<   2016年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2016年 09月 30日
型染師と絞り染めーその2
ハギレを三つ編み。
d0182119_1552446.jpg

たったそれだけ。
d0182119_15322518.jpg

大のオトナが3人かかって
d0182119_15234666.jpg

からまるからまる。
d0182119_15251489.jpg

船頭多すぎて、息のあわないことったら。
おかしすぎて手が震え、腰が砕ける。
d0182119_15254926.jpg

やれやれ、わたしはイチ抜けさせていただく。
d0182119_1526145.jpg

御大ってヒトはね、結局ヒトに任せられないんだよね。
d0182119_15294957.jpg

四つ編みになった三つ編みを、君たち二人でなんとかしたまえ。
d0182119_15281087.jpg

最終形は、正藍染めして、こうしたい。
d0182119_15284113.jpg

2本目からは力を合わせず各々が三つ編みし、平和を維持。

どうにかこうにか、6本出来まして
d0182119_15312252.jpg

一旦水に漬けて、引き上げて水を絞る。
d0182119_153150100.jpg

女子部の絞りは非力で甘い。
d0182119_1533536.jpg

御大としては気に入りませんで、すかさず修正が入る。
ははは。
d0182119_15345584.jpg

藍のご機嫌はいかがかな。
d0182119_15361224.jpg

まあまあ、よかろうもん。
d0182119_15365629.jpg

カゴを用意し
d0182119_153725100.jpg

棒を渡し
d0182119_1538094.jpg

藍甕に沈め
d0182119_15382724.jpg

ぜんぶの三つ編みをジャボンかと思いきや、1本ずつ、そおっと。
d0182119_1540281.jpg

5分染めを3セット。
d0182119_15404026.jpg

その度にギュウギュウ絞り、ぶら下げて酸化させる。
d0182119_15412186.jpg

締め上げが足りませんですと。
d0182119_15415184.jpg

御大からすると、ま、気が気じゃないですよね。
d0182119_15482315.jpg

水にとって、すすぐとこんな感じ。
d0182119_15491459.jpg

ひと晩水につけて、また明日も同じ工程を重ね、思った藍色まで染める。

って、我々は来ないんで、続きは御大がやるってこと?
ですよね。

結局、御大のお手を煩わせたような。
ま、いっか。

彼岸過ぎると日暮れが早くてイケナイ。
d0182119_1554391.jpg

~オッタマゲオマケ情報~

おもむろに干されていた大座布団。
こんないいものがあったなんて、聞いてない。
d0182119_1631157.jpg

藍無地のような、うっすら格子柄が透けるような。
d0182119_1634314.jpg

たっぷりの真綿が詰まっていて
d0182119_1642822.jpg

おいおい、まさかのウラ使い!?
d0182119_1652272.jpg

しかも広幅、ナナメ格子で、超お宝布じゃないの。

アロハシャツをウラ使いするのはよくある話ですけど、こんなのアリなの?
d0182119_1655131.jpg

こたつの下に敷いてるんだって。
d0182119_1673092.jpg

豪儀すぎ。
[PR]

by kerokikaku | 2016-09-30 15:38 | 正藍型染師 田中昭夫 | Comments(0)
2016年 09月 29日
型染師と絞り染めーその1
降りも降ったりこの9月。
そして毎度おなじみの川口定期訪問。
d0182119_13455490.jpg

御大こと正藍型染師・田中昭夫は、型染め仕事が出来ず、たいそうイラっちの日々。

不穏な9月田中学校の幕開けだ。
※念のため、ここで降りても御大は居ません。
d0182119_13472013.jpg

お宅に着き、目を疑う。

わわっ。

我々以外に、家捜し強盗が入ったんですか!?
ナニゴト?
d0182119_14221950.jpg

前回すべてのストックを整理チェック、きれいにまとめ上げたのが、ひっちゃかめっちゃか。

聞けば、Yシャツが見当たらず、全部開けたと。
しかし見つからず、近所のお通夜に行けなかった。
と、こっちを恨めしく見る。

いやいやいや。
ここにYシャツはないですし、せっかく整理したのに、なにゆえここまで散らけるんですか。
と、あっちを恨めしく見る。

不穏な予感的中。
d0182119_14295382.jpg

気を取り直し。

大風呂敷に数十年仕舞われていた、あのカヤ生地
江戸期の手仕事、手績み手織りのお宝生地。
それを藍無地に染めてもらうよう依頼してあった。
d0182119_13512873.jpg

