カテゴリ:ものすごくその他( 986 )

2018年 08月 20日
お盆の思い出
うっかり避暑地に行ったものの、でらごっつ歩くことになり、汗ダーダーでヒーヒーだった。
d0182119_21524850.jpg
朝の湖がステキでうっとり。

じゃあ、おとなしくうっとりしてればよかったのに。
d0182119_21553321.jpg
何かのまちがいでアヒルに乗ってしまった。

つい気が大きくなっていた。

延々足漕ぎしたせいで、夜中に足がつる羽目。
d0182119_21554601.jpg
かの有名な奴らの隣にいたすごいコイツへの言及が少なすぎることに不信感を抱く。

コイツこそメインでしょう。

これをつっつこまないのは、何かやんごとなき理由があるとしか。
d0182119_21563533.jpg
カッコイイと思わず撮った夜叉。

名前が烏摩勒伽(うまろきゃ)で、尚ホレる。

口に出してみ、おもしろいから。

膝に象がいるから膝小僧の由来って、オヤジかっ。
d0182119_22004935.jpg
ヘボン式ローマ字の創始者のヘボンさん。

よく見るとヘップバーンさん。
耳からの英語に従ったらしい。

お盆のヘボン。
トリビア100へぇ~。

てことは、ローマの休日はオードリー・ヘボン。
d0182119_22084283.jpg
ラインを下るとか濁流とか清流はともかく。

船頭の印象がすべてだった。

風とスピードと水しぶきとおしゃべり。

乗せてる30分にどんだけお客のハートをつかむか。

たぶん二度と会わないだろうお客に対峙するモチベーション。

50年間無事故で、日がなルーチンに船を出し続け、お客を楽しませる。
d0182119_22183801.jpg
もう乗ることもないだろうけど、また乗りたいと思わせる。

ゆるい表情に見せて、キラリと光るプロの仕事を見た。



[PR]

by kerokikaku | 2018-08-20 21:55 | ものすごくその他 | Comments(0)
2018年 07月 30日
逆送の証
逆送台風。

ふつうは西から東に晴れるものだ。

きのう、東海地区、三重県四日市にて。

東が晴れてきた。
d0182119_10202438.jpg
そのまま西を見る。
d0182119_10202829.jpg
そんで、立ってるココは、横殴りの狐の嫁入りの小雨。

どうなってるんだか。

振り回されたね。
現在進行形だけど。

ありがたい天地創造的な、四日市の車窓から。
d0182119_10280864.jpg

[PR]

by kerokikaku | 2018-07-30 10:28 | ものすごくその他 | Comments(0)
2018年 07月 23日
ひどい自慢
インドカレー、しかも南インドに夢中。

なのに、インドに行ったことのないシェフの作る南インド風カレー屋に行ってしまった。

わたしも南は行ったことない。
北だって30年前の一回こっきり。

インドに絶対あるはずもないシラスの入ったカレーを食べた。

冷房ありやなしや。

そして美味かった。

思わず目線、ずれる。
d0182119_21545814.jpg
去年からにわかに浮上しているわたくしごとの移転案件。

拙宅は借家だが、徒歩10分先の本家に移転する予定。

移転先の本家は築50年余。
床は抜け、スキマ風吹きさらす、古式ゆかしいボロ家。

大幅改修せんといかん。
てか、わたしの住む空間さえ作らなございません。

ほんとはとうに引っ越してるはずだったが、未だその予兆もない。
もはやいつになるやら、予定は未定。

あまりのボロトタン&ブロックぶりに、逆にインスタ映えらしく、イマドキ若者が写メを撮るホットスポット。
d0182119_22140320.jpg
まあしかし、いずれ住むであろうこちら。

先週の段階で40度。

まだかわいい。
熊谷先輩未満。
d0182119_21572571.jpg
上記先輩が国内史上最高レコードを打ち立てた、記念すべき本日。

うち、すごいから。
ほんものだから。

日差しガンガンの下に、透明トタンで蒸し風呂だから。
ちゃんとした百葉箱じゃないテキトーな温度計だけど、やるときゃやるし。

いいですか。

どうよ、48度。

d0182119_22241537.jpg
てか、オイラいずれここに住むんだぜ。

まいったか。




[PR]

by kerokikaku | 2018-07-23 22:29 | ものすごくその他 | Comments(0)
2018年 07月 13日
パーポー、吉祥寺
d0182119_21370047.jpg


