<   2018年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2018年 09月 30日
嵐の過ぎるのを待つ
別件もろもろ、にっちもサッチモ。
この素晴らしき世界。

拙ブログ。
はじめて8年経つも、こんだけ長期放置したのは初めて。
誰も見てない、誰にも迷惑かけてない、よって何も問題なかろう。

にっちもさっちもどうにも。
人生と生活が乱れており、お肌トラブル多発で吹き出物がいっぱい。
わたしと会ったとしても、どうか見ぬふりして頂きたい。

以下。
先月の募集開始30分で完売で、いまらさ押すことも引くこともできない案件について。

10月2日(火)がエックスデー。

岩立フォークテキスタイルミュージアムにて我らが黒幕・型染作家津田千枝子による、リバマ爺こと「正藍型染師 田中昭夫の藍仕事」のお話会がある。

昨日も「まだ空席ありますか」と問合せがあったようだが、参加者の尻が重なるほどの満員御礼。
プラチナチケットになっている。
裏口入学さえ無理らしい。
いっそわたくしの席をお譲りしたい心境にさえなる、この数日。

にわかにリバ爺界隈が色めき立っている。
うちらだって2か月弱、リバ爺に会ってないもん。
生存確認、安否確認、聞き伝えの電話でのみ。

台風もかくや。
田中御大に関することは、何故こうも嵐の大騒ぎになるのだろう。

10/2が無事に過ぎたら、こちらでお知らせします。

お察しの通り。
リバ爺をどうにかしようとしている。

サプライズゲストをここで明かしちゃサプライズしないけど、明かしちゃう。
ええ、リバ爺を岩立ミュージアムまで連れ出そうとしています。

それを見越し、関係各位が都内はもちろん、京都や名古屋や沖縄から満を持して自由が丘まで大集結する予定。
これはリバ爺にとって、多くの方に出会える最後のチャンスではないかと、腹をくくっている。
最後サギと呼ばれても。

83歳の御大、乗換ワカランチな自由が丘まで、川口からアテンド2名手配してます。
すべて抜かりなく。

なのに「オレ、行かねえ」って、今朝。

どのクチが。

おい、どのクチだ?

まったく、どのクチが。

どのクチが言うんだい?

爺はなにも知る由もないけれど。
何のために自由が丘に行くのかさえ分かってないけど。

ちっきしょう、どのクチだ。

うちら、痩せる思いだ。
げっそりだ。

あちらに謝り、こちらに謝りで済むのだろうか。
済まねえな。

ああ。

はよ、嵐が去らんことを。

はよ連れて来て、はよ帰して、無事終わらせよう。

るー。
d0182119_20435599.jpg
ただよいはじめたピコレットの香りと、角がピンと立った植栽だけが、わたしの友だち。


[PR]

by kerokikaku | 2018-09-30 20:44 | 正藍型染師 田中昭夫 | Comments(0)
2018年 09月 15日
9月のインフォルマシ、雑
にっちもさっちもどうにもブルドッグ。
ヘイ!

心を亡くすと書いて、忙。
DO YOU REMEMBER。

9月はどこもかしこもアレですね。
なんでこの時期に限って、と世に問うてみたところで埒もなく。

雑に行きますが他意はなし。
順不同、いろいろ適宜。

惑星直列すぎだと言いたい。
にっちもさっちもで行けへん。
堪忍して。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2018/9/20から10/7にかけて、TOKYOとOSAKAで開催のtsutae2018A/W展は、こちらから。
d0182119_22123989.jpg
手仕事に遊ぶ 錦秋 vol.3は、しまった、まだ先でした。
10/12金ー14日の横浜三渓園ね。
思わずスキャンしてしまったので、一応ここでお知らせを。
d0182119_22113136.jpg

BeBeさんのきもわる人形を筆頭に、
d0182119_22104774.jpg
人形ってのはさてどうなのかな、と思うわたしではあるけれど。

いよいよDEE'Sで黒田さんのクマちゃん、9/25火ー10/2火。
d0182119_22114348.jpg
何度かお知らせしてた気もしてますが。

いちおう備忘のため11/8までの木金土。

岩立フォークテキスタイルミュージアムにて、我らが御大、正藍型染師 田中昭夫の型染も出てるって、しつこい耳タコか。

てか、爺の安否未確認。
d0182119_22193514.jpg
その岩立広子先生よりリコメンドの映画がこちら。

モアナ 南海の歓喜
d0182119_22234223.jpg
さっき、某イベントでばたばたしておりましたら、わたしを呼ぶうっとりする美声。

もしや。

Tribe榊さんのお声だった。

あまりにバタバタで完全スルーしましたこと、ピンポイントでここにお詫びします。
Tribeのイベントも9/20木ー24月祝で。
d0182119_22293863.jpg
民芸館お得意様のつるっとした白磁は、しょっちゅう常設で見てる気がしてますが、まとめて見るのも御目出度いかと。
d0182119_22325905.jpg
日本民芸館、白磁
d0182119_22105509.jpg
メキシコと言えばルチャ。

