<   2018年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2018年 05月 28日
9の意味
五月2回目の田中学校。
d0182119_20520466.jpg

上記、あらためて説明します。
d0182119_20575184.jpg
十二月田中学校って、まるで毎月「田中学校」で勉強でもする風の難読バス停を、べつに降りもせず、ただ単に通過して向かった先に住まわれる正藍型染師 田中昭夫さんをそろりと安否確認する、誰に頼まれもしない自主クラブ活動のことを、十二月に限らず適当に月ごとに動詞化したもの。

今は5月だから五月田中学校。
6月なら六月田中学校。

田中紺屋への道すがらの、降りたことのない「十二月田中学校」バス停。
d0182119_21034174.jpg
ちなみに「しわすだちゅうがっこう」と読みます。

「〇がつたなかがっこう」とは読まない。
d0182119_10515769.jpg
どうでもいいですね。

さあ、太郎焼を横目に先を急ごう。
d0182119_10514753.jpg
1週間前はダッチョ手術の直後であった。
d0182119_18445263.jpg
術後の経過はバッチグー。
なのに、気力・体力がガクンとダダ落ち。
すぐフニャっと横になった。

正直、もはやこれまでかと。
あのまま寝込んでいなきゃいいんだけれど。
d0182119_10553175.jpg
あれから数日。

黒幕こと型染作家津田千枝子も同行の本日。

水分補給のお茶&カロリー補給のプリンを持参して伺う。
d0182119_10530636.jpg
あそこに見えるヨタヨタは、まさか。

夏日の麦わらの主は、やはり。
d0182119_10563055.jpg
想定外が想定内のリバマ。

病み上がりの83歳は炎天下にいた。
水も飲まずの草刈り中。

ベッドで伏せっている予想は大いに覆された。
d0182119_10574401.jpg
あれ、今日だっけ?
昨日ずっと待ってたけど来ないからさ。

苦虫を百匹くらい潰した、たいそうイヤなお顔でお出迎え。
d0182119_10583662.jpg
ちなみに日にちを間違えてたのはそっちですけど。

って、そういうのは聞こえない。
d0182119_18411328.jpg
ご寵愛のなにがし。
d0182119_18414597.jpg
本日は午後に遠方よりお越しの客人と、やんごとなきミーティングがある。

田中紺屋は土埃まみれ。
加えてトムとジェリーのジェリーのナニがそこかしこ。

にわかでも、午前だけでも、お掃除をさせてもらいたい。

暑いからさ、水分摂るの忘れないでね。
d0182119_18462546.jpg
まず、板場の掃除をする。
d0182119_18531473.jpg
なのに、型紙を前に手が止まる。

よくこんなに沢山彫りましたよね。
自分で彫って染めるって、世界中でも田中さんだけですかね。

型紙は命。
d0182119_19051239.jpg
意外にも「染めた布」への執着は薄い。

自分のための「渾身の1反」を持たない。
染めたら終わりとばかり、布に執着はない。

型紙はちがう。
染め布とは別の思いのようだ。

一度たりとも人に触らせたり、ましてや手放したことはない。
d0182119_18525995.jpg
まだ紗の貼ってない型紙もたくさんあった。

いずれ型紙の整理も必要ですね。
d0182119_19330462.jpg
この後行われた客人とのミーティングについて。

慌てるな危険。
お話するには時期尚早で勇み足。

まだ我々さえどうなるかわからない。
カタチになったら、拙ブログでお知らせします。

なので、本日お話しできることは無いに等しく。
d0182119_19344078.jpg
で、朝からなんとなく気になっていた案件。

ご覧のあなたもきっと。

帰る間際、思い切ってリバマ御大へ尋ねてみた。
d0182119_19363305.jpg
汚れなのか何なのか。

左肩の「9」。

それ、なんですか?
d0182119_19371221.jpg
ああこれ。

「タ」だ。
d0182119_19575736.jpg
もしや、ダッチョ時の、入院着?
d0182119_20301025.jpg
絶妙な位置。

そこに書くかなあ。

たった2日の入院で、しかも「タ」。
d0182119_20144765.jpg
「べつにどうでもいい」ってさ。
d0182119_19594223.jpg
そのセンス、面白いです。