[PR]

by kerokikaku | 2018-07-13 21:12 | ものすごくその他 | Comments(0)
2018年 06月 18日
閑話
ヨドバシ吉祥寺前の、野良あじさいがどんどん膨らむ。

これこそ梅雨のお楽しみ。

人間のアタマ大を軽く超え、くまもんアタマ大になる日も近い。

いつだって野良にシンパシーを感じるけろ企画。
d0182119_20020821.jpg
寒くて寒くて、梅雨の湯豆腐。

充填3パック100円のじゃない、地域密着な近所のお豆腐屋の。

それを頂くだけで、まっとうに生きている気分になるんだから、まんずお安い。
d0182119_20030013.jpg
軍鶏鍋屋五鉄のような行きつけが、大人になってもまだ出来ない。

昨夜の二軒目はここだけの話、鳥貴族。
結構トリキ好きだったりして。
d0182119_20151836.jpg
リバ爺ことリバマの御大こと川口の正藍型染爺、おっと型染師。

田中紺屋83歳について。
d0182119_16402958.jpg
やんごとなき事由により、リバマにしばらく行かれない。
d0182119_21492549.jpg
と、公表したものの。

どちて、どちて、なにがどうちて?と、反響がそれなり案件の。
d0182119_22361232.jpg
さらにやんごとなく、なりましてね。

もう会うこともないと、八割がた覚悟したのは本当のこと。

舌の根の乾かぬ明後日あたりに、シレッと行く予定についてはまた今度。
d0182119_22465179.jpg
振り回す男。

振り回される女たち。
d0182119_20153889.jpg
爺、おっと、御大のせいじゃないんです。

渡る世間の鬼が、ちょいとね。
d0182119_22561282.jpg
いろいろあって、ふと。

クチナシの馥郁たる香りに包まれるこの6月。

シクラメンでなくシナチクでなくクチナシ。
d0182119_22574969.jpg
シクラメンのかほりから、君は薔薇より美しい、へと流れるのは自然の摂理。

なんて偉大でハッピーな歌。

「すべての問題は音楽が解決する」って誰かが言ってた。

そのとおり。
ほんと、救われた。

わたしのケータイの壁紙は、今これね。
d0182119_23000886.jpg

[PR]

by kerokikaku | 2018-06-18 23:29 | ものすごくその他 | Comments(2)
2018年 06月 03日
6月の些事
3月のGSS7が元凶だったのか。
d0182119_17500536.jpg
GSSの1か月前から、我が家はしっちゃかめっちゃかになる。

