jpg

不器用組合の会長は、ハギレを前に途方に暮れる。

気を取り直し、針と糸を持った。
d0182119_21501428.jpg

はっ。
d0182119_21344433.jpg

けろたん、ひらめいた。
d0182119_21481448.jpg

洗濯時に抜けた糸。
捨てずにとってございました。
d0182119_21444530.jpg

この糸で綴じたら、よかろうもん?
d0182119_2149929.jpg

よか
d0182119_21492128.jpg

ばい?
d0182119_21505820.jpg

お目めの焦点が合いづらい。
加齢のせいではなく、過労もしくは麦とホップのせいに違いない。
d0182119_21524860.jpg

やってもやっても、ちーとも終わりません。
ようやく半分。
d0182119_21532996.jpg

やれやれ。
お盆ミッションは、けっこうヒーハーだった。

続きます。
[PR]

by kerokikaku | 2016-08-18 21:35 | 正藍型染師 田中昭夫 | Comments(0)
2016年 08月 15日
スケキヨ様と
御同席。
d0182119_1945919.jpg

[PR]

by kerokikaku | 2016-08-15 19:05 | ものすごくその他 | Comments(0)
2016年 08月 15日
UNOうちわ
急きょ、お盆の帰省をとりやめた。

一昨日「暑いし、無理して、来んでよろし」と実家よりお達しがあった。
そう言われてみると、まあ、そうかなと。

なのでじっとりうちにいる。
何年かぶりの東京でのお盆。

特に変化はございません。
d0182119_0155643.jpg

不要不急の徘徊中。
とある不動産屋前で「ご自由に」POPが目についた。

販促うちわ。
配っていても、最近は高飛車モードで「いらないです」と一瞥すらしないアレ。

ああ、日本って、タダでこういうの、くれるんだよね。
ガイジンさんには信じがたいことじゃないかな。

そうだ。
お盆に帰らないことだし。

妹夫婦がやっているクライミングホームUNOへの暑中見舞いに「うちわ」送ろうかな。
それ、よかろうもん。

工場跡地のクライミングジム。
トタンでアチチ、だだっ広いスペースを冷やすのは、大変な経済だ。
高額になろう光熱費の足しにならんかな、と姉心。

お姉ちゃんは冴えている。

タダのうちわを、こそっと5枚ほど頂戴して帰る。
d0182119_15793.jpg

お隣さんが旅行中だからって、調子に乗って夜のスプレー作業。
モーレツにおいまくり、近所迷惑きわまりなく、とりいそぎカラダだけは縮めて振る。
d0182119_185465.jpg

じゃーん。
d0182119_0231257.jpg

ま、こんなもんでしょうな。

「うちにあったスプレーしか使わない」縛り、とした。
だって、タダうちわのためにスプレーを買ったらあほでしょう。
遅いし、どこも店やってないし。

いや、あほの定義が、ここでは曖昧模糊。

細かいことは問わない。
MIXカラーは良しとする。
d0182119_030151.jpg

背景に、元ネタが透けて見えても気にしない。
d0182119_0223473.jpg

裏面が無地なのが物足りない。
同じロゴをもう一回スプレーするのも芸がない。

お姉ちゃんは冴えている。
d0182119_0375064.jpg

今年は(も)、土用もなにもあったもんじゃなく、今現在ナウ、わたし自身がうなぎに飢えていることと、UNOの「う」をかけてみた。
説明するところが野暮天だっちゅう。
d0182119_0344052.jpg

あれれ?

お姉ちゃんは、ひまじんですか?

[PR]

by kerokikaku | 2016-08-15 00:51 | クライミングホームUNO | Comments(0)
2016年 08月 14日
角川映画祭
お盆ですね。

お盆といえば、おぼんこぼん。
漫才師で一番好きだった。

だった。って、ご健在です。

多分、おぼんさんのアフロヘアに憧れていたから、と今になって思う。

当方ネコ毛につき、アフロチャレンジを繰り返すも、ただのソバージュ(懐)。
オバQ内ラーメン食べる小池さんにも程遠く、20数年チャレンジをペンディング中。
d0182119_20073335.jpg
ほんとうは、EW&Fの故モーリス・ホワイト氏のアフロが最高だが、ハイレベルで畏れ多すぎ。
d0182119_20080426.jpg
大きく話がずれました。

ところでお盆。

いかんせん暑い。
外出奨励もしかねる。
8中旬インフォをしようにもDMが少ない。

コロッと、大事なお知らせを忘れていた。
チラシを何ヶ月も冷蔵庫に貼り付けていたのに、やっちまった。

じゃーん。

始まってます。

誰にでも忘れられない物語がある
角川映画祭
2016/7/30(土)-9/2(金):角川シネマ新宿
d0182119_20243322.jpg
読んでから見るか、見てから読むか

ああ、タマランチ。
スケキヨに会いたい。

毎日スケジュールが入れ替わり、一日4本上映。

明日なら行かれる、あ、「時をかける少女」だ、とか。
「蘇る金狼」だったら、来週のどこかで行かなくちゃ、とか。

プログラムを選ばず、あえて行き当たりばったりもよし。
ハズレはナシ。

10年近く前の角川書店マンガ創刊号の付録に「角川映画93作品予告編DVD」がついていたことを知る人は少なくない。

¥290雑誌のオマケに角川映画ぜんぶの名シーン、しめて180分が付いていたんですよ。
まじありあえない。
さすがKADOKAWA、なんてゴージャス。

わたし、おじいさまを殺してしまった!
カ・イ・カ・ン
母さん、僕のあの帽子、どうしたんでしょうね 
鵺の泣く夜は恐ろしい
etc.. etc..

もはや幻のオマケDVDとして高値がついております。
金沢の某呑み屋で観賞し、かんぜんにタイムスリップした。
ほとんどのキャッチコピー、知ってたってば。

ブレンディ前夜の知世ちゃんも、いまではお母さん役が板についた元神がかり女優の薬師丸ひろ子さんも、脂ぎっている優作氏も、みんなみんなステキだ。

犬神家。
2006年リメイク版では還暦をこえた兵ちゃんがまさかの金田一と知り、心躍ったものだ。
もちろん今映画祭では、1976年の角川映画第一作の犬神家です。
高峰様が恐ろしい。

某TSUTAYAで安く借りるのもいいけれど、やっぱ映画館で観るのもおすすめ。
お盆だし。
悪くないっしょ。






[PR]

by kerokikaku | 2016-08-14 20:29 | 情報として | Comments(0)
2016年 08月 13日
いないです
とあるインドカレー屋の入口にて。
この手の貼り紙、ありますね、さいきん。
d0182119_16271890.jpg

間・Kosumiの下のうどん屋さんの入り口の甕の中にはいたらしい。
菊田自動車さんの前の小川のほとりにもいたらしい。

いたとしても気づき方を知らない。
捕獲したら何かを頂けるんでしょうか。
うちにもいる可能性はあるんですか?

知らぬ存ぜぬだが、万一いた日には、お知らせします。




[PR]

by kerokikaku | 2016-08-13 16:26 | ものすごくその他 | Comments(0)
2016年 08月 12日
膝の曲げ方
自分を客観的に見て
d0182119_23435154.jpg

みょうな歩き方だとはじめて知った、21世紀、15年とちょっとの、21世紀美術館にて。
d0182119_23444255.jpg

[PR]

by kerokikaku | 2016-08-12 15:42 | ものすごくその他 | Comments(0)