<   2017年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2017年 06月 22日
古本を買う
存在がいつからなのか。
近所の古本屋。

なんてことのない道路沿い。
バス停とコンビニ前というやや好立地に位置する。
だからって、な佇まい。

失礼ながら、特筆すべきラインナップも、ネット販売をしている風も、お客の入りも見たことがない。
少なくとも30年超え、との未確認情報もあり。
長年やっているには、何かワケがあるのだろう。

アダルトに超絶特化しているのかもしれない。

その道の雄なのか。
知らんけど。
d0182119_12525166.jpg
先月のこと。

店頭に貼り紙があった。
「半額」ビラにも心動かされるが、その横のおもむろな「お知らせ」文。

閉店らしい。

山が静かに動いた。
d0182119_12525619.jpg
こんな時ばかりお邪魔するのも気が引けるが、そろりと入る。

狙いを定めたのがイケナイ。
マカロニほうれん荘とか、日出処の天子とか、風雲児とか。

そのあたりがあるといいな。
軽く期待してみる。

果たして。
狙った本は何にもなかった。

念のため、周遊。
めぼしいものはなさそうだった。

100円が半額になったとしても、いらないものはいらない。
安くてもいらない。

ミニマリスト発言。
GSSなんかやってるくせに、この図々しさよ。

強い気持ちが、グラリとゆらいだ。
安いって、ゆらぐ。

同行人もゆらいでいた。
めぼしさの一切ない店内をぐるぐる何周もし、選んでいた。

100円×4冊×半額、しめて200円税込。
d0182119_13003216.jpg
1巻買っても、2巻目以降がなくていいのだろうか。

知らんけど。

わたしだけでも余計なものを買わない、と誓う。
なのに、舌の根の乾かぬこの数日で3回も通ってしまった。

安いって、怖いね。
理屈じゃないね。

目を皿にしなくても把握できる店内から、厳選チョイス。

さすがだね。
うっとりセレクトに、我ながらしびれる。

ジャケ買い感は否めないが、まあいいでしょう。

d0182119_13053677.jpg
本はなんでも、読んでいて、ぜんぜんアタマに入らない性分。

なので、同じ本をずっと読んでいられる。
池波鬼平もそう。
夏目漱石もそう。

ページを開くたびにフレッシュに読めるのが、わたくし唯一の自慢だ。

このたびの50円×数冊で、向こう10年は安泰とみる。
ジャケットデザインも秀逸な名本ばかり。

お得だった。

今日で閉店、ありがとう。

PS:さっき通ったら本格店じまいしており、勝手ながら、さみしい。


[PR]

by kerokikaku | 2017-06-22 13:11 | ものすごくその他 | Comments(0)
2017年 06月 21日
高ちゃんの刺繍
情報として。

明日6/22(木)NHKのEテレPM9:30ーの「すてきにハンドメイド」に、金沢taffetaの高知子さんの「レトロモダンな刺しゅうで おしゃれ小物」が放映。
d0182119_12313940.jpg
お店を毎日やりながら、各地でも展覧会。
いつどこで針を動かしているのか、夕鶴のおつうかといつも不思議だ。

店頭で立ちながらも、始終チクチクやっているとか。
しかも、スキマのないみっちり具合。

忘れないで観ておかないと。



[PR]

by kerokikaku | 2017-06-21 12:34 | 情報として | Comments(0)
2017年 06月 19日
リバマ近況ー2
なんでまた。

ここリバマ紺屋に、科布があるのか。
d0182119_23195980.jpg
これはさ。

たいしたことないよ。

どうしてもって言うんで、染めるんだ。

これだけだからさ。
d0182119_23552615.jpg
以前付き合いのあった方面から、科布帯の染めを依頼されたらしい。

「名古屋のもやるんなら、うちのもやってくれ」

断りきれずに受けたのだ、と言う。

3反だけだ。
たいしたことない数だから。

こちらを見ないで繰り返している。

じゃあこれは?