まあね。

ほんとうにおかしな人は、自分のおかしさに自覚がない。

その好例としよう。
d0182119_20172249.jpg
※これは川口駅西口リリアにあったレリーフで、レリーフって横から見るとヘンだなって思って撮っただけで、本文とは一切関係ありません。


[PR]

by kerokikaku | 2018-05-28 20:32 | 正藍型染師 田中昭夫 | Comments(0)
2018年 05月 24日
京都大阪四日市リバマ、エンモウ
WIFI事情がいまだ不自由なニッポン。

外出先で地図や乗換をスマホ検索する。
あっという間に容量がしんぼうタマランチになる。

スマホをいじくる先からピロリンピロピロ。
「容量0で低速になります、金さえ積んだらその限りにあらずですけど」って。

小憎らしい。
小五月蠅い。
d0182119_22362831.jpg
このところ、おうちにいないから。
お外でブログ更新やれないし。

と、エクスキューズをしてみたかった。
WIFIの不自由は、むしろ自由を謳歌できる最後の砦かもしれない。

まめにブログを更新するなんて、3周回って最先端な気もする。
ホームページはとうに塩漬け、ブログは糠漬け、そのかわりSNSはお盛んでしょ。

きらやかな世の中に逆行。
あきらかにメンチを切っている「ブログ」という古式ゆかしい地味ツール。

と、言い訳しても、拙ブログは更新があまりに停滞。

好事家のみなさま、ごきげんよう。
d0182119_22382849.jpg
お話しすること、ありやなしや。
見る人、おられるのか否か。

先週末、こちらを確認したく、えんやこら小走りで京都へ。

目出度すぎて筆舌に尽くせない、地白型染の大麻×苧麻の、たぶん肌襦袢。
d0182119_22384603.jpg
そしたら、懐かしい元ボスとうっかりばったり。
退社以来の6年ぶり。

道での未知との遭遇。

5/25-27は東京・神楽坂で作品展とのことで、バリより帰国したて。

京都のお店に初上陸させて頂く。

「けろがここにいるなんて幻みたい」だって。
d0182119_22430372.jpg
わたしが事務処理して息のかかった(笑)商品がないのも、不思議な感覚。

幻だったかもね。

せっかくだが、この後太郎ちゃんのふもとへ急がねばならん。

名残惜しくもサヨウナラ。
d0182119_22473508.jpg
裏口入場したので、オモテ面が見えない。

ボリシーこと絞りを見るために大阪日本民芸館へ。
愛知の有松・鳴海で知られる「絞り染」の展示がある。

絞りを広げていない「工程」段階の布を見ると気分が上がる。

広げる作業は、きっとエクスタシーでカタルシス。
喜んでお手伝いさせてもらいたい。
絞る作業のお手伝いは、あかんやろな。
d0182119_22484567.jpg
ああ、どうしてもウラ面しか見えない。
オモテへ回る時間はない。

あろうことか、民芸館隣のみんぱく(国立民族学博物館)のタダ券を、うちに置き忘れた、と気づく。

残された滞在時間は40分。
わたしは今、三択の女王になる。

1・タダ券を取りに東京まで帰る
2・あきらめてみんぱく入場券を買う
3・それとも滞在残り40分を、誰かさんご寵愛のバラでも眺めて過ごす
d0182119_10503963.jpg
「篠沢教授にぜんぶ」なチョイスがあった。

4・あっさり京都駅へ帰る

オモテ面の拝観は次回へ持ち越す。
d0182119_11130541.jpg
太郎ちゃん塔の大阪から戻り、京都駅構内で大阪名物の行列に並ぶ。

我ながらトリッキーな動き。

ぼんやりバラを眺めずに正解。

行列に並んだら、制限時間いっぱいであった。
d0182119_22530000.jpg
このあと実家の三重県四日市市に寄る。

匂い配慮のため、京都からの直行バスの床下荷物入れに551を仕舞う。
d0182119_11360313.jpg
翌日。

実家の母と出かけようとしてふと。

水玉、好きだっけ。
d0182119_11385956.jpg
うん、好きだ、大好きだ。

と言う。

よくよくファッションチェック。
d0182119_11392360.jpg
見間違いだろうか。

大小すべて駆使の水玉コーデ。
d0182119_11394347.jpg
首元の磁気ネックレスも水玉を意識らしい。
d0182119_11405896.jpg
ずぼんも、あれまあ。
d0182119_11421125.jpg
小寒いからって、ネッカチーフを巻いた。
d0182119_11432960.jpg
やるときゃやるんだぜ、ってことらしい。

