カテゴリ:ものすごくその他( 991 )

2018年 11月 01日
昨夜の思い出
たまたま夕方ラッシュ時のこと。
うっかり渋谷を通過した。

まわりを歩くのは悪魔や天使やミニヨンたち。
古今東西神仏混淆。

渦をかきわけ見ることもないが、ちら見したくとも後ろを向くことさえままならない。
後方で起きている事態が、まったくわからず。

ふと見上げれば、高みの見物群。
民を見入っている様。
d0182119_13341896.jpg
あまりの混みようで、大人の高みに上るのをあきらめる。
d0182119_13351362.jpg
何のさわぎか知らないが、せっかくの集合パワーを無駄にするのはもったいない。
いっそイベントとして仕切ることはできないのか。

神輿をかつぐとか、パレードするとか。
屋台とか出してステージ作って。

人海発電も不可能ではないかも。
メルカリたらZOZOたらサマソニたら主催で、アプリでポイントなんたらの。


[PR]

by kerokikaku | 2018-11-01 13:42 | ものすごくその他 | Comments(0)
2018年 10月 24日
5才
おふろの王様への道すがら。
d0182119_21020249.jpg
両サイドの植栽、刈られたて道のモーゼ感。

いい道だ。

この道を割って、アカスリに行くのだ。

ああ楽しみ。

十戒だ。

と、うっとりしてたら、うしろから来たチャリのおばちゃんから「そこで止まんないでどいてよ」と叱られ、すれ違いざまに2度見を2回される。

ダイジョウブ、今にはじまったことではない。

3-4日前、とあるコンサートでほんの少し体をゆすったら(ノッたらゆするだろ、ふつう)知らないおばちゃんに「前が見えない」と叱られた。※念のため、わたしの座高は人並み外れている。

ことごとく叱られる人生。

慣れっこと言うのも悲しいが、しょっちゅう叱られる。
美術館でも店でも道でもどこでも、ふいに叱られる。

彼らはわたしの人間性を全否定するかのように言い放つ。
「なんでそんなこともわからないの、無神経ねアナタ」ビームと共に。

どうやら悪目立ちするらしい。
気に障る大きさとか態度とか。

背中を丸めて生きているにも関わらず。
「そんな言い方しなくても分かります」と顔に書いておきたい。
書いてあったのが消えたらしい。

ガタイは確かにデカイ。
よって、黒紺グレーの服しか身に着けない理由がココにあるのだが、効果のほどは怪しい。

どうせならチコちゃんに叱られたい、けろ企画(5才)。


[PR]

by kerokikaku | 2018-10-24 21:12 | ものすごくその他 | Comments(0)
2018年 10月 15日
しばかりについてー2
ピコレットの甘い香り。
胸いっぱい吸い込みたかった2018秋。

気づけばピコ期が終わっていた。
いつの間に終わったのだろう。

うすら寒いくせに何かのタイミングでいやな汗がでる。
妙な年齢だからか。
あらいやだ。

みなさまお変わりないですか?



あ、あれは。

もしかして。
d0182119_19204139.jpg
刈った?

ね?

