<   2017年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2017年 05月 31日
リバマTG散会の会
あれは春三月、名古屋月日荘でのこと。

いわゆるひとつの「正藍型染師田中昭夫の新作染め布と、若い衆とのコラボ展」。
遠い昔のことのよう。

みなさま、その節はありがとうございました。
心より感謝申し上げます。
d0182119_13540858.jpg
打ち上げ宴会がやっと出来る。
2か月以上も経ってしまった。

リバマ御大は、この日を指折り数えていたに違いない。
ただの宴会として、待っていたに違いない。
d0182119_13103078.jpg
宴会前につき、太郎焼は控える。
d0182119_13103643.jpg
田中紺屋へは、駅から30分バスに揺られる。

一部で有名となった「十二月田中学校」を越え、2017年5月田中学校が始まる。

耳タコ案件として、ここで降りてもどうにもなりません。
d0182119_13120111.jpg
最新版の表示になっていた。

じゅうにがつ、でなく、しわすだ。
d0182119_13112971.jpg
ハングル対応も済ませた。
d0182119_13121415.jpg
田中紺屋に着く。
d0182119_13122950.jpg
中では、黒幕と御大がアタマを突き合わせていた。
d0182119_13123901.jpg
月日荘展後もどんどん染めていた。
お察しどおり、やる気マックス。

色々あって切り替えた「播磨藍」は建ちがいい。

しかし、いまひとつうまくいかない。

そうSOSがあったのだ。
d0182119_13170244.jpg
藍が建ったらすぐ染められるよう、型付けしてあった反物。

「寒明け蒅」がアレだったので、昨年末以来、数か月放置せざるを得なかった。
d0182119_13371088.jpg
その後の「播磨藍」が建つやいなや、しんぼうたまらず染め始めたのは4月。

・はじめての「播磨藍」
・がまんできず、完全に建つ前に染め始めた
・いつもの岡崎木綿とは勝手の違う、ラオス・レンテン族の白生地
・型付けしてから時間が経ちすぎている 
・精錬の具合、等々

さまざまな要因が重なり、藍染め歴60年の型染師は染めに苦労していた。
d0182119_13161372.jpg
先週のこと。

「田中さん、糊伏せしてるんですね」
d0182119_13150728.jpg
新しく糊を炊いていた。
d0182119_13151305.jpg
「もう、やになっちゃったよ」
d0182119_13152521.jpg
先に薄藍で染めてみたものの、全体的に糊が落ちた。
それを補うための、修正につぐ修正。

田中紺屋のがっちり糊には、まずありえないこと。
d0182119_13154344.jpg
なぜこんなことになったのか。
御大も首をかしげる。

さらに手を酷使による腱鞘炎で指が曲がらず、仕事が思うように進まない。
d0182119_13155862.jpg
それでも、と包帯(という名の染めハギレ)を巻き、せっせと修正していた。

持ち手の壊れたカゴ同様、満身創痍である。

つい、見るに見かねてしまった。
d0182119_14060435.jpg
何が災いしたのか、何がよかったのか。
条件にもろもろの事案が重なった。

原因を探るため、あたらしい白生地がほしいが、もう有効な生地はない。
d0182119_13162497.jpg
そう。

TG忖度組合は、またやっちまった。

極秘ルートを使い、ラオス・レンテン族の白生地1反を入手。

やれやれだが、仕方ない。

「田中さん、これ1反しかないんだから、いっぺんに染めてはだめですよ。精練を変えたり、染めを変えたり、まずハギレで実験をして下さい。納得いってから本番の帯地を染めて下さい」

布を持って、この顔。

ありがとうも何にもないが、この顔でいいとする。
d0182119_13133657.jpg
そうと決まれば、問題ある反物の修正をやめることにした。
d0182119_13135647.jpg
せっかく丁寧な細かい型付けがしてあるが、あきらめて糊を落とす。

見るのもつらいが後追いはしない。
d0182119_13141616.jpg
「あのさ、レンテンの生地を藍染めする前は、ぬるま湯に漬けるといいんだよな。水ではよくないんだ。」
d0182119_13134469.jpg
へえ、そうなんですか。
d0182119_13125422.jpg
だからって。
d0182119_13130479.jpg
そのためだけに、あつらえますか。