紙布だな。
タテが絹でヨコが紙の紙布だな。
d0182119_23551056.jpg
これもだ。

たいしたことないよ、これだけだ。

背を向けて行こうとする。
この件について、話を終わらせたがっている。

が、そうは紺屋の足元ちょい濡れ三寸が卸さない。
d0182119_23585264.jpg
おいおい。

ちょっと待って。

田中紺屋「紺定」染布の取り扱いは、今後すべて名古屋月日荘
そういう話だったでしょうに。

TGから月日荘にバトンタッチしたじゃない。
バトンの影がうっすら残っているきらいはなきにしもあらずとはいえ。

ともかく、月日荘特約の専属って話でしょうよ。
なのに別の仕事を引き受けるなんてさ。

おう。

そりゃ、ないんじゃない?

仁義が通らないんじゃない?

だって、あれだけ多くの皆さんが最後の展覧会に来て下さったでしょう。
今後はボチボチ月日荘取扱いってことで、周知なんですよ。
田中さんの今後の染めを、みなさん生温かく見守って下さっているんですよ。
d0182119_00341061.jpg
月日荘を飛ばして、別方面で出すの、よくない。

そういうの、非常に、よくない。

黒幕からは遠隔電話、わたしはそのまま直接。
ダブルでがっつり諫言申し上げる。
d0182119_00203489.jpg
シュンとなった。

田中さんは人が良いやら悪いやら。
頼まれた仕事は受けてしまう。
断れないのが職人の性。

染用布は先方からの提供。
布集めの心配をしなくていいのだ。
いい生地だし、腕も鳴るだろう。

以前のお付き合いがあっても当然です。
おかげ様ももちろんある。

しかし。

僭越ではあるが、今となってはハッキリさせないといけない。

だめ、です。

困ります。

ただ、受けた以上はしょうがないです。
それだけはやって、今後は断然ナシにして下さい。
d0182119_00015296.jpg
播磨藍の調子がいい今、こっちの仕事をやらんでどうする。
レンテン白生地や切り株科布が控えているのだ。

優しい風で、結構きつく申し付け、リバマを後にする。

もう今日は染める気にならないそうだ。
朝の糊が落ちたせいだ。
d0182119_17140997.jpg
じゃあね、また来ます。
今度はレンテン帯地分1反、持ってきますね。

外ではベニバナが咲き誇っていた。
d0182119_00370203.jpg
TGのひとりから種をもらって植えたもの。
d0182119_00490193.jpg
「持ってくか」って。
d0182119_00501035.jpg
葉っぱを食べるには育ちすぎ。
染めるには少なすぎ。
タネを採ってもウチには植える庭はございません。

返事はない。

どんどんハサミを入れている。
d0182119_00505099.jpg
あ、そっか。

花ってものは、食べたり植えたりしなくていいのか。
d0182119_00522276.jpg
飾る、って手がありましたか。

d0182119_00533006.jpg
これって。

陳謝の意か、まさかのダンディか。

意味ナシか、はたまた、大いなる意味アリか。
d0182119_00543057.jpg
リバマの御大、正藍型染師 田中昭夫さんより、

d0182119_00554384.jpg
棘のあるお花を頂戴しました、ってお話。



[PR]

by kerokikaku | 2017-06-19 19:06 | 正藍型染師 田中昭夫 | Comments(2)
2017年 06月 18日
リバマ近況ー1
きっちり洗ったのに、なんとなく濡れっぽい。
洗ったはずの足が、湿っている。

梅雨だからか、なんなのか。

カラリと好天のリバマこと、リバーマウス川口へ。
d0182119_21430224.jpg
都合54回目の上陸、とカウントするのはやめにしたい。
d0182119_21432177.jpg
太郎焼に、夏バージョン登場。
d0182119_21434809.jpg
先を急がねば。
d0182119_21440267.jpg
この前日のこと。