やったね!
d0182119_19211015.jpg
みなさんも血沸き肉躍る、刈りたて画像をBGMにぼやきます。

ぼやきたい。

ぼやきたい。

さっきSフトバンクから届いた請求書。
見ると1万ン千円でした。

それはいいんです。
だいたい毎月それくらい。

契約の2年シバリが解けるのがこの9月。
その頃小忙しくしており、行けるタイミングは9/6だった。
指折り数え、いそいそとSフトバンクに行った。

この先2年はSフトバンクにシバられたくない。
遠からず引っ越す予定がある。
次もSで正解かどうか、今確定できない。
違約金ってヤな名前の支払いがある。

かくかくしかじかを相談すると、S自らから提案された。
よしんば2年シバられてもトータルで安くなる、系列会社のWイモバイルへの移籍案が出た。

Yドバシカメラ吉祥寺内を10歩あるいて手続きし、電撃移籍。
d0182119_23105980.jpg
長い関係との終止符を打った。

Jフォンからボーダフォン、そしてSフトバンクの18年。


d0182119_19322586.jpg
感慨もないまま、いともあっさりWイモバイルのヒトになった。

地獄の沙汰もなんとやら。

d0182119_19350252.jpg
ミラクル発生。

さっきまで使用中だった機種と同じ機種をWイモバイルで買い替えて月賦の方が安いらしい。
言われるがままにする。

まったく同じiPhoneが2台になった。

電話として使えなくなった1台は、音楽や画像保存にでも使おうか。
カバーもかけず、ガチャガチャとポケットに2台入れて帰路につく。

したら翌週、ヒトに譲る事態になった。
耳ざとい実家が、わたしのiPhone1台が余っているとかぎつけた。

ダイジョウブ、SIMロック解除はSフトバンクのサイト上でやればいい。
と、タカをくくっていた。

あ、そうか。

わたしはSフトバンクのヒトではなかった。
今はWイモバイルのヒトだった。

ということは、自分でSフトバンクのSIMロック解除ができないのだった。
電撃移籍の1秒前に気付くべきだった。

あの時「SIMロック解除をしておきたいので、移籍するのを1分待って下さい」と言えば、タダで済むことだった。

しょうがない。
方法はひとつ。

Sフトバンクに出向き、3,240円を支払い、頭を下げてSIMロック解除代行してもらうしか術がない。

気に入らない。

「そんな大事なこと、先に言っといてよ」と、SにもWにもにじり寄ったがダメだった。
「尋ねられなかったので、お教えしませんでした」って道理。

悔し涙を流し3千余円を支払い、晴れて自由を手にした。
どっこも晴れていないが、ともかく自由。

それはいいんです。
よくもないけど、100歩譲ってそれはいいんです。
d0182119_22291499.jpg
さっき届いた請求書が悔しい。

一瞥のみで引き出しに押し込んだ。

ああ。

毎度のうっかり八兵衛。

2年シバリに気を取られ、早めに手続きしとこう、って。
SからWに移籍したらうんと安くなる、って。
やっとこやっとこ、って。

そう思っちゃった。
d0182119_22421565.jpg
あたくし、9/6に解約したんです。
なので9月は6日間だけ使用したってことです。

さきほどの請求書。

ぺろりと1か月分マルっと満額請求されていました。

日割りと勘違いしたのは自分の勝手。

そりゃそうか。
月額なんだね。

「尋ねなかったからお教えしなかった」んでしょうね。
「聞かなかったら、何にもお答えしない」んでしょう。

まんまと、とは言いたかないけど、言っときたい、オラ。

悔しい。

もし「1日でも使ったなら満額請求」だと分かっていたら、さあどうするか。

わたしくらいになっちゃうと、間違いなく9/30にSフトバンクへ赴きましたことよ。

そんで、一晩だけ不携帯の身分になり、10/1にあらためてWイモバイルへ移籍したね、絶対。
d0182119_22351839.jpg
腑に落ちないので、何にも気付かなかったことにする。

何も見なかったし、知らないし、さわやかな秋です。
d0182119_22590249.jpg
さて、年中パトロールしているこの植栽は、このたび目出度くキレイに刈られた。

なのに気に食わないこととして、ご近所の植栽はまだボーボー。

オラ。

オラ。

オラ。

気に食わない。

気に食わない。
d0182119_22594450.jpg
ちっ。


[PR]

by kerokikaku | 2018-10-15 19:21 | ものすごくその他 | Comments(2)
2018年 10月 11日
しばかりについて
むせるほどの藍色で濃い目の味から、水かと思うほどの薄味へ。