バカでか容器。
d0182119_13131475.jpg
「奥のコンクリ水槽では間にあわないの?」と問いただしたいが、時すでに遅し。

排水口もないし、最後はどうやって湯を捨てるのか。
言いたいことはたくさんあるが、もう遅い。

知ーらない。
買っちゃった。
d0182119_13132144.jpg
長板が持ちあがらなくなったので、干し場の低い位置にサンをつけてもらったと言う。

暗すぎですが、わかりますか。
d0182119_13190177.jpg
そもそもはこちら。
d0182119_13191016.jpg
往時は、ほいほい持ち上げていた。
d0182119_13192403.jpg
リバマ御用達の大工さんに依頼し、追加のサンをつけたと言う。

真新しい、NEWサン。
d0182119_19123382.jpg
とにかく藍染めがやりたい。

年季で出来なくなったことも、なるべく出来るよう、最大限工夫したい。
その一心。
d0182119_13163758.jpg
そうこうするうちに、メンバーが集まり、近所のトンカツ屋へ移動。
TGと若い衆有志で、散会の会だ。

おしょうゆマイクで挨拶をもらう。

もぞもぞと何か言ったらしきあと、乾杯となった。
d0182119_13173736.jpg
さすがリバマのデフォルト。

なんでもかんでもたっぷり。
d0182119_13175041.jpg
色んな話をしていても、藍以外の話には1mmも乗れない御大。

ぼんやり、ふんわり。
しずかなものだ。

おとなしく食べる。
d0182119_13181969.jpg
そのキズ、どうしたんですか?

転んだか何だか覚えてないって。
d0182119_13182836.jpg
とにかくケガせず、やって下さい。

藍染めができなくなったら、どうにもならないでしょ田中さん。
これからは、、おっと、これからも大いにやって下さい。

お眠の時間だ。
さあ帰ろう。
d0182119_13185105.jpg
「その新聞、撮ったほうがいいんじゃない」って、TGより指令。

まさかの、一面「藍」ちゃん。
d0182119_14460704.jpg
うまく出来ていた。
d0182119_13194174.jpg
じゃ、ども。
d0182119_13201374.jpg
ありがとございました。



[PR]

by kerokikaku | 2017-05-31 15:28 | 正藍型染師 田中昭夫 | Comments(0)
2017年 05月 26日
追加のインフォ
半年近くインドネシア語と離れていたので、久しぶりだと言葉がからきし出ない。

うーんと、えっーっと、と日本語の合いの手ばかり。
ああ、もうつらい。

しびれアタマがもどかしく、日本語というより四日市弁でキィーっと吠えたくなる。

「インネ語がしゃべれれば列島2億人としゃべれる」と軽く対峙しているのだが、ほとんどのインドネシア人は英語がお上手(当方、英語がさっぱり)。
さらに、日本にいるインドネシア人は、日本語がお上手。

やらんでもええのにと眺めすがめつのオリンピックのせいかどうか。
昨今は続々とニューリッチなインネ人が日本へお越し。
わたしの低感度アンテナが、道端でピピっとキャッチする外国人は、ほぼインドネシア人。

千載一遇だもの、いっちょ噛みしたい。
なのに、出る幕がどこにもない驚愕事実。
向かうところ敵さえいない荒野。

だいじょうぶ。
今の今まで、世の役に立つことは何もしてこなかった。
無駄骨作業だけで生きています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

型彫り、型染め、カタヤブリ!
第1回
カタコトの会
2017/5/30(火)-6/4(日):江戸からかみ東京松屋4F(上野)
d0182119_20275174.jpg
先だって、工芸ライター田中敦子嬢からいただいたDM。
伊勢型紙・秩父銘仙・長板中形などなど、カタヤブリなイベントが連日行われます。
我らがTG、上記田中敦子さんの講演もあり。

ちなみに、リバマ御大は独自路線につき、お仲間には入っておりませんけれど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第二回 日本古来の麻布展
~歴史は語る 麻苧問屋から布まで~
2017/5/27(土)28(日):
横山郷土館(栃木)
d0182119_20280346.jpg
そうそう、京都寺町ギャラリー啓さんの「麻展」
まるでみなさん、隣町にお出かけかと勘違いするくらい、ふつうにお出かけだったらしい。