「なんべん染めても同じ色にならない!」

雨ばかりで染めに10日もかかるわ、同じ色にならないわ。
もう嫌になったと、嘆きとも怒りともとれるSOSが入っていた。

御大の本分からすると、バラバラ染色はアウトなのだ。

こちとら、それは承知。
作り手が1枚ずつ違う布だし、いっそそれが面白い。
帯地にならない生地なのも承知。

寝かせてあるなら、御大の手で正藍無地に染めてもらい、その後に扱いを考えたい。

と、いうことを理解してもらうのにどれだけ時間がかかったことか。

これでいいのかどうか、御大には判断つかないと言う。
仕上げ前に確認してくれと、置いてあった。
d0182119_1422190.jpg

一瞥で「100点満点です!」と、不肖けろ企画が、大いに褒めてつかわす。

すると御大はふにゃりと笑い「じゃ、豆汁を入れて仕上げるかな」と安堵のご様子。

不穏なご機嫌、急速回復。
褒められて伸びるタイプ。

しめしめ。
型染師に依頼した無地染め企画、大成功。
いいでしょ。サイコーでしょ。

さて、何にするか、どうしようかと、ウレシイ悩みが発生する。
d0182119_14204211.jpg

それはそうと、雨ばかりでカヤ生地以外の仕事がやれなかった。
型染めは天気じゃないと出来ない。

完全無趣味で仕事以外にやることのない御大は、どうしていたのたか。
d0182119_14453569.jpg

「しょうがないからさ、岡崎木綿のハギレで絞り染めをして遊んでた」って。

これで何か作れるかな、とマーケティングを視野のビックリ発言。
d0182119_14455775.jpg

絞り染め開業ですか?と言ったら笑っていた。
d0182119_14465790.jpg

そう、我々も、岡崎木綿ハギレで三つ編み絞り染めが目的だった。
たくさん白ハギレがあるので、何か出来ないかと、試行錯誤の回。
ああ見えて予行演習をしてくれていたのかもしれない。
御大には、けっこう、そういうトコロがある。
d0182119_1451456.jpg

布茶も合流し、ハギレの三つ編み作業にかかる。

壁に布端をひっかけて
d0182119_1455740.jpg

息を合わせて、あっちへ、こっちへ。
d0182119_14555318.jpg

あ、御大の手の絆創膏は、ひっ転んですりむいた痕。
会うたびに、御大の足元のおぼつかなさが気になっている昨今である。

やることなすこと、わりと大仰なのが心配。
仕事ぶりは、ご承知のように相当細かいんだけどなあ。

続きます。

[PR]

by kerokikaku | 2016-09-29 13:58 | 正藍型染師 田中昭夫 | Comments(0)
2016年 09月 27日
巨ピコとの別れ
持っているだけでバッテリー残量がみるみる減る不思議な機械。
我がiPhone5の機種変更をした。

所有者に似てモチが悪い 。
たった2年の付き合いだった。

先だってのiPhone7の、あえて発売前夜。
混み合う前の滑り込みの、7でもなく、6でさえない、あえてのSE。

それはいいのだが、ケータイメールというものが入らない。
不人気につきメールも来ねえなと、気にしていなかったが、やはり妙。

いくらなんでも1週間以上誰からもメールが来ないことって。

あったっけ。
あったね。

いっそこのままメールってものをやめてしまおうか。
勇む気持ちをなだめ、設定に着手する。
が、いつものごとく、うまくいかない。

パスワードが違うの、インストールし直せだの、おまえはたわけだの。
機械に言われたい放題で、めったに痛まない頭痛が痛んできた。

イライラMAXの末、何とかメール設定を完了させる。
めでたく3件ばかり受信しましたとさ。

そして家人が38度の熱を出して寝込んでいる。
気は心とばかり、家人のクスリを拝借し、イライラ治癒目的に飲んでみた。

今、だいぶ、落ち着いた。
家人でなく、わたしが。

川口の御大から2回着信が入っていた。
折り返しかけるがつながらない。
5回目でやっと出た。

すると、あなたがかけたからわたしがかけたのに、わたしがかけたからあなたが出たというように。
何がなんだか、何の用だか、さっぱり話がかみあわない。
辞世の挨拶も何もあったもんじゃない。
ではさようなら、と切る。

クスリが足りない。
もう一服盛りたくなる。

昨日もお伝えした、近所の巨木、キンモクセイの木。
もう10年以上も、この木なんの木気になる木として、わたしの心に響いている木。
10日前の青々としたスナップがこちら。
d0182119_21484062.jpg