うすあじの世界へようこそ。

しかも軟水。
そんな気分。

やるときゃやるけど、やらないときゃやらない。
緩急がきいていると言えなくもない。

インフォルマシも気になりつつの、ごめんあそばせ。

そのくせ自分はせっせと展覧会なりそれなりに行っており、最近いちばん良かったのは、まさかの新宿末広亭だっつう次第。
紙切芸の正楽師匠を生で拝めたのは、この秋最大の収穫だった。
d0182119_22081393.jpg
伸びきった自分の髪をさておき、ひとの心配ばかり。
炎天下は気の毒だったが、君たちそろそろ刈られてよい頃合い。

いまかいまかと待ちわびてパトロール。

すると、おじさんがチェーンソーだかで刈り込むタイミングだった。
d0182119_22121395.jpg
そうでしょ、そうでしょ、そろそろでしょ。

安堵の心持で、数日後のパト。

なんも変わっとらん。
d0182119_22125782.jpg
サブの生垣だけ刈り揃えて、メインディッシュはそのまんま

むしろそのまんま。

怒り心頭、憤怒の火炎童子風。
d0182119_22142952.jpg
メイン放置の理由が知りたい。

隣町のよそのお宅を見習え。
d0182119_22170796.jpg





[PR]

by kerokikaku | 2018-10-11 22:08 | ものすごくその他 | Comments(0)
2018年 10月 07日
-
やれやれ。
d0182119_13181072.jpg
別のゾーンに入ってしまった。

たぶん。

[PR]

by kerokikaku | 2018-10-07 13:18 | ものすごくその他 | Comments(0)
2018年 08月 20日
お盆の思い出
うっかり避暑地に行ったものの、でらごっつ歩くことになり、汗ダーダーでヒーヒーだった。
d0182119_21524850.jpg
朝の湖がステキでうっとり。

じゃあ、おとなしくうっとりしてればよかったのに。
d0182119_21553321.jpg
何かのまちがいでアヒルに乗ってしまった。

つい気が大きくなっていた。

延々足漕ぎしたせいで、夜中に足がつる羽目。
d0182119_21554601.jpg
かの有名な奴らの隣にいたすごいコイツへの言及が少なすぎることに不信感を抱く。

コイツこそメインでしょう。

これをつっつこまないのは、何かやんごとなき理由があるとしか。
d0182119_21563533.jpg
カッコイイと思わず撮った夜叉。

名前が烏摩勒伽(うまろきゃ)で、尚ホレる。

口に出してみ、おもしろいから。

膝に象がいるから膝小僧の由来って、オヤジかっ。
d0182119_22004935.jpg
ヘボン式ローマ字の創始者のヘボンさん。

よく見るとヘップバーンさん。
耳からの英語に従ったらしい。

お盆のヘボン。
トリビア100へぇ~。

てことは、ローマの休日はオードリー・ヘボン。
d0182119_22084283.jpg
ラインを下るとか濁流とか清流はともかく。

船頭の印象がすべてだった。

風とスピードと水しぶきとおしゃべり。

乗せてる30分にどんだけお客のハートをつかむか。

たぶん二度と会わないだろうお客に対峙するモチベーション。

50年間無事故で、日がなルーチンに船を出し続け、お客を楽しませる。
d0182119_22183801.jpg
もう乗ることもないだろうけど、また乗りたいと思わせる。

ゆるい表情に見せて、キラリと光るプロの仕事を見た。



[PR]

by kerokikaku | 2018-08-20 21:55 | ものすごくその他 | Comments(0)
2018年 07月 30日
逆送の証
逆送台風。

ふつうは西から東に晴れるものだ。

きのう、東海地区、三重県四日市にて。

東が晴れてきた。
d0182119_10202438.jpg
そのまま西を見る。
d0182119_10202829.jpg
そんで、立ってるココは、横殴りの狐の嫁入りの小雨。

どうなってるんだか。

振り回されたね。
現在進行形だけど。

ありがたい天地創造的な、四日市の車窓から。
d0182119_10280864.jpg

[PR]

by kerokikaku | 2018-07-30 10:28 | ものすごくその他 | Comments(0)
2018年 07月 23日
ひどい自慢
インドカレー、しかも南インドに夢中。