お見せするのもしんどいが、住んでるわたしはもっとしんどい。

毎日増殖、毎日端っこに寄せないとごはんが食べられない。
d0182119_18274276.jpg
そのGSS7が終わっても。

流れが変わったせいか、全体的に荒れている。

いい機会だ。
うち全体を片づけよう。

そう決心したものの些事で多忙。
おちついて家に居られない日々。

あれが終わったら。
これが終わったら。

整然と片付いた我が家を夢見て、はや3ヶ月。
d0182119_17470839.jpg
言い訳として。

5/31まではバタバタだった。
それは予定通り。

片づけは、やるとなったら数日かかる。
腰を据えてやりたい。

6月になったらやる。
それまで散らかった室内はあえて見ない。

4月まではなんとか見れた。

5月過ぎるとみょうな勢いがついてきた。

脱いだものは脱ぎっぱ。
たたんだものは仕舞わない。
いっそたたまない。
物干しピンチから、さくらんぼを摘むように靴下を取る。
脱いだ山をまたいでつま先で歩く。

ああだらしない。
ひどいありさま。

6月になったら、家のメンテ・自分のメンテをするんだ。
背徳感を楽しむのも金輪際。

指折り数えた。
6月キターーーーーーー。

さあやる。
d0182119_17545892.jpg
まず家中のちらかったものを片づけて、ごみに出そう。

大量のごみ袋を用意しやる気満々。
ここ数ヶ月、脳内シミュレーションはやってきた。

しかしやり始めると、予想以上にごみが出ない。

すき間にものを埋めた感。
右のものを左にして、角をそろえて詰め込んだ感。
家の物質密度がギュッとなった感。

ミニマリストだか断捨離ストが言っていた。
「片づけの敵は思い出」だと。

名言すぎて頭にくる、チッ。

ホコリだけはクイックル済、と成果をごまかして終了。
d0182119_18154899.jpg
気を取り直し自分メンテの番だ。

6月1日、さっそくやる。

ずっと右頭部に違和感がある。
ピキっと、ジワっと、ギュッとする感じ。
前々からの症状だが、この2か月とくに顕著だ。

父親は脳こうそくを2回やってる。
ヨイヨイ歴も長かった。
脂性をはじめとする体質からして、わたしは父と似ている。

何科が正しいのかわからない。
あちこちの病院で訴える。

酸欠っぽく、締められた感じ。
頭痛ではない。

15年前にも同じ症状で脳外科に行った。
はじめてCTスキャンを撮ってもらった。
「知覚過敏ですね、ストレスに気を付けて下さい」

何でもないのは結構なこと。
CT料金払って帰ってそのまんま。

結局このたびも、同じ脳外科をすすめられた。

やはりCTを撮るという。
ほんとはMRIとかいうやつで根掘り葉掘りチェックして頂きたいが、お上の指示ではしょうがない。

小一時間待って診察。

「右頭部がピリッと」うんたらかんたら説明する。

「なんもないです、キレイです」とCT画像を見たドクターは言う。

「肩こりってあります?」とふいに聞かれる。

肩こりのない人間がこの世にいるんだろうか?と思いつつ「はい」と答える。
すごく凝るわけではないが、凝らないわけでもない。

さらに「右利きですか」の問いに「はい」。

すると、袖机から至極当たり前にこのパンフをするっと取り出し「お大事に」と一言。
d0182119_18491152.jpg
どうやら「以上おわり」ってこと。
呆気にとられた。

あの、頭痛はありませんけど。
肩こり体操パンフが今日のお薬ですと。

看護師さんがドアを開けたので帰るしかない。
そんだけーーーーー?と、病院と世界の中心で叫び損ねた。

15年前と同じ。
CT料金を支払ってやるせない気分で病院を後にする。

わたしは脳の検査の結果、肩こりらしい。

パンフで体操してね。

やや腑に落ちないが、ビバ、健康。
d0182119_18541117.jpg
6月が来て。

滞っていたイロイロをやっつけて、きれいさっぱり。

新しい自分に生まれ変わるつもりでいた。

でも、それは夢だよ。
d0182119_18580141.jpg
と、5月のわたしに言いたい。

矢鱈な期待をするんじゃない、って。

オセロのコマのようにくるりとは変わらない。
d0182119_18593665.jpg
いちおう、6月になったら行くつもりのところも行った。

ホテルオークラの端の智美術館

3年前におっかさんを連れてオークラに泊まったなあ。
その時撮ったiPhone画像がなぜだか全部パァで、思い出すだに心が痛いなあ。
どこか異界のクラウドに落ちてないものかなあ。
等と、虎ノ門の山を汗をふきふき登る。

いいもん、見た。

とてもとてもすばらしく、展示替え後も「また行くぜ」と竹に誓う。
d0182119_19033875.jpg
竹籠の世界。

立派なお名前様。
何代目・なんとか斎などなど。

やれやれ、ややこしや。

なんのこっちゃの無知の無心で拝見する。
d0182119_19063983.jpg
見進めるうちに、どれが誰の作だか見えてきた。

「○代目の○○斎の作が好き」とご贔屓まで出来る始末。

今展を、強くおすすめしておきます。

毎月のインフォルマシ、が滞っているのは、今は気にしない。


[PR]

by kerokikaku | 2018-06-03 18:12 | ものすごくその他 | Comments(2)
2018年 05月 24日
京都大阪四日市リバマ、エンモウ
WIFI事情がいまだ不自由なニッポン。

