2016年 01月 14日
レスキューつづき
ひまじん ふぉー ざ ぴーぽー、のはずが、どうしたことだろう。

1月のインフォルマシもままならぬ。
あれも始まる、これも始まる、そしてあれが終わってしまう。

明日こそまじめにやろう。
きょう以上にまじめにやろう。

とりあえず緊急レスキュー品を、端からひとつずつやっつける。
慌てないで、おちついて、やっつける。

では、40年間密室で粘着されていた経年ガムテからひんむいてみよう。
マル秘溶剤で浸し、ヘラでネトネトをこそぐ。

事件はいつだって現場で起こっている。
現場と風呂場は同義語なのだ。
d0182119_21474870.jpg

わたくしは道具の中で、何よりヘラを信じている。
ヘラ無くして、いったい何の作業が出来ようか。
d0182119_21483920.jpg

亀の子で一斉洗浄し、浴槽で再度あらう。
d0182119_214854100.jpg

さっと水気をとり、猫額庭のひだまりで天日乾燥。

オイラ、もしや、ひまじんだろうか。
まさかね。
d0182119_2149944.jpg

はてさて。
何の騒ぎかな?

賢明な読者なら、すでにお気づきかもしれない。
またやるの?というお声も遠くで聞こえたような。

詳細は近日公開。
震えて待て。

こちら、お気に入りの15年物ラルフローレンのカッスィミヤの靴下。
ついでもついでもアナーキーが止まらない。

これ以上つぐと、カシミヤ100%なのか、ついだ布の組成50%なのかが不明になる。
いかがしたものか。
d0182119_21493363.jpg

おや、右に見えるチラシはいったい。

常温室内、まじさぶい。
寒暖計は5度を表示している。

超震えるぜ。
[PR]

by kerokikaku | 2016-01-14 21:52 | GSS | Comments(2)
Commented at 2016-01-15 11:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kerokikaku at 2016-01-15 19:55
鍵コメ様
コメントありがとうございます。
ご興味をもっていただきありがとうございます。
近日中にきちんと整備(!?)し、全容画像をUPいたしますので、どうぞお楽しみにご判断のほどを、よろしくお願い致します。


<< 1月のインフォルマシ ひとからげ      レスキュー中 >>