某有力筋から、染用布の入手に苦労しているリバマ御大へ。
「手持ちの科布をお分けしたい」とご厚意の旨、黒幕より連絡が入っていた。

翌朝、クロネコ便で拙宅に届けてもらった。

届いたのは巨大な切り株。
ならぬ、豪華科布、しめてドカンと40m。

お察し通り、リバマに直接送らないのが、我々の賢明なテクニック。
手にしたら、一も二もなく染めちゃうんでね。

d0182119_21471783.jpg
東北方面で3-40年前に入手したという、ロール状の科布。
とうぜん手績手織、状態もかなりいい。

今後の「紺定」帯地用布として、喉から手の出る代物である。
そう簡単に得られるモノではない。

あぁ。

困った時は、必ず愛染様のご加護がある。
リバマ御大の恐るべし運の強さよ。
d0182119_16531505.jpg
よくぞキレイに残っていてくれた。
よくぞここまでたどり着いてくれた。

ご縁のありがたさで感涙にむせぶ朝であった。
必ずや有効活用させて頂くことを、リバマの遠方で誓う。

広げて見て、タマシイが黒光っているわたくしは、ひらめいた。
d0182119_22050579.jpg
40mぜんぶをリバマ御大に分けるのは、ちと惜しい。

黒幕自身も半分GETするよう、逆指名しておく。

あらためて言うまでもないが、黒幕こと津田千枝子は、あの、その、かの型染作家である。
次回、もしくは次々回の展覧会を、震えて待たれい。
d0182119_22133734.jpg
御大には電話で、科布購入OKの了解をとった。
「それはいいな」って。

でしょ、いいでしょ。
このあと、月日荘へ出す帯地にバリエーションが出ていいでしょ。

いちおうサンプルハギレをカットし、その足でリバーマウス川口へ向かう。
写メとかそういうの、届かない秘境につき、直に見せに行く。

素晴らしく良い動きだ。

だからか、洗った足が湿っているのは。
d0182119_22215925.jpg
こんな陽気だもの、張り切って染めているかな。
d0182119_22250732.jpg
そうでもなかった。
d0182119_22303086.jpg
「朝染めてる時に電話が鳴ってさ、気が散ってる間に、糊が落ちちゃったんだよ」

と、冴えない。
d0182119_22291208.jpg
あちこちガタで体の調子も良くないし、言葉も出にくいし。

と、冴えない。
d0182119_22290292.jpg
ああ、ほんとだ。

せっかくの染めなのに、糊が落ちてますね。
修正に手間がかかりますね。

「でも、電話が鳴ったせいなんですか?」と、聞いてはイケナイことを尋ねると
「糊のせいもあるかな」だと。
d0182119_23291038.jpg
そんな中でも朗報は、播磨藍の建ちが良いこと。

何より有難い。

それもこれも、まわりからのご加護なんですけど。
d0182119_22314580.jpg
さて。

先日遠隔指示してあった、レンテン白生地ハギレ試し染めはどうなったのか。
d0182119_22433073.jpg
うん、まあまあだな。
d0182119_22440519.jpg
なによ、上出来じゃない。

すごーくいい染めじゃないですか。
d0182119_22444257.jpg
クッキリ、バッチリ、新骨頂の「THE 紺定」の染めじゃないですか。

久しぶりに拝む濃藍色ですね。

「まあ、そうだな」
d0182119_22464325.jpg
って、どの口が言うのか、と、まず問いたい。

じゃあさ。

先のレンテン白生地、数反がうまくいかなかった原因は何だったんですか。

d0182119_22485410.jpg
それはもうハッキリしている。

精練のし過ぎだ、と言う。

貴重な白生地とあって、やたら気合が入りすぎた。
いつも以上に精練をし過ぎた。

よって生地にコシがなくなったのが一番。
さらに、藍が完全に建つのも待てなかったこと。
豆汁も残ってムラになり、慌てた染めになってしまったこと。
d0182119_22544839.jpg
まるで分かっていた風の発言だ。

あの時は善後策がサッパリ見当たらず「困った困った」と、右往左往のSOS。
こっちまで困らせたじゃない。

とは、言うまい。

じゃあ、後日レンテン白生地の本体、帯地分をお渡しします。
今度こそ渾身の染めでお願いしますね。

d0182119_23044516.jpg

すると、我が目を疑う光景が。

あのう。

それって、何ですか?

d0182119_23181352.jpg

今朝届いた科布は、拙宅にまだある。

まだ渡していない。

d0182119_23400207.jpg

なのでここにあるはずもない。

d0182119_23195980.jpg
じゃあ、精練している、この科布は何?


