2014年 04月 11日
HPE展・2014春
春と秋になると、恒例のHPE展が各所で開催される。

おや、この春はいつあるのだろう。
もう4月も半ば。

「知ってる?」
「たぶん、あそことここで」

「いや、そこではなくて、この時分みたい」
「え、知らなかった、そうなんだ」

「谷さん、もう日本に帰ってきているらしいよ」
「じゃあ、そろそろじゃない」

このひと月、未確認情報がまわりで飛び交っていた。
HPEは公式HPを持たないため、不用意に振れまわっていいものかどうか。
ここだけのハナシとして、ひそひそ声で情報が飛び交った。

当局からの情報解禁を、かたずをのんで待っていた。
いまか、いまかと。

はい、どうも。
お待たせしました!
ちーっす。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ラオス 手仕事の布
H.P.E. 谷由起子の仕事展
2014/4/11(金)-19(土):フクギドウ201号室(神戸)


ラオスの人々が作るのは
力強くて愛らしい、生命力溢れる布。
色落ちして育った愛の風合い、
ひと針ずつ縫い上げられた布には
現代人が置き去りにしてしまった
大切なものが宿っているように感じます。
今、急速に近代化が進んでいるラオス。
H.P.E.が作っているこの素朴な手仕事も、
残念ながら途絶えていくかもしれません。
だからこそ、今、ご覧頂きたいと思います。

d0182119_13361785.jpg

d0182119_13363033.jpg

上の画像、レンテンの藍のパンツのポケット部分のズーム。
いい具合に履き込まれている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

H.P.E. ラオスの布
2014/4/19(土)-26(土):fudoki(板橋)


谷さんがラオスから持ってきてくれるシルクの生地で今年は着物をあつらえることにしました。
素敵だと思いながらも、なかなか手が出ずにいたモノ。
ようやく自分らしい楽しみ方を見つけました。
あなたはラオスの布をどのように楽しみますか?
定番の風呂敷や豆敷、ストールなども沢山揃えました。

d0182119_13434475.jpg

やられた。
一瞬を切り取ったビジュアル。

2014春、東京近郊でのH.P.E.展開催はfudokiのみになります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鈴木照雄の焼物と谷由起子の布 第2回展
2014/4/26(土)-5/6(火):栗駒陳ケ森窯(宮城)

d0182119_1350985.jpg

d0182119_13482225.jpg

ことあるごとに谷さんが推している、栗駒での展覧会。
鈴木照雄さんの焼物と、谷さんのラオス布は、作り方・考え方への共通点があまりにも多い。
第1回展に寄せた谷さんの随筆をご覧ください⇒

昨秋のHPE浦安展にて、ぽってりとしたカップでいただいたラオスコーヒーが忘れられない。

いやいや。
だって超遠方だし。
むりむり。

まさか行こうなんて思いもしなかったが、谷さんの推しっぷり、大好評の第1回展のウワサに、まんまと引きずり込まれている。

新幹線でお出かけの方、くりこま高原駅からのアクセスに朗報です。
今回は事前連絡で送迎が可能とのこと。
これはこれは助かります。

あー、どうするかな。
高速だと、混むかな。
でも、車だと鳴子温泉にも寄れるよな。

わたしの悩みはもはや今、行くか行かないかではなく、どうやって行くかに変わってきている。
[PR]

by kerokikaku | 2014-04-11 13:47 | H.P.E | Comments(0)


<< 第3回GARAGE SALE ...      4月中旬のインフォルマシ追加 >>