カテゴリ:ものすごくその他( 979 )

2018年 05月 10日
恒常的にリハビリ
きっとみなさんもヒーターを点けましたね。

秋になり「そろそろヒーター欲しいな」と思うのが室内14度。

こちら本日の画像。
秋深しですね。
d0182119_22035418.jpg
さきほど「給油」マークがついてしまった。

どうするのが正解だろうか。
d0182119_22094314.jpg
冬用の羽毛布団を連休前に洗ったため、押入れから出すことに躊躇する。

そんなんで風邪を引いてはバカらしい。

さて、洗った羽毛をも一度取り出す勇気はあるか。

わたしにはない。
うすうすレイヤーでダンゴムシになって寝る。
d0182119_22131909.jpg
そろそろ認めていいのだが、無理が効かなくなってきた。

今の今まで無理をしないという選択肢がほぼなかった。

馬力のごり押しでやってきた。
なにもかも。

無理をするのが基礎点で、無理の二乗でやっとこさ加点。
効率の悪いざんねんなひとなのだ。

それが、馬力をだそうにも目と脳と右手がやりたくないって言う。

あんなに美味しい麦とホップを残すぐらいに。

老眼を認めよう。
なんて疲れやすいんだ、目と脳が。

やってられない。

わたしは老いるショックという武器を手に入れて、新しいステージに入る。
d0182119_22530554.jpg
何を言い訳しているかといえば。

毎月のインフォルマシですな。

たまってます。
わかってます。
d0182119_23214332.jpg
日々それぞれ別件で、東へ西へ、右往左往。

いちおうフリーなので。
何のフリーかはわかりません。

リバマ安否確認も忘れちゃならん。
実はちょっと忘れてた。
d0182119_23215871.jpg
さて、来週までにUNOTシャツを25枚つくらねば。
d0182119_22383570.jpg
シルクスクリーンとラバープリントとラメフェルトパッチ。
お手間出血大サービスのにぎやかTシャツ。

これらは手でカットする。
d0182119_23113433.jpg
まちまちでもいいよね、ってことにしてある。
d0182119_22590358.jpg
文字カットだけは機械にまかせる。

不要部分は、手でしこしこはがす。
こまかい部分が、はがした方にくっつきがち。
d0182119_22533692.jpg
なので「クライーーク十ーム」や「クライニンク」になる。

数ミリの切れ端をひんガラ目で捕獲するのに苦心する。
d0182119_22552189.jpg
あ、いま分かった。

さいきんの老いるショックの原因の一端はこれだ。

どうりでどうりで。
目の酷使が響いたみたいだ。

まあそれでも。

以前は酷使しまくった後も酷使できたので、若かった。
d0182119_23144562.jpg
やれやれ。

こにゅうどうくんに入りたい。

※むかし、名もないゆるキャラの中に入るバイトしたことあったの、思い出した。

[PR]

by kerokikaku | 2018-05-10 23:15 | ものすごくその他 | Comments(0)
2018年 05月 07日
しばらくぶりなのでリハビリ投稿
詰めてPC作業をしていたせいか、脳と右手と目がやられた。

GWをいいことに、すっかりごぶさた。
帰省にPCを持たず、WIFIのない世界へ。

わるくないね。

不便はわるくない。

ほんとに。
d0182119_18150197.jpg
気付けば、脳と右手と目が復活。

あんだけバタついてたのって何だったっけ。

時間の流れ方がおかしい。
d0182119_18201152.jpg
そんな折に出会った人。

ここで会えるなんて、思ってもみなかった。
d0182119_18160086.jpg
前回は昨夏8月の四日市祭にて。

中の人の熱中症をおもんばかって余りある酷暑であった。
d0182119_18220192.jpg
いまなら、中の環境もまあまあかな。
d0182119_18173909.jpg
あまりに嬉しくて抱きついてみた。
d0182119_18205674.jpg
四日市コンビナート夜景ツアーについては、もっとぐいぐいコンビナートに近づいてもらわないと満足しねえぞ、って言いたい。

うちらくらいになっちゃうと、カヌーで寄って見る、って自主企画案も浮上しているぞ。
d0182119_18293435.jpg



[PR]

by kerokikaku | 2018-05-07 18:26 | ものすごくその他 | Comments(0)
2018年 04月 30日
あの日の思い出
d0182119_13530845.jpg
d0182119_13534413.jpg
d0182119_13530349.jpg
d0182119_13525770.jpg
d0182119_13533821.jpg
d0182119_13531480.jpg
d0182119_13532572.jpg
d0182119_13533253.jpg
d0182119_13532005.jpg

[PR]

by kerokikaku | 2018-04-30 13:54 | ものすごくその他 | Comments(0)
2018年 03月 30日
イデン
舌下免疫治療法。

花粉の日もそうでない日も

雨の日も風の日も

3年から5年の間

毎日おくすりを飲み続ける。
d0182119_22310352.jpg
残酷なことに

効くも八卦、効かぬも八卦。

効かない場合はごめんね、って

効いたかどうかは3年後、って。
d0182119_22340421.jpg
とりあえず、8ヶ月間、飲み続けた結果として

効いてない。

そんなにうまくはいかないのは百も承知。

でも、まだ効いてない。

なので花粉症のおくすりも飲んでいる。

ふつうのスギ花粉アレルギーのおくすり。

そのおくすりの効きも悪い。

連日、スペシャル、最悪。

そして減りが早い。

効かないのに減る。

なんでこんなに減るのかな。

純正品じゃなく、ジェネリックにしたからかな。
d0182119_22415905.jpg
もしやのまさか

まさかのもしや

おいおいおい

もしもし?