外出先で地図や乗換をスマホ検索する。
あっという間に容量がしんぼうタマランチになる。

スマホをいじくる先からピロリンピロピロ。
「容量0で低速になります、金さえ積んだらその限りにあらずですけど」って。

小憎らしい。
小五月蠅い。
d0182119_22362831.jpg
このところ、おうちにいないから。
お外でブログ更新やれないし。

と、エクスキューズをしてみたかった。
WIFIの不自由は、むしろ自由を謳歌できる最後の砦かもしれない。

まめにブログを更新するなんて、3周回って最先端な気もする。
ホームページはとうに塩漬け、ブログは糠漬け、そのかわりSNSはお盛んでしょ。

きらやかな世の中に逆行。
あきらかにメンチを切っている「ブログ」という古式ゆかしい地味ツール。

と、言い訳しても、拙ブログは更新があまりに停滞。

好事家のみなさま、ごきげんよう。
d0182119_22382849.jpg
お話しすること、ありやなしや。
見る人、おられるのか否か。

先週末、こちらを確認したく、えんやこら小走りで京都へ。

目出度すぎて筆舌に尽くせない、地白型染の大麻×苧麻の、たぶん肌襦袢。
d0182119_22384603.jpg
そしたら、懐かしい元ボスとうっかりばったり。
退社以来の6年ぶり。

道での未知との遭遇。

5/25-27は東京・神楽坂で作品展とのことで、バリより帰国したて。

京都のお店に初上陸させて頂く。

「けろがここにいるなんて幻みたい」だって。
d0182119_22430372.jpg
わたしが事務処理して息のかかった(笑)商品がないのも、不思議な感覚。

幻だったかもね。

せっかくだが、この後太郎ちゃんのふもとへ急がねばならん。

名残惜しくもサヨウナラ。
d0182119_22473508.jpg
裏口入場したので、オモテ面が見えない。

ボリシーこと絞りを見るために大阪日本民芸館へ。
愛知の有松・鳴海で知られる「絞り染」の展示がある。

絞りを広げていない「工程」段階の布を見ると気分が上がる。

広げる作業は、きっとエクスタシーでカタルシス。
喜んでお手伝いさせてもらいたい。
絞る作業のお手伝いは、あかんやろな。
d0182119_22484567.jpg
ああ、どうしてもウラ面しか見えない。
オモテへ回る時間はない。

あろうことか、民芸館隣のみんぱく(国立民族学博物館)のタダ券を、うちに置き忘れた、と気づく。

残された滞在時間は40分。
わたしは今、三択の女王になる。

1・タダ券を取りに東京まで帰る
2・あきらめてみんぱく入場券を買う
3・それとも滞在残り40分を、誰かさんご寵愛のバラでも眺めて過ごす
d0182119_10503963.jpg
「篠沢教授にぜんぶ」なチョイスがあった。

4・あっさり京都駅へ帰る

オモテ面の拝観は次回へ持ち越す。
d0182119_11130541.jpg
太郎ちゃん塔の大阪から戻り、京都駅構内で大阪名物の行列に並ぶ。

我ながらトリッキーな動き。

ぼんやりバラを眺めずに正解。

行列に並んだら、制限時間いっぱいであった。
d0182119_22530000.jpg
このあと実家の三重県四日市市に寄る。

匂い配慮のため、京都からの直行バスの床下荷物入れに551を仕舞う。
d0182119_11360313.jpg
翌日。

実家の母と出かけようとしてふと。

水玉、好きだっけ。
d0182119_11385956.jpg
うん、好きだ、大好きだ。

と言う。

よくよくファッションチェック。
d0182119_11392360.jpg
見間違いだろうか。

大小すべて駆使の水玉コーデ。
d0182119_11394347.jpg
首元の磁気ネックレスも水玉を意識らしい。
d0182119_11405896.jpg
ずぼんも、あれまあ。
d0182119_11421125.jpg
小寒いからって、ネッカチーフを巻いた。
d0182119_11432960.jpg
やるときゃやるんだぜ、ってことらしい。

うそ。

本人はまったく無意識の、全身水玉コーデだって。
d0182119_11462455.jpg
リバマまで話がたどり着かなかった。
d0182119_11464883.jpg
and more..もなく、オチもなく、本日は以上です。


[PR]

by kerokikaku | 2018-05-24 11:50 | ものすごくその他 | Comments(0)
2018年 05月 10日
恒常的にリハビリ
きっとみなさんもヒーターを点けましたね。

