<   2017年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2017年 08月 29日
慎重に刷る
何度やっても、呼吸するかのごとくミスをする。
完璧主義ならいざ知らず、そうでもない主義で、どこまでを許容範囲とするのか。
d0182119_2293963.jpg
自分に刷り込まれているプリント設定を、今一度俯瞰する。

改め、直し、落ち着いてコトを終わらせたい。



[PR]

by kerokikaku | 2017-08-29 22:09 | ものすごくその他 | Comments(0)
2017年 08月 26日
なにかがたくさん
もりもりっと
d0182119_21151092.jpg
凝縮しているものに惹かれるのかもしれない
d0182119_21151653.jpg
毎日1本、1週で1房、1年では50房余
d0182119_21161127.jpg
釘はこんなにいらなかった
d0182119_21155360.jpg
欲しいメガネが見つからない
d0182119_21152637.jpg
おかげさまで気付いてみればUNO2周年のTシャツをつくれる目出度さよ
d0182119_21284687.jpg
たっぷりあるのに1週間もたないさみしさよ
d0182119_21160469.jpg
翼をください、をハミングしながらハラハラ落涙するのは病んでる証拠
d0182119_21162060.jpg
もう4-5個、巻いといてよ、と母にねだる
d0182119_21162783.jpg
ああ、アフロになりたい


[PR]

by kerokikaku | 2017-08-26 21:24 | ものすごくその他 | Comments(0)
2017年 08月 22日
松濤の思い出
人と肩触れあわない余裕は、なによりの贅沢
d0182119_10301643.jpg
絶品インド布はぴーらぴら
d0182119_15372712.jpg
きょまかいね
d0182119_10293216.jpg
さわるのはいけないけれど
d0182119_10293771.jpg
においがわかるくらいまで近づける
d0182119_10305807.jpg
松濤音頭でソーレソレ。



[PR]

by kerokikaku | 2017-08-22 10:36 | 情報として | Comments(2)
2017年 08月 17日
8月下旬のインフォルマシ
富士山も高尾山も、まず登ることはない。

あくまで想像だが、山頂売店としても、ここまでいかないのでは。

渋谷区某所にて。
d0182119_18522697.jpg
何がしかのメッセージと気概を感じる。

さらにドン。

ビールと同じ値段ですけどなにか。
d0182119_18523733.jpg
舌下免疫治療法。

35年来のスギ花粉症に、いよいよ嫌気がさした。
のど元過ぎればだが、さすがにイヤになった。

クスリを3年間まいにち飲み続け、効くか効かないかは、当たるも八卦当たらぬも八卦。
大ばくちに出てみた。

ゆるそうに見えて3年縛りというのは、濡れた麻縄のようにきつい。
ソフトバンクの2年縛りよりきつい。

さほど厳密ではないらしく、数日なら飲み忘れてもいいクスリとのこと。

しかし、しばらく飲まないと、また振り出しに戻るので要注意。
今のところ3か月目で1日だけ飲み忘れた。

4週間分のクスリをもらいに医者へ行っている。

今日、クスリがきれた。
予約をとろうとしたら、今日から丸一週間、夏休みだとさ。

どうなんだい。

どうしてくれるんだい。

この戦いは、振り出しなのかい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

用の図と地」Ⅴ 熊谷幸治|冨沢恭子|渡辺遼 三人展
2017/8/11(金)-9/4(月):
OUTBOUND(吉祥寺)
d0182119_19152174.jpg
恒例の3人展。

この時期だっけ、年末だっけ、どっちだっけ。

会期が始まってからDMが届くのは、それで合ってるんだっけ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

下 和弘 作品展
2017/8/5(土)-30(水):
ギャラリー&カフェ草花舎(島根)
d0182119_19183087.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

田口 友里枝 展
2017/8/19(土)-27(日):
hase(名古屋)
d0182119_19350372.jpg
8月はじめ。
haseさんには寄れなかったがコーヒーカジタへは駆け足で立ち寄れた。

午前中につき、売り切れ前の幸運。
ケーキ3個オーダーという、静かに燃えたぎる自己ミッションをつつがなく遂行。

ブラボーな喫茶に大満足し、外へ出た。

焙煎のエントツの行方を、なにげに追って上を見る。
d0182119_19380252.jpg
恒常的にコーヒーのアロマ立ち込める道路。

を、よしとしないカジタ的高次元の配慮。

ってわけだろうか。
d0182119_19402003.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「naoco」2017A/W カシミヤコレクション販売受注会
2017/8/30(水)-9/3(日):
itonosaki(外苑前)
d0182119_20074324.jpg
4月ごろ。
「8月末にカシミヤの羽織タイプのニットの受注会やりますよ」と聞いていた。