うそ。

本人はまったく無意識の、全身水玉コーデだって。
d0182119_11462455.jpg
リバマまで話がたどり着かなかった。
d0182119_11464883.jpg
and more..もなく、オチもなく、本日は以上です。


[PR]

by kerokikaku | 2018-05-24 11:50 | ものすごくその他 | Comments(0)
2018年 05月 18日
5月のリバマ
ダッチョの具合が悪い。

GWに手術なんだ。

黒幕ー白ヤギホットラインで発覚した、想定内の事実。
d0182119_22561625.jpg

かくして数日後。

さっぱりしたお声で「退院したんだけど」コールが黒幕にあったそうな。

手術前より、よほどクリアな口調だったらしい。

おシモがモゾモゾするのは、誰だって気分がよくない。
手術で治ったなら何より。

d0182119_22203737.jpg
快気祝いと言う名の安否確認は、いよいよわたくしの出番か。

なんとなくプリンを買って、いざリバマ。

太郎焼でなく。

d0182119_22203166.jpg
リバマこと川口上陸、通算何度目かは数えない。

もはや無意識でもたどり着ける、おなじみルート。

何周目かの5月田中学校。
d0182119_22243487.jpg
いちおう、ランチ候補のトンカツ屋をチェック。

そして愕然。
d0182119_22251466.jpg
臨時休業が多いのが玉に瑕の名店。
d0182119_22255507.jpg
向こうのソバ屋はどうだろう。
d0182119_00354594.jpg
思考停止。
d0182119_00360089.jpg
ともかく、まず、リバ爺の安否確認へ。
d0182119_22265155.jpg
あれ、もしや?

ずいぶんスレンダーなオールドマンが、のろのろと入ったような。
d0182119_22343037.jpg
オールドマンとは、正藍型染師 田中昭夫その人であった。
d0182119_22352453.jpg
なんか、すっきりしましたね。

つうか、痩せましたか。

「うん、ガラガラだ」
d0182119_22355034.jpg
鶏のガラと、痩せのガリ、が混同しているが、まあいいでしょう。

正藍型染め、川口の巨匠83歳。
生存確認、とりあえず、ヨシ。

いちおう周囲もパトロールさせてもらいます。
d0182119_01155830.jpg
干場は、雑草の楽園、ヨシ。
d0182119_22373647.jpg
ご寵愛のバラは、満開、ヨシ。
d0182119_22392115.jpg
藍場は、いぶりがっこ、ヨシ。
d0182119_22492634.jpg
周辺設備、確認、完了。

藍染め巨匠、ご本人のみ、不完全です。
d0182119_23023365.jpg
ダッチョ手術はたぶん成功。

だけど、その前後からのモヤモヤが災いし、冴えないことこの上ない。

やる気っつうんですか。

気力っつうんですか。
d0182119_23015364.jpg
急に痩せたので、体力がついてこない。

フニャっとなる。

しんぼうたまらん。
d0182119_22361461.jpg
持ってきたプリンを無理やりおかわりさせ、2個一気食いして頂く。

まあ、結局ペロリなんですけど。
d0182119_23445192.jpg
実は来週、ちょっとした重要ミーティングが、ここ田中紺屋で行われる。

ヒトんちとは言え、格好つけに掃除しとかないとマズイ。
オールドマンに頼むわけにはいかない。

ということで、はせ参じた次第。

安否確認は二の次で、掃除がメイン。

モノをどかして、掃除機かけて、雑巾がけ。
病み上がりの御大も働かされる、青天の霹靂日。
d0182119_23435664.jpg
「これ、持ってっていいよ」って。

わたしくらいになっちゃうと、その言葉の意味を、確実に理解している。

翻訳機にかけると「持ってっていいよ」=「どうぞ差し上げます」
d0182119_23455738.jpg
さて何を下さるのかしら。

ジャーン。

くしゃくしゃの股引。

なんでまた?
d0182119_23480586.jpg
「オレの染めじゃないし、既製品だし、着ないから」って。

「正藍って書いてありますよ」

「そりゃウソだ、何でも正藍って書くんだ」って。
d0182119_23514473.jpg
病み上がりのリバマ御大より、不用品の、ウソの正藍の、いらない股引を頂戴しました。

