2018年 05月 18日
5月のリバマ
ダッチョの具合が悪い。

GWに手術なんだ。

黒幕ー白ヤギホットラインで発覚した、想定内の事実。
d0182119_22561625.jpg

かくして数日後。

さっぱりしたお声で「退院したんだけど」コールが黒幕にあったそうな。

手術前より、よほどクリアな口調だったらしい。

おシモがモゾモゾするのは、誰だって気分がよくない。
手術で治ったなら何より。

d0182119_22203737.jpg
快気祝いと言う名の安否確認は、いよいよわたくしの出番か。

なんとなくプリンを買って、いざリバマ。

太郎焼でなく。

d0182119_22203166.jpg
リバマこと川口上陸、通算何度目かは数えない。

もはや無意識でもたどり着ける、おなじみルート。

何周目かの5月田中学校。
d0182119_22243487.jpg
いちおう、ランチ候補のトンカツ屋をチェック。

そして愕然。
d0182119_22251466.jpg
臨時休業が多いのが玉に瑕の名店。
d0182119_22255507.jpg
向こうのソバ屋はどうだろう。
d0182119_00354594.jpg
思考停止。
d0182119_00360089.jpg
ともかく、まず、リバ爺の安否確認へ。
d0182119_22265155.jpg
あれ、もしや?

ずいぶんスレンダーなオールドマンが、のろのろと入ったような。
d0182119_22343037.jpg
オールドマンとは、正藍型染師 田中昭夫その人であった。
d0182119_22352453.jpg
なんか、すっきりしましたね。

つうか、痩せましたか。

「うん、ガラガラだ」
d0182119_22355034.jpg
鶏のガラと、痩せのガリ、が混同しているが、まあいいでしょう。

正藍型染め、川口の巨匠83歳。
生存確認、とりあえず、ヨシ。

いちおう周囲もパトロールさせてもらいます。
d0182119_01155830.jpg
干場は、雑草の楽園、ヨシ。
d0182119_22373647.jpg
ご寵愛のバラは、満開、ヨシ。
d0182119_22392115.jpg
藍場は、いぶりがっこ、ヨシ。
d0182119_22492634.jpg
周辺設備、確認、完了。

藍染め巨匠、ご本人のみ、不完全です。
d0182119_23023365.jpg
ダッチョ手術はたぶん成功。

だけど、その前後からのモヤモヤが災いし、冴えないことこの上ない。

やる気っつうんですか。

気力っつうんですか。
d0182119_23015364.jpg
急に痩せたので、体力がついてこない。

フニャっとなる。

しんぼうたまらん。
d0182119_22361461.jpg
持ってきたプリンを無理やりおかわりさせ、2個一気食いして頂く。

まあ、結局ペロリなんですけど。
d0182119_23445192.jpg
実は来週、ちょっとした重要ミーティングが、ここ田中紺屋で行われる。

ヒトんちとは言え、格好つけに掃除しとかないとマズイ。
オールドマンに頼むわけにはいかない。

ということで、はせ参じた次第。

安否確認は二の次で、掃除がメイン。

モノをどかして、掃除機かけて、雑巾がけ。
病み上がりの御大も働かされる、青天の霹靂日。
d0182119_23435664.jpg
「これ、持ってっていいよ」って。

わたしくらいになっちゃうと、その言葉の意味を、確実に理解している。

翻訳機にかけると「持ってっていいよ」=「どうぞ差し上げます」
d0182119_23455738.jpg
さて何を下さるのかしら。

ジャーン。

くしゃくしゃの股引。

なんでまた?
d0182119_23480586.jpg
「オレの染めじゃないし、既製品だし、着ないから」って。

「正藍って書いてありますよ」

「そりゃウソだ、何でも正藍って書くんだ」って。
d0182119_23514473.jpg
病み上がりのリバマ御大より、不用品の、ウソの正藍の、いらない股引を頂戴しました。

おやさしいのか、何なのか。

いちお、もらっときますけど。
d0182119_23591919.jpg
身に覚えがあると思いますが、掃除のときにヘタに手を止めると進まない。
d0182119_00050444.jpg
昔の写真なんか、見はじめた日にゃあ。
d0182119_00061775.jpg
30年、いや40年前か。