それは興味深い。
中に着たものの袖を選ばない、羽織タイプのカシミヤは、望むところだ。

店内にサンプルが置いてあるとのこと。
お邪魔する機会をうかがっていた。

あれは7月。
お湯の中を泳いでいるような、立っても止まってもため息と汗しか出ない、あの酷暑の日。

「itonosakiへ行けるのは今日しかない」と、なぜかその一心で急いだ。

「カシミヤの試着に来ました」と店内に入るが、フーフー声と汗が噴き出て止まらない。
冷たいお茶を頂き、気持ちと汗を冷ます。

落ち着きを取り戻し、試着させてもらった。
たいへんよいお品であった。

しかし、古今東西レディス品はどこかしら寸足らずな大物のわたくし。
ここで先走ってオーダーすると、ちんちくりんになりかねない。

なので8月末の会期中、デザイナーさんがいらっしゃる日に直接相談しに来たほうがよい、となった。

出直しだ。
というか、それが正しい。

あの日、どうして、辛抱たまらず試着に行ったのか。

何が悲しくて酷暑にカシミヤ、それも会期外。

説明のできないことを否定しないことに重きをおきたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ノスタルジア展 -2017夏 晩夏-
2017/8/26(土)-9/3(日):
FUCHISO(外苑前)
d0182119_22000755.jpg
itonosakiカシミヤ展とFUCHISOノスタルジア展は、8/30以降なら外苑前ダブルで行かれます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ミロコマチコ いきものたちの音がきこえる
2017/7/8(土)-9/3(日):
佐野美術館(三島)
d0182119_22032081.jpg
ラーメンの佐野でなく、伊豆っパコの三島なのでお間違えなく。

そして吉祥寺パルコでもミロコ展。

ミロコマチコ どうぶつさがし
いのかしらしぜんぶんかえん×パルコ スタンプラリー 
2017/8/1(火)-27(日):井の頭文化園×パルコ(吉祥寺)
d0182119_22080425.jpg
つい、喫茶橙灯を思い出し、べにさん展は19(土)までですよと、再度うったえてみる。

なんやかんやで行けておらず、当方ただいま焦り中
d0182119_22124328.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Reality of LIFE-折元立身
TADでパン人間を 目撃せよ
2017/8/26(土)-9/18(月祝):
富山県美術館
d0182119_22161323.jpg
できたて美術館、北陸富山で、折元立身!
ハプニングは、まわりまわって新しい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

畠中光享コレクション
インドに咲く染と織の華
2017/8/8(火)-9/24(日):松濤美術館(神泉)

d0182119_22235343.jpg
前期後期とあり、前期は8/27(日)まで。
後期は8/29(火)から。
どっちも行っとかんとね。

と、しつこくインフォする当方も、まだだったりして。

外出するってさ、それなりに気合がいるんでね。
言い訳のような、まあ言い訳ですけどね。

まとめてひとからげにしたいんでね。



[PR]

by kerokikaku | 2017-08-17 22:40 | 毎月のインフォルマシ | Comments(0)
2017年 08月 16日
バナナ狩
亜熱帯化した日本だもの。

ありえなくない。
d0182119_22341190.jpg
赤い実のなる、棘が痛いピラカンサに、バナナが生った。
d0182119_22355619.jpg
痛い目をしてバナナ狩をした。
d0182119_22342552.jpg
苦いバナナだった。



[PR]

by kerokikaku | 2017-08-16 23:01 | ものすごくその他 | Comments(0)
2017年 08月 15日
チンしてその後
あれそれこれどれ。

指示代名詞を駆使することが日常化している昨今。

やあねぇ、人間の経年変化。
記憶メモリに支障をきたして幾星霜。

ぜんぶぜんぶを覚えていたら、人間たるもの、やってられない。
だから、劣化じゃないよねぇ。

忘れるからこそ、今日も明日も生きていられる。

らしい。
d0182119_22385115.jpg
今月になって、コメを炊いていない。

と記憶している。
これは、まあまあ確かな記憶。

いつも多めに炊いて、残った分はタッパーに入れ、翌日あたりにチンして食べる。

このところの基本は冷麦だ。
さいきんは外食も多かった。
d0182119_22351978.jpg
今日、わたしは仕事で外に出ていた。

お盆のため、家の人がうちにいた。

昼、レンジを開けたら、タッパーに入ったごはんが入っていたと言う。
d0182119_22360347.jpg
きっとけろが食べるんだなと、またレンジを閉じたと言う。

また閉じたって。
d0182119_22483778.jpg
朝晩涼しいが、さすがにいま夏だっけねえ。

いつからレンジに入っていたんだっけねえ。

全く記憶にございませんねえ。
d0182119_22341989.jpg
やり場がなく、まだ閉じたまま。

と言うか、開ける勇気がない。

2017夏の最大ホラー発生中。




[PR]

by kerokikaku | 2017-08-15 22:54 | ものすごくその他 | Comments(0)
2017年 08月 12日
天空のペンギン見たさで
2時間待ちの大行列。四方八方、人人人。