苦虫顔で続きます。




[PR]

by kerokikaku | 2017-06-18 19:48 | 正藍型染師 田中昭夫 | Comments(0)
2017年 06月 17日
6月中旬と下旬のインフォルマシ
届くDMが、すっかり減った。

めったに外出せんもん。
そりゃそうだ。

62~82円+DM作成経費を考える。
より有効な方面にだけ送るのが人情だし正解。

さらに「お気に入り」に入れている各方面のブログが凍結気味なのも、気になる。
いつ開いても春のまんま。

ブログ氷結、やる気とプリン体、ゼロ。

そうか。
みなさんインスタやfacebookなど、SNS活動がお盛んなのか。
ミクシィもあるんかな。

凍結「お気に入り」ブログの活動を知る由もない。
否、知ろうと思えば知れる。

その世界に、今もって二の足を踏んでいるため、積極的に知ろうとしてない。
当方、二の足で行くと宣言したい。

すべてにおいて、メジャーに対してのカウンターな立ち位置をとりがち。
そやって、おいてけぼりってのも。

DM送るなんて、いまさら、ないよね。
無駄だよね。
情報なんて自動的に無料で入手できてるもんね。

「毎月のインフォルマシ」をお送りする意味もありやなしや。

ねーな、きっと。

当インフォルマシ、ふんわり自然消滅を狙いつつ、ふんわり更新してみる。

・・・・・・・・・・・・・・

藤本眞理子 染織展
2017/6/10(土)-25(日):
ギャラリー&カフェ草花舎(島根)
d0182119_19185627.jpg
・・・・・・・・・・・・・・

Keico fujita art jewelry
2017/6/12(月)-17(土):
ギャルリーワッツ(表参道)
d0182119_19181972.jpg
サンフランシスコのMoMAでも取扱いだそう。
絶対そうだと思ってた、って後出しみたいだけど、そう思うって、ずいぶん前にご本人にも言ったって、今言ってみた。

・・・・・・・・・・・・・・

前田昌良 ひとりだけの夜空
2017/6/17(土)-7/2(日):
ギャラリーSU(麻布台)
d0182119_19190006.jpg
・・・・・・・・・・・・・・

TERAIcraftment 帽子販売会
2017 / 6 /14(水)-18(日):
FALL(西荻窪)
d0182119_19182626.jpg
まさにこちらのお帽子を、明日がんばってチャリ飛ばしてゲットに行くんだわ。

・・・・・・・・・・・・・・

BeBe「ウレシイ集合」
2017/6/19(月)-28(水):アートスペース繭(京橋)
d0182119_19184220.jpg
このキモワル人形がメインかと思うと、ブルブル震えが止まらない。

繭のHPも、BeBeさんのHPも寸詰まり。
こうなると、と意地にならざるを得ないのを、狙っているとしか思えない。
翻って、新しい。


・・・・・・・・・・・・・・

active! sagyojo Ⅱ
今年も飛び出した!障がい者施設からのステキなモノ
2017/6/30(金)-7/4(火):
PONNALET葉山の家(逗子)
d0182119_19183037.jpg
・・・・・・・・・・・・・・

国立新美術館開館10周年
ジャコメッティ展
2017/6/14(水)ー9/4(月):
国立新美術館 企画展示室1E (乃木坂・六本木)
d0182119_19183832.jpg
信頼のおける某有力な美の番人より「おすすめ」だとの連絡が入る。