バリバリ藍×愛伝説でしたね。
d0182119_00073816.jpg
きゃあ。

80年前ってか。

なんで、道端で写真撮りするんですかね。
d0182119_00145934.jpg
今も昔も、苦虫顔とロマンティックが止まらない。

お母さんに抱かれた、おんば日傘の、甘えっ子の、大事っ子の、末っ子の。

オレ、昭夫、ベイベー。
d0182119_00154195.jpg
あらららら。
さらなる苦虫顔伝説。

全世界に向けて、反旗を翻しそうなPUNKなポートレート。

大人げないオトナ。
何なんすか。
d0182119_00164881.jpg
オラ、文句あっか。
d0182119_00174650.jpg
ないっす。
d0182119_00193979.jpg
こうしてみると。

田中さんってヒトは、これでも多少、丸くなったんだろうね。
d0182119_00203399.jpg
漫然とスルー。

知らんけど。
d0182119_00214061.jpg
さらに発掘。

正月の初染め、年賀状用の染め、ですね。

ダルマちゃんやら、馬やら、色々と。
d0182119_00230520.jpg
この先どんだけ染め布を売るおつもりなのか、存じませんけど。

染め布に添える「取り扱い説明」の紙。

段ボール一杯、出てきました。
d0182119_00241785.jpg
そこまでの販売予測にお応えできない。

けろ企画は非力だ。

伏してお詫びするしかない。

つうか、端っこが変色しちゃってますけど。
d0182119_00260932.jpg
昔の写真とか、見はじめるの禁止にします。

終わんないから。

そんで、せっかくの晴天なんで、座布団干しときます。

家主に似て、意志の強そうなBIGな雑草。

ウソの芝に堂々と生える。
d0182119_00274597.jpg
その上へ葦簀を引く。
d0182119_00294861.jpg
ほんとは新作染布を干すのに最適な日ですけど、干すものないんでしょうがない。

旧作の虫干し日和。

ランチ選択権が奪われたわたくしは、空腹の中、大掃除に明け暮れる。
d0182119_00383930.jpg
藍場は、まるで砂漠にホウキがけ。

履いても履いても砂が舞う。
d0182119_00523948.jpg
ビルケンが、砂ぼこりでえらいことに。
d0182119_00512677.jpg
給食窯の水を撒いて、一気にホコリを流したい。

邪気も砂も、じゃんじゃん水に流して終わらせたい。
d0182119_00464180.jpg
ああ気持ちいい。

御大が横たわって口出さないのをいいことに、ひとり水かけ祭り。

ワッショイ。
d0182119_02112330.jpg
わかったこととして。

昔ながらの作業場、ここ田中紺屋。

しばらく稼働しないと、あっという間に朽ちる。

気付けば、すっかり荒れる。
d0182119_00581946.jpg
リバ爺こと、正藍型染師 田中昭夫さんが、きっちり稼働していないと、あっという間にあばら家。

あっという間です。

早いです。

ことしに入って、ほとんど仕事が出来ていなかったため、作業場の空気が流れていない。

そういうの、早いです。
d0182119_01004096.jpg
とりあえず、リバ爺自体は、かろうじて健在。

痩せて、体力がなくなって、ぐったりして。

この後の染めも出来るのかどうか、全く怪しいですが、なんとかかんとか。
d0182119_01011314.jpg
そして、わたしたちは、ある程度の覚悟を決めなくてはいけない。

それを思い知らされた5月田中学校。
d0182119_01034077.jpg
わかっちゃいるけど。

いつまでも、って言ってもさ。
d0182119_01255826.jpg
できないんだ、ってことよ。



[PR]

by kerokikaku | 2018-05-18 01:04 | 正藍型染師 田中昭夫 | Comments(2)
Commented by コット at 2018-05-18 12:22 x
通りすがりの者です。ケロ様、安否確認お疲れ様でした。
おっかね〜若かりし頃の面構えと、俺は疲れたよと言った風情の横になるお姿のギャップに涙・・・
ガッチリとリハビリなどなされば復活もあろうかとも思いますが、ご本人様次第でしょうか。
暑くなりますので、どうぞどうぞお大事に。
(とか、言ってたのにね!と言う展開に期待しております)
Commented by kerokikaku at 2018-05-18 21:38
通りすがりのコット様
毎度ごひいきにありがとうございます。

ええ、趣味もないのでただ寝るか座るか。
リハビリについては無知と思われます。
「来週はお客さんが来るんだからもっとしっかりして下さいね」と捨て台詞で帰りました。
来週も一度はっぱかけて参ります。


     5月後半のインフォルマシ >>