おやさしいのか、何なのか。

いちお、もらっときますけど。
d0182119_23591919.jpg
身に覚えがあると思いますが、掃除のときにヘタに手を止めると進まない。
d0182119_00050444.jpg
昔の写真なんか、見はじめた日にゃあ。
d0182119_00061775.jpg
30年、いや40年前か。

バリバリ藍×愛伝説でしたね。
d0182119_00073816.jpg
きゃあ。

80年前ってか。

なんで、道端で写真撮りするんですかね。
d0182119_00145934.jpg
今も昔も、苦虫顔とロマンティックが止まらない。

お母さんに抱かれた、おんば日傘の、甘えっ子の、大事っ子の、末っ子の。

オレ、昭夫、ベイベー。
d0182119_00154195.jpg
あらららら。
さらなる苦虫顔伝説。

全世界に向けて、反旗を翻しそうなPUNKなポートレート。

大人げないオトナ。
何なんすか。
d0182119_00164881.jpg
オラ、文句あっか。
d0182119_00174650.jpg
ないっす。
d0182119_00193979.jpg
こうしてみると。

田中さんってヒトは、これでも多少、丸くなったんだろうね。
d0182119_00203399.jpg
漫然とスルー。

知らんけど。
d0182119_00214061.jpg
さらに発掘。

正月の初染め、年賀状用の染め、ですね。

ダルマちゃんやら、馬やら、色々と。
d0182119_00230520.jpg
この先どんだけ染め布を売るおつもりなのか、存じませんけど。

染め布に添える「取り扱い説明」の紙。

段ボール一杯、出てきました。
d0182119_00241785.jpg
そこまでの販売予測にお応えできない。

けろ企画は非力だ。

伏してお詫びするしかない。

つうか、端っこが変色しちゃってますけど。
d0182119_00260932.jpg
昔の写真とか、見はじめるの禁止にします。

終わんないから。

そんで、せっかくの晴天なんで、座布団干しときます。

家主に似て、意志の強そうなBIGな雑草。

ウソの芝に堂々と生える。
d0182119_00274597.jpg
その上へ葦簀を引く。
d0182119_00294861.jpg
ほんとは新作染布を干すのに最適な日ですけど、干すものないんでしょうがない。

旧作の虫干し日和。

ランチ選択権が奪われたわたくしは、空腹の中、大掃除に明け暮れる。
d0182119_00383930.jpg
藍場は、まるで砂漠にホウキがけ。

履いても履いても砂が舞う。
d0182119_00523948.jpg
ビルケンが、砂ぼこりでえらいことに。
d0182119_00512677.jpg
給食窯の水を撒いて、一気にホコリを流したい。

邪気も砂も、じゃんじゃん水に流して終わらせたい。
d0182119_00464180.jpg
ああ気持ちいい。

御大が横たわって口出さないのをいいことに、ひとり水かけ祭り。

ワッショイ。
d0182119_02112330.jpg
わかったこととして。

昔ながらの作業場、ここ田中紺屋。

しばらく稼働しないと、あっという間に朽ちる。

気付けば、すっかり荒れる。
d0182119_00581946.jpg
リバ爺こと、正藍型染師 田中昭夫さんが、きっちり稼働していないと、あっという間にあばら家。

あっという間です。

早いです。

ことしに入って、ほとんど仕事が出来ていなかったため、作業場の空気が流れていない。

そういうの、早いです。
d0182119_01004096.jpg
とりあえず、リバ爺自体は、かろうじて健在。

痩せて、体力がなくなって、ぐったりして。

この後の染めも出来るのかどうか、全く怪しいですが、なんとかかんとか。
d0182119_01011314.jpg
そして、わたしたちは、ある程度の覚悟を決めなくてはいけない。

それを思い知らされた5月田中学校。
d0182119_01034077.jpg
わかっちゃいるけど。

いつまでも、って言ってもさ。
d0182119_01255826.jpg
できないんだ、ってことよ。



[PR]

by kerokikaku | 2018-05-18 01:04 | 正藍型染師 田中昭夫 | Comments(2)
2018年 05月 14日
5月後半のインフォルマシ
幹線道路の向かい。
おひとり暮らしのじいさん(85歳くらい・元風呂桶屋)の動向が気になる昨今。