・・・・・・・・・・・・・・

小原聖子個展  Neck piece
2017/7/1(土)-17(月祝):okeba gallery&shop(香川)

d0182119_19184975.jpg
大好きな寒川神社の端だし、いっぺん行っておかんと。
しかも我らがユデタマゴ・聖子展だもの。

と、4か月も前からノートしている、ゼヒにも展。

神奈川って、静岡もだけど、広いのね。
真鶴と寒川と茅ヶ崎と、セットで日帰りは出来んもんなんやね。


[PR]

by kerokikaku | 2017-06-17 19:19 | 毎月のインフォルマシ | Comments(6)
2017年 06月 17日
ぼんぼん
深夜未明の吉祥寺。
d0182119_18421555.jpg
暗闇に浮かぶ、白くて、丸くて、ぼんぼんしてるもの、なーんだ。

「深夜のバレーボール」って是非とも答えてほしい。
d0182119_18422434.jpg
MIKASAのだと嬉しいけど。

d0182119_18421053.jpg
やーい、やーい。

ざんねーん。
d0182119_18415944.jpg
って、言いたい。




[PR]

by kerokikaku | 2017-06-17 18:52 | ものすごくその他 | Comments(0)
2017年 06月 11日
シロヤギ
TG散会の会から10日経った。

この先こそ、好きにやってもらって一向に構わない。
正藍型染を、思うよう存分にやってほしい。

余計なお世話はいたしません。
故に、遠方安否確認の立ち位置で。

赤の他人ならぬ藍の他人。
そっと、生暖かく見守りますんで。

ただし、僭越ながら依頼していた案件が、ひとつだけあった。
d0182119_21075422.jpg
この春。

藍と糊と布などなど。
すべての不穏な要因が重なり、染めがうまくなかった。

つい、忖度。

ラオス・レンテン族の手紡手織の白生地を地下工作しておいたのだ。
某所有者を、アレしてナニした末、貴重な1反を極秘入手した。

「これからの染めのための、実験と確認」という意味のだいじな1反。

この行方だけは見届けさせて頂きたい。
「うん、そうだな」と合意したはず。
d0182119_19253116.jpg
様子伺いホットラインをしてみた。
1分以内のコールで出たのはラッキーだ。

尋ねてみると、82歳の脳内で、依頼案件は「しなくていい」ことに仕分けされていた。
「しばらく置いておくんじゃなかったっけ」との返事に大いに慌てる。

全く手つかずだと言う。
見てもさわってもいないと。

「うん、わかった」って、言ったよね。
「さわるなって言ったよね」って、言ってない。

「話が変だ」と、埒が明かない。

そのかわり、岡崎木綿の新しい染めをどんどん進めていた。
順調なのは目出度いが、僭越案件を放置されていたのは、良くない。
後先が逆。

・・・・・・・・・・・・・・

我ら僭越忖度組合。
鉄砲玉の御大に、貴重な白生地1反ぜんぶを渡さなかった。

帯地分5mは死守し、わざわざ持ち帰った。
「持ち帰る」ってところが最高レベルのリバマテクニック。

もう替えがない。
渡したら、すぐさま丸っと染めちゃうの、わかっている。

帯地分を取って、余った2mを半分に切り、1m×2枚のハギレだけを渡す。
そのハギレで実験染めしてほしい、ってわけ。

そうすれば、いまいちの原因が何か分かる。
今後の傾向と対策が得られる。

何度も何度も説明し、電話を切る。
だって、あの日も重々説明したんだもの。

すると数分後、電話が鳴る。
「あのさ」と。

実際にハギレ2枚を手にし、この非効率さをとうとうと述べ始めた。
染め以前の精錬に時間がかかるんだ、と。

何日もかかる、10日はかかる。
なので「すぐには出来ないのを覚悟してもらわないと」と、ずいぶんな言い分。

いやいや。

それを承知で僭越依頼してます。
何より今後の「紺定」の染めに関わりますんで。

ってことで、合意だったんですけど。
あれは何だったのか。

無用でなく、むしろ有効な作業なのだ、と繰り返し丁寧にお伝えする。

何度も何度も「時間がかかる」と、あちら。
何度も何度も「大事なことなんだ」と、こちら。
d0182119_19474307.jpg
わたしもしつこいタチだが、あちらもなかなか。