ルチャと言えば冨沢。
d0182119_22112150.jpg

で、間違いない。

9/15土-9/24月、小田原うつわ菜の花。

うつわじゃない柿渋冨沢かばんとsunuiカンカン

outboundは自転車で行けるくせになぜか遠い。
9/15土–10/1月、井藤昌志+IFUJI BOX MAKER “NESTING”。
d0182119_22114972.jpg
月光値千金」9/22土23日、東青山。
d0182119_22105164.jpg
「素材市」tomoshikiさん、奈良、9/22土ー25火。
d0182119_22552706.jpg
いつか実物を拝見したいけど、ちょっと島根は行かれない。
-9/17日、島根object、佃眞吾展。
d0182119_22123256.jpg
イトツムグ 9/28金ー30日、ギャラリーイロ、吉祥寺。

主催のソウマノリコさんは、あそこのスーパーがOPENした、そこの中華屋の営業時間が変わった等々、ニッチな情報交換できる唯一のご近所様。
d0182119_22121573.jpg
ひとり民族ヌノ -9/17月、大磯布う、ティモールテキスタイル、岡崎さんの布。
d0182119_22111698.jpg
彼方の手 此方の手 vol.8 og+kocariは、おかっぱちゃんハウス、9/21金ー25火。
d0182119_22110819.jpg
メゾングランデール、ギャラリーSU、-9/23日。
d0182119_22122148.jpg
聖子ちゅあん、ややこしそうな真鍮が気になる、敷いた布が気になる、名古屋が気になる。

そこ、うなぎのいば昇に行かれるエリアですよ、と、老婆心アドバイス。
9/22土-28金。
d0182119_22120965.jpg
佐々木美穂さん、homspun showroomで、9/15土ー24月。
d0182119_22120294.jpg
うつつ窯・穂積佳谷 陶の世界vol.2、itonosaki、9/19水ー30日。
d0182119_22113796.jpg
2018年秋のよもぎ工房展、寒川、9/22土23日。
d0182119_23224241.jpg
寒川さんびいきのわたしのクセに、にっちも月間につき、行かれないこと決定。

こちら寒川での展示はラストだとのこと。
あれまあ。
いつでもやってると油断していると、ある日足元をすくわれるのだ。


睡魔。




[PR]

by kerokikaku | 2018-09-15 22:05 | 毎月のインフォルマシ | Comments(0)
2018年 09月 01日
遠かった貝の道
日程キビシク、ぜったい行かれないと涙目で諦めかかっていた。

すると、お仕事キャンセルの憂き目の朗報により、最終日1日前に単身滑り込めた。

貝の道。

遠方、逗子・葉山の貝の道。
d0182119_22062151.jpg
路線バスから「あ、この夏、最初の海だ」と思ったものの、暦の上では今日からセプテンバー。

DO YOU りめんば?
d0182119_22113191.jpg
そやって、あっという間に正月になったと思えば、花粉が飛んで、また酷暑が来る。

と、疑わないうちはお幸せだ。
d0182119_22063130.jpg
おとといあたり、真鶴方面から猛者たちが訪問したらしい。

同乗したかったが叶わなかった。

美味しいものは、ひとりでじっくりいただこう。

泣いても笑っても明日9/2(日)までの貝の道なんダカラ。
d0182119_22254945.jpg
結果として。

遠路えんやこら、重い腰をあげて来たわたしはエラカッタンダカラ。

ミゴタエアッタンダカラ。
量って意味じゃなくてね。

東京の混みっぷりとは別の、湘南的ゆるやかさと広い空間ダカラ。
三歩うろうろして二歩下がる楽しさよ。

タカラガイはすごいんダカラ。
おしゃれ番長なんダカラ。

やはり帽子とヒョウタンに釘付けでしょう。

ハナビラダカラとひょうたんのマリアージュ。
それ、おひとつくださいな。
d0182119_22444595.jpg
ポスターのコレなんてサイコーダカラ。

誰が帽子って思う?

というよりもはや、帽子以外の何かを考えるほうが困難。
d0182119_22203431.jpg
写メOKのつもりで行ったら「恐れ入ります、本日はNG日でございます」ダカラ。

なので、すべての写真とレポートは真鶴に任せちゃうんダカラ。

ピーヒョロロー。
d0182119_22065396.jpg
富士山も遠くにかすんでたんダカラ。
d0182119_22064890.jpg
海の家は夢の後片付けしてた。
d0182119_22065948.jpg
4年前にいちど行ったきり、あれっきりこっきり、真鶴の遠藤貝類博物館。

あの日歓喜した貝の本。
d0182119_22284314.jpg
たまたま友人がこの本を最近買ったと聞きのけぞった。

聞けば、真鶴遠藤貝博で感動し、重量級なのに思わず買っちゃったって。
わたしはすすめておらず、偶然行ったんだって。

おいおい、琴線の張り具合が同じなのかい?
半径50cm内のベストセラーなの貝?
メジャー本なの貝?

完売しちゃう前にまた行かねば行かねばイパネマの娘。
葉山より遠いぞ真鶴。

ともかく。

貝は、キテマス。
キテルんダカラ。

ぜんぜんついでの距離ではないものの、同じ神奈川県内なので帰りに本郷台のインドネシア染織展に寄る。
運よく渡辺万知子先生のお話貝、お話会があり、遅刻しながらも拝聴出来た。

隣県なのに、行って帰って丸一日かかったぜ。

ヒーハー。


[PR]

by kerokikaku | 2018-09-01 22:37 | 情報として | Comments(2)