なのに、インドに行ったことのないシェフの作る南インド風カレー屋に行ってしまった。

わたしも南は行ったことない。
北だって30年前の一回こっきり。

インドに絶対あるはずもないシラスの入ったカレーを食べた。

冷房ありやなしや。

そして美味かった。

思わず目線、ずれる。
d0182119_21545814.jpg
去年からにわかに浮上しているわたくしごとの移転案件。

拙宅は借家だが、徒歩10分先の本家に移転する予定。

移転先の本家は築50年余。
床は抜け、スキマ風吹きさらす、古式ゆかしいボロ家。

大幅改修せんといかん。
てか、わたしの住む空間さえ作らなございません。

ほんとはとうに引っ越してるはずだったが、未だその予兆もない。
もはやいつになるやら、予定は未定。

あまりのボロトタン&ブロックぶりに、逆にインスタ映えらしく、イマドキ若者が写メを撮るホットスポット。
d0182119_22140320.jpg
まあしかし、いずれ住むであろうこちら。

先週の段階で40度。

まだかわいい。
熊谷先輩未満。
d0182119_21572571.jpg
上記先輩が国内史上最高レコードを打ち立てた、記念すべき本日。

うち、すごいから。
ほんものだから。

日差しガンガンの下に、透明トタンで蒸し風呂だから。
ちゃんとした百葉箱じゃないテキトーな温度計だけど、やるときゃやるし。

いいですか。

どうよ、48度。

d0182119_22241537.jpg
てか、オイラいずれここに住むんだぜ。

まいったか。




[PR]

by kerokikaku | 2018-07-23 22:29 | ものすごくその他 | Comments(0)
2018年 07月 13日
パーポー、吉祥寺
d0182119_21370047.jpg


[PR]

by kerokikaku | 2018-07-13 21:12 | ものすごくその他 | Comments(0)
2018年 06月 18日
閑話
ヨドバシ吉祥寺前の、野良あじさいがどんどん膨らむ。

これこそ梅雨のお楽しみ。

人間のアタマ大を軽く超え、くまもんアタマ大になる日も近い。

いつだって野良にシンパシーを感じるけろ企画。
d0182119_20020821.jpg
寒くて寒くて、梅雨の湯豆腐。

充填3パック100円のじゃない、地域密着な近所のお豆腐屋の。

それを頂くだけで、まっとうに生きている気分になるんだから、まんずお安い。
d0182119_20030013.jpg
軍鶏鍋屋五鉄のような行きつけが、大人になってもまだ出来ない。

昨夜の二軒目はここだけの話、鳥貴族。
結構トリキ好きだったりして。
d0182119_20151836.jpg
リバ爺ことリバマの御大こと川口の正藍型染爺、おっと型染師。

田中紺屋83歳について。
d0182119_16402958.jpg
やんごとなき事由により、リバマにしばらく行かれない。
d0182119_21492549.jpg
と、公表したものの。

どちて、どちて、なにがどうちて?と、反響がそれなり案件の。
d0182119_22361232.jpg
さらにやんごとなく、なりましてね。

もう会うこともないと、八割がた覚悟したのは本当のこと。

舌の根の乾かぬ明後日あたりに、シレッと行く予定についてはまた今度。
d0182119_22465179.jpg
振り回す男。

振り回される女たち。
d0182119_20153889.jpg
爺、おっと、御大のせいじゃないんです。

渡る世間の鬼が、ちょいとね。
d0182119_22561282.jpg
いろいろあって、ふと。

クチナシの馥郁たる香りに包まれるこの6月。

シクラメンでなくシナチクでなくクチナシ。
d0182119_22574969.jpg
シクラメンのかほりから、君は薔薇より美しい、へと流れるのは自然の摂理。

なんて偉大でハッピーな歌。

「すべての問題は音楽が解決する」って誰かが言ってた。

そのとおり。
ほんと、救われた。

わたしのケータイの壁紙は、今これね。
d0182119_23000886.jpg

[PR]

by kerokikaku | 2018-06-18 23:29 | ものすごくその他 | Comments(2)