秋になり「そろそろヒーター欲しいな」と思うのが室内14度。

こちら本日の画像。
秋深しですね。
d0182119_22035418.jpg
さきほど「給油」マークがついてしまった。

どうするのが正解だろうか。
d0182119_22094314.jpg
冬用の羽毛布団を連休前に洗ったため、押入れから出すことに躊躇する。

そんなんで風邪を引いてはバカらしい。

さて、洗った羽毛をも一度取り出す勇気はあるか。

わたしにはない。
うすうすレイヤーでダンゴムシになって寝る。
d0182119_22131909.jpg
そろそろ認めていいのだが、無理が効かなくなってきた。

今の今まで無理をしないという選択肢がほぼなかった。

馬力のごり押しでやってきた。
なにもかも。

無理をするのが基礎点で、無理の二乗でやっとこさ加点。
効率の悪いざんねんなひとなのだ。

それが、馬力をだそうにも目と脳と右手がやりたくないって言う。

あんなに美味しい麦とホップを残すぐらいに。

老眼を認めよう。
なんて疲れやすいんだ、目と脳が。

やってられない。

わたしは老いるショックという武器を手に入れて、新しいステージに入る。
d0182119_22530554.jpg
何を言い訳しているかといえば。

毎月のインフォルマシですな。

たまってます。
わかってます。
d0182119_23214332.jpg
日々それぞれ別件で、東へ西へ、右往左往。

いちおうフリーなので。
何のフリーかはわかりません。

リバマ安否確認も忘れちゃならん。
実はちょっと忘れてた。
d0182119_23215871.jpg
さて、来週までにUNOTシャツを25枚つくらねば。
d0182119_22383570.jpg
シルクスクリーンとラバープリントとラメフェルトパッチ。
お手間出血大サービスのにぎやかTシャツ。

これらは手でカットする。
d0182119_23113433.jpg
まちまちでもいいよね、ってことにしてある。
d0182119_22590358.jpg
文字カットだけは機械にまかせる。

不要部分は、手でしこしこはがす。
こまかい部分が、はがした方にくっつきがち。
d0182119_22533692.jpg
なので「クライーーク十ーム」や「クライニンク」になる。

数ミリの切れ端をひんガラ目で捕獲するのに苦心する。
d0182119_22552189.jpg
あ、いま分かった。

さいきんの老いるショックの原因の一端はこれだ。

どうりでどうりで。
目の酷使が響いたみたいだ。

まあそれでも。

以前は酷使しまくった後も酷使できたので、若かった。
d0182119_23144562.jpg
やれやれ。

こにゅうどうくんに入りたい。

※むかし、名もないゆるキャラの中に入るバイトしたことあったの、思い出した。

[PR]

by kerokikaku | 2018-05-10 23:15 | ものすごくその他 | Comments(0)
2018年 05月 07日
しばらくぶりなのでリハビリ投稿
詰めてPC作業をしていたせいか、脳と右手と目がやられた。

GWをいいことに、すっかりごぶさた。
帰省にPCを持たず、WIFIのない世界へ。

わるくないね。

不便はわるくない。

ほんとに。
d0182119_18150197.jpg
気付けば、脳と右手と目が復活。

あんだけバタついてたのって何だったっけ。

時間の流れ方がおかしい。
d0182119_18201152.jpg
そんな折に出会った人。

ここで会えるなんて、思ってもみなかった。
d0182119_18160086.jpg
前回は昨夏8月の四日市祭にて。

中の人の熱中症をおもんばかって余りある酷暑であった。
d0182119_18220192.jpg
いまなら、中の環境もまあまあかな。
d0182119_18173909.jpg
あまりに嬉しくて抱きついてみた。
d0182119_18205674.jpg
四日市コンビナート夜景ツアーについては、もっとぐいぐいコンビナートに近づいてもらわないと満足しねえぞ、って言いたい。

うちらくらいになっちゃうと、カヌーで寄って見る、って自主企画案も浮上しているぞ。
d0182119_18293435.jpg



[PR]

by kerokikaku | 2018-05-07 18:26 | ものすごくその他 | Comments(0)
2018年 04月 30日
あの日の思い出
d0182119_13530845.jpg
d0182119_13534413.jpg
d0182119_13530349.jpg
d0182119_13525770.jpg
d0182119_13533821.jpg
d0182119_13531480.jpg
d0182119_13532572.jpg
d0182119_13533253.jpg
d0182119_13532005.jpg

[PR]

by kerokikaku | 2018-04-30 13:54 | ものすごくその他 | Comments(0)