勝手ながらの安否確認としては、ご寵愛の植木が外に出ているかどうか。

出てるね。

伸びてるね。

声をかけるわけではなく、サイレント確認。
d0182119_19550677.jpg
寒すぎるからって、灯油を追加するのをこらえて正解だった。

冬羽毛布団をがまんしてエラかった。

このあとの季節はなんだっけ。
d0182119_19595394.jpg
21_21のKadhi展でうっかり知人に会い、あまりに嬉しく外で一杯やりたくなる。

が、ここは六本木おしゃれタウン。
気軽で手頃なお店があらへんの。

あと1時間で新幹線に乗りたかったわたしは、ナイスな機転でローソンのイートインコーナーに駆け込む。
缶ビールと缶つまみで、積もる話をさわり程度の小30分。

なので、Kadhi展を観たのかどうかの記憶がないが、もう終わってしまった。

お上の格別の御計らいにより会期延長の東博アラビアの道も終わってしまった。

と、いうことのないように。

ばっくりインフォにつき、詳細は各サイトをでんでん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

十人十傘 Part8+セミオーダー会
2018/5/14(月)-18(金):
FUCHISO(外苑前)
d0182119_22525763.jpg
おりたたんだ跡がリアルですね。

会期中はカフェも併設です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Ponnaletin Plain People 青山
early summer 2018
2018/5/17(木)-27(日):プレインピープル青山(表参道)
d0182119_21274813.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Materials 奥田早織の服と装身具
2018/5/19(土)-27(日):
組む東京(馬喰町)
d0182119_21333641.jpg
場所が、あのいもや馬喰町店の近くというのも、見逃せない。
いもや日曜休みはざんねんだが、神保町店がなくなったので呑気なことは言わない。

そして去年求めたさおりズボンはよく履いている。
わたしでなく同居人のほうが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

白洲千代子展
Ring Ring Ring
2018/5/19(土)-6/2(土):
Gallery YORI(代々木上原)
d0182119_21581593.jpg
丘の上から通信さんからの好インフォ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

赤木と松林と。
2018/5/19(土)-6/3(日):
Gallery SU(六本木)
d0182119_22013430.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

加藤希久代展
2018/5/23(水)-28(月):
ギャルリーワッツ(表参道)

この夏のテーマは「風をはらむ」。
ゆるやかな風を受けて揺れるシフォン、股上を深くとったワイドパンツなど。
通気性良く、心地よく春夏を過ごせる服です。

d0182119_22035667.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

kocari EXHIBITION -From India 2018-
2018/5/25(金)-6/3(日):
間・Kosumi(東中野・落合)
d0182119_22074146.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日々、カディ展
Living with Kadhi Cotton
2018/5/25(金)-31(木):スパイラル1F Showcase(表参道)

C,P,Koo/洋服、小物
TERAIcraftment/帽子、ヘアアクセサリー
Tulla/ストール、小物
d0182119_22110392.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第3回 にほんくらし籠
2018/5/19(土)-6/3(日):
Center for COSMIC WONDER(表参道)
d0182119_22210431.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ギャラリーKEIANでも「世界の籠 2018」展ですね。
日程詳細はサイトをチェック。
d0182119_22242260.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

麻の型染め
2018/5/19(土)-23(水):
ギャラリー啓(京都)

d0182119_22372637.jpg

やはりこれだけは行っておいたほうがいいだろう。

遠方だが、麻の型染じゃ行かなきゃしょうがない。

せっかくだから途中下車して実家に寄るとして。
2泊くらいしなきゃもったいない。

ついでに鰻のご相伴もあずかりたいし。

するってえと、あの予定をずらして、これをあきらめて。

てか、家の中ほったらかしにも程がある。
はるかGSS7から続くぐっちゃぐちゃが恒常化。

ヒーターも出しっぱなし。
不在すぎ、ごはん作らなすぎ。

などと考え、アタマと財布がぐるぐるし、エイやっとなり、いっそぜんぶ行かないでおこうかと思ってみたり。

五月病つうんですか、これ。


[PR]

by kerokikaku | 2018-05-14 22:25 | 毎月のインフォルマシ | Comments(0)
2018年 05月 10日
恒常的にリハビリ
きっとみなさんもヒーターを点けましたね。