これは大事なこと、大丈夫、間違ってない。
けろたん、がんばれ、負けるな。

電話を切り、麦とホップの一気飲みで、なんとか息を整える。

するとまた電話が鳴った。
「自宅にも電話した?」って。

さっきまでケータイでやりとりしていた。
御大の自宅電話は着信番号出ないし、きょうはそちらへかけていない。

いま2回目のケータイ長電話を切ったばかりなんですけど。
「おっかしいな」と不審がっているが、それはこちらのセリフ。

なにがなにやら。

解き明かすことをやめ「いつかの着信が残ってたんですかね」と、ふんわり電話を切る。

ああ遠い目。


♪シロヤギさんからお手紙ついた 
クロヤギさんたら読まずに食べた
仕方がないのでお手紙かいた 
さっきの手紙のご用事なあに♪


誰もわるくない。
郵便局もしくは電話局の問題か。

来週もっぺん電話してみる。
手紙じゃ、むり。

てか、直接出向くのが有効か。



[PR]

by kerokikaku | 2017-06-11 19:37 | 正藍型染師 田中昭夫 | Comments(0)
2017年 06月 11日
ぴろぴろが
信号待ちで
d0182119_18521663.jpg
気になる
d0182119_18522319.jpg
ふなっしー的な

ゆるキャラ的な
d0182119_18520917.jpg
ぴろぴろ。


[PR]

by kerokikaku | 2017-06-11 18:54 | ものすごくその他 | Comments(0)
2017年 06月 05日
暗雲と
見るからに暗雲。
d0182119_22044283.jpg
これからの日本では、スコールが毎夕あるんじゃないかという一抹の不安と期待。

わたしの知る限り、15年以上、吉祥寺の某仏具店店頭で回転し続けている阿修羅様。

どうにかしたいと思っているよ。
d0182119_22044856.jpg
誰かこうたって。
己の非力が残念でならない。

ほんものは見たことがない。
混みすぎだから。
d0182119_22045363.jpg
でもうちには、お友達がいる。
d0182119_22045934.jpg
いちおう作家モノで、それなりのお値段だった記憶。

顔なんてテキトーだし、手の本数も半分だが、ぜんぜん負けてない。

むしろ、とさえ。
d0182119_22050493.jpg
駅前の、ずっと休業中だった銭湯。

いよいよか。
d0182119_22115767.jpg
あかんぽい。

[PR]

by kerokikaku | 2017-06-05 22:12 | ものすごくその他 | Comments(0)
2017年 06月 02日
6月上旬のインフォルマシ
リバマこと、リバーマウスこと、川口こと、Kawaguchiと。

いよいよもってリバマと決別する、象徴的な黒幕のショット。
撮影は柿渋かばんのトミー
d0182119_22005730.jpg
そうは問屋と紺屋が卸すかどうか。
そう言うおいらはどうなのか。

突つかれると埃が出るんで、そおっとね。
そおっと、さらっと、さわやかに。

リバマ御大んちから、ジプロック持参で引き上げて来た梅酒の実。
自家製梅を漬けた梅酒が大瓶一杯あった。

「オレは実は食べないからさ」って。
「持ってっていいよ」って言うや否やのジプロック。
d0182119_22040192.jpg
さすがリバマのデフォルト。
びっくりする位、アルコール度数が高い。

やわじゃない。
3粒でふらつく。

それを12-3粒食べて、ふーらふらにならないと、やってらんない。

何が、って聞かれると、はてさて。

・・・・・・・・・・・・・・

金沢・富山クラフト市
2017/6/4(日):ヒルサイドスクエア(代官山)
文化の香りただよう北陸の地。
珠州焼や九谷焼、ガラス造形などのクラフト、アートの土壌には豊かな感性が集い、存在感を放っています。
今回のヒルサイドマーケットでは、金沢・富山を中心に活躍する作り手たちを紹介します。
d0182119_22064375.jpg
金沢taffetaの高ちゃんも参加ですよー。

