2010年 11月 12日
循環
禁断症状といいますか

自宅在庫のビターキャラメルがなくなったので
茗荷谷の橙灯さんに「と、と、とっといてー」と
仮押さえしてから伺う。

先週まで橙灯さんは近江八幡での出張イベントだったので、
ジャムの在庫がないことを危ぶみ
(やはり本日現在、ビタキャラ以外在庫ナシだった)。

高燃費/高代謝のわたしは
しょっちゅうガス欠になる。
d0182119_2150995.jpg












こうやってスプーンと一緒にいつも持ち歩けば
不測のバッテリー切れ事態に対処できるはず。
そんなつもりのジャムではないでしょうが。
だって、パンやら何やらに
塗れたためしがない。 ねぶって終了ですもの。

今日はこの後ふらふら徘徊する予定だったので
多めに手に入れておく。

ほくほく。るんるん。

花咲爺の灰、
もしくはヘンゼルとグレーテルのパンくずのごとく
あっちでパラパラこっちでパラパラ。
帰りには半数になっていた。

後日「なにアレ、めちゃくちゃおいしかった」と
みなさまにお褒めいただくと
まるで自作品を褒められた気になり、一気に昇天、昇華する。
それがわたしの天狗心を潤す。

いらんものはたとえもらいもんでもキッツイですから
消えてなくなるええもんに固く固く厳選して。

実家の近所に「菓子の伊藤さん」という方がいる。
うちでこっそりそう呼んでいるだけ。
菓子屋さんではない。

買物の帰りに寄ってくれて、
団子やババ菓子をいつもばら撒いてくださった。
一切恩は売らない。
人にモノを差し上げることが喜びなひと。
子供心に「菓子の伊藤さんはすごいなー」と思っていた。

わたしなんて、ぜんぜんまだまだ風下ですけど。
宇宙的に回ってくれたなら、充分上等。
ありがたや。
[PR]

by kerokikaku | 2010-11-12 22:02 | 情報として | Comments(0)


<< クウネルオオヤさん      つめ道 >>