秋になり「そろそろヒーター欲しいな」と思うのが室内14度。

こちら本日の画像。
秋深しですね。
d0182119_22035418.jpg
さきほど「給油」マークがついてしまった。

どうするのが正解だろうか。
d0182119_22094314.jpg
冬用の羽毛布団を連休前に洗ったため、押入れから出すことに躊躇する。

そんなんで風邪を引いてはバカらしい。

さて、洗った羽毛をも一度取り出す勇気はあるか。

わたしにはない。
うすうすレイヤーでダンゴムシになって寝る。
d0182119_22131909.jpg
そろそろ認めていいのだが、無理が効かなくなってきた。

今の今まで無理をしないという選択肢がほぼなかった。

馬力のごり押しでやってきた。
なにもかも。

無理をするのが基礎点で、無理の二乗でやっとこさ加点。
効率の悪いざんねんなひとなのだ。

それが、馬力をだそうにも目と脳と右手がやりたくないって言う。

あんなに美味しい麦とホップを残すぐらいに。

老眼を認めよう。
なんて疲れやすいんだ、目と脳が。

やってられない。

わたしは老いるショックという武器を手に入れて、新しいステージに入る。
d0182119_22530554.jpg
何を言い訳しているかといえば。

毎月のインフォルマシですな。

たまってます。
わかってます。
d0182119_23214332.jpg
日々それぞれ別件で、東へ西へ、右往左往。

いちおうフリーなので。
何のフリーかはわかりません。

リバマ安否確認も忘れちゃならん。
実はちょっと忘れてた。
d0182119_23215871.jpg
さて、来週までにUNOTシャツを25枚つくらねば。
d0182119_22383570.jpg
シルクスクリーンとラバープリントとラメフェルトパッチ。
お手間出血大サービスのにぎやかTシャツ。

これらは手でカットする。
d0182119_23113433.jpg
まちまちでもいいよね、ってことにしてある。
d0182119_22590358.jpg
文字カットだけは機械にまかせる。

不要部分は、手でしこしこはがす。
こまかい部分が、はがした方にくっつきがち。
d0182119_22533692.jpg
なので「クライーーク十ーム」や「クライニンク」になる。

数ミリの切れ端をひんガラ目で捕獲するのに苦心する。
d0182119_22552189.jpg
あ、いま分かった。

さいきんの老いるショックの原因の一端はこれだ。

どうりでどうりで。
目の酷使が響いたみたいだ。

まあそれでも。

以前は酷使しまくった後も酷使できたので、若かった。
d0182119_23144562.jpg
やれやれ。

こにゅうどうくんに入りたい。

※むかし、名もないゆるキャラの中に入るバイトしたことあったの、思い出した。

[PR]

by kerokikaku | 2018-05-10 23:15 | ものすごくその他 | Comments(0)
2018年 05月 07日
しばらくぶりなのでリハビリ投稿
詰めてPC作業をしていたせいか、脳と右手と目がやられた。

GWをいいことに、すっかりごぶさた。
帰省にPCを持たず、WIFIのない世界へ。

わるくないね。

不便はわるくない。

ほんとに。
d0182119_18150197.jpg
気付けば、脳と右手と目が復活。

あんだけバタついてたのって何だったっけ。

時間の流れ方がおかしい。
d0182119_18201152.jpg
そんな折に出会った人。

ここで会えるなんて、思ってもみなかった。
d0182119_18160086.jpg
前回は昨夏8月の四日市祭にて。

中の人の熱中症をおもんばかって余りある酷暑であった。
d0182119_18220192.jpg
いまなら、中の環境もまあまあかな。
d0182119_18173909.jpg
あまりに嬉しくて抱きついてみた。
d0182119_18205674.jpg
四日市コンビナート夜景ツアーについては、もっとぐいぐいコンビナートに近づいてもらわないと満足しねえぞ、って言いたい。

うちらくらいになっちゃうと、カヌーで寄って見る、って自主企画案も浮上しているぞ。
d0182119_18293435.jpg



[PR]

by kerokikaku | 2018-05-07 18:26 | ものすごくその他 | Comments(0)