1日2錠を、1回2錠で飲み続けていたなんて。

高見山の「2倍、2倍」を彷彿の。

と、花粉症歴35年のベテランが今ごろ気づくなんて。

そんでもって、効かないなんて。

2倍の2乗の、まじまんじ。

あたしゃ何をする人ぞ。
d0182119_22461888.jpg
母を笑うからこうなる。


[PR]

by kerokikaku | 2018-03-30 22:49 | ものすごくその他 | Comments(0)
2018年 03月 26日
インフォルマシしなきゃ予告
たまってきているのは、些事とアカと毎月のインフォルマシ。

ひとつずつ潰していかんといかん。


アカは擦った。

テミリ、ジュセヨ。

韓国姉さんの見事な仕事にはいつも感動する。

あんたたちのホンモノぶりに、コマッスミニダ。


そして心機一転、25年着続けたスエットを捨ててみた。

未来が透ける袖口になるほど着た。
d0182119_21052444.jpg
かわりはGSS7で仕入れた。
そこがアレだな。

ああ、智恵子のきもちの逆張り。

田舎にはほんとの空があるのだなあ。

加工なしでこれだもの。
ぜんそく公害で有名なのに。
d0182119_20573587.jpg
桜って。

スギ花粉時期とずらしてくれたら、どんなに気分よく眺められることか。
d0182119_20514864.jpg
東風を胸いっぱいに吸い込み、洗濯物を外干しする。

キラキラすがすがしいな。

その後2時間、おとろちいアレルギー症状に。

吸い込むもんか、二度と。


ゴーヤは油揚げだったし、人肉はニンニクでもなく人参だった。

写メ撮り忘れた。


春だね。

[PR]

by kerokikaku | 2018-03-26 21:16 | ものすごくその他 | Comments(0)
2018年 03月 24日
G腰なのか
なにかが終わると、更新怠慢はお約束。

どうかどうかご容赦を。


そうは言っても、当方。

相も変わらず。

大荷物を持ち上げ、こっちで這いつくばり、あっちで引きずり。

いつものごとく、大きな動作だけをチャームポイントとして生きておりました。

そこのけそこのけが信条であります。
d0182119_21212804.jpg
GSS7とは別の波が、今日、ひと区切り付き。

ぱりぱり海苔のおむすびをほおばったお昼時のこと。
d0182119_21224550.jpg
胸から上しか動かない。

ひらたく言うと、腰がふるふる。
d0182119_21234434.jpg
ああ、これがうわさの。

いわゆるひとつの、G腰ってやつなのだろうか。
d0182119_21251776.jpg
じぶんの動きにはあり得ない、おだやかな動作にほぞをかむ。

下のものどころか横のものさえ取れない無力感たるや。


がさつでもなんでも。

動けないわたくしは、大きな大きなでくの坊であった。


みなさまのお役に立つもなにも、立ち上がるのさえ一苦労。

加齢との関係性はありやなしや。
d0182119_21274009.jpg
近所の中国姉さん整体院はお休みときた。

打つ手がまるで見当たらない。

腰にコルセットを装着し、お茶を濁し、麦汁をたしなむ夜。
d0182119_21330814.jpg
ヒトんちの冷蔵庫の、頼まれない掃除とか。
d0182119_21344095.jpg
してる場合じゃないってことよ。


[PR]

by kerokikaku | 2018-03-24 21:38 | ものすごくその他 | Comments(3)
2018年 02月 16日
インフルA
パンダちゃんちのおじちゃんのお話するね。

昨年末にインフルエンザの予防注射を打ったの。

たぶんAってやつの注射。

一瞬チュっと痛くて、でも5秒で打ち終わって、ハイお支払い。

ありがたさが薄かったよね。

最後の1本ですよって、さもありがたそうに言われたって。

まあ免罪符っていうか、安心だよね。

そんでね。

パンダちゃんちのおばちゃんは、いつだって手洗いウガイがうるさいおばちゃんなの。

夏でも冬でもガラガラぺッってやってるの。

おじちゃんもしっかり仕込まれてるよ。

おうちに帰ったら真っ先に洗面所だよ。

ある晩おじちゃんが鼻水垂らしてへんな顔してるの。

ガラガラペッってしてお布団に入ってたけど、へんだへんだって言ってるの。

そしたらインフルだって。

Aだって、診断書をもらってきたの。

おかしいよね。

人ごみに入った覚えもないし、注射も打ったのに、大当たりだよね。
d0182119_20272083.jpg
そんでね。

おかゆおかゆって大騒ぎして、おかわりいっぱい食べてるの。

どさくさでアイスとかプリンとか食べてるの。

みんなも気を付けてね。

気を付けようがわからないよね。

[PR]

by kerokikaku | 2018-02-16 20:32 | ものすごくその他 | Comments(0)
2018年 02月 11日
イタイタ
てもみんに行くって、それは言葉の綾。