新幹線で京都って、西武新宿線で川越に行くのと同列でしょうか。
熱量にあっぷあっぷ。

来週はリバマこと川口で某展示会の打ち上げがある。
リバマ御大が「オキナワの人も来るんだよね」と、のたまったのに、のけぞった。

名古屋月日荘展でお世話になった沖縄びんがた工房くんや冝保さんのこと。
「彼も来てくれるよね」って。

川口とオキナワは隣町なんですかって、問いただしたい。
リバマの誰かに。

ちなみに、びんがた工房くんや冝保さんは5/28(日)まで札幌Oteshioで展示会
そう言われてみると、広い意味で通りすがりだし、リバマにちょっと寄ってもらってもいいのかな、って。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

江戸期の民藝
ー暮らしに息づく美-
2017/4/4(火)-6/18(日):
日本民藝館(駒場東大前)
d0182119_20275717.jpg
あかん、えらいこっちゃ。

6/6(火)から松濤美術館でクエイ兄弟展がある。

番茶も出花な頃、クエイ兄弟の人形アニメ「ストリートオブクロコダイル」に叩きのめされた懐かしさで、どうしても行かねばならぬ。

ってことは、6/6-18までが惑星直列。
「民藝館から松濤まで歩くんかい」ってお話だが、節約志向として、セットにしたい気分で一杯。



[PR]

by kerokikaku | 2017-05-26 23:15 | 毎月のインフォルマシ | Comments(4)
2017年 05月 26日
田の字
はてさて、ある日のこと。

この方も「行く」っておっしゃるものだから。
d0182119_18565646.jpg
「いちおう11時に現場でね」

松屋銀座で開催中の「菅原匠展」に行こうと、ふんわりのお約束。
TG数名も集合予定。

リバマの年ごろ的に、11時ってことは10時の開店前から並んでいるんじゃないかと。
ヘタすると、9時頃から銀座で所在なげに突っ立っているんじゃないかと。
どうせ出ないリバマホットラインのため、前日確認はしなかった。

したらば、11時の会場に居なかった。

10分経っても、30分経っても現れない。
いまさらケイタイも自宅も、何度かけても出ない。
おかしい。

どこかでスッ転んでいないか、日にちを間違えていないか。

すっかり他人となった無関係者ではあるが、何となしに気になる。

1時間近く経ち、いよいよ菅原さんに事情を説明し、もし来たら電話するよう伝言。
会場を離れようとしたその時。

「あ、ども」って。

申し訳なさのみじんもなく、ぬうっと現れた。
あきらめて帰ろうって時、このタイミング。

藍のみじんもなく、ふつうのお爺ちゃんスタイルがやや好感度。

ケイタイなんか不ケイタイで、好感度は取り消す。
d0182119_20273751.jpg
年に一度、松屋銀座展で会う、藍キチ巨星のお二人。

先だっての「寒明け蒅」談義となり、外野のTGは耳ダンボで直立する。

「まあ聞けよ」
藍染研究者でもある菅原さんは、リバマ御大を小気味よく制する。

「田中さんは気が短いからやっちゃったけどさ、オレはねちっこいからね。あの蒅をちゃんと科学的に調べたよ」と。
さすが菅原さんは、わたしでも腑に落ちる明解な分析の元、具体案も得ていた。

「でも、素人には難しい蒅だったよな」

超絶プロであるお二人さえも、手こずった今季の阿波藍の蒅。
リバマ御大なんて早々に「こりゃだめだ」と放り投げた、後の祭りの代物だ。

「染物屋は、短気と横着がいちばんよくない」

菅原さんてば、名言すぎる。

田中御大は苦笑い。
我らTGは心の中で大拍手。

リバマ紺屋の門前に書いて貼っておきたい。
「横着」はともかく「短気」は太字にしよう。

唯一の朗報として、あの後建てた「播磨藍」は調子がいい。

「阿波藍」とは微妙に勝手が違い、日々の観察の末、2か月経って「ようやく播磨藍が分かってきた」らしい。
いまこそガンガン染めたいんだ、ってお話。

しかし、じつは用布に手こずっている。
それについては、まだ言えないので、後日の報告とする。

リバマ爺、おっとリバマ御大にお中飯を食べさせ、松屋へ置き去りバイバイする。
一人で来たのだから一人で帰れるよね。
TGは大きな意味でやさしい。

MUJIカフェに移動し、TG会議。
爺、おっと、リバマ御大のアレコレを、爺抜きで相談したかった。

MUJIカフェでは「このテーブルとってます印」として、漢字札がある。
「実」「葉」「山」「木」「種」など、自然に由来する一文字がテーブルの目印。

やれやれ。

うちらって、相当やられちゃってるね。

なんでたくさんある漢字の中で「田」なわけ?

