2018年 11月 19日
川口の田中家でバティック
「川口の、田中さん家って…いま、何か、やってるんですか?」
と、知人に尋ねられた。

リバマ爺宅で、いま、何かやってたっけ。
????

えーっと。

この期に及んで、正藍もおじゃんだし、うちらしばらく行ってないし、ご本人もけっこうアレだし。
と、しばし逡巡。

ははーん。
そっか。

別口の川口の田中さんのとこだな。

カモナベイビー。
ピンときたぜ。

こちらおなじみ「十二月田中学校」。
d0182119_19443633.jpg
「しわすだちゅうがっこう」と読み、決して「十一月とか十二月の田中学校」ではないところの。

そこより程近くの「旧田中家住宅」。

川口市の文化財に指定であるところの。
d0182119_20073332.jpg
こちらで11/25(日)まで、インドネシアのバティック関連の展示アリ、という好情報を得た。

入場無料が太字であるが、別途入場料はご容赦。
日本インドネシア国交樹立60周年記念の関連とは。

先だっての11/11(日)、目黒の在インドネシア大使館におけるインドネシア染織の展示は、気になりつつも行かなかった。
d0182119_20120224.jpg
このビジュアルだけで、まいっか、って判断したのが敗因。
むしろこのビジュアルにひっかからなかった引きの弱いわたしが残念。

国際秘宝館と遠くないしずる感を感じつつも、重い腰が上がらなかった。
したら、行った方の写メで「ああ、これは行くべき展示であった」と大後悔するも後の祭り。
なかなかのレベルなインドネシア染織が展示されていたっぽい。
しかもたった1日限りの展示ってどーよ。

やれやれ。
ありがちな、まさかの過少広報。
太字で言っときたい。

高レベルのバティックや織布が多くあった様子。
それらを皆様にお知らせしたいのに、サイト検索でどうやっても探せない。
そこもまたインドネシア共和国のやや残念な点である。

さて、川口の「旧田中家住宅」での展示について。

どこをどう検索してもこれ以上の情報が出て来ない。
公式サイトは未更新。
なすすべもなく、この目で遠路確かめるしかない状況。

あなたたちの本気が見えない。
うちらの本気が試されている。

近いからって、同じリバマこと川口の、別口の田中邸に寄る予定はないが、あえてシレッとご挨拶に伺うべきなのだろうか。
菓子折りとかぶら下げたりして。
うーむ。

悩ましげな川口の田中邸と、インドネシア関連インフォをお知らせしてみました、けど。

[PR]

by kerokikaku | 2018-11-19 20:16 | 更紗 | Comments(0)


<< 11月下旬のザッツ      11月中旬のメンズ >>