去年も、むんむんの香りでオレンジの花を咲かせていた。
d0182119_21493047.jpg

八百八町にとどろく、甘いピコレット臭。
d0182119_21511087.jpg

これからの毎日は、この巨木の変化を楽しみに生きていこう。
わたしたちにはピコレットの秋があるじゃないか。

つまらぬイライラを乗り越え、やさしい気持ちになった、その朝。

うへ。
d0182119_21522849.jpg

がるるるるるる。
d0182119_21524654.jpg

この残りカスだけが頼りなのか!!
d0182119_21544411.jpg

すっかり意気消沈したその夜。

気になり、不穏な空の下のパトロール。

おいおいまじか。
d0182119_21575799.jpg

立ち直れない。
d0182119_21584098.jpg

[PR]

by kerokikaku | 2016-09-27 21:19 | ものすごくその他 | Comments(2)
2016年 09月 26日
ピコレット接近
雨ばかりで蒸し暑い。

数日家を空けただけで、色んなものがカビていることに気付き、滅入る。
夢は「カビない家に住むことです」とお天道様に伝えたい。

蒸すからなのか、熱い冬瓜スープを飲んだからか、汗が吹いて仕方がない。
なんのことはない、夏日だった。

明日は真夏日と聞く。
真夏でも酷暑でもいいけど、蒸さなきゃ何でもいい。

外を歩くと、ふわっとピコレットが香った。
d0182119_19292076.jpg

どこにも形跡がないのに、ぜったい香った。

ちょっと早いか、いや、そうでもないか。
この時期、判で押したようにピコレットは攻めてくる。

高いポテンシャルを秘めた植木。
草刈り後が楽しみな逸品。
d0182119_20351184.jpg

10日前の、近所の巨大キンモクセイの木。
素知らぬ顔で、青々としていた。
d0182119_20372872.jpg

おまえさんも、この後数日、たのしみだ。
[PR]

by kerokikaku | 2016-09-26 20:39 | ものすごくその他 | Comments(0)
2016年 09月 26日
10月上旬の栗駒と仙台(と、いわき)
お待ちかねの栗駒仙台界隈インフォ。

宮城県栗駒の陳ケ森窯で、鈴木照雄さんの焼物とH.P.Eラオスの谷由起子さんの布展が開催。
もう3回目になる。

会期が重なって、津田千枝子さん(あの黒幕)の型染展も、奇跡の同県、仙台で開催。

ここまできたら、いっぺんにまわるしかない。
たとえそれが60km以上離れていようとも。
いかにアクセスがむむむであろうとも。

今わたしの周りは宮城方面遠征で、にわかに沸いております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鈴木照雄の焼物と谷由起子の布 第3回展
2016/10/6(木)-10(月祝):栗駒陳ケ森窯(くりこま高原)

午前10時ー午後5時 ※新幹線をご利用の方、事前連絡にて送迎可能です

今日、世界中が、力の論理や、不寛容の増大によって病を深くしているように思われます。
無人に無償的贈与を与えてくれていた自然も大きく傷ついています。
手仕事、それは人の原始的営みと申されましょう。
谷さんと私は、自然に即した物作りがきっと健やかな再生につながると念願するものです。
そんな歩み、新作を是非ご高覧頂けたら幸せと存じます。
鈴木照雄

d0182119_11371363.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

布に沿う色と形
津田千枝子 型染展
2016/10/1(土)-10(日):ギャラリー蒼SOU(仙台)


型染めの仕事は素材となる生地の上に染めるものなどでどのような布を選ぶということがとても大切な要素となると思います。
私が使用している布は一本の糸を作るところから手仕事で生まれた表情豊かな布です。
最終的に私が手を入れることによってそこなうことなくものづくりの一体感のある布になるように心がけたいと思っております。
作品集「KATAZOME」より

d0182119_1140280.jpg


鈴木照雄さん・谷さん・津田さんの、日本三大作品に触れられて、うまくお三方共にお目文字できて、仙台あたりでちょいと美味いものなんか頂けた日には、たいそうバリューでゴージャスな遠路はるばるとなるでしょう。

いーなー、いーなー。

※福島県いわき市ではティモールテキスタイル岡崎さんの布の展示がありますって、コメント欄から好情報ゲット。
東北新幹線ぶらり途中下車ですな、こりゃ。


[PR]

by kerokikaku | 2016-09-26 11:30 | H.P.E | Comments(2)
2016年 09月 23日
9月下旬のインフォルマシ
いい加減、9月下旬をどげんかせんといかん。
手元にあるDMをスキャンし、画像を整え、さあUPしようかなと。