言いたくないけど、田中紺屋の「田」っぽいね。
気付きたくもなかったよね。
d0182119_20274244.jpg
田中御大不在のなか、御大の善後策を「田」のテーブルで考えるって。

もう、リバマ案件から足を洗ったんじゃなかったっけ。

洗ったよね。
きれいに洗ったよね。

おっかしいな。




[PR]

by kerokikaku | 2017-05-26 20:16 | 正藍型染師 田中昭夫 | Comments(2)
2017年 05月 22日
5月下旬のインフォルマシ
おとといの朝まで起きぬけは寒かった。
ヒーターでお井戸を温めてから動く。

観測史上何番目かの、5月の真夏日とか。
拙宅、冷え冷え御殿は世間と乖離。

四季があやしく、夏と冬の2カテゴリ化しつつあることは周知。
憂いたところで致し方なし。

いっそ、熊谷や多治見の動向が気になる。
秩父に負けているようでは、君たち不甲斐ないぞと。
四万十市にリベンジする気はありやなしや。

「どうせなら、記録を塗り替えてほしい」と思うのは健康な証拠。
あと0.2℃で記録更新なら、我慢する覚悟はある。

でもまあ、水分補給をお忘れなく。
ビールが水分カウントされないのが、どうにも解せない。

八百屋でバナナのカゴ盛に100円シールが貼ってあった。
お買い得品ってやつ。
d0182119_18562504.jpg
毎朝1本スムージー利用しているので、バナナは必須アイテム。
しかし、最安95円の房よりも、倍以上も立派な房が2つで100円。
しめて10本10日分。

冷凍すればなんとかなるが、幅をとる。
たいへん持て余すが、買ってしまった。
買わない勇気がない。

いま現在、冷凍庫に入りきらず先送り中。
喜び勇んで買った生鮮品は、瞬時に高プレッシャーと化す。
なんぼ学習しても身にならない案件のひとつ。

さいきん、何にも見えない。
近くも見えない、遠くも見えない。

ド近眼が老眼になると、不便極まりない。

試着した服のタグが見えない。
足の爪は元々見えていない。

故に、しばらくサボっていた「想像力」ってものを鍛錬中。
そんな気になっているだけで、いわゆる「鈍感力」もしくは「老人力」なのかと。
さみしいような、そうでもないような。

馬喰町、組むの早織展はよかったなあ。
早織ちゃんは、布茶レコメンからのお気に入りなのだ。

きちっとしすぎず、いいかんじの早織マジック。
組むスペースのお話も込みでいい時間だった。

だぼっとしたズボンは家庭内兼用ができるので、罪悪感が減る。
実際は兼用しないが、いいとする。
28(日)までやっとるよ。

リバマこと川口駅前。

潔い御方様。
スッポンポンですがすがしく、天におおいに伸びておられる。
d0182119_18561565.jpg
おなじ埼玉県内。

別のスッポンな御方様。
おなじく、天に伸ーび伸び。
d0182119_18562056.jpg
パンツをお履きの育ちの良さが、わたくし的に、好感度増し増し。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

季節の織りと染め
「自然布と大人の半幅・夏衣」
2017/5/17(水)-27(土):
itonosaki(外苑前)
d0182119_18564916.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

菅原 匠 藍染とやきもの展
2017/5/25(木)-30(火):松屋銀座8F

「これさあ」って、リバマの某御大が見せてくれた。
d0182119_18570294.jpg
心の友、伊豆大島の藍染め作家&陶芸家・菅原匠さんのDMを見せてくれた。
d0182119_18565646.jpg
「じゃあ、同じ日に行きましょうか」と、気を利かせて誘ったんだか誘わないんだか、来るんだか来ないんだか不明のまま、初日25日午前中を約束する。