ほんとはてもみんでなく、中国漢方整体院という大陸のお姉さんがひとりでやっている近所を予約した。

年に1度くらい、しっかり強くやってほしい時に行く。
たまにお姉さんの細く圧のきいた指でギュウギュウしてもらう。
普段はてもみんか、りらくる。

昨年、家の者が肩こり腰痛で「中国(と我が家では呼ぶ)」に週イチで通った。
すると決まって尻子玉を抜かれたようになって帰ってくる。

60分コースなのに2時間帰ってこないこともザラだった。
時間になってもやめず、痛がっても一切ちからをゆるめず、らしい。
痛くて痛くて恐怖なのだと。

それでも翌日から「カラダが動く」という。
効いているのかもしれない。
フラシーボ5割な気もする。

肩が悪すぎるので、予約を強要されていた。
翌週も「こわいよこわいよ」と言って出かけ、予定の60分もとうに超え、尻子玉を抜かれて帰ってくる。

しっかりしなさい、とバカにした。
男子は痛みに弱い。
おおげさだ。

こわすぎると言って、具合がおさまってから「中国」へ行っていない。

わたしはお姉さんの怖い目に今まであったことがない。
適度なイタキモ、で楽しみなのだ。

それで昨日、久しぶりに「中国」を予約した。
ちょいと強めのマッサージのつもりで横になった。

果たして、拷問だった。
d0182119_23245832.jpg
首と肩甲骨のコリを訴えた。
最初はいいあんばいだった。

肩にさしかかった時、何かを感じたお姉さんは、特に痛くもかゆくもなかったわたしの肩一点に狙いを定め、一気呵成に責めてきた。

「コレカ?コレカ?」と聞くので「うん」と。

わたしはマッサージで余程でなければ「痛い」とは言わない。
聞かれたので「痛い」と答えた。

てか、そんな握りつぶしたら、痛くないわけがないわな。
わざとひねりつぶしてるじゃないか。

スイッチが入ったのかなんなのか。
お姉さんは集中砲火を浴びせてきた。

やめてーとか、いたいーとか、たすけてーとか。
声も出ない、失神する寸前。

涙が出てきた。

薄れゆく意識の中で「ああ、これがうわさの」とぼんやり思った。
肩がこわれる恐怖を感じた。

前歯の着色クリーニングに行ったのに、奥歯の神経3本抜かれたみたいな。

新種のプレイかと疑った。
このまま起き上がれないと思った。

長い60分だった。
時計を見たら90分経っていた。

大目にやっといたって。
サービスがいいのは相変わらずだ。

こりゃ明日しんどいぞ。
筋肉痛で肩が上がらないぞ。

とうとうやられた。
尻子玉を抜かれた気分を味わい、フラフラで帰った。

家の者に顛末を話し、今までバカにしていた非礼を詫びた。

すると「だろ」とドヤ顔でよろこんだ。
「あの恐怖をわかってもらえてうれしい」と。

そして一夜明け。

あれだけひねりつぶされたんだもの。
起き上がれるかと心配したが、ふつうだった。

なぜだろう。
肩が軽い。

ポイントを触るとそれなりに痛むが、触らなければ痛くない。

あれ?すごーく軽い。
ふわふわだ。

コリ固まっていた首と肩甲骨のことは、忘れてしまった。
凝っていたのかどうかさえ。

中国4千年のちから、恐るべし。

恐ろしくて、こわくてこわくて、いつまでたっても終わらなくて。
またと思うと身の毛がよだつ。

マッサージなんて生やさしさはない。
お姉さんはまったく容赦しない。

イタキモでなくイタイタだ。
気持ちは全然よくなく命がけ。

本物だ。
ほんとにあかん時こそまた行こう。

イタキモのリラクゼーションを求めるときは、てもみん。
「中国」とてもみんは別もんと考えよう。

あーびっくりした。
まじで殺されるかと思った。

今までの、適度にイタキモだったお姉さんもわりと好きだった。
施術中に、北国の春やテレサテンを流したり、そんな大陸的な情緒も嫌いじゃなかったのに。

あの日には戻れないのか。

イタイタの最中に北国の春だったら辛過ぎだ。


[PR]

by kerokikaku | 2018-02-11 23:39 | ものすごくその他 | Comments(0)
2018年 01月 25日
リーゼント
つっぱり
d0182119_17580740.jpg
モチスクール
d0182119_17581331.jpg
ロケンロー

[PR]

by kerokikaku | 2018-01-25 17:59 | ものすごくその他 | Comments(0)
2018年 01月 24日
あたまに
もち。
d0182119_23011364.jpg
ぽっこりと
d0182119_23014683.jpg
もち。

[PR]

by kerokikaku | 2018-01-24 23:02 | ものすごくその他 | Comments(0)