ふと、布茶ブログを拝読。

9月下旬のお勧め」が、わたしの準備した内容とダブりダブり、プラス多く上回っていた。
よって、布茶情報をそのまま「けろ企画の9月下旬インフォルマシ」のリンクとさせて頂くことを、各方面へご容赦ご理解を伏してお願いの上、決行致します。

あは。
新しいね。

他力本願。
間違った用法の方のね。


さて。
うどん県ではないほうの、きしめん県にて。

こういった、しもた屋遭遇時に限って定休日とはこれいかに。
d0182119_21205781.jpg

以前、某有力者よりGSS時にこんなすてきなモノをいただいた。

すてきかどうか。
檻に囚われのパンダちゃんではありますけど。
d0182119_21221723.jpg

この店、におう。
d0182119_212349.jpg

きっと、ある。
パンダちゃんがいるはず。
d0182119_21232588.jpg

イターーーー!
d0182119_21234449.jpg

囚われていない、自由の身のパンダちゃん。

とは言え、けっこう逡巡した結果、結局、買わんと帰ったとさ。

9月下旬のパンダちゃん情報は以上です。

スタジオさんへお返しします。
[PR]

by kerokikaku | 2016-09-23 21:37 | 毎月のインフォルマシ | Comments(0)
2016年 09月 21日
書かなくても
d0182119_12143078.jpeg
わたしはわかるけど。
d0182119_12145366.jpeg

[PR]

by kerokikaku | 2016-09-21 12:14 | ものすごくその他 | Comments(4)
2016年 09月 20日
また
はじまった。
d0182119_23254879.jpeg
ウソばっかり。
d0182119_23270276.jpeg
ニンニク油じゃないか。
d0182119_23273197.jpeg

[PR]

by kerokikaku | 2016-09-20 23:24 | ものすごくその他 | Comments(0)
2016年 09月 18日
実家にて
d0182119_23423400.jpeg
ウソばっかり。
d0182119_23431024.jpeg

[PR]

by kerokikaku | 2016-09-18 23:42 | ものすごくその他 | Comments(0)
2016年 09月 15日
9月中旬のインフォルマシ
先だってのスピニングパーティで、とあるお店のヘルプをした。

ちょうと店主が席をはずしている時、ニコニコしたお客さんが「ちょっと教えてもらえると嬉しいな」と、商品素材の説明を求めてきた。

分かる範囲でいいから、と言う。
わたしではわからないこともありますが、としどろもどろで話す。

するとその方は、わたしの説明が甘いと見ると、素材についての詳細な知識をたたみかけるよう朗々と披露してきた。
何を言っているのか理解不能、わたしにはレベル違いの次元の知識。

試されたのだった。
こちらを叩きつぶす勢いで、止まる気配がない。
おそろしさすら感じた。

他のお客さんがどんどん入って来ているブースの脇で。
今、わたしたちは何なんでしょう。

あ、ちょっとすみません、と他のお客さんの方を向くと、去った。

なんとも言えない。
無責任なヘルプだったなあとか、やられたなあとか。

いちおうへこみ修正は済んだが、まあ、何か意味のあることなのだろう。

さて、週末から連休がはじまります。
各サイトでご確認の上お出かけ下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「いい日になりますように」
R・ECHO(帽子/かばん)・オガサワラマサコ(陶)2人展
2016/9/10(土)-19(月):irodoriya.(渋谷・神泉)

d0182119_11341250.jpg

あらやだ、昼間っから、と建物に出入りするカップルをうっかり横目に、円山町の隠微な路地を、迷子覚悟でお出かけ下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「出雲織一門展」
門下生とともに三十六年
2016/9/14(水)-18(日):イトノサキ(外苑前)



綿花を育て、
糸を紡ぎ、
またそれを藍で染め、
そして、織る。

すべての工程を一人で行い、
一度は消えていた用の美を蘇らせた
青戸柚美江さん
その素朴で大らかな美しい織りの手仕事を
次の時代へと繋げている門下生の方々が一堂に会す初めての展示会

『昔から山陰地方では自家用として機織がありまして、
たえず暇さえあれば機織の音が聞こえていました。
戦後、物が多く出回る様になり、働きに出て買えば何でもある様になり、
おいおい織をしなくなりました。

私は織をすることが好きで農業の合間に織っていました。
そうしているうちに教えてほしいと訪ねて来る人があり、
指導する様になり36年が経ちました。

弟子から一門展との声が出始めて今日に至る事になりました。
一門展をご覧いただきまして皆様のご意見などをお聞かせくださいます様お願い申し上げます。』 
出雲織・青戸柚美江     *本展案内状より引用

d0182119_1140530.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

彼方の手 此方の手 vol.6
Og + kocari

2016/9/14(水)-18(日):蔦サロン(表参道)