むやみにアテンドせず、適当な距離感で待ち合わせ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


旅するカディ展
C.P.Koo/TERAI craftment/Tulla
2017/5/29(月)-6/4(日):
スパイラルショウケース(表参道)
d0182119_18564435.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Hondaamane neverending exhibition 2017

本田あまね
2017/5/30(火)-6/11(日):ギャラリー無寸草とづづ(下北沢)
d0182119_18563700.jpg



[PR]

by kerokikaku | 2017-05-22 19:13 | 毎月のインフォルマシ | Comments(0)
2017年 05月 19日
クラクラ
クラウド、クラウド。

消えた画像を救出したい。
クラクラ。

鋭意格闘したが、だめだった。
わたしの2015-2016年は、二度とこの世界に戻ることはなかった。

思いあまって、PCスーパーバイザーを自宅へお呼び立てする。

粗茶と菓子を捧げ、涙ながらに切々と不運を訴え、現状を広げて見せた。
しかし一日かけて、結局なにも変わらなかった。

先日、大風呂敷の1TBクラウドに乗り換え、そこへぜんぶブッ込むシステムにしたのもいけなかった。

「追加金払って大きい倉庫を借りなければ、ぜんぶ消してまうで」と脅され、慌てて乗り換え引っ越ししたのに、その際に細かいデータがぽろぽろ積み落とされたらしい。
アリさんマークやパンダマークなら、もうちょっと丁寧に運んでくれたろうに。

あの写真群はどこにもない。
宇宙の塵と化した。

スーパーバイザー曰く。

クラウドを信用しちゃダメだよ。
結局は手作業のアナログがいちばんだよ。

データは随時、USBやHDDに別保存するか、写真で間違いないのはプリントすること。
プリントしとけば、最悪でもスキャンできる、と。

そんなん言われても、今更プリント、ようせんわ。
するかいな。

観念し、外付けHDDってのに一時避難を決める。

完全無欠と思っていたクラウド様。
便利そうな顔して、ぜんぜんあかんやった。

あんたのせいやない。
わしがあんたに期待しすぎたんや。

どだい無理やった。
わしが悪かった。
d0182119_21265969.jpg
きのうは通算51往復目のリバマへ行った。

リバーマウスこと埼玉川口くんだりの、某御大の安否確認。
干し場は一面、シロツメグサの花畑だった。

駅でバス待ち時、ふと見上げる。

何のへんてつも、あった。
d0182119_21133429.jpg
ああ、わたしは、いまからでもこの仕事に就きたい。

いまの仕事は何か、と聞かれても困るけれど。
d0182119_21134258.jpg
センスという意味ではおおいに疑問。

なぜ、あえてキミドリからフジムラサキにするのか。
クライアントの意向か。
d0182119_21134642.jpg
もしわたしなら、本体と同色のベージュにすべき、と言うだろう。
もしくはいっそ、黒。

今回の色替えには、疑問がある。

そんでもって、クライアントから煙たがれるってわけ。
で、フジムラサキのペンキをぽたっと落として、知らん顔ってわけ。




[PR]

by kerokikaku | 2017-05-19 21:33 | ものすごくその他 | Comments(0)
2017年 05月 17日
岩立ミュと草原の河

岩立フォークテキスタイルミュージアムの岩立広子先生は、おしゃれマスターで間違いない。
おしゃれ番長と呼ぶとスケ番風のため、ちょっと控える。

いつもいらっしゃるとは限らないが、運よくお目にかかれればしめたもの。
上から下までなめるように、ピーコ的ファッションチェックをしてしまうのは、わたしだけではあるまい。

アジアアフリカの手仕事満載のお召し物だが、エスニック服にありがちないわゆる泥臭さがない。
この界隈の布は大好きだが、エスニックこってり衣装は少々苦手である。

トータルできれいにまとめあげ、さらっと着こなす。
真似しようったって、簡単にはいかないんだな。
たぶん、猛烈な足し算のどこかに美しい引き算がある。

これは、岩立先生ご自身がモダンだからにほかならない。
清潔感とモダンと優雅、そして知性とウィット。

そのイヤリング、素材は何ですか。
指輪、見せてください。
ジャケットの裏、見ていいですか。

ミュージアムの布を尋ねるより先に、かぶりついてしまう不躾をお許しくださいとも言わず、ぐいぐい聞いちゃう。

写メを撮り損ねた。
テーラー・スィフトのはるか昔から、赤くてラブリーな口紅なんだぞ。

岩波ホールで2017/6/9(金)まで上映の「草原の河」。
「これ、いいわよ」とチラシを見せてくれた。
d0182119_22373288.jpg
チベット映画。
「この娘がいいのよ」と。

