2018年 06月 10日
型紙と蒅-その2 ※染め画像追加しました
A1ポスターサイズ以上。

超BIGな型紙。
d0182119_11452261.jpg
なんだこれ。

スッケスケ。
d0182119_11454027.jpg
皆様のお手元にございます、2017年3月の例の月日荘展で販売したアレ。

田中紺屋の染布をご紹介した小冊子。

お持ちですよね。
d0182119_12574951.jpg
初日OPEN1時間後のギリギリアウトで納品され、あわてて直筆サインを入れた、アレ。
d0182119_15144449.jpg
表紙をめくり、サインとハギレの下。

その水玉布の「型紙」なのです。
d0182119_12582580.jpg
かわゆい水玉。

このシンプルな意匠のためには、BIGスケスケ型紙が必要。
白地の多い型染は、彫るのも染めるのも大技だ。

オモテの白地は、糊がべったり付いた証拠。
ウラは藍で染まって青一色。
d0182119_13040230.jpg
これを型付けする気が知れない。

まあいい。
型付けしたとしましょう。

たっぷり糊の付いた120cm広幅布。

糊がくっつかないよう、屏風たたみに太い伸子をかけ、大甕で染める。

ちょうどいい写真がありました。
4年前、小幅布の染め風景。
d0182119_09454954.jpg
広幅は、この3倍以上の120cmなんでね。

3-40年前の若かりし頃の写真もありました。
これも小幅です。
d0182119_09454577.jpg
広幅の、しかも白地型を染めるって。

想像するだに二の腕プルプル。
狂気の沙汰

柄の可愛らしさとは真逆の鳥肌もん。

ハードコア仕事がおわかり頂けましたか。
d0182119_11455402.jpg
さあ、この意匠を彫るとしましょう。
d0182119_11595047.jpg
すると、ちょっと太いのも染めたくなって。
d0182119_11593266.jpg
さらに、ちょっと小さいのもほしくなる。
d0182119_12001726.jpg
同類の型はだいたい3枚。

もし型彫りを外注に出したら経済的遠慮とかいろいろあるけど、自分で彫るからさ。
彫りたい放題だね。

あふれる思いを押さえずに彫るので掛け算方式。

1度しか型付けていないもの多数。

アーティストと職人の、やばいところだけを混ぜ合わせた御性質。
d0182119_12011284.jpg
やれやれ。

棚の中は大小の型紙でみっちり。

ざっと数百枚。
d0182119_11533788.jpg
全体のほんの一部、さわりだけでおなかいっぱい。
これで十分です。

何枚かお預かりしますね。
悪いようには致しません。

るるは守ります。
d0182119_13390909.jpg
では藍場に移動。

毎度大騒ぎ、藍の具合について。
d0182119_12433345.jpg
最後の藍建てから早や4年目、今季の最後の藍
「最後」って言葉の重みがライトだが気にしない。

ここ2年は、ご厚意で分けて頂いた播磨藍を使っている。

いつだって寒明け蒅を待って待って待ちくたびれ。
前のめって建ちが遅れたものの、2018年6月現在、藍は建っている。
d0182119_13352501.jpg
だが、なんと。

染める布がない。
d0182119_19115599.jpg
ま、まさかの。

だって、型付けできないから、型染のしようがない。
d0182119_13420078.jpg
とは言え、藍の世話は欠かさないよ。

いつだってスタンバイ。
d0182119_16044232.jpg
ところで、この「筒引きのれん」で分かるだろうか。

唯一、田中昭夫と交流のある藍染作家。
伊豆大島在住の菅原匠さん。
d0182119_14064020.jpg
第一線でご活躍の菅原さんをもっても、最近は質の良い蒅が手に入らないという。

ご承知のように、蒅の生産量は限られたわずかのみ。
それを鵜の目鷹の目。
プロアマ国内外を問わず、蒅を取り合う。
情け容赦ない藍なき世界。

黒幕こと津田千枝子は、菅原さんより「播磨藍をどうにか手配してほしい」と頼まれていた。

しかし予約で埋まった蒅は、田中紺屋分を捻出するので精いっぱい。
次期分さえ、種まき後で余分はない。

藍師さんも、かの菅原匠さんを断るのは断腸の思いだろうが、ない袖は振れない。
d0182119_14161721.jpg
「そうだ田中さん、今年の蒅の半分、残してあったわよね」と黒幕。
d0182119_14175262.jpg
いつも2俵まるまる藍甕にぶっこむところ、今年は半分の1俵だけを仕込んでいた。

そんなこんなで豪儀な追加投入もせず、残1俵は保管中。
d0182119_14184371.jpg
リバ爺こと田中昭夫、83歳の初夏。

これ以上の染め仕事は観念している。

貴重な播磨藍の蒅が半分残っている。

さんざんお世話になった菅原匠さんが困っている。
d0182119_14232810.jpg
一も二もねーよ。

送っちまおうぜ。
d0182119_14225870.jpg
BOXの蒅は1俵弱で約50kg。
d0182119_15353184.jpg
これじゃあ重すぎて送れない、とクロネコがニャーニャー叫ぶ。
d0182119_15312671.jpg
ならばお望み通りに小分けしよう。
d0182119_15302813.jpg
はいさい、どんどん入れて。
d0182119_15380575.jpg
逃げ足と小分けは早いんだぜ。
d0182119_15315763.jpg
まるでゴミ擬きだが、一部に垂涎のお宝。
ブルーダイヤの素と誰が知る。

クロネコは呼んどいたから、あとは待ってて。
d0182119_15331749.jpg
じゃあ帰る。

なんかあったら電話してね。

「うん」
d0182119_16230157.jpg
というわけで、染布・資料・型紙のいくつかを引き上げさせてもらった。
播磨藍の蒅は、ひとつぶ残さず菅原さんに送った。

これで一旦ひと区切りってわけ。
d0182119_16240422.jpg
わたしたちは故あって、今後こちらへ簡単に来られない。

いいも悪いも、いろんな思いが交錯する。

あ、まだ生きておられますんで。
d0182119_19183597.jpg
田中さんってさ。

仕事をしないで毎日どう過ごすのだろう。

散歩とか運動とか、聞かないし。
寝てるだけかな。

やることないだろな。

ケイタイ止めたし、連絡しづらいな。
d0182119_16350253.jpg
それでも。

正藍型染師 田中昭夫、さいごの心の支え。
やるべき仕事は播磨藍の世話。

3日前も、火壺におがくずを入れ、乳母日傘で大事に温めていた。
d0182119_16402958.jpg
何も染められなくても。

藍の世話だけはするんだ。


[PR]

by kerokikaku | 2018-06-10 20:21 | 正藍型染師 田中昭夫 | Comments(0)


<< 閑話      型紙と蒅ーその1 >>