タイやベトナムで布作り 服作りをしている Og 小倉猛斗さんと
インドの手が作る布などを紹介している kocari の私。
ふたつのブランドによる企画 「彼方の手 此方の手」

彼方のクニの 彼方の手で作られたものを
此方の手に渡すことを生業としているふたりが立ち上げました。

今回の会場は 表参道駅から程近い 蔦サロン。
古い一軒家で 前回までの会場「もくれんげ」同様
靴をぬいで ゆっくりご覧いただけます。

この展示会が kocariとしては この秋最初の展示会です。
秋冬に向けてお使いいただきたい
シルクやウールのものを中心にご覧いただきます。
…kocariブログより引用
d0182119_11435047.jpg

きゃあ、はじまってます。
日曜までです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Arigatou Fair
C.P.KOO at Kichijoji
2016/9/17(土)-19(月):WHITE BRICK(吉祥寺)

d0182119_11485755.jpg

C.P.KOO(セーペルクー)が連休の3日間、吉祥寺中道どおりで限定ショップをOPEN。

この春夏コレクションは麻とカディがめちゃよかった。
秋冬はウールかな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ロベール・クートラス展
2016/9/17(土)-10/2(日):ギャラリーSU(六本木・麻布十番)


ロベール・クートラスの主要な作品を網羅した2冊組の作品集『ロベール・クートラス作品集 ある画家の仕事』が、今春エクリより出版されました。
刊行を記念し、ロベール・クートラス展を開催いたします。
晩年取り組んでいた幾何学的な模様のシリーズなど、珍しいモチーフのカルトを中心に展示します。

d0182119_11572610.jpg

三島のビュフェ美術館展を見逃した方に朗報。
巡回展が12月~3月、京都で開催です。
やったー!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「月光値千金」展
2016/9/17(土)18(日):東青山(表参道)


毎年恒例の展示会のお知らせ。秋の夜長を愉しむため、京都の大吉さんと東京のさる山さんが、酒の器と道具を列べます。初日夕刻には、展示の器でお酒も振る舞いますので、ぜひにお立ち寄り下さい。お待ちしております。
d0182119_120316.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もみじ市2016「FLOWER」
2016/9/17(土)18(日):調布市多摩川河川敷(多摩川)


10周年のもみじ市は「FLOWER」をテーマに、
100組を超える崇高なる作家が集います。
ものづくりびとの最高の舞台、多摩川河川敷へ。

d0182119_1223841.jpg

7月から毎週配布されるDMを9枚ためると、、、なんだったか、えっと、健忘。

「FLOWER」のテーマに合わせた、イベントの統一デザインがお見事です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カンボジアの働く布「クロマー展」
2016/9/17(土)-25(日):日々の食と道具のお店364(西荻窪)


クロマーとはカンボジアの暮らしに根付いている工芸の一枚の布。
多くは木綿を素材に、織物だったり、染め物だったり。
現地では汗を拭いたり、腰に巻いたり、
結んで荷物を入れたり、時には子供のゆりかごにも。
生地がくたびれてきたらお掃除に使って。。
オシャレであるという前に、この布、【道具】なのです。

使い方によって一枚の布が、用途を変えて七変化です。
私たちの暮らしにも鞄に1枚スッと入れておけば
役立つとき、結構ありそうです。

今回も定番のクロマーとともに新作もの、
またこの展示会前、まさに今!主宰している森田わかなさんがカンボジアに
行かれているので、ならば!と、カンボジアの暮しものや食材など
少しだけお楽しみが増えそうです。
トランクに詰め込んで364へ展示会ギリギリに届きます!

少しづつ気候も涼しくなり、クロマーが欲しくなる季節。
お散歩がてら是非お立ち寄り頂けたら嬉しいです。

d0182119_12101864.jpg

ご存知、クロマニヨンのクロマー展。
綿というのが、首巻きとしてけっこう使えるんです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

humoresque
2017-S/S Collection
2016/9/20(火)-24(土):humoresque(西麻布)

20-23日 BUSINESS DAY/24日 FRIENDS DAY
予約制ですので、ご希望の日時を9/15までにメールでご連絡下さい。
d0182119_1214210.jpg

humoresqueのステキ度上昇が止まらない。
[PR]

by kerokikaku | 2016-09-15 11:40 | 毎月のインフォルマシ | Comments(2)