まだ観れてません。
6/9までにはなんとか。

何度もここで申し上げているが、わたしはたくさんを観るのが苦手。
大きな美術館だと小走りになり、速攻で出口を目指してしまう。
おなかいっぱいでしんどくなる。

そこへいくと、岩立ミュのワンルームのボリュームはちょうどいい。
流し見せず、じっくり拝見、ひとまわりして、気分よく見終えられる。

いまのカンタ展もいいですよ。
このボリュームだとひとつひとつの差がよくわかる。
d0182119_23183096.jpg
これはずいぶん几帳面、こちらは荒いがパッションがある、等。
刺し手の顔が浮かぶ。

いつの間にかホームページがリニューアルされていた。

過去の展覧会の画像を繰るだけで、染織世界を一周できる。
ディスプレイ力もすごいぞ、と改めて思う。



[PR]

by kerokikaku | 2017-05-17 22:47 | 情報として | Comments(0)
2017年 05月 15日
せっかく
クラウド行方不明写真について、絶望ハートとうらはらに、残酷にうららかな5月。
うららかでもないか。

リバマ御大にホットラインしたところ、例によってこんにちはもお元気ですかも何もなく「こんなに天気が悪くっちゃ、染めがどうこう」と。
ぼやきながらも大変お元気な藍染め生活のご様子。

てかさあ。
たった1-2日雨が降っただけなのに、たとえ地球が四角くなっても藍一心。
今更ながら御見それし、へえへえと電話を切る。

こちとらコメントにお返事すら出来ない意気消沈の日々。

そうだ、新鮮なアジをたらふく食べて元気になろう。
わたしにはいさりび食堂がある。

思い立って九十九里まで車を走らせる。
d0182119_21333489.jpg
うそ、走らせてる人の横でグースカ寝てるだけ。

いさりび食堂の絶品光物で英気を養い、特筆すべき味でもなんでもないあの飴を土産に買おう。
d0182119_21353323.jpg
と意気込んだが、うっかり道草し、早朝の香取神宮へ吸い込まれた。
d0182119_21493897.jpg
圧倒的な緑にのみ込まれるのは気分がいい。
なにものにも代えがたい。

信心深さも知識もアレだが、年中神頼みをするタチ。
それもブランド神社が好みで、一之宮とか神宮とか、お宮を見つけちゃ行ってパンパンする。

目指す九十九里からズレてしまったが、せっかくなので辺境の地、銚子に進路を変えた。

一度訪れてみたかった。
魚はまちがいないだろう。

漁港近くのファッション専科のカラーデザインに心打たれる。
d0182119_21342446.jpg
ショーケンはこのロフトに住んでいたに違いない。
d0182119_21343906.jpg
てきとうに入った食堂は午前から満席。
期待にドキをムネムネさせたが、撮る気もおこらないただの刺身定食で、どんぶり飯のコメで腹が単に膨れただけであった。

せっかくだからと、チャレンジ精神を震わせたのがいけなかった。
鼻がきかないわたしは、いつもこの点が分かれ道。

せっかくであっても、ルーチンで固く、九十九里いさりびのなめろうをつめこんでから、辺境に来るべきだった。
こうやって自分の保守派が確立されていく。

これ、誰だっけ。
マッドマックスだったか、ビッグマックスだったか。
d0182119_21343475.jpg
惜しい。
ジャンボマックス。

ただし、銚子はトイレが無料で気が利いていた。
d0182119_21342958.jpg
香取神宮のだんご屋で向かい合わせたヤンキーカップルと、40km離れた銚子の食堂でも隣同士になった。
d0182119_21341951.jpg
まさか同じルートで移動しているなんて。