朝から晩まで暑い中お疲れさんだけど。
稼ぎどきだし、みなさんお待ちかねだし。

ここはひとつ、ペンギンさんには頑張ってもらわないと。
あきらめきれず、外で2時間ヒマを潰して戻りました。

さあ、天空のペンギン。

期待を込めて。
そこのけそこのけ、ペンギンはどこだ。
d0182119_13344269.jpg
おいおい。

はよ、ゆうてや。

ペンギンさんは、日中の4回だけのご開帳って。

入場券買って、並んで待って、「単なる水槽」の展示を拝観した、2017夏休みの思い出。
疲れすぎて、文句のひとつも出ない。

池袋の夜景がうっすら見える、ふつうのビアホールのかたわらにて。

水槽の前で、やるせなく写真を撮る人々。
d0182119_13463569.jpg
に、追随するしかないわたくし。

d0182119_13394635.jpg
アロワナだけ、おりましてん。



[PR]

by kerokikaku | 2017-08-12 13:34 | ものすごくその他 | Comments(0)
2017年 08月 12日
ピントが合わなかったのが
かえすがえすも
d0182119_23392905.jpg

ざんねんむねん

[PR]

by kerokikaku | 2017-08-12 13:31 | ものすごくその他 | Comments(0)
2017年 08月 12日
暑中
お見舞い
d0182119_13292270.jpg
申し上げ
d0182119_13292279.jpg
ます
d0182119_13292243.jpg

[PR]

by kerokikaku | 2017-08-12 13:29 | ものすごくその他 | Comments(0)
2017年 08月 08日
大入道
大四日市まつりは、毎年8月の第1土日開催。

お盆休み前週のため、高校生時代以降は訪れるタイミングを逸していた。

あれよあれよの30年ぶり。
運よくこの日に帰郷した。

なつかしい大入道に会える。

上京したての頃は、吉祥寺の平日でさえ「わあ、すごい。四日市まつり並みの人手」だと、心底驚いたものだった。
d0182119_22103222.jpg
いやもう、じりじり焼け付くとんでもない好天の元。
吉祥寺並みの人手で嬉しい。

四日市にはこんなにも人がいたのだな。
人口30万人の地方都市。

ビバ、鯨船。
d0182119_22134015.jpg
大入道の息子である「こにゅうどうくん」もがんばっている。

市民に愛されている彼の我慢は、臨界点をとうに越えている。
体内は40℃以上だと想像する。
d0182119_22205637.jpg
その向こうで、大入道は満身創痍。

お首を痛めていた。
d0182119_22161630.jpg
だ、だ、だいじょうぶなのか。
d0182119_22494411.jpg
日本最大級のからくり人形の意地をかけて。

おいらは行く。
d0182119_22170863.jpg
市制施行120周年の意地をかけて。
d0182119_22172494.jpg
正直、どんなからくりだったか記憶喪失。
ろくろっ首が伸びるってことだけ覚えている。

両腕を大きく振り振り、はじまった。

黒×白ストライプに赤いポイントカラーのスタイリッシュないでたちは、BAHAGIA UNDERWEARの見習うところである。
と、いま気付いた。

がんばれ、大入道。
d0182119_22193509.jpg
ドロドロドロっと首が伸びた。
d0182119_22240154.jpg
さらに伸びた。
d0182119_22242276.jpg
ぎゃー、ベロ出した。
d0182119_22244125.jpg
まじか?折れた?
d0182119_22250200.jpg
非常事態か。
d0182119_22331314.jpg

違う。

奴の小技だった。
d0182119_22263975.jpg

「鯨の骨で作った首だから、折れないんだ」って母談だが、真偽は不明。

ドヤ顔。
d0182119_22344793.jpg
もう、よろしいかな。
d0182119_22351290.jpg
ほな、帰る。
d0182119_22353346.jpg
帰らしてもらうわ。
d0182119_22360320.jpg
ほんの数分だったが、ええもん見た。

大入道は、トリッキーでお茶目でお元気であった。

市役所の前では、やはり裸のおねえちゃんが踊っていた。
d0182119_22371059.jpg
畳屋さんが、畳の縁に「こにゅうどうくん」をあしらっていた。
d0182119_22380308.jpg
こんな時ばかり、大入道贔屓に拍車がかかる。
d0182119_22395241.jpg
めちゃめちゃかわいい。

これは超名品だと思って疑わなかった。
d0182119_22404501.jpg
ぜったい欲しい。

そんで、何かすてきなものでも作りたい。

めっちゃイイ。
d0182119_22414524.jpg
と、ロールで頂いてきたものの。

はてさて、どうしたら。
d0182119_22430902.jpg
この夏一番の悩みになった。



[PR]

by kerokikaku | 2017-08-08 22:43 | ものすごくその他 | Comments(4)