・・・・・・・・・・・・・・

教草 古布展
2017/5/27(土)-6/4(日):
うつわノート(川越)
d0182119_22102776.jpg
たまらない。

・・・・・・・・・・・・・・

ハピネス 渡邉紘子
2017/6/9(金)-18(日):FUUROとブックギャラリーポポタム(目白)
毎日は波のようです。
散らかった部屋やゴミさえも愛おしく、
ありのままを受け入れられる日もあれば、
泣きたくなるような嫌な日もあります。
でも、嫌なことはネタにして楽しむことにしています。
どんな日も幸せでありたいです。
d0182119_22133714.jpg
祝2会場同時開催。
ただし、何会場になったとしても、渡邊紘子さんのアートワークは追い続ける。

・・・・・・・・・・・・・・

「布と器」展
見野大介のうつわ×青の布モノ
2017/6/9(金)-18(日):
itonosaki
(外苑前)
d0182119_22273521.jpg
困った案件として、なぜか青色の布に、ついつい反応。

・・・・・・・・・・・・・・

布族ゾクゾク、うとうとなんてしてられない
ティモールテキスタイル
2017/6/6(火)-17(土):うとうと(銀座)
d0182119_22331859.jpg
ティモールテキスタイルの岡崎さんに会う、ってことがたいせつ。

・・・・・・・・・・・・・

白石ちえこ写真展
鹿渡りshika watari
2017/6/1(木)-10(土):
アートスペース繭(京橋)
d0182119_22362760.jpg
・・・・・・・・・・・・・・

さよならさんかく またきてしかく
いわもとあきこ さきおりのかばん展
2017/6/9(金)-18(日):
ヒナタノオト(日本橋)
d0182119_22383736.jpg
・・・・・・・・・・・・・・

Démaé jewelry pop-up shop
2017/6/6(火)-12(月):Plain People中目黒店
d0182119_22410715.jpg
結局ふだん、耳に何をつけよっかなーって時に、香奈ちゃんのガラスを自動的に選んでしまうってこと。

・・・・・・・・・・・・・・

Yamaha.noz collection in wa2
2017/6/5(月)-10(土):
ギャルリーワッツ(表参道)

インポートのインテリア生地ならではの大胆な絵柄やデザイン。
それらを身にまとう楽しさを教えてくれるデザイナーnozさんの服。

どれもこれも迷うくらい素敵です。

d0182119_22463231.jpg
・・・・・・・・・・・・・・

クエイ兄弟 The Quay Brothers

―ファントム・ミュージアム― PHANTŒM MUSÆUMS

2017/6/6(火)-7/23(日):松濤美術館(神泉) 
『ストリート・オブ・クロコダイル』(1986年)など、不思議で幻想的、陰鬱、でもどこか軽やかなユーモアも感じられる人形アニメーションで数々の傑作を生み出しているクエイ兄弟。
スティーブン・クエイとティモシー・クエイの一卵性双生児として1947年にアメリカ・ペンシルベニア州に生まれた兄弟は、1965年にフィラデルフィア芸術大学に進み、最初イラストレーションを専攻、そして在学中の1967年に大学で開催された「ポーランドのポスター芸術」展に衝撃を受けます。
この後、1969年に英国に渡り、ロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アートに進学。カフカの文学やヤナーチェクの音楽、ヤン・シュヴァンクマイエルの映像作品など、東欧文化の色濃い影響を受けつつ、短編アニメ映画制作などにその才能を開花させていきます。現在、クエイ兄弟はロンドンを拠点に、アニメ、映画制作、CM、舞台美術など幅広い分野で活躍し、日本でもカルト的な人気を誇っています。本展は、クエイ兄弟の初期のイラストレーションから、アニメーション制作の舞台装置の精緻なデコール、これまで日本で紹介される機会の少なかった映像作品や舞台美術の仕事、影響を受けたポーランドのポスター作品など、その独自の美の世界の全体像にせまるアジア初の本格的な回顧展です。

d0182119_22551330.jpg
あかん。
もう、あかん。

なにがなんでも6/18までに駒場とセットで。
歩く覚悟と、アタマ一杯になる覚悟で。


[PR]

by kerokikaku | 2017-06-02 22:47 | 毎月のインフォルマシ | Comments(2)