気付かないふりをしたのは、双方ともにかもしれない。
d0182119_22145540.jpg
これはわたしの引きが強いのか、はたまた。





[PR]

by kerokikaku | 2017-05-15 21:59 | ものすごくその他 | Comments(0)
2017年 05月 12日
5月中旬のインフォルマシ
JR四日市駅前の、真っ暗な「明るい商店街」。
数軒が営業中だ。
d0182119_10025698.jpg
危険区域ながら廃墟ではない。
d0182119_10025164.jpg
っと、信ぴょう性はないものの。
d0182119_10030220.jpg
アーケード屋根は役割を放棄。
d0182119_10031849.jpg
居酒屋「晴」は、正月二日から常連で満員御礼の人気店だったりして。

ママは80'Sオーバー。
d0182119_10030795.jpg
このレトロすぎるJR側を長年贔屓にしていたが、久しぶりに近鉄側を散策してみた。
同じ四日市でも、JRと近鉄では2km弱離れている。
日に数本のバス接続の有様は変わらない。

かつて全盛だった近鉄側もずいぶん様変わりし、シャッター街化が激しい。
それでも新規店が増え、夜は若者で賑やかだった。

新しい店が増えると、昔ながらの店が前景化し、そちらばかりに目が行く。

まだあった。

夢かまことか、ポルノ映画館。
d0182119_10032976.jpg
タイムテーブルはなく、客の入り次第でフィルムを回すシステムと思われる。

ぜひカル―セル麻紀嬢が観てみたい。
d0182119_10033363.jpg
様子を見てくるよう、男性特派員を派遣した。
目撃すべき遺産だろう。

しかし報告によると、このポスター上映ではなく、別のプログラムだったという。
なので「やめといた」と、さっくり帰って来た。

おい、お前は、プログラムを選んで観るつもりだったのか。
そこが問題か。

女性半額。
次の機会こそは自分で目撃、と誓う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Tullaインドの布 展
2017/5/10(水)-19(金):ギャラリー蒼(仙台)

Tullaは手紡ぎ手織りのカディコットン、カンタ(刺子)、ジャムダニ織り(縫い取り織り)といったインド古来の素材と技法を使い、多くの手を経て大事につくられた布(ストール・オリジナルウェア)をお届けします。
どうぞこの機会にお手にとってその心地よさをお試しください。

d0182119_10023268.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

蚤の市で見つけたもの 2017春
2017/5/13(土)-21(日):ギャラリーブリキ星(西荻窪)
d0182119_10021723.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

金井一郎展 -灯ー
2017/5/13(土)-28(日):
ギャラリーみずのそら(西荻窪)
d0182119_10020798.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

MITTAN ”なお着続ける服”
2017/5/13(土)-22(月):OUTBOUND(吉祥寺)

日本の着物をはじめ、国内外の様々な地域の伝統的な装束に込められた知恵を現代の衣服の在り方に落とし込む、三谷武氏によるMITTANの展覧会を開催致します。

可能な限り長く愛用して欲しいという三谷氏の考えのもと、MITTANの衣服は、生地が擦り切れそうになっても繕いを施しながら、なお着続けられる事を前提として設計されています。

皆様に袖を通して頂けましたら幸いです。

d0182119_10014970.jpg

MITTANでわかったことは、うわっぱりの前ボタンは、結局なくてもよかったってこと。
羽織パターンだと、首の後ろが安心だってこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トライバルラグ from アフガニスタン -tribe-
2017/5/17(水)-20(土):
囲織庵(久我山)

d0182119_10022269.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

奥田早織の服と装身具
2017/5/19(金)-28(日):
組む東京(馬喰町)

d0182119_10022707.jpg
すっかり早織びいきで、さいきんは上も下もかばんも早織ちゃんの。
もしくは上も下もかばんもMITTANの、が私的トレンド。
中はいつだってBAHAGIAですけど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

kocari Exhibition
-From India 2017-
2017/5/20(土)-28(日):間・Kosumi(落合・東中野)

d0182119_10021287.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

STRIPE! STRIPE!
加藤希久代 with VACANT
2017/5/22(月)-27(土):
ギャルリーワッツ(表参道)
d0182119_10023641.jpg
おやおや。
きっくうパイセンとVACANTさんは、ビッグマウンテンコンビとなりつつあるのか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、奈良のtomoshikiさんが、5/20(土)にshopをOPENします。
d0182119_10020232.jpg
週3日のOPEN、tomoshikiのあたらしい試みのちいさな空間のようです。
ここまでのあれこれはブログでどうぞ。




