2018年 05月 24日
京都大阪四日市リバマ、エンモウ
WIFI事情がいまだ不自由なニッポン。

外出先で地図や乗換をスマホ検索する。
あっという間に容量がしんぼうタマランチになる。

スマホをいじくる先からピロリンピロピロ。
「容量0で低速になります、金さえ積んだらその限りにあらずですけど」って。

小憎らしい。
小五月蠅い。
d0182119_22362831.jpg
このところ、おうちにいないから。
お外でブログ更新やれないし。

と、エクスキューズをしてみたかった。
WIFIの不自由は、むしろ自由を謳歌できる最後の砦かもしれない。

まめにブログを更新するなんて、3周回って最先端な気もする。
ホームページはとうに塩漬け、ブログは糠漬け、そのかわりSNSはお盛んでしょ。

きらやかな世の中に逆行。
あきらかにメンチを切っている「ブログ」という古式ゆかしい地味ツール。

と、言い訳しても、拙ブログは更新があまりに停滞。

好事家のみなさま、ごきげんよう。
d0182119_22382849.jpg
お話しすること、ありやなしや。
見る人、おられるのか否か。

先週末、こちらを確認したく、えんやこら小走りで京都へ。

目出度すぎて筆舌に尽くせない、地白型染の大麻×苧麻の、たぶん肌襦袢。
d0182119_22384603.jpg
そしたら、懐かしい元ボスとうっかりばったり。
退社以来の6年ぶり。

道での未知との遭遇。

5/25-27は東京・神楽坂で作品展とのことで、バリより帰国したて。

京都のお店に初上陸させて頂く。

「けろがここにいるなんて幻みたい」だって。
d0182119_22430372.jpg
わたしが事務処理して息のかかった(笑)商品がないのも、不思議な感覚。

幻だったかもね。

せっかくだが、この後太郎ちゃんのふもとへ急がねばならん。

名残惜しくもサヨウナラ。
d0182119_22473508.jpg
裏口入場したので、オモテ面が見えない。

ボリシーこと絞りを見るために大阪日本民芸館へ。
愛知の有松・鳴海で知られる「絞り染」の展示がある。

絞りを広げていない「工程」段階の布を見ると気分が上がる。

広げる作業は、きっとエクスタシーでカタルシス。
喜んでお手伝いさせてもらいたい。
絞る作業のお手伝いは、あかんやろな。
d0182119_22484567.jpg
ああ、どうしてもウラ面しか見えない。
オモテへ回る時間はない。

あろうことか、民芸館隣のみんぱく(国立民族学博物館)のタダ券を、うちに置き忘れた、と気づく。

残された滞在時間は40分。
わたしは今、三択の女王になる。

1・タダ券を取りに東京まで帰る
2・あきらめてみんぱく入場券を買う
3・それとも滞在残り40分を、誰かさんご寵愛のバラでも眺めて過ごす
d0182119_10503963.jpg
「篠沢教授にぜんぶ」なチョイスがあった。

4・あっさり京都駅へ帰る

オモテ面の拝観は次回へ持ち越す。
d0182119_11130541.jpg
太郎ちゃん塔の大阪から戻り、京都駅構内で大阪名物の行列に並ぶ。

我ながらトリッキーな動き。

ぼんやりバラを眺めずに正解。

行列に並んだら、制限時間いっぱいであった。
d0182119_22530000.jpg
このあと実家の三重県四日市市に寄る。

匂い配慮のため、京都からの直行バスの床下荷物入れに551を仕舞う。
d0182119_11360313.jpg
翌日。

実家の母と出かけようとしてふと。

水玉、好きだっけ。
d0182119_11385956.jpg
うん、好きだ、大好きだ。

と言う。

よくよくファッションチェック。
d0182119_11392360.jpg
見間違いだろうか。

大小すべて駆使の水玉コーデ。
d0182119_11394347.jpg
首元の磁気ネックレスも水玉を意識らしい。
d0182119_11405896.jpg
ずぼんも、あれまあ。
d0182119_11421125.jpg
小寒いからって、ネッカチーフを巻いた。
d0182119_11432960.jpg
やるときゃやるんだぜ、ってことらしい。

うそ。

本人はまったく無意識の、全身水玉コーデだって。
d0182119_11462455.jpg
リバマまで話がたどり着かなかった。
d0182119_11464883.jpg
and more..もなく、オチもなく、本日は以上です。


[PR]

by kerokikaku | 2018-05-24 11:50 | ものすごくその他 | Comments(0)


<< 9の意味      5月のリバマ >>