[PR]

by kerokikaku | 2017-05-12 10:49 | 毎月のインフォルマシ | Comments(0)
2017年 05月 09日
行方不明
クラウドなるものが満杯につき、「減らすなり、追加購入するなりせよ」と日々脅されている。

いつだかぼやいた案件。

たしかに預けすぎだったことを反省し、中のデータを整理した。
そんなこんなだが、写真データには手をつけなかった。

なのに、あるべき写真がなくなっていることに気付いた。
d0182119_22105678.jpg
保管能力に自信がないので、天下無敵のクラウドに貯めていた写真。
安全に決まっている。
なくなるはずのない空中クラウド倉庫だもの。

なのに、ない。
サポートセンターのお姉さんが親身になって対処方法を教えてくれたが、一向に解決しない。
d0182119_22110363.jpg
このGW中に、瀕死の小父の見舞いに行った。
おととしの東京見物の写真をつまみに話がしたかったが、どうしたことかまるっと行方不明。

帰京後探し直そうとその日は別れたが、翌日うっかり亡くなってしまった。
間に合わなかった。

4年前もそう。
ある日、機種変した折のiTunes操作ミスで、数か月前に叔母とのんきに撮った写真だけがまるっと行方不明になった。
しょうがないか、なんて思っていたら、機種変翌日に叔母が亡くなった。
d0182119_22110931.jpg
わたしってば、何かを持っているのか、持っていないのか。
ずいぶんと妙な気分になる。

なんなんですかね。
弱っちゃうな。
行方不明は不吉。

だらしなく撮りっぱなしの日常を顧みて、自信の管理能力とクラウドを一切信用することなく、逐一CDやらに別保管すべきなのか。
でも、みんなちゃんとやってるのかな、と聞きたい。
何を信じて信じないのか。
d0182119_22112191.jpg
なんのためのクラウドかと首をかしげかしげ、痛い目に遭うのは自分だしと。
まったくもって腑に落ちない。

なーんだかね。

意気消沈はしばらく続く。
d0182119_22111546.jpg
けっこう、おちこんでいる。



[PR]

by kerokikaku | 2017-05-09 22:35 | ものすごくその他 | Comments(2)
2017年 05月 03日
5月上旬のインフォルマシ
平日なのに休日の雰囲気ぷんぷんで、世界がぽっかり。
こう好天だと、浮かれましょう。

冬用の羽毛布団を、家庭用洗濯機で洗い、モーターがうんうん唸りまくり、あやうくあやうく。
道路渡って向かいに大型コインランドリー屋が出来たというのに。

年中行事の帰省だし、手土産菓子もさんざんだし。
パッと食べられる、気のきいたものはなにかと思いつき、成城石井の水餃子を山ほど買いこんた。

わたし的には美味いし簡単だしコスパも素晴らしい。
ただし保冷バックが石のように重く、むやみにデカくなるのが、ほのかな難点。
のしつき銘菓に比べ、たいしてありがたがられないことも。
いいの、自己満足を押し付けるのはやめる。

詳細はサイトをご確認の上うんぬん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

川原慶賀の植物図譜
2017/4/8(土)-5/21(日):
埼玉県立近代美術館(北浦和)
d0182119_10582861.jpg
2月DEE'S HALLであった波多野さんの植物画展に、リバマ案件多発で行かれなかったので、つい、この界隈が気になっている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

白|黒 金憲鎬 Blanc Noir Kim Hono
2017/4/11(土)-5/7(日):
ギャラリーフィールアートゼロ(名古屋)
d0182119_10583317.jpg
保管が悪く、折れてしまったこと、お詫びします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水田典寿展「境界線」
2017/5/6(土)-21(日):
ギャラリーSU(麻布台)
d0182119_10583839.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

岩立ミュのカンタ展も忘れずに。
GWも木金土です。
d0182119_10584953.jpg
しつこいですが、banryokuは、秘かにイチオシ。
d0182119_10585498.jpg

[PR]

by kerokikaku | 2017-05-03 14:03 | 毎月のインフォルマシ | Comments(0)